再生医療 山中伸弥に関するニュース

患者増加中の眼病「加齢黄斑変性」をiPS細胞で治す

プレジデントオンライン / 2016年12月27日09時15分

そこから最初に聞いた加齢黄斑変性の再生医療にどうやって出会うのですか。 【鍵本】BBGを製品化した後に、また、再生医療の一丁目一番地が目の分野ということもあり挑戦するべきと考えました。それで2社目として2011年にヘリオスを立ち上げたという経緯になります。 【田原】ということは、いまは2つの会社を経営しているのかな。 【鍵本】1社目の会社の事業はヘリオスに [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、世界の再生医療・細胞医薬品市場について調査結果を発表

DreamNews / 2014年10月16日18時00分

再生医療・細胞医薬品は新たな治療カテゴリーとして研究開発及び商業化の動きが全世界で加速している。 とりわけ、日本ではiPS細胞を用いた世界初の臨床研究が加齢黄斑変性患者に対して実施されるなど、先駆的な市場となりつつある。当資料では再生医療・細胞医薬品の規制制度、製品展開、開発状況を日・米・欧3極を中心に調査。日本と米国における市場規模と市場予測をレポートし [全文を読む]

iPS細胞、実用化間近?治療費は1億円?数百万円の新治療法に注目集まる 難病根治に光

Business Journal / 2015年06月01日06時00分

ここでは患者本人の細胞(自家細胞)を使った再生医療を行っているが、その治療費は医療業界の関係者の推計で5000万~1億円と見られている。 ヘリオスでは、他人の細胞から培養したiPS細胞を使う方法を考えているという。この方法であれば価格を安く抑えることができるため、より実用化に近いと見られている。安全性の確保も進んでおり、iPS細胞の量産化のインフラも整いつ [全文を読む]

医師が選ぶ「医学界・医師界における今年の漢字一文字」

PR TIMES / 2012年12月11日14時41分

「再」が最多票を得て、2012年が”再生医療元年”であることを印象づける調査に・医学界・医師界における2012年を表す漢字一文字を、医師専門サイトMedPeer(メドピア)に登録する医師(5万人以上)を対象に募集した。・2,492人の医師が回答し、 iPS細胞研究に注目が集まったことにちなみ、“再生医療”を示す「再」が最多208票を得た。・「賞」「幹」が2 [全文を読む]

STAP細胞でオヤジの悩みが解消される?

アサ芸プラス / 2014年02月21日09時56分

再生医療にとって革新的な世紀の大発見は、オヤジたちの人生にはどんな恩恵を与えてくれるのか。 「画期的なんて話ではありません。生物界の常識を覆した信じられない研究です!」 医学博士の中原英臣氏が言う驚愕の研究を発表したのは、「理化学研究所」で新型万能細胞を作成する技術を発見した小保方晴子さん(30)。白い割烹着姿が話題になった童顔美女が作成した「STAP細胞 [全文を読む]

手術が下手、鬱の過去も。ノーベル賞の山中教授、iPS細胞発見物語

まぐまぐニュース! / 2017年05月12日19時30分

僕たちが目指しているのは、それをiPS細胞による再生医療と創薬によって縮めていくことです。ただ医学の基礎研究が一般的な治療になるまでにはだいたい20~30年かかります。この技術を本当の意味で医学に持っていくことです。ノーベル医学・生理学賞なんですね。自分たちは生理学賞として受賞したという印象があります。そこで終わりたくない。医学にしたいという思いが非常に強 [全文を読む]

【書評】iPS細胞・山中伸弥氏が語る「ジャマナカ」と呼ばれた過去

まぐまぐニュース! / 2017年04月20日01時00分

一つ目は1998年にアメリカで人間の受精卵からES細胞が作られて、再生医療の新しい切り札として、ES細胞が一気に期待されるようになったこと。二つ目は37歳の時、奈良先端科学技術大学の研究室のリーダーとして採用されたこと。研究室のビジョンとしてES細胞の持つ課題の克服を目指す。2006年にネズミのiPS細胞の樹立に成功、2007年には人間のiPS細胞の樹立 [全文を読む]

アステラス製薬と京都大学iPS細胞研究所:ヒトiPS/ES細胞からネフロン前駆細胞を効率よく作製する方法を発見

JCN Newswire / 2013年06月18日18時18分

国際幹細胞学会第11回年次総会で発表Tokyo, June 18, 2013 - (JCN Newswire) - アステラス製薬株式会社(本社:東京、社長:畑中好彦、以下「アステラス製薬」)と京都大学iPS細胞研究所(所在地:京都、所長:山中伸弥、英名:Center for iPS Cell Research and Application (CiRA) [全文を読む]

日本は再生医療のシリコンバレーになれる

プレジデントオンライン / 2017年03月28日09時15分

【田原】バイオの中でも、目をつけたのは再生医療でした。どうしてですか。 【森】当時、アメリカではゲノムが盛り上がっていました。ただ、すでに大きな会社が誕生していて、いまからベンチャーが参入しても周回遅れで負けてしまう。もっと最先端のことをやろうと考えていろいろ精査した結果、再生医療なら自分たちにチャンスがあって、なおかつ世の中に貢献できるだろうと判断しま [全文を読む]

科学の面白さ満載!ノーベル賞科学者対談が実現

Smartザテレビジョン / 2015年12月28日10時00分

現在、iPS細胞を用いた再生医療や新しい薬の開発など、一日も早い医療応用を目指している。 [全文を読む]

「情熱大陸」“iPS細胞の生みの親”山中伸弥氏に密着

Smartザテレビジョン / 2015年10月18日23時30分

しかし、新しい治療法の開発や創薬、再生医療への応用に向けた大きな期待がかかる一方で、まだ実用化に至っておらず、山中氏は「1日でも早くiPS細胞を医療に応用したい」と語る。 そんな山中氏は今、科学者ではなくiPS細胞研究所の所長として新しい道を歩み始めていた。 番組では、世界最先端の施設「iPS細胞研究所」内部での仕事風景やつかの間の休息の過ごし方、そして、 [全文を読む]

富士フイルム、そのエクセレントな転地経営 非連続事業を取り込み、絶大な相乗効果

Business Journal / 2015年04月30日06時00分

富士フイルムHDは子会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J‐TEC)などで再生医療事業にすでに取り組んでいるが、CDIからiPS細胞の提供を受けることにより、相乗的な業務の拡大が期待されるのだ。 実はCDI創業者の一人、米ウィスコンシン大学のジェームズ・トムソン教授は、この研究分野で山中伸弥・京都大学教授の最大のライバルだとされており、今回のCDI [全文を読む]

iPS細胞の臨床研究、正式承認へ…再生医療への期待

NewsCafe / 2013年07月23日12時00分

再生医療や創薬の実用化に向け、いよいよ官民一体となって開発・環境整備に動き出した形だ。そこでNewsCafeでも「iPS細胞の再生医療に期待する?」というアンケートが実施された。ランキングとともに寄せられた声をご紹介しよう。※回答総数…679件【期待する(90.0%)】■母が加齢黄班変性だから…。[男性/30代/その他]■息子が片耳聞こえないので治してあげ [全文を読む]

iPSで沸くバイオ関連株人気、本格化はこれから?期待高まる再生医療・創薬企業

Business Journal / 2013年02月09日10時25分

具体的にはiPS細胞を利用した創薬や再生医療の実用化のため、研究支援などに今後10年間で約1100億円を投じることを決定している。 こうした流れを受けて、例えば薬を患部に伝送するシステムに強みを持つナノキャリアの株価は、昨秋の6万円前後から、今年に入って48万円と約8倍に急騰、抗体医薬の研究を進めるカイオム・バイオサイエンスも同期間に10倍以上となった。1 [全文を読む]

祝・ノーベル賞受賞 山中伸弥氏による唯一の自伝、最新刊明日10日発売!

PR TIMES / 2012年10月09日19時15分

《本書の内容》 ■父は町工場の経営者 ■高校柔道部から受験勉強に邁進 ■「ジャマナカ」と蔑まれた研修医時代 ■臨床医としての限界を感じて ■はじめての実験 ■「先生、大変なことが起こりました」 ■研究の虜になって ■求人広告に手当たり次第応募 ■「VZの教え」とプレゼン力 ■オスマウスが妊娠? ■はじめて発見した遺伝子 ■帰国 ■マウスの名は「トム」と「 [全文を読む]

山中教授、また走るってよ―京都マラソン参加、クラウドファンディングで寄付呼びかけ

インターネットコム / 2016年01月13日19時40分

以前から情報は出ていたが、所長がノーベル賞を獲得し、iPSが再生医療の要(かなめ)として注目を集め、日本の研究機関に数多くの礼賛が寄せられてなお、そのような書き方をしなければならない状況は続いているようだ。 [全文を読む]

抑えきれない“嫉妬” ―その感情を処理する7つの方法

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月21日09時00分

再生医療の世界でトップを走っていた彼だけに、山中氏の存在は放っておけず許しがたいものだったに違いない。さらに、笹井氏と山中氏は学年が違うものの同じ年の生まれ。片田氏は「同い年というのは一般的には、互いに意識しやすい関係」とする。嫉妬するに足る十分な条件が重なってしまったのだ。 [全文を読む]

エックスワン、幹細胞コスメを新発売

PR TIMES / 2014年12月01日16時55分

幹細胞コスメとは、2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥京都大学教授の「iPS細胞」に代表される最先端の再生医療技術を美容分野に応用したものです。「XLUXES(エックスリュークス)」は、怪我や病気で死滅した細胞を修復し、組織を再生するヒトの幹細胞が増殖する力を利用することで、ヒトの脂肪細胞から取り出した幹細胞を培養した、「ヒト幹細胞培養液(※ [全文を読む]

クレディセゾンの「永久不滅ポイント」で京都大学「iPS細胞研究所」へ寄付いただけます

PR TIMES / 2014年11月17日17時00分

このたび当社は、このような状況を改善し、一日でも早く、研究の成果を多くの患者様に届けることを願い、また、「人類の未来を変える」「再生医療の切り札」といわれるほど大きな期待を担うiPS細胞に強く共鳴し、その活動を当社カード会員様へも広く告知し理解を得ることを目的とし、「iPS細胞研究基金」への支援活動を行ってまいります。 当社はこれまでも、世界三大テノール [全文を読む]

ノーベル賞受賞山中教授 妻の「研究やめたら」でふっきれた

NEWSポストセブン / 2012年10月13日16時00分

再生医療の切り札と期待され、体のさまざまな細胞になれる能力を持った『iPS細胞』を開発した山中教授。臨床医時代は、20分で終わる手術に2時間かかるなどして、「やまなか」ならぬ「じゃま(邪魔)なか」と言われたこともあるというが、重症のリウマチ患者に出会ったことをきっかけに研究者を志した。 「当初、研究所では、雑用も多く、思っていた環境と違い、山中先生はうつ [全文を読む]

フォーカス