清原和博 佐々木主浩に関するニュース

清原和博と佐々木主浩、親友のライバル関係はいかにして生まれたのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月21日16時04分

5月17日、覚せい剤取締法違反の罪に問われた清原和博被告の初公判が東京地裁で開かれ、弁護側の情状証人として野球評論家の佐々木主浩氏が出廷。清原被告の人柄などについて証言した。 今、球界では誰も清原被告との関係について触れられたくない、という。だからこそ、親友として、元ライバルとして、周囲の目を気にせずに法廷に立った「大魔神」の勇気を讃える声は多い。 ただ [全文を読む]

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(2)デッドボールのよけ方指南

アサ芸プラス / 2017年04月22日17時57分

「清原の支援者」といえば、証人として出廷し、「支えていきたい」と表舞台で表明したプロ野球評論家の佐々木主浩氏(49)が思い浮かぶ。だが、実際に寄り添っていたI氏とは、公判日まで面識すらなかったという。「『何かあったら何でも言ってください。俺がキヨをぶん殴るんで』とIさんに話していましたが、具体的な支援はなかったそうです。Iさんも一人ではさすがに限界があるの [全文を読む]

“大魔神”佐々木主浩が大激怒! 横浜DeNAキャンプ取材の受付で止められ「誰ですか?」と……

日刊サイゾー / 2017年02月07日11時00分

「球界は昨年、巨人の投手による野球賭博事件や、清原和博氏の覚せい剤事件を受け、コンプライアンスが厳しくなりました。その余波で、球場での受付もだいぶ厳しくなってしまった。今年は、取材パスの発行枚数も、だいぶ限られているようです。今回の件にはそういった背景があり、受付の係員が忠実に仕事をしてしまったことが原因です」(同) 受付で止められた佐々木氏は、DeNA [全文を読む]

清原和博、“シングルマザーのハーフ美女”元ホステス女性と入籍へ

日刊サイゾー / 2017年01月11日11時00分

元プロ野球選手の清原和博氏が、昨年末にスポーツニッポンと『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)のインタビューに応じ、涙ながらに覚せい剤使用の罪を懺悔したが、その後、“ひきこもり状態”が続いているという。 そんな清原氏の更生に力を貸しているのが、元大リーガーの佐々木主浩氏と、元銀座のクラブホステスでシングルマザーのM子さんだ。そのM子さんのかつ [全文を読む]

高知、清原、小向、ASKA… 過去3年に覚せい剤で逮捕された有名人の共通点とは!?

tocana / 2016年07月31日09時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/07/post_10413.html】■清原和博 記憶に新しいのが元プロ野球選手の清原和博だ。2016年2月2日に自宅マンションで約0.1gの覚せい剤が見つかり逮捕。初公判に盟友の佐々木主浩が出廷したことでも話題になった。 以前から清原は、その奇行が取り沙汰されていた。2014年の巨人沖縄 [全文を読む]

「突然ほえたり、前触れなく落ちたり……」復帰絶望!? 清原和博を苦しめる“覚せい剤後遺症”の地獄

日刊サイゾー / 2016年06月17日11時00分

覚せい剤取締法違反の罪に問われ、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた元プロ野球選手・清原和博。法廷では野球解説者の佐々木主浩氏がサポートの意思を示す場面も見られたが、今の清原は、とても野球界に戻れる状況ではないようだ。 「実は、まず大手出版社から懺悔本を出版して、その後、テレビなどの活動を再開させようという計画があったんです。ところが、薬物の後遺症 [全文を読む]

清原和博“独占インタビュー”獲得で「50万円」のボーナスも、本人は「まともにしゃべれない」!?

日刊サイゾー / 2016年06月15日09時00分

覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた元プロ野球選手・清原和博の独占インタビューに、高値が付けられている。ある週刊誌は契約記者らに、仕事の報酬以外に「実現させれば、50万円のボーナスを出す」と通達していたことがわかった。 「今、清原については業界用語でいう“ワンピシャ”といって、写真一枚、コメントひとことでもあれば買うという姿勢を見 [全文を読む]

刑事裁判の新制度「一部執行猶予」は薬物中毒者を救うか

ニューズウィーク日本版 / 2016年06月09日17時39分

この新制度は、清原和博氏のような薬物中毒者を救う一助となるだろうか> 高校時代からスター選手として野球ファンを沸かせ続け、22年間の現役生活で積み上げたホームラン数は、じつに525本。名球会にも名を連ね、日本プロ野球界に多大な貢献を果たしてきた清原和博被告人に対し、2016年5月31日、東京地裁は執行猶予つきの有罪判決を言い渡した。罪名は、覚せい剤取締法違 [全文を読む]

清原和博に急浮上した“広島潜伏”と“うどん屋経営”計画!(2)球界復帰が難しい状況の中で…

アサ芸プラス / 2016年06月04日17時57分

そうした背景から、初公判から程なくしてささやかれ始めたのが、「広島に潜伏中」との情報だった。「マスコミの監視の目から逃れるため、Y氏に頼ったのだと。ただ、どうやって広島に移動したのか、いぶかる声もありました。新幹線では目立ちすぎるし、車だとしても、広島に出没すれば騒ぎにもなるでしょうからね。それに、初公判が終わっても、判決公判のためにまたすぐに移動しなけれ [全文を読む]

伝説のGメン・小林潔氏が清原和博に激烈メッセージ(2)必ずや再起を果たせると…

アサ芸プラス / 2016年05月24日05時57分

厚労省関東信越厚生局麻薬取締部 元捜査第一課長 [全文を読む]

フォーカス