民主党 山井和則に関するニュース

言論の府をプロレスリングと勘違いする民主党と最凶の乱闘要員たち

デイリーニュースオンライン / 2015年06月29日07時50分

【朝倉秀雄の永田町炎上】民主党議員が渡辺委員長の携帯をとった? 6月12日、衆院厚生労働委員会は「労働者派遣法改正案」の締め括り質疑を行なう予定になっていたが、これに反発した民主党の委員たちが“野獣”と化し、筆者の友人の渡辺博道委員長の入室を妨害すべく、「首を絞める、足を蹴る」などの蛮行に出た。 渡辺氏はこの「乱闘騒ぎ」で頚椎捻挫による全治2週間の [全文を読む]

中国が黒幕? 日本に拡がる「共謀罪はヤバい」という先入観

まぐまぐニュース! / 2017年05月27日19時33分

民進党は参院審議入りを拒否していますが、そもそも前身の民主党時代に、現在の自民党と同様の修正案を国会に提出していたのです。それを自民党が丸呑みしたら、今度は「条約批准には現行の法律でも対応できる」と態度を一変させたのです。 ●猛反対の民進、旧民主では「そっくり案」を国会提出の過去 だいたい、国際組織犯罪防止条約の締結は2003年に国会承認がされましたが、に [全文を読む]

トンデモ言動が続く民進党で異変?蓮舫の”安倍絶賛”ツイートの怪

デイリーニュースオンライン / 2016年06月04日12時05分

前回(2010年)は東京選挙区でトップ当選していますが、民主党バブル真っ最中のこと。今回も彼女は強いと思いますが、盤石ではない」(与党代議士) それだけ、民進党の置かれた状況は厳しい。 ■参院選で民進党議員激減? 今春、民主党と維新の党が合流して誕生した民進党。支持率が旧二政党時代の合計より低い(注1)という屈辱的スタートを切ったが、その後もやることなすこ [全文を読む]

「押されっぱなし」民進党 国対委員長の挽回策

プレジデントオンライン / 2017年03月19日11時15分

2000年に民主党から出馬し初当選。 真面目で直球勝負。最近では「提案型」という言葉に縛られ、攻撃力が弱い野党議員も増える中、討論番組では外連味(けれんみ)なく野党色をアピールする。だが力が入るあまり勇み足も。英紙「タイムズ」が風刺画でEU離脱を主導したボリス・ジョンソン前ロンドン市長を「とてつもないバカから逃げたほうがいい」と批判したのを安倍晋三総理に対 [全文を読む]

年金積立金運用、15年度赤字なら参院選への影響は必至

まぐまぐニュース! / 2016年03月04日13時00分

野党政治家はアベノミクスのもろさをしきりに強調したがっているとし、1月の衆議院予算委員会で、民主党の山井和則衆院議員が首相にGPIFの年初来の含み損について質問したことに触れた。この件についてはブルームバーグも触れている。 1~3月期の運用成績が赤字であれば、それが発表される際には首相はさらに批判にさらされそうだ。GPIFのポートフォリオ見直しという措置が [全文を読む]

8兆円の年金が消えた! 安倍政権が株価維持のため年金を株につぎ込み巨額損失...なぜ誰も責任を追及しないのか

リテラ / 2016年01月26日18時00分

1月8日の衆院予算委員会で民主党の山井和則議員がこの問題を取り上げ、「約4兆円くらいの年金がこの4日間で運用損になっている」と指摘した(この時点での日経平均は1万7697円)。野田佳彦前首相も18日に「年金積立金の目減り。たった半月で約6兆円もの年金資産が失われた恐れがある」とブログに書いた(同1万6995円)。 これはただごとではないだろう。わずか数日の [全文を読む]

マスコミは全然報じないが、安倍首相のウソと詐術のトンデモ答弁がますますヒドいことになっている!

リテラ / 2016年01月22日08時00分

この日、民主党の山井和則議員から"第二次安倍政権における実質賃金の減少率の高さ"を指摘された安倍首相は、「景気が回復し、そして雇用が増加する過程においてパートで働く人が増えれば、一人当たりの平均賃金が低く出ることになるわけであります」と言い、こんなたとえ話をはじめた。「私と妻、妻は働いていなかったけど、景気が上向いてきたから働こうかということで働きはじめた [全文を読む]

“大荒れ”安保騒動の陰で……労働者の賃金がどんどん下がる「改正労働者派遣法」施行の恐怖

日刊サイゾー / 2015年09月27日19時00分

民主党の山井和則衆院議員も「若者が正社員になりにくくなり、一生派遣という若者が増える」と格差社会への危惧を示し、ほかからも「見方を変えれば大改悪」という声すら上がっていた。 同法はこれまで2度廃案になっていたところ、昨年3月に改正案が再提出されたものだが、安保問題による審議の遅れなどを理由に、可決からわずか19日間で施行されることになってしまった。 同法 [全文を読む]

「残業代ゼロ法案」を批判するCM動画「ブラック法案によろしく」有楽町駅前で放映

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月04日21時02分

国会からは、民主党の山井和則議員と共産党の小池晃議員、社民党の福島瑞穂議員も駆けつけ、法案への反対姿勢をアピールした。 有楽町駅前のビジョンで放映されている「ブラック法案によろしく」のCM動画は、ネットでも公開されている。 https://www.youtube.com/watch?v=rPuJWRsXk6Q 動画の「フルバージョン」はこちら https [全文を読む]

どこまで高度プロフェッショナル? 残業代ゼロの対象はこう拡大されていく

週プレNEWS / 2015年06月18日06時00分

この問題に詳しい民主党・衆院議員の山井和則(やまのいかずのり)氏がこう話す。 「まずは、『平均給与額の3倍を相当程度上回る』との条文が法律に盛り込まれることになるでしょう。しかし、『3倍』を『2倍』に変える法改正は1年で簡単にできるんです。この法改正は省令と違って国会審議に出す必要がありますが、自民党が圧倒的多数の議席を持つ国会では政府の意向に沿った法改正 [全文を読む]

残業代ゼロだけじゃない! 裁量労働制の適用拡大も着々進行中で派遣法の悪夢再び…

週プレNEWS / 2015年06月12日06時00分

この問題に詳しい民主党・衆院議員の山井和則(やまのいかずのり)氏がこう話す。 「裁量労働制は、『労働時間を自分の裁量で決められる』のが原則。ところが、現実はむしろ長時間労働の温床になっている。自分の仕事を終わらせて、早く帰宅しようにも上司から次々と新しいノルマを課されてしまうためです。しかも、裁量労働制だと経営者は従業員の労働時間を把握する必要が基本的に [全文を読む]

塩崎厚労相の失言が波紋 残業代ゼロ法案成立後の対象拡大を経済界と“約束”

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

塩崎大臣の発言は国会でも取り上げられ、4月24日の衆議院厚生労働委員会で民主党の山井和則議員が「(残業代ゼロ制度の対象となる下限年収である)1075万円は高すぎるけれども我慢してほしいという趣旨のことをおっしゃったと聞いているのですが、そういう趣旨の話はされませんでしたか」と質問し、塩崎大臣はこう答えている。「1075万円というのでお願いするということで [全文を読む]

労働者派遣法の改正で「正社員切り」が加速する!

週プレNEWS / 2014年06月17日06時00分

民主党の山井和則氏が指摘する。 「派遣の規制緩和で正社員を雇う会社がどんどん減ってくると、若い世代がこれから正社員になれない社会になってしまう。さらに、今安定した雇用にある正社員も、低賃金労働の派遣にどんどん置き換えられていってしまいます」 実際、正社員から派遣への置き換えを行なっているケースはすでにあるという。派遣法に詳しい宮里邦雄弁護士は語る。 「私が [全文を読む]

フォーカス