甲子園 桑田真澄に関するニュース

甲子園のスター選手を獲得しない巨人 人気凋落心配する声も

NEWSポストセブン / 2015年10月31日16時00分

即戦力を求めるばかりに、今年も甲子園のスターを指名しなかった――。22日のプロ野球ドラフト会議で、巨人は立命館大学の桜井俊貴投手の単独指名に成功。公立高校出身で甲子園不出場ながら、大学でエースに上り詰め、今年は春5勝、秋はここまで6勝を上げ、春秋連覇の立役者となった大器である。巨人のドラフト戦略について、野球担当記者が語る。 「巨人の傾向としては、目先の勝 [全文を読む]

甲子園大会 第3・4試合ではストライクゾーンが甘くなる説も

NEWSポストセブン / 2015年08月05日11時00分

春夏3度の優勝に導き、歴代6位となる甲子園通算40勝の記録を持つ木内幸男氏。茨城県の取手二と常総学院を率いた巧みな選手起用は『木内マジック』と呼ばれた。1984年夏、桑田真澄、清原和博のKKコンビを擁するPL学園との決勝戦で9回裏にエースをライトに下げるワンポイントリリーフでKKを打ち取り、延長10回裏に3ランが飛び出し優勝している。甲子園に棲む勝利をさら [全文を読む]

【高校野球】78球で完全試合も?少ない球数でも輝いた伝説の投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日16時05分

5季連続の甲子園出場を逃した衝撃とともに、ドラフト候補のエース、山崎颯一郎の延長「15回208球」に及ぶ熱投が報われなかった悲しさ・悔しさが伝えられた。 過密日程やチーム事情など、どうしてもひとりの投手に負担がかかってしまうことがあるのは否めない。そこで奮起する姿に心奪われるのもまた事実だ。実際、加藤投手のニュースに対して「あっぱれ!」と賛辞を贈るメディア [全文を読む]

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

7日から夏の全国高校野球選手権甲子園大会が開幕。今大会は150キロを超えるストレートを投げる横浜藤平や履正社寺島など好投手が多く、注目が集まっている。甲子園大会といえば、数多くのスタープレーヤーを輩出している場所。そのなかでもっとも人気のある「スター」は誰なのだろうか。■甲子園のスターといえば?そこでしらべぇ編集部が独自にピックアップした13人のうち「誰が [全文を読む]

桑田真澄さんと行く!野球教室開催 指導者~初心者向け、女性の参加者大歓迎!! グアム4日間

PR TIMES / 2014年09月29日11時42分

http://www.sports-his.com/ <桑田真澄さんプロフィール> 1968年 大阪府出身 1983年 高校(PL学園)時代は、1年生から5大会連続甲子園出場を果たす。 優勝:2回、準優勝:2回、ベスト4:1回。甲子園通算20勝。 1986年 東京読売巨人軍入団 2007年 ピッツバーグパイレーツ入団 2008年 現役引退。通算173勝。 [全文を読む]

一時代を築いたPL学園「最後の夏」が終焉――かつて日本中を席巻した名門のいない甲子園を思う

Business Journal / 2016年08月07日09時00分

100年を超える歴史の中で、幾多の名勝負・名場面を生み出してきた通称『夏の甲子園』が8月7日から開催される。 今年は甲子園への切符をかけた地区大から“波乱”に満ち溢れていた。大阪桐蔭や、早稲田実業・龍谷大平安・敦賀気比・浦和学院といった、甲子園の優勝経験校が次々と姿を消していった。 逆転あり、思いがけない結末ありの一発勝負、そんな『筋書きのないドラマ』と [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

4回戦(対早大学院)でも3安打を放つと、準々決勝では今夏も甲子園に出場している東東京の強豪・関東一を相手に高校第1号となる130メートル弾をかっ飛ばした。 “スター不在”と囁かれていた今年の高校球界において、最高のデビューを見せたこの怪物をメディアが見逃すわけもなく、過去に例を見ないほどの大熱狂を巻き起こした。 清原和博&桑田真澄のKKコンビなど、今までの [全文を読む]

公開から2週間で早くも1,000万UB突破!高校野球公式サイト「バーチャル高校野球」高校野球100年の歴史から激選された名シーン動画集「甲子園が揺れた瞬間」2015年8月3日(月)公開!

PR TIMES / 2015年08月03日19時57分

「平成の怪物」松坂大輔、「5打席連続敬遠」松井秀喜らの、往年の名勝負が動画で復活 ~侍ジャパントップチーム各メンバーからの特別動画や地方大会ダイジェストも公開~ 朝日新聞社と朝日放送が共同で立ち上げた全国高等学校野球選手権大会のコンテンツを提供する公式サイト「バーチャル高校野球」(URL:http://www.asahi.com/koshien/)内で、過 [全文を読む]

PL学園硬式野球部の高野連脱退 1期生含むOBたちの思い

NEWSポストセブン / 2017年04月11日11時00分

センバツ甲子園の最中に報じられた「高野連脱退」のニュースを関係者はどう聞いたか。『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』の著者であるノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。 * * * 大阪府高等学校野球連盟が、PL学園から提出されていた「高野連脱退届」の受理を発表したのは、3月29日だった。その日、甲子園でセンバツ準々決勝を取材していた私は [全文を読む]

【プロ野球】KKコンビが逃したセンバツ・紫紺の大優勝旗。最強PL学園がジャイアントキリングに沈む。

デイリーニュースオンライン / 2017年03月24日16時05分

高校球児として、甲子園大会に出られるのは、1年夏、2年春と夏、3年春と夏の最大5回。ただ、その大会ごとにそれぞれの都道府県大会や地区大会を勝ち抜く必要があり、出場するだけでも容易ではない。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■甲子園で驚異の成績を残したKKコンビ そんな中、桑田真澄(元巨人ほか)と清原和博(元西武ほか)のいわ [全文を読む]

フォーカス