最新作 山田洋次に関するニュース

“映画「男はつらいよ」 ロケ地巡りツアー”シリーズ開始

PR TIMES / 2017年03月02日11時36分

第一弾は、「寅さんのふるさと、柴又を訪れる」と題し、山田洋次監督最新作「家族はつらいよ2」の公開前の先行上映会をツアーのお客様限定でご覧いただいた後、「男はつらいよ」「家族はつらいよ2」の撮影地である柴又を散策するロケ地ツアーです。本ツアーオリジナルの「寅さんマップ」を片手に食べ歩きをしたり、柴又の寺院・帝釈天の拝観、寅さん記念館や山田洋次ミュージアムの訪 [全文を読む]

吉永小百合、共演・二宮和也のムチャな●●に「大丈夫かしら、うちの息子」とハラハラ

Woman Insight / 2015年08月13日18時15分

8月12日都内にて、山田洋次監督の最新作映画『母と暮せば』(12月12日公開)のクランクアップ記者会見が行われ、山田洋次監督とキャストの吉永小百合さん、二宮和也さん、黒木華さん、浅野忠信さんが登壇しました。 速報はコチラ→ 【速報】嵐・二宮和也、胸キュン?「吉永小百合さんは●●された初めての人」とドキドキ! 映画の詳細はコチラ→ 嵐・二宮和也、山田洋次監督 [全文を読む]

【速報】嵐・二宮和也、胸キュン?「吉永小百合さんは●●された初めての人」とドキドキ!

Woman Insight / 2015年08月12日17時00分

8月12日、都内にて、吉永小百合さんと嵐の二宮和也さんが親子役で初共演した、山田洋次監督の最新作映画『母と暮せば』がクランクアップし、出演者の吉永小百合さん、二宮和也さん、黒木華さん、浅野忠信さんと、山田洋次監督が「クランクアップ報告会見」に登壇しました。 映画の詳細は→ 嵐・二宮和也、山田洋次監督作品初出演「母と暮せば」追加キャスト発表 終戦から70年。 [全文を読む]

公開前に新作映画を自宅で楽しめるオンデマンド先行試写会 ~山田洋次監督 最新作『小さいおうち』 1月19日にJ:COM独占の無料VOD試写会を実施

PR TIMES / 2014年01月07日15時25分

試写会対象作品は、1月25日より全国ロードショーとなる山田洋次監督最新作『小さいおうち』です。事前に応募された方の中から抽選で2,000名が試写会に参加できます。試写会実施日の午前10時から午後10時のあいだ、お好きな時間に無料でご覧いただけます。この試写会はJ:COM加入者*のみを対象としたJ:COM オン デマンド独占試写会です。*Smart TV [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】妻夫木聡「和田アキ子さん以来」山田洋次監督の着信にドキッ

TechinsightJapan / 2016年01月19日22時14分

『東京家族』で共演したキャスト達が再び、山田洋次監督の喜劇最新作『家族はつらいよ』で家族の形を変えて集結した。19日、都内にて映画『家族はつらいよ』(2016年3月12日全国公開)に先立ち、完成報告会見及び舞台挨拶が行われた。山田洋次監督はじめ、橋爪功、吉行和子、妻夫木聡ら豪華キャストが勢揃いし、家族の再会で大賑わいとなった。 妻が欲しかった誕生日プレゼン [全文を読む]

玉袋筋太郎、マッドすぎる発言連発!「山田洋次にはできねえ」「お涙頂戴映画はいらない」

AOLニュース / 2015年04月15日22時00分

2015年度、洋画部門でNo.1最高傑作(AOLニュース調べ)に決まった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の公開を記念して、ガチマッドマックスファンを集めた"『マッドマックス』生誕祭"が行なわれ、同シリーズに愛を捧げる玉袋筋太郎(浅草キッド)がゲストで登壇!最新作は「山田洋次にはできねえ芸当だよ!」「マッドマックスは50億、龍三と七人の子分は20億で間 [全文を読む]

最新作『家族はつらいよ』制作秘話たっぷりと語ります!山田洋次監督、初登場!

PR TIMES / 2016年03月03日11時55分

公開中の映画『母と暮せば』と、12日(土)に公開の最新作『家族はつらいよ』の制作秘話を語りました。どうぞお楽しみに。 ◆「寅さんを受け入れながら苦労する家族の、そのやさしさが大事」(山田洋次監督) [画像1: http://prtimes.jp/i/4829/817/resize/d4829-817-458411-3.jpg ] 坂本美雨がパーソナリティを [全文を読む]


【エンタがビタミン♪】二宮和也、吉永小百合に“かずなりさん”と呼ばれドキドキ「“かずや”でいいと諦めた自分をぶん殴りたかった」

TechinsightJapan / 2015年08月12日18時05分

長崎を舞台に、原爆で一瞬にして人生を失った息子とその母親の物語を丁寧に描いた、山田洋次監督最新作にして初のファンタジー作品『母と暮せば』(12月公開)クランクアップ記者会見が12日、都内にて行われた。本作で初の親子共演を果たした吉永小百合、嵐・二宮和也、山田洋次監督らが登壇し撮影秘話を語った。 山田組出演は本作が初めてとなる二宮和也は「前日に緊張したのを覚 [全文を読む]

木村拓哉の『A LIFE』視聴率が大幅ダウン…次週も強力ライバルで暗雲

デイリーニュースオンライン / 2017年02月07日19時00分

その前日から全国の劇場で『相棒』の映画版最新作が公開されることもあって注目度が高まることは必至です。さらに日テレ系では“日曜夜9時の王者”である『行列〜』の通常放送がありますから、来週もキムタクは苦戦を免れないでしょう」(前同) ■評価の高い時代劇でも「何をやってもキムタク」との前評判 全盛期のキムタクであれば裏番組が何であろうと高視聴率を叩きだし、バッシ [全文を読む]

橋爪功 隙を笑われる小さな人間の色っぽさこそ喜劇

NEWSポストセブン / 2016年03月06日16時00分

* * * 橋爪功は山田洋次監督の最新作映画『家族はつらいよ』に主演している。どこにでもありそうな家族に巻き起こるトラブルを綴った山田調喜劇で、橋爪は日常空間から抜け出してきたような等身大の老人を演じた。 「人嫌いじゃなれないんだ、等身大の人間っていうのは。普段、いろんな場所で、人間観察っていうと大げさだけど、あらさがしをして一人でほくそ笑んでたりね。あ [全文を読む]

映画『母と暮せば』のレコーディングで坂本龍一が復帰!

Movie Walker / 2015年09月25日18時00分

山田洋次監督が吉永小百合、二宮和也、黒木華という豪華キャストを迎えて放つ最新作『母と暮せば』(12月12日公開)。9月14日に東京オペラシティのコンサートホールにて、東京フィルハーモニー交響楽団演奏による本作の音楽のレコーディングが行われ、音楽を手掛ける坂本龍一と山田監督が顔をそろえた。 昨年より病気療養中だった坂本にとって今作が復帰第一作。山田監督とは初 [全文を読む]

嵐・二宮和也、山田洋次監督作品初出演「母と暮せば」追加キャスト発表

Woman Insight / 2015年06月22日15時50分

本作は、山田洋次監督の83作目となる最新作。 ときは1948年8月9日。舞台は長崎。 助産婦として暮らす母のもとへ、3年前に原爆で亡くしたはずの息子がひょっこり現れる。 楽しかった思い出話や、残していった恋人の話をして日々を過ごすふたり。山田洋次監督が初めてつくる、やさしく泣けるファンタジーだ。 作家・井上ひさしさんが、広島を舞台に描いた『父と暮せば』と [全文を読む]

妻夫木聡「これから戦いが始まる感じ」“家族会議”の裏側明かす

Smartザテレビジョン / 2017年05月16日05時00分

山田洋次監督最新作となる「家族はつらいよ2」が、5月27日(土)の公開に先駆け、15日にユナイテッド・シネマ豊洲にて、監督キャストが勢ぞろいのファミリートークイベントを行った。 満員の会場の中、平田周造役の橋爪功を筆頭に、周造の妻・富子役の吉行和子、長男・幸之助役の西村雅彦、幸之助の妻・史枝役夏川結衣、長女・成子役の中嶋朋子、成子の夫・泰蔵役の林家正蔵、次 [全文を読む]

日本映画がすごい人気!上海国際映画祭で過去最多、「おすすめの10本」はこれ―中国

Record China / 2016年06月21日16時10分

古い名画から海外未公開の最新作までそろった日本映画は、それぞれの年代の観客を引きつけた。黒澤明監督「乱」のデジタル・リマスター版に足を運ぶ高齢者もいれば、江口洋介や竹野内豊が青春時代のアイドルだったという世代も多く、さらに菅田将暉や山崎賢人ら人気俳優をお目当てにやって来る若い世代も。「暗殺教室」ではコスプレ姿の観客も目立ち、思い思いの楽しみ方をしている様 [全文を読む]

宮藤官九郎「長瀬君が格好いいことを時々忘れる…」

Smartザテレビジョン / 2016年05月29日21時00分

宮藤官九郎監督最新作、長瀬智也・神木隆之介共演で話題の映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」が、6月25日(土)公開にされるのを記念して、5月29日、Apple Store、Ginzaにて宮藤監督、美術担当の桑島十和子氏、小泉博康氏がトークイベント「Meet the Filmmaker」に登場。世界初(?)の“超絶地獄コメディー”の世界観の [全文を読む]

黒木華、「東京喰種」石田スイ直筆の似顔絵に「すごいうれしい!」

Movie Walker / 2016年03月16日19時16分

岩井俊二監督最新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』(3月26日公開)の完成披露イベントが3月16日に新宿バルト9で開催され、黒木華と岩井俊二監督が登壇。「東京喰種トーキョーグール」の石田スイが描いた似顔絵をプレゼントされた黒木が「こんなに美人じゃないかもしれない。すごいうれしいです!」とはにかみ笑顔を見せた。 岩井監督は漫画「東京喰種トーキョーグール」に「 [全文を読む]

『ドラえもん』2週連続首位! 一方、岡田准一『エヴェレスト』は微妙な結果に!? 千年さんは25位…… 【週末映画興行成績】

おたぽる / 2016年03月15日16時00分

さすがディズニーピクサー最新作、初登場で2位という好スタートを切った『アーロと少年』。「アーロと少年の友情に泣いた! すっごくいい映画」「全く違う2人がお互いを信じて助け合う姿に、もうずっと涙腺が緩みっぱなし」と、映画を見た観客からも高評価だ。 そして、またまた初登場『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』は第3位。夢枕獏の小説『神々の山嶺』を映画化した今 [全文を読む]

『ドラえもん』2週連続首位! 一方、岡田准一『エヴェレスト』は微妙な結果に!? 千年さんは25位…… 【週末映画興行成績】

おたぽる / 2016年03月15日14時58分

さすがディズニーピクサー最新作、初登場で2位という好スタートを切った『アーロと少年』。「アーロと少年の友情に泣いた! すっごくいい映画」「全く違う2人がお互いを信じて助け合う姿に、もうずっと涙腺が緩みっぱなし」と、映画を見た観客からも高評価だ。 そして、またまた初登場『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』は第3位。夢枕獏の小説『神々の山嶺』を映画化した今 [全文を読む]

ピクサーに外れなし!?最新作『アーロと少年』が好発進

Movie Walker / 2016年03月15日09時45分

3月12日・13日の週末ランキングは、全国380スクリーンで公開されたディズニー/ピクサーによる最新作『アーロと少年』が、土日2日間で動員19万1696人、興収2億3705万500円を記録。2位スタートと好発進を決めた。 隕石が地球に衝突しなかった架空の世界を舞台に、言葉と文明を持った恐竜と言葉を持たない人間の少年の交流を描いた本作。劇中でのホタルが飛ぶ幻 [全文を読む]

フォーカス