小保方晴子 笹井芳樹に関するニュース

笹井芳樹教授が密かに培養していた「笹井ガールズ」ハーレム計画(1)小保方氏は笹井氏のコマの一つ?

アサ芸プラス / 2014年07月08日09時56分

かっぽう着やピンクの研究室を考案し、「小保方晴子」をアイドル研究者にしようともくろんだ上司の笹井芳樹教授。2人の“不適切な関係”が報じられる中、笹井氏は他にも美人研究者を物色しては“笹井ガールズ”を培養しようとしていた。野望に満ちあふれたその計画とは──。 小保方晴子氏(31)が所属する理研研究所発生・再生科学総合研究センター。そのセンター長である竹市雅俊 [全文を読む]

小保方晴子 上司との「公金不正使用」を共同研究者が核心証言(1)STAP論文が“悪い見本”で教科書に載る?

アサ芸プラス / 2014年06月26日09時56分

小保方晴子・理化学研究所ユニットリーダーの「STAP論文」を、理研改革委員会は「世界3大不正の一つ」と切り捨てた。そんな中、小保方氏と上司の笹井芳樹氏が使った年間6億円の研究費についても「不正」疑惑が浮上。実験そっちのけな“不可解な明細”に、共同研究者も「ありえない!」と絶句した。 「STAP(スタップ)幹細胞は夢の細胞だと思います。あってほしいと思います [全文を読む]

STAP信用できない!内閣支持率回復せず!niconicoの「ネット世論調査」に10万人が回答

ITライフハック / 2014年04月21日15時00分

1.生活費をかなり切り詰める :17.6%2.生活費を少し切り詰める :45.7%3.特に見直す必要はない :33.8%4.むしろ消費を増やす :2.9%新たな万能細胞とされる「STAP細胞」について様々な疑問が提示され、理科学研究所、小保方晴子ユニットリーダー、小保方氏を指導した笹井芳樹氏の主張は食い違ったままです。あなたはどれが最も説得力があると思いま [全文を読む]

小保方晴子、ほぼ全員を捏造野郎扱い…強い自己顕示欲と自分への自信、恩知らず

Business Journal / 2016年03月09日06時00分

【今回取り上げる書籍】『あの日』小保方晴子・講談社・1400円 去年オレが批判した『絶歌』(太田出版)著者の神戸連続児童殺傷事件の元少年Aでも同じことがいえる。大騒動を起こした人物は、その後手記を出せばとりあえずの数千万円を稼げる、というビジネスモデルをさらに確立したという意味で、本書は実に画期的である。元少年Aは犯罪者であり、本書の著者はそうではないとい [全文を読む]

「小保方本」に「陰謀論が大好きな信者にとっての聖書」評

NEWSポストセブン / 2016年03月06日07時00分

小保方晴子氏自身が騒動の「真相」と思いを綴った手記がベストセラーとなっている。世間を騒がせ、不勉強だったことは詫びているが、誰かを騙そうという「邪心」は一切なく、検証実験によっても自分が担当だった実験部分の再現性は確認されたと主張。一方、共同研究者若山照彦氏の担当だった実験部分が再現できなかった、にもかかわらず、若山氏や理研幹部からの一方的情報によって自分 [全文を読む]

小保方晴子“執念の手記”笹井氏の一周忌後に書き始める

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

1月28日に出版された小保方晴子氏(32)の『あの日』(講談社刊)が話題に。253ページにわたる手記で、STAP細胞の捏造疑惑を真っ向から反論したものだ。担当編集者は「余計なノイズを発したくない」としながらも、本誌にこう答えた。 「執筆期間は昨年9月から12月まで。やりとりはメール、電話、面談で行いました」 昨年9月といえば、理化学研究所の副センター長だっ [全文を読む]

【小保方晴子氏『あの日』レビュー】描かれていたのは、少女マンガ的な半生とある人物への怒り

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月29日11時00分

真っ白な表紙に、センス良く配置された書体で「あの日小保方晴子」と書かれている。まるで名刺のようなデザインだ。だが悲しいかな。流通時についたのか、書店に平積みにされた本の2割程度がうっすらと汚れていた。なるべくきれいなものを選んで、レジに持っていくことにした。 小保方晴子さんが手記『あの日』(講談社)を出版するという情報が、インターネット上に出回ったのは発売 [全文を読む]

2人の超絶「自己愛」にボー然! 小保方晴子氏“手記”発売で、ベッキーにも暴露本オファーが……

日刊サイゾー / 2016年01月28日17時00分

理化学研究所の元研究員で、2014年「STAP細胞」で“リケジョの星”として騒がれたものの、その後論文の不正によって世間の攻撃の的となってしまった小保方晴子氏である。この小保方氏が「手記」を講談社で出版することが26日に明らかになり、28日に発売された。その内容は、幼少期から現在に至るまでの人生と、論文騒動の「真実」を記すというもの。 ただ、中身の大半は [全文を読む]

小保方晴子氏が理研に宣戦布告...告白本に出版関係者「大きな論理破綻ない」

デイリーニュースオンライン / 2016年01月28日08時00分

STAP細胞をめぐる論文の不正が認定された元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)が手記「あの日」(講談社)を1月28日、発売したのだ。 手記は全253ページ。小保方氏が科学者を志すようになった幼少期のエピソードから自身の半生を振り返っている。同著を読み終えた出版関係者が語る。 「文章もよく練られており、大きな論理の破綻もみられない。学生時代に作文で賞を [全文を読む]

STAP細胞はやっぱりなかった! 小保方晴子氏を踊らせたのは誰なのか

リテラ / 2014年12月19日13時45分

理化学研究所は本日19日に開いた会見で、小保方晴子氏が論文通りにSTAP細胞を作製できなかったことを発表した。今年4月の会見で小保方晴子氏は「200回以上作製に成功した」と胸を張ったが、今回の検証実験ではSTAP細胞をつくることはできなかった。同時に、丹羽仁史氏がリーダーとなっていた理研の検証チームも、期限である来年3月を待たずに検証実験を打ち切ることを [全文を読む]

小保方晴子氏 理研にとって都合がいい来年3月に処遇発表か

NEWSポストセブン / 2014年12月16日16時00分

理化学研究所の小保方晴子氏はついに土壇場まで追い詰められた。 小保方氏によるSTAP細胞の検証実験が先月末に終了した。しかし理研は、「実験結果の公表は未定」(広報室報道担当)として、いまだにその内容を明らかにしていない。 重要なのはSTAP細胞が存在するのか、しないのか、その1点に尽きる。理研は「データのとりまとめが終わり次第、公表する」(同前)と先延ばし [全文を読む]

【理研・笹井氏自殺】NHKスペシャルで精神的に追い詰められていた?

東京ブレイキングニュース / 2014年08月07日14時00分

この番組に関してはつい先日も小保方晴子氏を追いかけまわし、その結果、軽傷を負わせてしまったことも話題になったが、実は笹井氏にも執拗に取材をしていた事がうかがい知れる。 今回、このような結果になり、NHKは後味が悪いだろうが、マスコミとしては取材対象者に直接話を聞くのは当然のことで、それをしないほうが逆におかしいとも言える。問題は、私生活にも踏み込むような記 [全文を読む]

理研の笹井芳樹副センター長が死亡、自殺の可能性

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月05日10時33分

小保方晴子研究ユニットリーダーを実質的に指導する立場だったとされている。 (追記) 理研の広報に改めて取材したところ、11時3分、兵庫県警によって死亡が確認されたということです。また、その後の情報を踏まえて、記事の一部を修正しました。(8月5日12時26分) (弁護士ドットコム トピックス) [全文を読む]

小保方晴子にハマるトホホな人々(2)ワイドショー的なスター性がある

アサ芸プラス / 2014年04月30日09時52分

神戸でホテル暮らしをしたり、会見の高額な会場代を支払ったりしたのも、出どころはどこなのかと話題になっていましたから」(科学ライター) [全文を読む]

【STAP細胞】笹井氏バッシングは酷なのか!? 「不正見抜かなくてOK」が自然科学界の常識!?

tocana / 2014年04月24日08時00分

先々週に行われた小保方晴子ユニットリーダーの会見を受け、先週、STAP論文の共著者で小保方氏の指導役だった理化学研究所副センター長である笹井芳樹氏も会見を行った。 笹井氏は会見のなかで、論文の不正を見抜けなかったことについて、「私は論文投稿までの約2年間の過程の中で、最後の2ヶ月強の段階で参加致しました。生データや(実験)ノートを見る機会がございませんでし [全文を読む]

小保方晴子さん STAP細胞問題のカゲで「新旧リケジョの確執」

WEB女性自身 / 2014年04月23日07時00分

弱冠30歳の小保方晴子さんを理研のユニットリーダーに押し上げ、寵愛してきた笹井芳樹教授(52)。STAP細胞をめぐって運命共同体となった2人の関係を苦々しく思っているのが、“リケジョ”の大先輩でもある理研の川合眞紀理事だ。「川合理事は、自分の研究室がある和光市から小保方さんのいる神戸に出向き、自ら事情聴取をするなどして調査結果をまとめました。3月31日に理 [全文を読む]

小保方晴子 涙の反論会見では発見できなかった真相(2)小保方氏を擁護する理研の上司との関係

アサ芸プラス / 2014年04月22日09時56分

ただ、特許を出願するだけで企業から潤沢な研究費が注がれますし、理研が支払う2人の給与が大幅にアップするという可能性はありました」(科学部記者) [全文を読む]

元ジャニーズ・平本淳也が佐村河内守&小保方晴子問題を斬る!

東京ブレイキングニュース / 2014年04月21日15時00分

佐村河内守騒動からホリエモンまで波及し、STAP細胞・小保方晴子さん"捏造論文"問題で笹井芳樹副センター長まで取り出された「ゴーストライター」の問題。芸能界では「職業」として当たり前のように存在していたため、特に佐村河内守氏に関しては問題扱いに驚いた芸能関係者もいただろう。 ゴーストライターと言えば聞こえは悪いが、「代筆」といえばどうだろうか。特に芸能人の [全文を読む]

<STAP問題>小保方さんの指南役、笹井芳樹副センター長が記者会見で謝罪

弁護士ドットコムニュース / 2014年04月16日15時15分

英科学誌「ネイチャー」に掲載されたSTAP細胞論文の共著者で、理化学研究所(理研)発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダーの上司にあたる、笹井芳樹副センター長が4月16日、東京都内で記者会見をおこなった。笹井副センター長は、「大変多くの混乱と、齟齬による多くのご心配、疑惑を招く事態となりましたことを心からお詫び申し上げます」と謝罪した。 [全文を読む]

STAP 問題で笹井芳樹氏が本日15時から会見、「ニコ生」中継で証拠は示されるか?

インターネットコム / 2014年04月16日14時40分

笹井氏は、問題の論文の共同執筆者で、主執筆者である小保方晴子氏の執筆を指導したとされる研究者。この論文は理研から「捏造に当たる研究不正」があるなどと指摘されており、今回の会見で何らかの説明をするとみられる。 小保方氏は不正を指摘された後、弁護士とともに反論会見を実施し、「STAP 現象は事実」「STAP 細胞は存在している」などと主張した。笹井氏は「ST [全文を読む]

フォーカス