清原和博 佐々木主浩に関するニュース

清原和博と佐々木主浩、親友のライバル関係はいかにして生まれたのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月21日16時04分

5月17日、覚せい剤取締法違反の罪に問われた清原和博被告の初公判が東京地裁で開かれ、弁護側の情状証人として野球評論家の佐々木主浩氏が出廷。清原被告の人柄などについて証言した。 今、球界では誰も清原被告との関係について触れられたくない、という。だからこそ、親友として、元ライバルとして、周囲の目を気にせずに法廷に立った「大魔神」の勇気を讃える声は多い。 ただ [全文を読む]

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(2)デッドボールのよけ方指南

アサ芸プラス / 2017年04月22日17時57分

「清原の支援者」といえば、証人として出廷し、「支えていきたい」と表舞台で表明したプロ野球評論家の佐々木主浩氏(49)が思い浮かぶ。だが、実際に寄り添っていたI氏とは、公判日まで面識すらなかったという。「『何かあったら何でも言ってください。俺がキヨをぶん殴るんで』とIさんに話していましたが、具体的な支援はなかったそうです。Iさんも一人ではさすがに限界があるの [全文を読む]

“大魔神”佐々木主浩が大激怒! 横浜DeNAキャンプ取材の受付で止められ「誰ですか?」と……

日刊サイゾー / 2017年02月07日11時00分

「球界は昨年、巨人の投手による野球賭博事件や、清原和博氏の覚せい剤事件を受け、コンプライアンスが厳しくなりました。その余波で、球場での受付もだいぶ厳しくなってしまった。今年は、取材パスの発行枚数も、だいぶ限られているようです。今回の件にはそういった背景があり、受付の係員が忠実に仕事をしてしまったことが原因です」(同) 受付で止められた佐々木氏は、DeNA [全文を読む]

清原和博、“シングルマザーのハーフ美女”元ホステス女性と入籍へ

日刊サイゾー / 2017年01月11日11時00分

元プロ野球選手の清原和博氏が、昨年末にスポーツニッポンと『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)のインタビューに応じ、涙ながらに覚せい剤使用の罪を懺悔したが、その後、“ひきこもり状態”が続いているという。 そんな清原氏の更生に力を貸しているのが、元大リーガーの佐々木主浩氏と、元銀座のクラブホステスでシングルマザーのM子さんだ。そのM子さんのかつ [全文を読む]

高知、清原、小向、ASKA… 過去3年に覚せい剤で逮捕された有名人の共通点とは!?

tocana / 2016年07月31日09時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/07/post_10413.html】■清原和博 記憶に新しいのが元プロ野球選手の清原和博だ。2016年2月2日に自宅マンションで約0.1gの覚せい剤が見つかり逮捕。初公判に盟友の佐々木主浩が出廷したことでも話題になった。 以前から清原は、その奇行が取り沙汰されていた。2014年の巨人沖縄 [全文を読む]

「突然ほえたり、前触れなく落ちたり……」復帰絶望!? 清原和博を苦しめる“覚せい剤後遺症”の地獄

日刊サイゾー / 2016年06月17日11時00分

覚せい剤取締法違反の罪に問われ、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた元プロ野球選手・清原和博。法廷では野球解説者の佐々木主浩氏がサポートの意思を示す場面も見られたが、今の清原は、とても野球界に戻れる状況ではないようだ。 「実は、まず大手出版社から懺悔本を出版して、その後、テレビなどの活動を再開させようという計画があったんです。ところが、薬物の後遺症 [全文を読む]

清原和博“独占インタビュー”獲得で「50万円」のボーナスも、本人は「まともにしゃべれない」!?

日刊サイゾー / 2016年06月15日09時00分

覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた元プロ野球選手・清原和博の独占インタビューに、高値が付けられている。ある週刊誌は契約記者らに、仕事の報酬以外に「実現させれば、50万円のボーナスを出す」と通達していたことがわかった。 「今、清原については業界用語でいう“ワンピシャ”といって、写真一枚、コメントひとことでもあれば買うという姿勢を見 [全文を読む]

刑事裁判の新制度「一部執行猶予」は薬物中毒者を救うか

ニューズウィーク日本版 / 2016年06月09日17時39分

この新制度は、清原和博氏のような薬物中毒者を救う一助となるだろうか> 高校時代からスター選手として野球ファンを沸かせ続け、22年間の現役生活で積み上げたホームラン数は、じつに525本。名球会にも名を連ね、日本プロ野球界に多大な貢献を果たしてきた清原和博被告人に対し、2016年5月31日、東京地裁は執行猶予つきの有罪判決を言い渡した。罪名は、覚せい剤取締法違 [全文を読む]

清原和博に急浮上した“広島潜伏”と“うどん屋経営”計画!(2)球界復帰が難しい状況の中で…

アサ芸プラス / 2016年06月04日17時57分

そうした背景から、初公判から程なくしてささやかれ始めたのが、「広島に潜伏中」との情報だった。「マスコミの監視の目から逃れるため、Y氏に頼ったのだと。ただ、どうやって広島に移動したのか、いぶかる声もありました。新幹線では目立ちすぎるし、車だとしても、広島に出没すれば騒ぎにもなるでしょうからね。それに、初公判が終わっても、判決公判のためにまたすぐに移動しなけれ [全文を読む]

伝説のGメン・小林潔氏が清原和博に激烈メッセージ(2)必ずや再起を果たせると…

アサ芸プラス / 2016年05月24日05時57分

厚労省関東信越厚生局麻薬取締部 元捜査第一課長 [全文を読む]

清原和博被告初公判、3,769人の行列に“誰か”がいた!? 麻取捜査官、組対刑事が周囲をウロウロ……

日刊サイゾー / 2016年05月20日21時00分

5月17日、その黒山の人だかりとなった日比谷公園に近い東京地裁で、覚せい剤取締法違反(所持と使用)で逮捕された元プロ野球選手の清原和博被告の初公判があった。 朝9時30分から配られる傍聴の抽選券を求めて人々が前夜から列を作っていたが、それを眺めていたのが厚生労働省地方厚生局麻薬取締部、いわゆる「麻取」の捜査官とみられる人物だった。その顔を知っていた社会部記 [全文を読む]

大魔神・佐々木主浩氏が清原和博被告を「共同馬主」に誘っていた? 競馬にドップリな現状と収支は?

Business Journal / 2016年05月18日23時00分

覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告の初公判が17日、東京地裁で開かれた。メディアの注目を集めたのは、被告が現役時代から「親友でライバル」とお互いを認め合った野球評論家、佐々木主浩氏が情状証人として出廷したことである。 佐々木氏は法廷で、清原被告との出会いや友人としての関係、温かい人柄を語った上で、「そばで相談を聞いてあげればよかっ [全文を読む]

曖昧答弁で反省の色ナシ?清原初公判に見えた”裏社会への配慮”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月18日19時05分

覚せい剤取締法違反(使用など)に問われた元プロ野球選手でタレントの清原和博被告(48)の初公判が5月17日に開かれ、球界のスーパースターの変わり果てた姿がメディアを騒がせている。大きな焦点は清原被告の更生と実刑の可能性だ。さらに「現役時代は使ってない」という主張を疑問視する声もあり、そこには清原和博被告の思惑が見え隠れしている。 ■入手ルートはぐらかし…反 [全文を読む]

【プロ野球】王貞治の本塁打や金田正一の400勝を凌駕する”偉大な記録”とは

デイリーニュースオンライン / 2016年03月10日12時00分

1位 王 貞治 868本 2位 野村克也 657本 3位 門田博光 567本 4位 山本浩二 536本 5位 清原和博 525本 5位までの合計は3153本で、王貞治の868本は27.52%を占めていた。さすがは“世界の王”だ。 本塁打以外にも、王貞治はいくつかの記録保持者だが、特にすごいのが四球数だ。 1位 王 貞治 2390四球 2位 落合博満 14 [全文を読む]

“甲子園スター”たちの流転人生!「清原和博・松坂大輔」

アサ芸プラス / 2015年08月16日17時56分

その中山と同級生であり、ライバルだったPL学園の主砲・清原和博氏(47)はKKコンビで甲子園で一大旋風を巻き起こし、西武入団。その後、巨人、オリックスへと移籍した。オリックス関係者が回想する。「都内の中華料理店で清原夫妻と初対面。食事の前に契約の話をして、2年4億の提示をすると真っ先に奥さんが立ち上がって『ありがとうございます』と深々と頭を下げ、清原本人も [全文を読む]

ヌード写真集も頓挫……清原和博が“昇り龍の入れ墨”を「消したくても消せない」裏事情

日刊サイゾー / 2015年06月03日09時00分

入れ墨を消したくても消せない……元プロ野球選手の“番長”清原和博が全身に入れている入れ墨について、知人が除去をアドバイスしたところ「それは難しい」との返答があったという。 「本人は理由をハッキリ語らなかったんですが、ほかで聞いたところでは、背を向けられない人に彫ってもらったので、今さら除去することができないそうです」 清原は昨年12月、米大リーグで活躍した [全文を読む]

<中居正広「金スマ」が清原和博を浮き彫り>報道やドキュメンタリーでも追えない現在進行形の清原の事実を描く

メディアゴン / 2015年04月08日03時46分

貴島誠一郎[TBSテレビ制作局担当局長/ドラマプロデューサー]* * *4月3日放送のTBS「中居正広のキンスマ~野球人・清原和博は今」は、清原和博が一年ぶりのテレビ出演で本人が現在の心境を語った。ドキュメントと再現ドラマで、毀誉褒貶ある野球界のスーパースター・清原和博の存在感を浮き彫りにした、素晴らしい番組でした。甲子園を湧かせ歴代最多13本塁打の記録を [全文を読む]

清原和博に「新・総合格闘技“巌流島”」が転向オファー!(2)背景には球界に戻れない厳しい現状が…

アサ芸プラス / 2015年04月04日09時56分

格闘技ライターが続ける。「猪木氏はかつて、大麻取締法違反による逮捕で日本相撲協会を解雇された元前頭・若麒麟を引き取ってIGFのリングに上げ、再生させています。清原氏の薬物疑惑のシロ、クロはわからないが、猪木氏なら清原氏を再生できるのではないかとささやかれました」 このように格闘技にも積極的な「参戦」の意思を示していた清原氏に対し、「もしテレビ中継されれば清 [全文を読む]

清原和博 大魔神・佐々木殿堂入りパーティに「激ヤセ」登場

アサ芸プラス / 2015年01月07日09時56分

イチロー(41)、王貞治氏(74)ら球界関係者のほか、青木功(72)、石橋貴明(53)、北島三郎(78)ら総勢約800人が出席したが、そこに登場したのが、親友の清原和博氏(47)だった。スポーツ紙デスクが語る。 「大魔神からの出席オファーを、一度は断っています。『オレが行くと迷惑をかけるから』と」 清原氏の言う「迷惑」とは、一連の薬物疑惑騒動や離婚の波紋で [全文を読む]

清原和博が頬こけ激ヤセ 行きつけの韓国料理店が減量に協力

NEWSポストセブン / 2014年12月12日07時00分

清原和博(47才)と妻の亜希(45才)が離婚してから3か月。2人のその後は、明暗真っ二つに分かれている。 子供を連れて家を出た亜希は、引き続きモデル業をこなし、最近は専属モデルを務める『Marisol』(集英社)だけでなく、さまざまな雑誌で活躍している。 「多忙でどうしても家のことに手が回らないときは、彼女のお兄さんが来て子供の面倒を見ることも多いそうで、 [全文を読む]

フォーカス