代表作 高倉健に関するニュース

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

寡黙(かもく)で耐える男というイメージが強い健さんですが、『網走番外地』など初期の代表作ではかなり多弁です。アドリブのセリフや演技も多かったそうです。両方できた健さんは、そういう意味ではとても器用な俳優だったのだと思います。 また、これも取材を通じてわかったことですが、健さんの周りには“スター・高倉健”のことをペラペラと語るような人物はほぼいない。健さんは [全文を読む]

【追悼】2014年に逝去した日本の俳優、映画人

Movie Walker / 2014年12月28日19時05分

以下、偉大な功績を遺した映画人たちに追悼の意味を込めて、代表作と共に紹介する。【トライワークス】 淡路恵子(女優・享年80)…代表作『女が階段を上る時』(60)『男はつらいよ 知床慕情』(87) 高橋昌也(俳優、演出家・享年83)…代表作「北の国から」『メゾン・ド・ヒミコ』(05) 加藤精三(声優、俳優・享年86)…代表作「巨人の星」星一徹役『クレヨンしん [全文を読む]

VODサービスの『ビデオマーケット』にて『高倉健 菅原文太 銀幕の中の侠たち』特集本日開始~この機会に東映任侠作品を一挙にVODで鑑賞しよう~

PR TIMES / 2017年07月05日11時30分

高倉健と菅原文太の数少ない共演作である『山口組三代目』配信開始を記念したこちらの特集では、各々の代表作2作品(『仁義なき戦い』『網走番外地』)と、70年代東映任侠映画をはじめとした関連作品を多数紹介しております。また、『ビデオマーケット』では現在初めてご登録頂く方に初月無料お試しキャンペーンを実施中(※2)のため、お好きな任侠映画作品をお得にお楽しみいただ [全文を読む]

テリー伊藤対談「池上季実子」(2)映画で共演した健さんの印象

アサ芸プラス / 2015年02月06日09時55分

テリー 高倉健さん主演の代表作として、よく「幸福の黄色いハンカチ」があがりますけど、僕は「昭和残侠伝」と「冬の華」をあげるんですよね。撮影の時の健さんの印象はどうでしたか? 池上 映画と同じですね。まさしく「ステキなおじさま」でした。ただ当時の池上季実子にとっては、「高倉健」という俳優さんはあまり知らない存在だったんですよ。 テリー 女の子は任侠映画なん [全文を読む]

佐野眞一氏 個人的付き合いのあった菅原文太との思い出語る

NEWSポストセブン / 2015年01月15日16時00分

ほとんど両足棺桶に突っ込んでいる状態で、どこまでできるやら思案六法ってとこなんだ」 この言葉を聞いたとき、「仁義なき戦い」で一本気な広島ヤクザを演じた広能昌三役と並んで、菅原氏の代表作となったNHK大河ドラマ「獅子の時代」で会津藩の下級武士として賊軍の一員となり、下北半島の斗南(となみ)藩まで流される平沼銑次(せんじ)役の印象が重なった。東北出身というせい [全文を読む]

11月は「流血と"いい男結婚ラッシュ"」 NewsCafeが選ぶ 2014年重大ニュース

NewsCafe / 2014年12月24日15時00分

代表作には『網走番外地シリーズ』『ブラック・レイン』『鉄道員』などがあり、2006年には文化功労者を、2013年には文化勲章を受章していた。◆安倍首相が消費税引き上げ先送りを表明安倍晋三首相は、首相官邸で記者会見し、来年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを2017年4月に1年半先送する意向を表明した。首相は消費増税の再延期はしないとも明言。首相 [全文を読む]

高倉健さん追悼テレビ番組に“ヤクザ映画”使える? 一方、DVD業界は「ビジネスチャンスに躍起」

日刊サイゾー / 2014年11月20日09時00分

ある放送作家によると「追悼番組として過去の名作の放映をしたいと東映など権利者と交渉に入っていますが、代表作といえるヤクザ映画は、昨今の暴力団排除の風潮に鑑みて、ゴールデンタイムの放送などは控えたほうがいいという声がある」という。 高倉さんの代表作である『網走番外地』『日本侠客伝』『昭和残侠伝』の各シリーズは、いずれも暴力団組員を主人公にした話で、近年はこう [全文を読む]

高倉健さん逝去 「日本のクリント・イーストウッド」を海外メディアも追悼

NewSphere / 2014年11月19日11時44分

◆高倉氏の代表作 東映を離れてからの高倉氏の業績については、各メディアとも同じ映画を取り上げている。 代表作には、やはり『幸福の黄色いハンカチ』(1977)と『鉄道員(ぽっぽや)』(1999)の2作が挙げられている。『鉄道員(ぽっぽや)』では、同年のモントリオール世界映画祭・主演男優賞を受賞した。また、公開後15年にわたって興行成績トップの記録を作ったとし [全文を読む]

「わさび」外山監督に、佐々部監督がエール 「“何のために映画を撮るか”は高倉健からの宿題」

映画.com / 2017年09月08日17時00分

佐々部監督は代表作「ツレがうつになりまして。」のいきさつに触れ、「いとこ、高校時代の友人がうつ病で自殺してしまったことがきっかけ。僕の周りだけでも、そんなにいるならうつ病で悩んでいる人にエールを贈る作品を作りたい、と思った。『八重子のハミング』も10年くらい前に脚本を書いて、4年くらい映画会社を回ったが、結局ダメで、3年前から自分でやり始めた。老々介護の [全文を読む]

「佐藤勝音楽祭」小林淳による解説と、中野昭慶監督の「語る」動画その2公開

DreamNews / 2017年07月14日15時30分

なかでも本作は評価がすこぶる高く、山田・佐藤コンビの代表作と目されている。網走刑務所を出所した男(勇作)が、ひょんなことから知り合った軽薄なカップルとともに妻の光枝がいる夕張へ向かう。出所時、勇作は光枝に手紙を出していた。「もしお前がまだ独りで暮らしているのならば、庭先の鯉のぼりの竿に黄色いハンカチを掲げておいてくれ」──。ピート・ハミルが書いたコラムが原 [全文を読む]

永遠の70年代アイドルに会いたい!「大信田礼子(同棲時代)」代表作の歌詞に激しく抵抗していた

アサ芸プラス / 2015年09月22日17時57分

短パンから伸びる、健康美あふれるしなやかな太腿に魅了された男は数知れず──70年代を華麗に彩った“アクション女優”大信田礼子(67)が、今だから話せる「同棲時代」秘話とは!? 母がしつけに厳しい人で、自由がない環境に育ちました。だからデビュー時に清純派として売り出された時から、「家と同じことはしたくない!」とさんざん言って、いただいたお仕事の一つが、東映制 [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(14)東映スターからの転換期

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時56分

どっちにしたって俺のアイデアや、と一蹴したんです」 笠原の後の代表作ではないが、東西の撮影所で“仁義なき戦い”が繰り広げられていたと吉田は言う。 こうした喧噪をよそに、高倉には「網走番外地」(65年)のシリーズも加わった。いよいよ映画界を代表するドル箱スターへと成長していったのだ。 ただし、吉田は慎重さを崩さない。京都製作が「侠客伝」で、東京製作が「残侠伝 [全文を読む]

高倉健と菅原文太 極道現役幹部が“男の器量”度を徹底比較!(2)文太の演技に感じたのは“執念”

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時57分

一方、文太には代表作「仁義なき戦い」の前に主演した「現代や○ざ 人斬り与太」という作品があるが、そこでは暴力団組織に挑戦する愚連隊のチンピラを演じている。 関東のさる組織の幹部・C氏は、自身の生き様に文太をダブらせている。 「アウトローの世界も長いモノには巻かれろ。ムダな抵抗はしない傾向が強くなってきている。しかし耐えるのも大事だけど、たとえ蟷螂〈とうろ [全文を読む]

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(3)ケガをした健さんへの気遣い

アサ芸プラス / 2014年12月18日09時57分

「幸福の黄色いハンカチ」といえば、任侠ものから脱皮を図ってみごとにイメチェンに成功した健さんの代表作。健さんのイメージができあがっている役にチャレンジするという大それたことを、いったい他のどの役者にできるだろうか。そこには文太の、 「健さん何するものぞ」 との気概があったのは紛れもなかろう。 ◆作家・山平重樹 [全文を読む]

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(2)2作目の主演作で健さんがゲスト出演

アサ芸プラス / 2014年12月18日09時56分

そして翌48年1月に封切られた「仁義なき戦い」こそ、実録極道映画の金字塔、日本映画史に残る名作として文太の代表作となり、文太はこの作品で一挙にスターダムへと押しあげられたのだった(すでに文太は前年夏の鶴田浩二主演のオールスター作品「博奕打ち外伝」に出演した際、その宣伝文句に、共演した鶴田、高倉、若山とともに「東映四天王」と謳われていた)。 ◆作家・山平重 [全文を読む]

ヤクザ映画、政治活動……菅原文太さんの“追悼特番”にテレビ各局が苦悩するワケ

日刊サイゾー / 2014年12月04日11時00分

高倉さんが亡くなった際、訃報を特集した各番組では『網走番外地』シリーズなど代表的なヤクザ映画のシーンではなく、『幸福の黄色いハンカチ』や『鉄道員(ぽっぽや)』のワンシーンが使われたが、菅原さんの訃報報道においても、代表作『仁義なき戦い』のシーンはことごとく使われず『トラック野郎』が使われていた。 当然ながらこれは、暴力団排除の世相に対する配慮であるが、情報 [全文を読む]

英国で小説化も! 世界が認めた“高倉健史上最異端の名作”とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月30日11時30分

米バラエティ誌の追悼記事(Web版)では『ブラックレイン』や『ザ・ヤクザ』とともに代表作として紹介されているくらい、健さん史上重要な作品なのである。ちなみに、関根勤氏もこの映画の超ファン。ソロDVD『カマキリ伝説2』では、作品の全シーンをモノマネで再現(新幹線のマネまで!)していたものです。 オイルショックの影響で倒産した町工場の社長(健さん)が、元・学生 [全文を読む]

高倉健さん 親交50年“舎弟”のため記者にかけてきた電話

WEB女性自身 / 2014年11月25日00時00分

オッチョコチョイでお調子者の田中邦衛さんと、真面目で頑固なテキ屋の高倉さんのふたりが、“弥次さん喜多さん”のようにパリで日本人観光客を騙そうと珍騒動を起こす……、といったストーリーです」田中邦衛は、健さんの代表作である『網走番外地』シリーズで“舎弟”を演じ、親交は半世紀にも及ぶ。当時、この新作構想をキャッチした本誌記者は、健さんの所属事務所に事実確認を求め [全文を読む]

吉永小百合 TV初のロングインタビュー 自らの半生と今後の夢を語る

PR TIMES / 2013年07月12日13時57分

番組では、高倉健、渥美清、石原裕次郎、渡哲也、樹木希林ら共演者や、山田洋次、市川崑などの巨匠たちとのエピソードにはじまり、ドラマの代表作『夢千代日記』誕生の逸話、『キューポラのある街』の撮影秘話、さらに原爆をテーマにした詩の朗読に込めた想いなど、自ら多くを語ることがなかった彼女の半生と今後の夢が明らかにされます。 「チャンネル銀河」では、2時間に及ぶイン [全文を読む]

再ブレーク児島美ゆき、活躍の場は…

NewsCafe / 2017年07月07日16時32分

倉本サンが、自分の代表作『北の国…』に出ていた小島を、今のドラマに再起用すれば…」 記者「話題にはなりますよ」 デスク「今からは間に合わないだろうけど、他局も高齢者向けのドラマ企画がいろいろあるようだし、児島の活躍の場はありそうだな」NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

フォーカス