歌舞伎座 市川猿之助に関するニュース

“最後の晩餐”に迷わず選ぶと宣言! 新潟の「コシヒカリ」を溺愛する市川猿之助さんを起用 「新潟米コシヒカリ」TVCMが10月3日より東名阪・静岡で放映開始

PR TIMES / 2014年10月03日14時41分

1980年7月歌舞伎座『義経千本桜』の安徳帝で初御目見得。1983年7月歌舞伎座『御目見得太閤記』で、二代目市川亀治郎を名乗り初舞台。2012年6・7月新橋演舞場「二代目猿翁 四代目猿之助 九代目中車 襲名披露公演」において、四代目市川猿之助を襲名。立役から女形まで幅広く活躍。確かな実力で、最も目が離せない若手花形歌舞伎役者の一人である。 [全文を読む]

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

彼は5歳のとき、歌舞伎座で二代目尾上松也として初舞台を踏んでいます。その日は父である六代目尾上松助の襲名披露の日でしたが、前日に当時の松竹会長からあった「息子も出しちゃえ」という鶴の一声で決まったとか。その後、名子役として数々の賞を受賞し、その実力を世に知らしめました。近年では自主公演を継続して主催し、自らの可能性に挑戦し続けています。 そんな彼はディズニ [全文を読む]

世界で初めて*1、歌舞伎の伝統・斬新さを、ソニーの4K*2映像 で鮮やかに再現 歌舞伎座新開場記念 『4K歌舞伎』 ~ソニーの4Kで体験する、歌舞伎の世界~

PR TIMES / 2013年03月12日15時19分

開催期間:2013年3月25日(月)~4月14日(日) 場所:銀座 ソニービル東京・銀座 ソニービルでは、2013年3月25日(月)~4月14日(日)の期間、新しい歌舞伎座とオフィスビル「歌舞伎座タワー」から成る「GINZA KABUKIZA」グランドオープンを記念し、『4K歌舞伎』~ソニーの4Kで体験する、歌舞伎の世界~を開催致します。4KカメラCine [全文を読む]

香川照之、宿敵と和解?

NewsCafe / 2017年03月10日15時00分

「團子は今月14日に『歌舞伎座ギャラリー演奏会』に出演するんですが、囃子方の田中傳左衛門(40)の名前が並んでいるんです。香川親子が襲名した時に、團子を駄馬呼ばわりして注目を浴びた人物なので、ちょっと驚きました」 香川は実父である市川猿翁(77=当時の三代目市川猿之助)とは長年、絶縁状態だったのが、猿翁が病に倒れたことを機に歌舞伎界に進出。さすがに四代目 [全文を読む]

香川照之の長男・團子と因縁の男・田中傅左衛門が和解共演

NEWSポストセブン / 2017年03月01日07時00分

3月14日に開かれる「歌舞伎座ギャラリー演奏会」の“出演者組み合わせ”が、梨園を騒然とさせている。出演者として発表された面々の中には、田中傳左衛門(40)ら名人と並んで、香川照之(市川中車、51)の長男・市川團子(13)の名があった。 傳左衛門と團子には因縁があり、この“共演”は梨園においては一大事という。 46歳という異例の年齢で香川が團子とともに梨園入 [全文を読む]

【今日のインサイト】本日、ユニクロ銀座店に市川猿之助登場!「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」スタート!!

Woman Insight / 2015年03月26日06時00分

そして歌舞伎の製作・興行を担い、歌舞伎の殿堂・歌舞伎座を運営する松竹と、市川猿之助さん監修のもと、商品を完成させました。 デザインは、多彩な演目から生まれたものや、歌舞伎独特の化粧法である隈取(くまどり)を施したものなど。 さらに、市川猿之助さんの屋号「澤瀉屋(おもだかや)」(瀉のつくりは「わかんむり」)にまつわる紋や文様など、歌舞伎のアイコニックなモチ [全文を読む]

市川猿之助が主演 マンガ『ONE PIECE』歌舞伎化決定! 尾田栄一郎からコメントも

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月21日17時00分

1983年歌舞伎座「御目見得太閤記」の禿たよりで、二代目市川亀治郎を名乗り初舞台。2012年6月新橋演舞場「義経千本桜川連法眼館の場」「ヤマトタケル」で四代目市川猿之助を襲名。立役から女方、さらにはTV、映画、現代演劇と多方面で活躍。 [全文を読む]

“必ず5人の大物歌舞伎役者が死ぬ”歌舞伎座の呪い 片岡愛之助の霊能力と関係も!?

ハピズム / 2013年10月19日20時58分

■特殊な子供といわれた幼少時代 [全文を読む]

坂東三津五郎 歌舞伎降板で長男にかかる“跡継ぎの重圧”

WEB女性自身 / 2013年09月05日07時00分

4~6月の歌舞伎座柿落し公演ではぶっ通しで出演を続け、8月にもまた歌舞伎座出演でしたからね……」 8月28日に彼を見舞ったという香川照之(47)は、「『体は元気です』との言葉をいただいていたのですが、入院なさると聞いて、病院に行きました」と話した。 前出の歌舞伎関係者は次のように語る。「入院にあたって三津五郎さんの身の回りの世話は、2人の娘さんが交代でして [全文を読む]

染五郎&猿之助、目指すは“ピコ太郎超え”!? ラップに初挑戦「見なくていいからアクセスして」

エンタメOVO / 2017年06月03日20時26分

昨年、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」で大きな話題となった「東海道中膝栗毛」がシネマ歌舞伎として劇場に登場する。 おなじみの、弥次さん喜多さんを演じた2人は、本作の予告動画でラップ曲「YJKT」に初挑戦した。 劇中さながらに、猿之助との見事な“掛け合い”を見せた染五郎は「歌舞伎もするラッパーの市川染五郎です。これからラップで生きていこうと思います」と冗談交じり [全文を読む]

フォーカス