イスラム国 後藤健二に関するニュース

イスラム国の知られざる収支…誘拐ビジネスが加速する背景

デイリーニュースオンライン / 2015年01月27日07時50分

1月25日、「イスラム国」は人質にしていた2人の日本人のうち、湯川遥菜さんを殺害したと発表した。残る後藤健二さんの解放に政府が奔走するなか、世界中がことの成り行きを注視している。 イスラム国の脅威拡大に国際社会の懸念が強まっているが、イスラム国問題はいまの世界経済にとって最大のリスク要因といっても過言ではないだろう。 イスラム国とは、アブバクル・バグダディ [全文を読む]

<日本人人質事件の謎を解く>何をきっかけに日本は「イスラム国」にとっての「敵」へと転換したのか?

メディアゴン / 2015年02月11日02時40分

高世仁[ジャーナリスト]* * *ジャーナリスト・常岡浩介氏の『イスラム国とは何か』(旬報社)という本が出版される。「イスラム国」に入り、直接に取材を行ったジャーナリストは、彼とドイツ人記者の二人しかおらず、その実像はまだまだベールの中にある。「イスラム国」関連書籍の出版が相次ぐなか、取材した本人が語る初めての本である。筆者は以前から、常岡氏のテレビへのプ [全文を読む]

「イスラム国」問題で一線を踏み越えた安倍政権|岡留安則コラム

東京ブレイキングニュース / 2015年02月02日18時00分

元「噂の真相」編集長岡留安則の「編集魂」 「イスラム国」に拘束され、ネット上で殺害予告を出されていた日本人人質二人、湯川遥菜さんと後藤健二さんが最悪の事態で「処刑」された。この事件に関しては、日本政府もヨルダン政府も、アンマンの日本大使館に置かれた対策本部からもほとんど情報が出されなかったこともあり、いまだに真相は解明されているとは思えない。 にもかかわら [全文を読む]

「イスラム教とキリスト教の戦いを煽る『イスラム国』の狡猾」 鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年03月12日11時00分

その混乱に乗じて「イスラム国」が核兵器を手に入れることまで想定しなければならない事態を世界は迎えようとしている。 (前編の記事はこちら⇒http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/06/44536/) *** 鈴木 今回、ロシアが勝利した理由はドイツ、フランス、特にフランスのスタンスが変わってしまったからということでした。それくらい [全文を読む]

<今、メデイアがすべき大事な仕事>安倍首相の中東訪問はどのような政府の戦略のもとで実行されたのか?

メディアゴン / 2015年02月05日02時35分

藤沢隆[テレビ・プロデューサー/ディレクター]* * *[画面]車を運転する男のUP[テロップ]ロンドン 先月18日[ナレーション]先月、二人の殺害予告が出される2日前、イスラム過激派組織“イスラム国”を支持する男が突然話を切り出しました。[男の声]日本がイスラム国との戦いに2億ドルを出すのか。信じられない。日本が参加するなんて。我々はもう日本を敵と見なす [全文を読む]

なぜトルコでなくヨルダン...日本政府が対イスラム国交渉で犯した“選択ミス“

リテラ / 2015年01月29日19時52分

イスラム国人質事件をめぐり情報が錯綜している。一時は「交渉が成立し、近いうちにイスラム国が後藤健二さんを解放する」との情報が流れたが、その後は再び交渉が難航しているとの見方が広がり、本日朝には「現地時間の29日木曜日の日没までに、リシャウィ死刑囚をトルコ国境に連れてこなければ、ヨルダン軍のパイロットのムアーズ・カサースベは即座に処刑される」という新たなイス [全文を読む]

自衛官がイスラム国入りを画策か!? 戦闘に参加したい気持ち抑えきれず...

tocana / 2015年10月03日08時00分

日本人を含む外国人人質を残忍な方法で殺害し、反対勢力への攻撃を強めるイスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国(IS)」。残忍さばかりが際立つにもかかわらず、イスラム圏以外からもイスラム国へ参加する若者が後を絶たず、昨年、日本でもイスラム国入りを目的に渡航しようとしていた北海道大学の学生が刑法の私戦予備・陰謀の疑いで事情聴取を受けている。だが、イスラム国入り [全文を読む]

「身代金要求に隠されたイスラム国の嘘と意図とは?」 鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年02月12日06時00分

今回のテーマは、湯川遥菜さん、後藤健二さんを拉致、殺害したイスラム国についてだ。イスラム国の次の標的のひとつとして名指しされた日本は、今後どうすべきなのか? *** 鈴木 1月7日、フランスで新聞社襲撃テロが起きた翌日に、イギリス保安局(MI5)のアンドリュー・パーカー長官が「フランスで起こったことは今後イギリス、いや西側諸国で起こるかもしれない」と警告 [全文を読む]

イスラム国に拉致された15歳少女「被害を日本人に訴えたい」

NEWSポストセブン / 2015年07月06日07時00分

ジャーナリスト・後藤健二さんらが「イスラム国」によって処刑されてから5か月が過ぎた。当時、国内の報道はイスラム国一色となり、安倍首相は「犯人を法によって裁く」と大見得を切ったが、その後の動きは鈍く、メディアの扱いも日を追うごとに小さくなっている。 現地では悲劇の連鎖が続いている。最前線に近いイラク北部で、イスラム国に拉致され、筆舌に尽くし難い苦痛を受けた後 [全文を読む]

内田樹×内藤正典「日本政府は読み間違えた。なぜトルコではなく、ヨルダンに現地対策本部を置いたのか?」

週プレNEWS / 2015年02月09日06時00分

ふたりの日本人が人質として捕らわれていることを知りながら、イスラム国と敵対する中東の国々への歴訪を決行し、しかもイスラエル国旗の前で「人質を解放せよ!」と火に油を注ぐ、あの声明は一体なんだったのか…? 謎多き安倍外交をイスラム研究の専門家・内藤正典(ないとう・まさのり)と思想家・内田樹(うちだ・たつる)が斬る! (※編集部注 この対談は後藤健二さんが殺害さ [全文を読む]

常岡浩介氏「あの時政府と協力していれば湯川さん救えた…」

NEWSポストセブン / 2015年01月29日07時00分

後藤健二さん(47才)と湯川遥菜さん(42才)がイスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループに拘束された事件。世界中を巻き込むこの悲劇を招いた“戦犯”として、政府関係者の間で真っ先に名前が上がる人物が安倍晋三首相(60才)である。 「昨年10月に後藤さんが拘束された直後、彼の奥さんに対し、イスラム国から身代金要求のメールが来ており、外務省は秘密裏にず [全文を読む]

安倍政権にまた人質見殺しの新事実が...相次ぐ失態暴露に公安が口封じ逮捕の動き?

リテラ / 2015年02月08日08時00分

イスラム国」人質殺害事件での日本の対応について、国会では連日、野党から追及が行われている。しかし、安倍晋三首相は問題となっている中東訪問時のスピーチに関しても「言葉が不適切だったとは考えていない」などと正当性を主張するばかり。肝心の交渉については、「(政府は)もっとも効果的な方法を考えた」(菅義偉官房長官)と言い張るが、その詳細は「具体的な内容は避けたい [全文を読む]

後藤健二氏と湯川遥菜氏の霊が呼び出された?「幸福の科学」の暴走が止まらない

tocana / 2015年02月06日07時30分

イスラム過激派組織「イスラム国」に、民間警備会社経営者・湯川遥菜さんとジャーナリストの後藤健二さんが殺害されたとする動画が公開されてから、彼らの死を悼む声が日本だけでなく世界中から上がっている。 この一件について、安倍晋三首相は、「テロリストたちを決して許さない。罪を償わせるために国際社会と連携する。日本がテロに屈することは決してない」と決意を新たにし、ま [全文を読む]

イスラム国で安倍政権を攻撃…後藤さん殺害事件が炙り出した醜悪すぎる面々

デイリーニュースオンライン / 2015年02月20日06時50分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 イスラム過激派というよりは凶暴なテロリスト集団ISIL──自称「イスラム国」の人質になっていた二人の日本人、湯川遥菜さんと後藤健二さんが、日本・ヨルダン両政府の懸命な交渉努力の甲斐もなく帰らぬ人となった。同じ日本人としてまさに痛恨の極みであり、謹んで哀悼の意を表したい。 この残虐極まりない人質殺害事件は、日本政府と安倍政権に「国際 [全文を読む]

安倍首相、人質の事実把握し危険にさらす行動連発 外務省は重要情報提供を無視

Business Journal / 2015年02月17日06時00分

イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」により日本人2名が殺害されたことで、「特定秘密保護法」(秘密保護法)が再びクローズアップされている。 イスラム国がフリージャーナリスト・後藤健二氏を殺害したとする動画を公開した3日後の2月4日、衆議院予算委員会の答弁で岸田文雄外務大臣は、今回の事件について特定秘密保護法の対象となる情報があり得るとの認識を示した。 [全文を読む]

官邸の圧力!?『報道ステーション』で安倍批判をした古賀茂明が番組を降ろされた!

リテラ / 2015年02月16日08時00分

イスラム国」による人質事件の最中でほとんどのメディアが政権批判を控えているなか、敢然と、しかも痛烈かつ的確な言葉で安倍晋三首相の外交姿勢を批判したのだ。 古賀氏の論理は明快だった。 〈日本政府は、2人の日本人が人質に取られ、後藤健二さんに関しては身代金を要求されていることを事前に知っていた。「人命第一」に考えるなら、いちばん大事なことは犯人を刺激しないこ [全文を読む]

安倍首相の中東の知識は小学生並み? イラクとシリアとトルコの区別もついていない疑惑が...

リテラ / 2015年02月10日22時30分

国会でイスラム国事件をめぐる対応について追及を受けている安倍首相だが、とにかく「テロリストに屈する必要はない」「テロリストに配慮する必要はない」の一点張り。人道支援よりテロリストと闘うことを強調した演説の問題点を指摘されると、「テロリストを批判するなというのか」と逆ギレしてしまう有様だ。 批判されているのは、人質をとられている状況で挑発的な内容を口にする必 [全文を読む]

【イスラム国事件】外交官が語る! 国内でテロが起きる可能性と危険な場所

tocana / 2015年02月03日17時00分

そして14日から15日にかけ、アメリカやベルギー、ドイツで、大規模なテロを画策したり「イスラム国」に協力したとして複数の容疑者が逮捕されている。欧米だけではない。昨年12月15日にはオーストラリアでも、シドニー中心部で男が17人の人質をとってカフェに立てこもり、人質2名が死亡している。 こうして、欧米やオーストラリアのイスラム系移民の間に、過激主義集団への [全文を読む]

この状況で“後藤さんは在日“攻撃!田母神はやっぱりただのネトウヨだった

リテラ / 2015年01月29日23時54分

依然、緊張状態がつづいているイスラム国による日本人人質事件。後藤健二さんの命が守られることを多くの人が祈る、そんななか、ある人物が到底信じられない言葉をTwitter上で吐いた。"ネトウヨの神"と呼ばれる、元防衛省航空幕僚長の田母神俊雄だ。 「イスラム国に拉致されている後藤健二さんと、その母親の石堂順子さんは姓が違いますが、どうなっているのでしょうか。ネッ [全文を読む]

イスラム国拘束の後藤さん母「記者会見」に記者も視聴者も困惑!?

デイリーニュースオンライン / 2015年01月23日16時50分

過激派組織「イスラム国」にシリアで拉致され、身代金を要求されているジャーナリスト後藤健二氏と民間軍事会社CEOの湯川遥菜氏の身代金支払いの猶予時間が差し迫る中、後藤健二氏の母親・石堂順子さんの記者会見が23日の午前から都内で行われ、息子の解放を訴えた。 日本時間20日にイスラム国のメンバー男性が2億ドルの身代金支払いを映像で要求し、支払いなき場合は人質を殺 [全文を読む]

フォーカス