主演ドラマ 堺雅人に関するニュース

“人材難”キムタク主演ドラマを救った「禁じ手」

日刊大衆 / 2016年12月04日16時00分

さらには、今秋に新事務所を立ち上げたばかりの井上真央など、豪華メンバーが出演を熱望しているとか」(同) 惨敗必至とささやかれているキムタクドラマだったが、想定外の幸村の加勢を受けて、“倍返し”できるだろうか!?週刊大衆2016年12月12日号 [全文を読む]

10月新ドラマ 菅野美穂単独主演は松嶋菜々子サイドの意向大

NEWSポストセブン / 2016年09月10日16時00分

「昨年8月の出産でしばらく仕事から遠ざかっていたうえに、4年ぶりの主演ドラマですからね。しかも共演者が松嶋菜々子さん(42才)。新人のような緊張ぶりで、子役の女の子にも“よろしくお願いします”と、敬語で挨拶していました」(ドラマ関係者) 舞台はとあるタワーマンション。菅野演じる主人公、専業主婦の亜紀は、夫(田中直樹、45才)と2人の子供たちと家族4人でこ [全文を読む]

嵐・松本潤、『99.9』主演に異例の猛バッシング! 「ジャニーズ使うな!」の声噴出のワケ

サイゾーウーマン / 2016年02月28日09時00分

ジャニーズ主演ドラマが発表される際は、毎回このような声が出るが、今回はほかのドラマとは比較にならないくらい批判が噴出している。 「今回、松潤が出演するTBS日曜劇場は、これまで『半沢直樹』『下町ロケット』『天皇の料理番』などの骨太な人気ドラマを放送してきた枠。そのため、ドラマファンからは『日曜劇場はジャニーズファンを取り込むドラマ枠じゃなくて、実力のある役 [全文を読む]

堺雅人「ドラマ視聴率低下」は“人気の終わり”を象徴するのか!?

アサ芸プラス / 2015年04月20日17時59分

4月15日スタートの主演ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)第1話の視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。あの2013年の大ヒット作「半沢直樹」(TBS系)の熱狂ぶりがウソのような数字である。 思えば「半沢バブル」で、堺雅人(41)の人気と知名度は飛躍的に上昇。ビールや携帯電話などのCMにも次々と出演し、テレビ画面で見ない日はないほどの状態 [全文を読む]

高視聴率連発の夏ドラマ! キスマイ玉森主演『ぴんとこな』は“真打ち”となるか!?

PR TIMES / 2013年07月18日16時17分

それを引っ張るのは、TBS日曜9時の『半沢直樹』と、テレビ朝日木曜9時の沢村一樹主演ドラマ『DOCTORS2 最強の名医』だ。堺雅人主演ドラマの『半沢直樹』は初回視聴率でいきなり19.4%をマークしたのもすごいが、海の日連休の狭間という悪条件の中で放送された2話では20%超えの21.8%を記録。また、沢村一樹主演ドラマの『DOCTORS2』は初回から19. [全文を読む]

2016年芸能界「あげまんVSさげまん」美女を総括レポート!(2)堺雅人をスターダムに押し上げた菅野美穂のあげっぷり

アサ芸プラス / 2016年12月25日17時57分

3年前に結婚してからというもの、「半沢直樹」(TBS系)、「リーガルハイ」(フジテレビ系)と、夫の主演ドラマをヒットさせてきた。「1年近い長期撮影なので、菅野さんが健康に気を遣ってお弁当を作ったり、撮影現場に子供を抱っこして、着替えを届けに来ていました」(ドラマスタッフ) 10月末に「真田丸」はクランクアップ。堺の仕事も一息ついて、今はイクメンパパになって [全文を読む]

新垣結衣は『逃げ恥』で“第3のスタートライン”に立った 喜劇女優としてのガッキー

リアルサウンド / 2016年10月29日06時10分

新垣が気の強いテレビディレクターを演じた『空飛ぶ広報室』、記憶がリセットされる探偵を描いた『掟上今日子の備忘録』と、最近の彼女の主演ドラマはいずれも野木の脚本によるものだ。今回もまた、人気の高い原作のイメージを崩すことなく、女優・新垣結衣の魅力を存分に引き出すキャラクター性を作り上げている。 今回新垣が演じる森山みくりは、大学院を卒業して就職活動を行うも、 [全文を読む]

菅野美穂の「スッピン育児」が理想化されて、金髪の山田優が罵倒されるおかしさ

messy / 2016年10月02日21時00分

結婚・妊娠・出産を経た菅野美穂(39)の久々の主演ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(10月14日スタート、TBS系)がはじまるとあって、こんな記事が朝日新聞系列のメディア「dot.」に掲載されていた。■菅野美穂、スッピンに抱っこひも…あまりに理想的すぎる堺雅人との「夫婦生活」 些細な記事だが、喉に小骨が引っかかったような違和感を拭えなかった。 昨年8月に第 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀の主演ドラマも低迷……そろそろ映像化作品がなくなりそうな池井戸潤の原作

日刊サイゾー / 2015年05月17日09時00分

11日に放送された、嵐の相葉雅紀が主演を務める月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)の第5話視聴率が11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。 同作は直木賞作家・池井戸潤氏原作のホームドラマ。平凡な一家がストーカー被害に巻き込まれるというサスペンスタッチのストーリーだが、初回視聴率は13.0%。地上波民放で放送された池井戸氏原作の [全文を読む]

凛とした美しさを持つ若手女優・高梨臨、朝ドラブレイクでドラマにCMに大活躍!

メンズサイゾー / 2015年05月11日10時00分

大ヒットを記録した『半沢直樹』(TBS系)以来となる堺の民放連ドラ主演作ということもあって、放送前から注目を集めていた『Dr.倫太郎』だが、平均視聴率を見ると初回は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、その後もなかなか上昇することはなく"堺雅人主演ドラマ"としての期待が大きかった分、若干見劣りするスタートとなった。 そんな中、気になるキャストとし [全文を読む]

『アイムホーム』初回16.7%好発進、あの木村拓哉が番宣に駆けずり回る異例の事態に、他局もびっくり!

日刊サイゾー / 2015年04月17日17時00分

SMAP・木村拓哉主演ドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系/木曜21時~)が16日にスタートし、初回平均視聴率が16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことがわかった。 これは、木村の歴代連ドラ主演作史上、初回視聴率において史上最低。だが、今クールの民放連ドラ中では、堺雅人主演『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)の初回13.9%を上回り首位 [全文を読む]

“病んでる系”ドラマ対決は、堺雅人『Dr.倫太郎』が圧勝、木村拓哉『アイムホーム』との一騎打ちへ

日刊サイゾー / 2015年04月17日00時00分

今クールの大本命ともいわれる堺雅人主演ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系/毎週水曜22時~)が15日にスタートし、初回視聴率13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。 「前クールの柴咲コウ主演『○○妻』の初回14.4%には、わずかに及ばなかったものの、裏番組の阿部サダヲ主演『心がポキッとね』(フジテレビ系)第2話の7.5%には余裕の圧 [全文を読む]

堺雅人 日テレ連ドラ出演決めた背景に脚本家と高額ギャラ説

NEWSポストセブン / 2015年04月10日07時00分

堺が日テレの連ドラに主演するのは初めてだが、この作品のオファーを受けた裏事情とは? 視聴率42.2%を記録した『半沢直樹』(TBS系)、続いて出演した『リーガルハイ』(フジテレビ系)以来1年半ぶりの主演ドラマとなる今作。 もちろんそれまでの間も、各局、あの手この手で、堺にオファーを出していたわけだけれど、彼はすべて拒否してきたといわれている。 では、なぜ今 [全文を読む]

米倉涼子の「堺雅人似」恋人、素顔は「EXILE系肉食男子」だった

messy / 2013年12月28日12時00分

主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の大ヒットでノリまくっている女優・米倉涼子(38)が、私生活でも順調なことを報じられている。26日発売の「フライデー」(講談社)が、年下の30代半ば男性とのデート写真を掲載し、2人は米倉の自宅マンションで一夜を明かしたと伝えたのだ。 米倉の所属する“ごり押しで有名”なオスカープロモーションは、「プ [全文を読む]

キムタク主演ドラマはこれで見納め!?

アサ芸プラス / 2013年11月25日10時00分

と言って、3年前の主演映画『SPACE BATTLESHIP YAMATO』も記録的な大コケしているだけに映画主演も厳しいのでは…」(芸能評論家) 一時代の終焉を飾るドラマを1度見てみる? [全文を読む]

『リーガルハイ』堺雅人の演技を支える劇団四季メソッドとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月22日12時10分

前クールの主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で42.2%という驚異の視聴率を叩き出した堺雅人。休む間もなく、今クールではドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ系)で主演を務めている。『半沢~』では、妻・花に叱咤激励されるほんわかするシーンと銀行内で不正を暴くシリアスなシーンが交互に訪れ、堺は緩急ある演技を見せていた。一方、『リーガルハイ』では法廷を舞台に、ハイ [全文を読む]

『リーガルハイ』21.2%スタートの“新・視聴率男”堺雅人に怯えるキムタク『安堂ロイド』は大丈夫か

日刊サイゾー / 2013年10月13日12時00分

堺にとっては、最高視聴率42.2%を記録した『半沢直樹』(TBS系)に続く主演ドラマだけに注目を集めていたが、『半沢直樹』の初回視聴率19.4%を上回る好発進に、“視聴率男”の面目躍如といったところだろう。 「『リーガルハイ』はもともと視聴者からの評判がよかったドラマですが、前シリーズの平均視聴率は12.5%、最高視聴率も14.5%とそこそこでした。とはい [全文を読む]

堺雅人、『半沢直樹』ブームに浮かない顔!? 「プライベート詮索に大クレーム」

サイゾーウーマン / 2013年09月21日13時00分

堺も週刊誌には警戒していて、先日行われた『半沢直樹』の打ち上げでは、マスコミを回避するため裏口から入るほど」(週刊誌記者) 10月からも主演ドラマ『リーガル・ハイ2』(フジテレビ系)が控えている堺。前作も「第50回ギャラクシー賞」でテレビ部門、個人賞など賞を総ナメにしただけに、今作も話題になることは必至だ。人気と比例してプライベートにも注目が集まるのは芸能 [全文を読む]

快進撃中、堺雅人の主演ドラマが次クールの大本命と評論家

NEWSポストセブン / 2013年09月01日07時00分

ドラマ好きは脚本家で見るドラマを選ぶ傾向がある。今なら『あまちゃん』の宮藤官九郎氏や、『Mother』の坂元裕二氏の名を挙げる人も多いだろう。そんな中、賞を軒並み受賞し、各方面から引っ張りだこの脚本家が、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やドラマ『相棒』『リーガル・ハイ』など話題作を連発している古沢良太氏(40才)だ。“今最も多忙な脚本家”といわれる古沢氏 [全文を読む]

堺雅人『半沢』好演生んだ“波乱の倍返し半生”

WEB女性自身 / 2013年08月18日07時00分

主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)が今季視聴率トップの堺雅人(39)。プライベートでも今年4月に菅野美穂(35)と電撃婚し、現在は都内の高級住宅地にある家賃約60万円のマンションで一緒に暮らしている。絶好調に思える堺だが、私生活では波乱の人生を歩んできた。そんな彼の“倍返し半生”とは――。 堺は幼少期を宮崎市内で過ごした。3人兄弟の長男で、両親は漁に使う網 [全文を読む]

フォーカス