かとうれいこ 細川ふみえに関するニュース

多数グラドル撮影の写真家「2人で食事したのは4人だけ」

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

初めて撮影するという時は、僕も少なからず経験があったのに頭が真っ白になりました(笑い)」 堀江同様、鮮烈な記憶として残っているのがかとうれいこだ。彼女の初撮影は山岸氏。その後、第16代クラリオンガールに選ばれるや、瞬く間にトップグラビアアイドルに上りつめた。彼女の写真集の撮影は香港でだった。だが、同行した野田氏と彼女が大げんかをしてしまい、なんと社長は先に [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(1)かとうれいこ、河合奈保子…最強レジェンド10人

アサ芸プラス / 2017年05月01日05時59分

かとうれいこ 1989年は「平成元年」でもあるが、同時にこの年は“巨大な乳”を比喩する新語が誕生した年でもある。その水先案内人となったのは、童顔で上品なのに爆裂バストのかとうだった。○細川ふみえ グラビア界における衝撃はいくつもあるが、はちきれそうな豊満なバストに「眼帯ブラ」と呼ばれた小さな布ひとつ──。そしてフーミンは、伝説の域を一気に駆け上った。○宮 [全文を読む]

衰えぬ美貌と巨乳...イエローキャブ軍団に「今が旬」の声

メンズサイゾー / 2016年08月02日10時00分

その後もかとうれいこ(47)や細川ふみえ(44)といった人気者を生み、世に巨乳ブームを巻き起こしたことで知られる。 昨年自己破産を申請した同プロダクションからは所属タレントがいなくなったが、このところネットでは元イエローキャブ軍団の注目度が上昇している。中でも男性ファンからアツい視線を注がれているのは、女優としても活躍し、イエローキャブいちの出世頭といえる [全文を読む]

ついに倒産した「イエローキャブ」10大事件簿!(1)野田元社長が語る創業から全盛期まで

アサ芸プラス / 2015年03月04日09時55分

堀江の夭折で危機に陥ったが、89年にかとうれいこ(46)=B86・W58・H84=が、翌90年に細川ふみえ(43)=B94・W59・H87=が相次いでデビューし、世に「巨乳ブーム」を巻き起こした。 そんな「繁栄」の始まりは、同時に「黒歴史」の始まりでもあった。08年、野田氏に密着したノンフィクション「巨乳をビジネスにした男」を上梓した作家・大下英治氏が言う [全文を読む]

グラドル界の「犬猿の仲」リスト!(13)小池栄子VS佐藤江梨子…イエローキャブの内紛ヒストリー

アサ芸プラス / 2017年05月05日09時59分

堀江が88年に他界した後、それこそ「ブームの創始者」となったかとうれいこと細川ふみえは、細川が先輩のかとうを立てたことで、目立ったバトルはなかったという。 そして90年代後半、本格的なグラビアブームが到来。かつて同社でマネージャーを務めたM氏が、雛形あきこに続いて大々的にプッシュされた山田まりやを回想する。「デビューしたばかりの山田は、雛形の前で直立不動に [全文を読む]

かとうれいこ、小池栄子、橋本マナミ…時代を彩った「殿堂入りバスト」

アサ芸プラス / 2017年02月05日09時58分

後世に残したいバストの“レジェンド”といえば、88年にデビューしたかとうれいこだ。「かとうは翌89年以降の“豊かなバスト”隆盛期の先鞭をつけたグラドルです。同じ事務所だった細川ふみえとともに、2枚看板で大車輪の活躍でした。『童顔なのにものすごいボディ』は、今なおグラビア界の売れる要素でもあります」(芸能ライター) そのムーブメントの波に乗った代表格が、や [全文を読む]

野田義治氏が述懐 細川ふみえの独特の母性

NEWSポストセブン / 2016年12月03日07時00分

堀江しのぶ亡き後のイエローキャブを支えた“長女”がかとうれいこなら、“次女”は細川ふみえだ。 「細川はどちらかというとロリ顔だけど、独特の母性が醸し出されているなと思いました。胸のボリュームもしっかりあったけど、今まで会ったことがない雰囲気が印象的でした」(野田氏) 1990年の夏、19歳でミスマガジンのグランプリに選ばれた細川はイエローキャブに所属が決ま [全文を読む]

巨乳グラドル軍団復活か?イエローキャブ、ブランド再起を宣言

Walkerplus / 2016年11月30日21時53分

かとうれいこ、小池栄子、佐藤江梨子らを輩出し、巨乳グラドルの一時代を築いた芸能事務所「イエローキャブ」。野田義治元社長の退陣以降、経営悪化、2015年2月に自己破産とその名は一時の輝きを失っていたが、このたび別会社である株式会社イエローキャブプラスがライセンス取得を改めて正式発表。「イエローキャブ」ブランドの再起を宣言した。 イエローキャブは、1980年に [全文を読む]

女優が決意持って挑んだVシネマ 藤原紀香、浜崎あゆみも

NEWSポストセブン / 2016年11月12日07時00分

細川ふみえが『プリティガール2』でセクシー探偵を、かとうれいこが『女教師仕置人』で法が裁けない悪を倒す仕置人を演じ、岡本夏生が大ヒット映画『女囚さそり』のリメイクに主演した。 「Vシネマにはしっかりとしたストーリーがあり、映画では容易になれない主演を務められる。グラドルにとって、女優へのステップアップにもなりました」(Vシネマに詳しいライターの石田伸也氏) [全文を読む]

橋本マナミ 壇蜜や井川遥らから学んだ「癒やし」の極意

NEWSポストセブン / 2016年06月30日16時00分

それからTバックをはいて深夜番組に出演していた飯島愛さんも、“いけない人”として幼心に覚えています(笑い)」 1990年代前半は、かとうれいこや伝説のお色気番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)に出演した細川ふみえらイエローキャブ勢も人気者となった。 他には主演映画『花と蛇2』の試写会で「久々に縛られて感触がよみがえりました。ドMです」などと、言葉で [全文を読む]

「国民栄誉グラドルBEST20」(1位~5位)金字塔を打ち立てたあのアイドルが戴冠!

アサ芸プラス / 2016年05月07日17時58分

2位 かとうれいこ(161センチ・B97・W58・H84)“胸はデカいけど、顔は‥‥”という従来の常識を打ち破り、「グラビアの祖」となった。全てのグラビアは彼女に通じていると言っても過言ではない。1位 ほしのあき(165センチ・B88・W58・H87) 数々の金字塔を打ち立て、代名詞である「最年長グラドル」で、業界の定年制を吹き飛ばした。「透けセーラー服」 [全文を読む]

「胸がデカイだけじゃ売れない!」 サンズ・野田会長が振り返る巨乳グラドル秘話

週プレNEWS / 2015年04月30日00時00分

まずは、かとうれいこさん。 野田 スカウトした時は胸が大きいなんて知らなかったんですよ。ただ、“和顔”だったのがよかった。日本人に絶対に嫌われない顔ってあるんです。まさに彼女はその和顔で、尚かつ胸も大きかったからグラビアに向いてたんだよね。 ―続いては細川ふみえさん。 野田 ふみえは「ミスマガジン」でデビューしたんだけど、その時の関係者から紹介されてウチに [全文を読む]

「胸がデカイだけじゃ売れない!」 サンズ・野田会長が振り返る巨乳グラドル秘話

週プレNEWS / 2015年04月30日00時00分

まずは、かとうれいこさん。 野田 スカウトした時は胸が大きいなんて知らなかったんですよ。ただ、“和顔”だったのがよかった。日本人に絶対に嫌われない顔ってあるんです。まさに彼女はその和顔で、尚かつ胸も大きかったからグラビアに向いてたんだよね。 ―続いては細川ふみえさん。 野田 ふみえは「ミスマガジン」でデビューしたんだけど、その時の関係者から紹介されてウチに [全文を読む]

もっとも愛される女性のバストサイズは?「ヒンヌー教徒」も増加中!?

しらべぇ / 2015年04月02日18時00分

先日、かとうれいこ(46)や細川ふみえ(43)など、多くの巨乳アイドルで一世を風靡した芸能事務所「イエローキャブ」が事業を停止し、自己破産の準備を始めていることが報じられた。 近年、ネットでは胸の小さな女性を愛する「ヒンヌー教」 http://dot.asahi.com/aera/2013101000007.html を自称する人も見られるが、こうした「 [全文を読む]

小池栄子の移籍で命運が尽き…イエローキャブの苦しかったフトコロ事情

アサ芸プラス / 2015年02月19日09時59分

全盛期には細川ふみえ、かとうれいこ、雛形あきこら多くのグラビアアイドルを抱え圧倒的な人気を誇ったものだったが、その苦しかったフトコロ事情をベテランの芸能ライターが明かす。 「10年ほど前、業界中に顔の利いた名物社長の野田義治氏を経営方針の違いということで、事実上追放したのが運命の分かれ道。多くのタレントが野田氏について、サンズに移籍した。イエローキャブには [全文を読む]

イエローキャブ倒産! 小池栄子が背負う“3億借金”問題、佐藤江梨子は“セクシー路線廃業”へ!?

サイゾーウーマン / 2015年02月14日13時00分

1980年に創立、社長だった芸能プロモーター・野田義治氏の指揮の元、細川ふみえやかとうれいこ、雛形あきこら有名グラドルを次々とデビューさせたが、近頃では金銭難がささやかれていた。そして最後まで所属していた佐藤江梨子と小池栄子も、すでに次の道を歩み始めているようだ。 「一時代を築いたイエローキャブですが、異変が起こったのが2004年。経営方針から“追放”され [全文を読む]

イエローキャブ消滅で評判を落としたタレント?

tocana / 2015年02月14日08時00分

全盛期には佐藤江梨子、小池栄子、細川ふみえ、かとうれいこ、といった多くの巨乳グラビアアイドルが在籍していたが、04年に経営トラブルから、当事社長を務めていた野田義治氏が社長を辞任。「有限会社サンズ(現・株式会社サンズエンタテインメント)」に雛形あきこ、MEGUMI、山田まりや等のタレント数名を引き連れ独立した。 また、野田氏が去った後のイエローキャブには [全文を読む]

一世風靡の“雛(ひな)ポーズ”誕生から20年、伝説のグラビアポーズとは?

週プレNEWS / 2014年09月12日11時00分

先輩の細川ふみえさんや、かとうれいこさんは20代でセクシーな雰囲気を出していたんですが、彼女はまだ若かったためにそれほど大人の雰囲気を出せなかった」 しかし彼女は、その童顔すぎるビジュアル的なハンデを逆手にとったという。 「雛形あきこさんが、そのかわいらしい童顔と巨乳を前面に出そうとして考えられたのが、顔と胸が強調される前屈姿勢の雛ポーズだったんです。実は [全文を読む]

経営不振で身売り決定! 芸能プロ「イエローキャブ」の事実上消滅でささやかれる“戦犯”の名前

日刊サイゾー / 2014年04月24日13時00分

「かつては野田義治氏が率い、故・堀江しのぶさん、かとうれいこ、細川ふみえらグラビア界を席巻した巨乳タレントを続々と世に送り出したが、親会社との確執で野田氏が離脱。新体制になってからは社長が社内でクビを吊るなど、パッとしなかった。現在の所属タレントは6人だが、まともに稼いでいるのは小池と佐藤の2トップだけ。関連会社を設立してグラドルを育成しようとしたが、経 [全文を読む]

巨乳帝国「イエローキャブ」が消滅危機…小池栄子と佐藤江梨子の行方に熱視線

メンズサイゾー / 2014年03月21日12時00分

かつては当時の社長・野田義治氏が堀江しのぶ(88年没=享年23)、かとうれいこ(45)、細川ふみえ(42)らを発掘し、巨乳グラドル路線で業界を席捲。業界では“巨乳帝国”とうたわれ、大手プロの一角を占めるまで成長した同事務所だが、その終焉の時が迫っているという。 一時は栄華を誇った同事務所だが、野田氏のワンマン経営によって資金繰りが悪化。パチンコチェーンの傘 [全文を読む]

フォーカス