オリックス 糸井嘉男に関するニュース

【プロ野球】猛牛? それとも虎? オリックスと阪神間のFA移籍を振り返りつつ糸井嘉男の去就を気にしてみる

デイリーニュースオンライン / 2016年11月13日17時05分

先日、FA宣言をした糸井嘉男(オリックス)の行く末はどうなるのだろうか。 オリックス残留か? それとも阪神か? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■関西で注目を集める糸井の去就 糸井は11月7日にFA権を行使した。糸井は在阪球団でのプレーを望んでいるらしい。となるとオリックス残留か、阪神への移籍か、二者択一だ。オリックスは4 [全文を読む]

開幕から1週間…今年のMVP候補は!? 交流戦の打撃成績

ベースボールキング / 2017年06月05日22時37分

楽天、ソフトバンク、広島、阪神と、セ・パの上位に位置する球団が交流戦でも結果を残すなか、奮闘しているのがオリックス。5月に入ってからは、4月までの好調が嘘のように敗戦を重ねていたが、交流戦では6連勝と絶好調だ。 一方、そのオリックスに3タテされたヤクルトと巨人が未だに勝利がない苦しい状況。特に巨人は交流戦の直前から続く連敗が止まらず、11年ぶりの10連敗 [全文を読む]

プロ野球ストーブ“2大”ストーブ特報!(3)最大の目玉「オリックス・金子」はどこに行く?

アサ芸プラス / 2014年12月04日09時57分

さて、今季はパ・リーグのペナントを最後まで盛り上げたオリックスも、激震のオフとなってしまった。 16勝5敗、防御率1.98という成績で「沢村賞」も受賞した絶対的エース・金子千尋(31)がFA権を行使したのである。 メジャー移籍を画策する金子が、来季の海外FA権取得を前にポスティングでの渡米を球団に認めさせるための駆け引きと見られている。オリックスとしても来 [全文を読む]

【阪神】“昨年ブレイクした北條”という言葉に感じるモヤモヤ

文春オンライン / 2017年03月01日11時00分

若虎とは対照的なオリックスの若手の扱い そんな中、先日たまたま大阪在住のオリックスファン男性(推定60歳超)と話す機会があった。彼は私が虎党だと知るや否や、「阪神はええなあ。高山とか原口とか北條とか、どんどん若手が出てきて」と嘆きだしたため、私が「オリックスにも吉田正尚がいるじゃないですか。彼、すごいですよね」と言うと、「いや、まだまだや。短期間でバカス [全文を読む]

球界にも旋風を…注目の青山学院大出身選手たち

ベースボールキング / 2017年01月04日17時30分

オリックス期待の“青学コンビ” まずブレイク候補の筆頭として注目を集めているのが、オリックスの吉田正尚だ。 昨年のドラフト1位でオリックスに入団した吉田は、球団の新人として実に73年ぶりの「1番スタメン」をゲット。途中ケガに苦しむ時期もあったが、8月に復帰して以降はさらにその自慢の打棒が炸裂。63試合の出場で規定には満たないながらも.290という打率を [全文を読む]

“ワケあり”選手を次々獲得! オリックス“ちょいワル補強”の狙いとは?

週プレNEWS / 2013年02月08日10時00分

今年のプロ野球のストーブリーグで、積極的な動きを見せたのがオリックス。ソフトバンクから馬原(まはら)孝浩、阪神から平野恵一、巨人から東野峻(とうのしゅん)、そして、日本ハムから糸井嘉男(よしお)、八木智哉と、実績のある大物を次々と獲得したのだ。 でも、ちょっと待った。馬原、八木はともかく、ほかの3人はいずれも前所属球団で問題を起こした“ワケあり”の選手ばか [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!?波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日16時05分

■打率 1位:鈴木大地(ロッテ) 打率.464 2位:近藤健介(日本ハム) 打率.429 3位:大谷翔平(日本ハム) 打率.407 ■本塁打 1位:内川聖一(ソフトバンク)4本塁打 1位:ロメロ(オリックス) 4本塁打 3位:ペゲーロ(楽天) 3本塁打 3位:茂木栄五郎(楽天) 3本塁打 ■打点 1位:ロメロ(オリックス)11打点 2位:ペゲーロ(楽天) [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:4人 田中広輔(広島)/筒香嘉智(DeNA)/秋山翔吾(西武)/青木宣親(アストロズ)(※大谷翔平を含めれば5人) ■2013WBC:7人 阿部慎之助(巨人)/鳥谷敬(阪神)/松井稼頭央(楽天)/稲葉篤紀(日本ハム)/本多雄一(ソフトバンク)/糸井嘉男(オリックス)/角中勝也(ロッテ) ■2009WBC:9人 阿部慎之助(巨人)/岩村明 [全文を読む]

【プロ野球】《阪急・オリックス韋駄天列伝》糸井嘉男が去る今、阪急、オリックスの盗塁王を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月04日17時05分

オリックスとしては、2002年の谷佳知以来の盗塁王だ。そこで今回は、阪急、オリックスの盗塁王を振り返ってみよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■高い成功率を誇った谷佳知 谷佳知は、1997年にオリックス・ブルーウェーブに入団。イチローとともに鉄壁の外野陣を形成した。1999年に24盗塁、2000年に23盗塁、2001年 [全文を読む]

“律儀な宇宙人”阪神・糸井嘉男が「絶好調」の理由

文春オンライン / 2017年04月14日07時00分

福留は『僕も経験してるんで……』と糸井が孤立しないようにやりやすい環境を作ろうと、キャンプ中から声をかけたり、かなり気を遣ってましたね」(同前) オリックス時代から取材している記者は、「糸井自身の人間性も、周囲のサポートを増やし、プレーしやすい環境をつくっている」という。 「糸井は、ああ見えて、かなり律儀な男なんです。FAしたときも、時々の心境を逐一オリッ [全文を読む]

フォーカス