代表作 高倉健に関するニュース

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

寡黙(かもく)で耐える男というイメージが強い健さんですが、『網走番外地』など初期の代表作ではかなり多弁です。アドリブのセリフや演技も多かったそうです。両方できた健さんは、そういう意味ではとても器用な俳優だったのだと思います。 また、これも取材を通じてわかったことですが、健さんの周りには“スター・高倉健”のことをペラペラと語るような人物はほぼいない。健さんは [全文を読む]

【追悼】2014年に逝去した日本の俳優、映画人

Movie Walker / 2014年12月28日19時05分

以下、偉大な功績を遺した映画人たちに追悼の意味を込めて、代表作と共に紹介する。【トライワークス】 淡路恵子(女優・享年80)…代表作『女が階段を上る時』(60)『男はつらいよ 知床慕情』(87) 高橋昌也(俳優、演出家・享年83)…代表作「北の国から」『メゾン・ド・ヒミコ』(05) 加藤精三(声優、俳優・享年86)…代表作「巨人の星」星一徹役『クレヨンしん [全文を読む]

どれも名作ばかり!日本人なら観ておくべき「高倉健」主演映画まとめ

VenusTap / 2014年11月19日15時50分

今日はそのご冥福をお祈りするとともに、彼の数ある代表作の中から、若い人たちにいまだからこそ観てほしい映画を3作品ご紹介していこう。 ■『網走番外地』/(東映 1965年) 福岡県に生まれた高倉は、明治大学進学のために上京、卒業後にマネージャーになるため芸能プロの面接を受けたところ、俳優としてスカウトされたという経歴を持つ。 そんな彼が映画スターとしての地 [全文を読む]

テリー伊藤対談「池上季実子」(2)映画で共演した健さんの印象

アサ芸プラス / 2015年02月06日09時55分

テリー 高倉健さん主演の代表作として、よく「幸福の黄色いハンカチ」があがりますけど、僕は「昭和残侠伝」と「冬の華」をあげるんですよね。撮影の時の健さんの印象はどうでしたか? 池上 映画と同じですね。まさしく「ステキなおじさま」でした。ただ当時の池上季実子にとっては、「高倉健」という俳優さんはあまり知らない存在だったんですよ。 テリー 女の子は任侠映画なん [全文を読む]

佐野眞一氏 個人的付き合いのあった菅原文太との思い出語る

NEWSポストセブン / 2015年01月15日16時00分

ほとんど両足棺桶に突っ込んでいる状態で、どこまでできるやら思案六法ってとこなんだ」 この言葉を聞いたとき、「仁義なき戦い」で一本気な広島ヤクザを演じた広能昌三役と並んで、菅原氏の代表作となったNHK大河ドラマ「獅子の時代」で会津藩の下級武士として賊軍の一員となり、下北半島の斗南(となみ)藩まで流される平沼銑次(せんじ)役の印象が重なった。東北出身というせい [全文を読む]

11月は「流血と"いい男結婚ラッシュ"」 NewsCafeが選ぶ 2014年重大ニュース

NewsCafe / 2014年12月24日15時00分

代表作には『網走番外地シリーズ』『ブラック・レイン』『鉄道員』などがあり、2006年には文化功労者を、2013年には文化勲章を受章していた。◆安倍首相が消費税引き上げ先送りを表明安倍晋三首相は、首相官邸で記者会見し、来年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを2017年4月に1年半先送する意向を表明した。首相は消費増税の再延期はしないとも明言。首相 [全文を読む]

高倉健さん追悼テレビ番組に“ヤクザ映画”使える? 一方、DVD業界は「ビジネスチャンスに躍起」

日刊サイゾー / 2014年11月20日09時00分

ある放送作家によると「追悼番組として過去の名作の放映をしたいと東映など権利者と交渉に入っていますが、代表作といえるヤクザ映画は、昨今の暴力団排除の風潮に鑑みて、ゴールデンタイムの放送などは控えたほうがいいという声がある」という。 高倉さんの代表作である『網走番外地』『日本侠客伝』『昭和残侠伝』の各シリーズは、いずれも暴力団組員を主人公にした話で、近年はこう [全文を読む]

高倉健さん逝去 「日本のクリント・イーストウッド」を海外メディアも追悼

NewSphere / 2014年11月19日11時44分

◆高倉氏の代表作 東映を離れてからの高倉氏の業績については、各メディアとも同じ映画を取り上げている。 代表作には、やはり『幸福の黄色いハンカチ』(1977)と『鉄道員(ぽっぽや)』(1999)の2作が挙げられている。『鉄道員(ぽっぽや)』では、同年のモントリオール世界映画祭・主演男優賞を受賞した。また、公開後15年にわたって興行成績トップの記録を作ったとし [全文を読む]

永遠の70年代アイドルに会いたい!「大信田礼子(同棲時代)」代表作の歌詞に激しく抵抗していた

アサ芸プラス / 2015年09月22日17時57分

短パンから伸びる、健康美あふれるしなやかな太腿に魅了された男は数知れず──70年代を華麗に彩った“アクション女優”大信田礼子(67)が、今だから話せる「同棲時代」秘話とは!? 母がしつけに厳しい人で、自由がない環境に育ちました。だからデビュー時に清純派として売り出された時から、「家と同じことはしたくない!」とさんざん言って、いただいたお仕事の一つが、東映制 [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(14)東映スターからの転換期

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時56分

どっちにしたって俺のアイデアや、と一蹴したんです」 笠原の後の代表作ではないが、東西の撮影所で“仁義なき戦い”が繰り広げられていたと吉田は言う。 こうした喧噪をよそに、高倉には「網走番外地」(65年)のシリーズも加わった。いよいよ映画界を代表するドル箱スターへと成長していったのだ。 ただし、吉田は慎重さを崩さない。京都製作が「侠客伝」で、東京製作が「残侠伝 [全文を読む]

フォーカス