明治維新 坂本龍馬に関するニュース

【エンタがビタミン♪】次期大河『西郷どん』は「征韓論」をどう扱う? 安倍政権「“明治維新の映画”支援検討」は吉凶どちらに出るか

TechinsightJapan / 2017年01月16日06時00分

2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が放送スタートする1月8日の前日、「政府が明治維新の映画支援検討」というニュースが流れた。『直虎』は戦国時代を描いたものだが、2018年の大河ドラマに決定している『西郷どん』は明治維新の立役者・西郷隆盛が主人公だけに政府が映画支援を考えている時代と同じだ。 報道によると、政府は1868年の明治維新から150年 [全文を読む]

~非日常体験プレゼントサイト「Amaze(アメイズ)」キャンペーン~ 冷たいmeijiの夜明け 明治チョコアイスシリーズから 京都・土佐・薩摩から選べる『歴史体感旅行』をプレゼント!

PR TIMES / 2013年03月29日10時35分

明治維新に関わりの深い土地 『京都、土佐、薩摩』から選べる特別旅行プラン<「Amaze(アメイズ)」とは>「Amaze(アメイズ)」は、ドキドキするような「非日常体験」に厳選されたプレゼント企画を提供する、非日常体験プレゼントサイト。ユーザー利用は全て無料で 「モノ」だけではなく、「体験」のプレゼントが当たります。「応募するのにドキドキするような非日常 [全文を読む]

春の旅行は高知家へ!3月開催の二大イベント 大政奉還より150年。坂本龍馬ら多くの偉人を輩出した土佐が、再び熱く動き出す 「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」開催!

PR TIMES / 2017年02月06日11時45分

2018年は「明治維新」から150年。「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」開催! 今年は江戸幕府が政権を朝廷に返上した「大政奉還」から150年、2018年は「明治維新」から150年の節目の年に当たります。幕末から明治維新にかけて、京や江戸から遠く離れた土佐の地にあって、坂本龍馬をはじめ、多くの偉人を輩出した高知県では、当時に思いを馳せ、彼らを [全文を読む]

瑛太、初共演の鈴木亮平を「電車のホームで見かけた」時のエピソードに報道陣笑い

モデルプレス / 2017年03月27日13時20分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。 主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当する。 この日、瑛太のほか、鈴木、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅(ドランクドラゴン)、風間杜夫、平田満、松坂慶子がキャストとして選ばれ会見に出席。 ◆瑛太、鈴木亮平をホームで… [全文を読む]

鈴木亮平主演2018年大河ドラマ「西郷どん」のキャストに瑛太ら<8人発表>

モデルプレス / 2017年03月27日12時33分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。 主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当する。 ◆追加キャストに瑛太ら この日、瑛太のほか、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅(ドランクドラゴン)、風間杜夫、平田満、松坂慶子がキャストとして選ばれ会見に出席。 宮崎あおいが [全文を読む]

今年は高知がアツい!暗殺5日前に書かれた「坂本龍馬書簡」が一般初公開

Walkerplus / 2017年02月09日19時15分

今年は江戸幕府が政権を朝廷に返上した「大政奉還」から150年を迎え、来年2018年は 「明治維新」から150年の節目の年となる。幕末から明治維新にかけて、京や江戸から遠く離れた土佐の地にあって、坂本龍馬をはじめ、多くの偉人を輩出した高知県では、当時に思いを馳せ、彼らを育んだ時代につながる土佐の風土・文化・食・自然などを知ってもらうため、2年にわたって「志 [全文を読む]

歴史人物モテ男対決!龍馬と歳三、結婚したいのはどっち?

しらべぇ / 2016年04月06日05時30分

新撰組隊士の中でも、有名だったのは局長の近藤勇と明治維新後も剣豪で知られた斎藤一であり、それに比べたら歳三はマイナーキャラだったと言っても過言ではない。■龍馬に出し抜かれた男龍馬の場合は、長らく武市半平太の影に隠れていた。武市半平太は今や龍馬ストーリーの脇役という扱いだが、とくに太平洋戦争が終わるまでは「幕末史上最も有名な勤王志士」として人々の人気を集めて [全文を読む]

徳川幕臣の川路聖謨 国境交渉でロシアの譲歩を引き出した

NEWSポストセブン / 2016年01月29日07時00分

明治維新という過ち』(毎日ワンズ刊)は、作家・司馬遼太郎氏の著作などを通じて日本人に定着した長州・薩摩藩中心の「明治維新至上主義」の歴史観を否定、坂本龍馬や吉田松陰らの「実像」を明らかにし、歴史書としては異例の5万部超のヒットとなった。 その続編である新刊『官賊と幕臣たち~列強の日本侵略を防いだ徳川テクノクラート』(同)では、「明治維新の逆賊」として軽 [全文を読む]

遺体確認の決め手は肥大化した陰嚢!? 糖尿病にも苦しんだ西郷隆盛の最期

ヘルスプレス / 2015年09月24日21時02分

徳川幕府の倒幕の大立者、明治維新の推進役といえば、何人もの多士済々の名が浮かぶ。だが、堅苦しい歴史学的な見立てではなく、庶民の人気や好感度から言えば、この二人に絞られる。「西郷(せご)どん」こと西郷隆盛と坂本龍馬だ。 今回は、西郷隆盛の傑物ぶり、その生と死の真実に肉薄してみよう。ケンカの重傷で武芸の道を断念!ひたすら勉学した少年時代 大久保利通、木戸孝允と [全文を読む]

電子書籍『西郷隆盛』(1~8巻)がKindleストアにて配信開始!! 維新の巨星・西郷隆盛を歴史漫画の巨人・横山まさみちが描く! 西郷隆盛、坂本龍馬、大久保利通ら、明治維新を彩った英雄たちが鮮烈な筆致でよみがえる。

@Press / 2014年01月21日13時45分

<書籍概要1>■『西郷隆盛』(1巻)著者:横山まさみち価格:100円◆Kindleストアリンク: http://amzn.to/1msey6F<内容紹介>明治維新を描いた名作コミック! 薩摩藩の小役人として藩の窮乏を目の当たりにし、領民たちの苦悩を救うべく、星雲の志を抱いた西郷は藩の世継・島津斉彬の英明さに昏倒していく。しかし藩内には斉彬の弟・久光を擁立す [全文を読む]

フォーカス