日本ハム 近藤健介に関するニュース

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

西武ファンの熱意でエースを押し上げられるか? ■【パ・リーグ】一塁手 1位:中田翔(日本ハム) 31,741票 2位:内川聖一(ソフトバンク) 26,776票 一塁手部門も波乱の気配。絶好調・内川聖一(ソフトバンク)が断トツかと思われたが、中田翔(日本ハム)が高い人気を示して1位。春先から状態は上がらないが、完全復調で1位をキープできるか? ■【パ・リーグ [全文を読む]

文春野球「コミッショナーだより」5月号

文春オンライン / 2017年06月06日07時00分

4位には北海道日本ハムのえのきどいちろうさん。チームがスタートダッシュに失敗した3・4月の論調とは変わり、コラムにも5月12日のロッテ戦1試合7本塁打、近藤健介の4割、浦野博司の復活勝利など明るい話題が増えました。なかでもゴールデンウィークの「野球メシ」で登場した森本稀哲「焼肉絵理花」は文字通りの鉄板。えのきどさんも4月にフィンランド、5月に台湾出張があ [全文を読む]

開幕から1週間…今年のMVP候補は!? 交流戦の打撃成績

ベースボールキング / 2017年06月05日22時37分

◆ 野手部門<打率>1位 .556 安達了一(オリックス)2位 .500 中島宏之(オリックス)3位 .462 西川遥輝(日本ハム)4位 .458 柳田悠岐(ソフトバンク)4位 .458 ウィーラー(楽天)6位 .435 村田修一(巨人)7位 .429 ゲレーロ(中日)8位 .409 デスパイネ(ソフトバンク)9位 .389 武田健吾(オリックス)10位 [全文を読む]

里崎氏、日ハム・杉谷のバント失敗に「痛かった」

ベースボールキング / 2017年05月23日21時50分

○ 西武 2 - 0 日本ハム ● <9回戦 前橋> 前カードのオリックス戦に3連勝して、前橋に乗り込んだ日本ハムだったが、西武に0-2で敗れた。 日本ハムは初回、西川遥輝が二塁打で出塁するも、続く杉谷拳士の送りバントが投手前に転がり、二塁走者の西川が三塁でタッチアウト。3番の近藤健介が見逃し三振、4番の中田翔も中飛に打ち取られ先制することができなかった。 [全文を読む]

日ハム“大花火大会”!1950年の球団記録に並ぶ7本塁打で大勝

ベースボールキング / 2017年05月12日21時11分

日本ハム 15 - 1 ロッテ ● <7回戦 東京ドーム> 日本ハムが7本塁打15得点でロッテに大勝した。 0-0で迎えた2回、一死走者なしで大田泰示がロッテ・涌井から先制の2号ソロを放った。 すると、1点リードで迎えた3回には、二死から近藤健介が3号ソロを右翼席に叩き込むと、中田翔が四球で出塁、レアードが8号2ランを放って、リードを4点に広げた。 さ [全文を読む]

【プロ野球】「25歳以下限定」の年俸ランキング!トップは山田哲人(ヤクルト)。若くして大金を稼ぐ男たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月29日16時05分

■1位:山田哲人(ヤクルト) 1992年7月16日生/24歳 年棒:3億5000万円 ■2位 筒香嘉智(DeNA) 1991年11月26日生/25歳 年棒:3億円 ■3位 大谷翔平(日本ハム) 1994年7月5日生/22歳 年棒:2億7000万円 ■4位 藤浪晋太郎(阪神) 1994年4月12日生/23歳 年棒:1億6000万円 ■5位 今宮健太(ソフト [全文を読む]

球宴ファン投票DH1位の大谷、さらに票を伸ばし2位デスパと6千票差に

ベースボールキング / 2017年05月24日07時30分

23日も得票数が更新され、左太もも裏の肉離れで離脱中の日本ハム大谷翔平はさらに票を伸ばした。 22日に、最初の中間結果が発表され、2万7805票を集めてDH部門で1位となっていた大谷。23日に発表された結果ではさらに票を伸ばし、3万3176票を獲得した。 なお、ファン投票終了時(6月18日)に2017年度公式戦で [投手] 5試合以上登板または10投球回以 [全文を読む]

打ち続けることが恩返し…孤軍奮闘を続ける近藤健介

ベースボールキング / 2017年04月26日12時00分

選球眼も素晴らしい」と言わしめ、2011年のドラフト4位で日本ハムに入団した。 その近藤の入団と時を同じくして、日本ハムの監督に就任したのが栗山監督だった。指揮官も高校生離れした打棒に惚れ込み、1年目のキャンプから一軍に抜擢。開幕一軍入りこそならなかったが、7月には早くも一軍昇格を果たす。 球団の高卒新人捕手が1年目から出場を果たすのは、前身の東映時代まで [全文を読む]

【プロ野球】本塁打王経験者・中村剛也、レアード、村田修一が同じ日にようやく第1号! 筒香嘉智も間近?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月17日16時05分

昨季の本塁打王は、セ・リーグが筒香嘉智(DeNA)で44本、パ・リーグがレアード(日本ハム)の39本。仮に40本塁打がタイトル獲得のひとつのラインとするならば、今季のペナントレースは全143試合なので、約3.6試合に1本が必要となる。 各チームが10試合前後を消化した4月12日、過去に本塁打王に輝いたことのある3人のスラッガーが、遅ればせながら今季第1号を [全文を読む]

【プロ野球】連覇? それとも破壊と創造? 早くも黄信号が灯る日本ハムに何が起こっているのか

デイリーニュースオンライン / 2017年04月15日17時05分

日本ハムファンのため息が漏れている。圧倒的な勢いを見せて、日本シリーズを制した昨季から一転、今季は10試合終了時点で2勝8敗。パ・リーグ最下位に沈んでいる。 昨季のV球団に何が起こっているのか。改めて検証していきたい。 (成績は4月11日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■注目が集まる大谷翔平の裏で…… 熱心なプロ野 [全文を読む]

最近3試合で4得点 少し心配なビッグバン打線

ベースボールキング / 2017年04月09日10時00分

昨季大逆転でリーグ優勝を飾った日本ハムが、2勝6敗で最下位といまひとつ波に乗れていない。 特に打線は昨季チーム打率リーグトップの.266、得点はリーグ2位の619得点をマークしたが、今季はここまでチーム打率.234、23得点はともにリーグ5位。 【主力野手の打撃成績】 近藤健介 率.440 本0 点8 大谷翔平 率.407 本2 点3 田中賢介 率.217 [全文を読む]

【プロ野球】尊敬する故・三原脩監督の領域!? 周囲があっと驚く栗山英樹監督(日本ハム)のサプライズ選手起用

デイリーニュースオンライン / 2016年11月08日16時05分

日本ハムが10年ぶりに日本一の栄冠に輝いた。この優勝は選手個人の力量もさることながら、栗山監督の采配や選手起用によるところが大きいだろう。 今シーズンに限らず、栗山監督は就任1年目から開幕投手に斎藤佑樹を抜擢するなど、周囲が驚くような選手起用が随所に見せてきた。あらためてその内容を振り返ってみたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読 [全文を読む]

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

デイリーニュースオンライン / 2017年06月08日16時05分

夢のシーズン打率4割に挑戦中の近藤健介(日本ハム)。 長いプロ野球の歴史で誰1人として成し遂げたことがない大記録だが、交流戦に限定すれば2015年には秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)、角中勝也(ロッテ)、ロペス(DeNA)が打率4割台をマークするなど、たびたび4割打者が生まれている。 過去の交流戦記録を振り返って4割打者を眺めてみると、「確かに打 [全文を読む]

【日本ハム】近藤の「47試合4割超え」Tシャツ&タオル発売

ベースボールキング / 2017年06月05日14時49分

日本ハムは5日、ダイジェストグッズ第13弾として、球団記録「47試合4割超え」を達成した近藤健介の記念グッズを受注発売すると発表した。 近藤は、1日のDeNA戦を終えた時点で、打率4割を維持。出場47試合目で打率4割を超えるのは1974年に張本勲氏が記録した出場46試合目で打率4割維持を上回り、球団記録となった。なお、現在は49試合目で打率.409と記録を [全文を読む]

日本ハムファンに朗報!4割打者・近藤、再検査の結果は『異常なし』

ベースボールキング / 2017年06月05日11時55分

◆ 4日の試合は欠場 日本ハムの近藤健介は5日、札幌市内の病院で右ハムストリングの再検査を受け、異常所見なしと診断された。 右ハムストリングの張りを訴え、4日の阪神戦を欠場していた近藤。ここまで打率.409を誇る中心打者だけに、その具合が心配されていたが、日本ハムファンにとって良い報告が飛び込んできた。 5日にホーム・札幌に戻って検査を受けた結果、4日に西 [全文を読む]

イチローの“育ての親”「8番、9番打ったら4割だったかも」

NEWSポストセブン / 2017年05月23日07時00分

日本ハムの近藤健介の打率は5月17日終了時点で4割3分1厘。史上初の「4割バッター」の誕生なるか──名選手たちに話を聞きながら、そのカギを探った。 1980年、ヤクルトの若松勉とともに4割に迫る勢いで熾烈な首位打者争いを演じ、2度目のタイトルを獲得した谷沢健一氏(打率3割6分9厘)が語る。 「梅雨の乗り切り方が大事だと思います。バットに湿り気が出るから交換 [全文を読む]

新天地で開花の気配…石川慎吾は巨人の救世主となるか

ベースボールキング / 2017年05月08日12時00分

今季トレードで日本ハムから移籍してきた若きスラッガーが、新天地でその才能を開花させようとしている。 ここまで24試合の出場で打率.306、2本塁打、6打点をマーク。ここ5試合に至っては打率.462とその打棒が冴え渡り、ここ10試合で8度のスタメン出場を果たすなど、外野の一角確保へ秒読み段階と言っても過言ではない。 東大阪大柏原高から、2011年のドラフト3 [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!?波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日16時05分

■打率 1位:鈴木大地(ロッテ) 打率.464 2位:近藤健介(日本ハム) 打率.429 3位:大谷翔平(日本ハム) 打率.407 ■本塁打 1位:内川聖一(ソフトバンク)4本塁打 1位:ロメロ(オリックス) 4本塁打 3位:ペゲーロ(楽天) 3本塁打 3位:茂木栄五郎(楽天) 3本塁打 ■打点 1位:ロメロ(オリックス)11打点 2位:ペゲーロ(楽天) [全文を読む]

6割打者が4人!開幕3連戦の個人成績

ベースボールキング / 2017年04月02日22時00分

◆ 6割超えが4人! 【打率】 <セ> 1位 .636[11-7] 丸 佳浩(広島) 2位 .600[10-6] 福留孝介(阪神) 3位 .571[7-4] エルドレッド(広島) <パ> 1位 .667[12-8] 大谷翔平(日本ハム) 2位 .625[8-5] 近藤健介(日本ハム) 3位 .583[12-7] ペゲーロ(楽天) 3位 .583[12-7 [全文を読む]

【プロ野球】試合を締めるのは投手だけじゃない! “守備のクローザー” 飯山裕志(日本ハム)の安定感

デイリーニュースオンライン / 2016年09月24日16時05分

日本ハムはルーキーにチャンスを与え続ける反面、ベテランは常に過酷な競争を強いられる。その結果、大引啓次(ヤクルト)や小谷野栄一(オリックス)など、試合の出場機会を求めてチームを去る選手も多くいる。 そんなチーム方針のもとで、飯山の存在は極めて稀有だ。どうしても目立たない役割ではあるが、「実は奇跡的な守備」を一度は確認してみてほしい。 文=サトウタカシ ( [全文を読む]

フォーカス