中日 高橋純平に関するニュース

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

髙橋純平(県岐阜商高・投手) ○ソフトバンク ×日本ハム ×中日 平沢大河(仙台育英高・遊撃手) ○ロッテ ×楽天 小笠原慎之介(東海大相模高・投手) ○中日 ×日本ハム 髙山俊(明治大・外野手) ○阪神 ×ヤクルト 特に平沢と髙山はそれぞれ楽天とヤクルトが1位指名宣言をしていたところへの思わぬ横槍。相思相愛をかっさらわれた形となった。 1位競合選手は球 [全文を読む]

大学生野手にA級多いドラフト オコエ瑠偉はハズレ1位が有力

NEWSポストセブン / 2015年10月09日07時00分

ただ中日の落合博満GMが徹底マークしているといわれる。駒大OBの森繁和ヘッドコーチをパイプ役にするとか、少々動きが不気味です」(スポーツジャーナリスト) しかし、中日は親会社・中日新聞が販路として重要視する岐阜が生んだ久々のスター、高橋純平(県岐阜商)の指名をめぐり、落合GMが指名回避と報じられ、これをみた白井文吾オーナーが激怒したという。それ以来、蜜月と [全文を読む]

中日・小笠原、故障後最長6回を投げ抜く 4月27日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年04月28日07時45分

中日・小笠原が4度目の先発 中日の小笠原慎之介が、ナゴヤドームで行われたソフトバンクとの二軍戦に先発した。 昨オフに左肘遊離軟骨除去手術を受け、キャンプは二軍で過ごした小笠原は、この日が復帰後4度目の二軍戦の登板。6回に川崎宗則にタイムリーを浴びたが、小笠原は6回を100球、3安打、9奪三振、2四死球、1失点と故障後初めて100球を投げた。 また、ソフ [全文を読む]

即デビューか、じっくりか…近年の高卒ドラ1投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年01月07日13時30分

甲子園優勝投手の小笠原慎之介(中日)と、最後の夏に甲子園出場を逃しながらも3球団競合となった高橋純平(ソフトバンク)である。 小笠原は開幕こそ二軍で迎えるも、5月24日には一軍に昇格。1週間後の5月31日には先発デビューを果たし、ソフトバンク打線を相手に5回を1失点に抑える力投を見せた。しかし、初登板初勝利とはならず、するとそれ以降は5連敗を喫するなどなか [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

中日:2人 (中)×大島洋平(享栄) (二)◎荒木雅博(熊本工) (遊)×遠藤一星(駒場学園) (一)ビシエド (右)◎平田良介(大阪桐蔭) (左)×藤井淳志(豊橋東) (三)×高橋周平(東海大甲府) (捕)×桂依央利(太成学院大高) (投)◎大野雄大(京都外大西) 中日は甲子園経験者は3人。ドラフトも独自戦略を取ることが多く、高橋純平(県岐阜商→ソフ [全文を読む]

【プロ野球】高卒ドラ1ルーキーの共通点、そして共通点のない高橋純平

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日17時05分

では、その3人、オコエ瑠偉(楽天)、平沢大河(ロッテ)、そして小笠原慎之介(中日)の共通点とは? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ソフトバンク戦で1軍初出場 高卒ルーキーでただひとり開幕1軍入りを果たしたオコエは、Koboスタ宮城で行われたソフトバンクとの開幕戦で代走デビュー。翌日にはプロ初盗塁を記録した。 開幕2軍スタ [全文を読む]

ソフトバンクの“選手層の厚さ”を改めて検証する

ベースボールキング / 2017年02月20日18時00分

昨季は、小笠原慎之介(中日)、平沢大河(ロッテ)、オコエ瑠偉(楽天)ら、同世代のドラ1選手たちが一軍デビューを果たしていくなか、2015年ドラフト会議で3球団から1位指名を受けた高橋は一軍出場を果たすことはなかった。 とはいえ、高橋の二軍での結果が悪かったというわけではない。三軍があるソフトバンクの場合、まずは二軍での出場機会を得なければならないが、高橋は [全文を読む]

2016年「プロ野球ドラフト会議」1位指名選手を完全予測!

日刊大衆 / 2016年10月17日11時00分

まず、田中を指名することが確定的なのが、楽天、中日、日本ハム、ソフトバンクの4球団。「楽天と日ハムは毎年、その年のナンバーワンと目される目玉選手に必ず名乗りを上げていますからね。それが球団のスカウト方針のようです」(前同) 例を挙げるなら、楽天は田中将大、松井裕樹。日ハムはダルビッシュ有、斎藤佑樹、菅野智之、大谷翔平など、競合必至の選手を指名して交渉権を [全文を読む]

中日・落合GMの“豪腕支配”で谷繁監督が八方ふさがり(2)ドラフトでも谷繁監督の意見が通らない

アサ芸プラス / 2016年02月09日01時56分

13年10月にフロントの要職として中日復帰を果たした落合GM。その強い推薦を受け、谷繁監督は指揮官となったにもかかわらず、チーム編成に関して口を挟めない“圧力”に悩まされ続けているというのだ。「和田一浩(43)と小笠原道大(42)=今季から二軍監督=の去就についても、谷繁監督は今季の現役続行を熱望していたが、それを無視して落合GMが2人へ引退勧告を突きつけ [全文を読む]

ドラフト1位で注目を集める超高校級投手…ギャンブルにハマる星があるので要注意?

週プレNEWS / 2015年11月10日06時00分

本当のことを言うと、占いでは中日に行くのがベストでしたね。地元に近い所で実力が発揮できる星を持っているので。ソフトバンクは中部地区の球場でやることはないですよね…。 次に、東海大相模の小笠原慎之介選手。彼は歴史のある球団で活躍できる星を持っています。中日は比較的古い球団ですから、いいかもしれませんね。 小笠原選手はマイペースでひょうひょうとした性格。プロの [全文を読む]

フォーカス