甲子園 小笠原慎之介に関するニュース

【高校野球】今井達也(作新学院)は投げる? 希望郷いわて国体・高校野球の見どころチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月27日16時05分

高校野球にとって国体は、夏の甲子園から秋の神宮大会の合間に行われる“第4の全国大会”でもあり、その「高校硬式野球」は10月2日から初戦が始まる。 3年生にとっては高校野球生活の締めくくりとなる今年の国体の見どころをチェックしていこう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■出場数は12校 国体の出場校は夏の甲子園の出場校を基 [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

今夏の甲子園は作新学院の優勝で幕を閉じた。今年の「49地区の代表校×18人=882人」の甲子園球児のうちどれだけの人数がプロに進むのか。秋のドラフトが楽しみだ。 さて、プロ入り後に目を向けると、今、どれだけの甲子園球児がレギュラーとして活躍しているのだろうか。セ・リーグ各チームの開幕戦オーダーから調べてみた。すると以外な事実が浮かび上がったので紹介しよう。 [全文を読む]

NMB48山本彩・AKB48横山由依・グラドル稲村亜美ほか“野球美女”が多数登場!甲子園必携ガイド「甲子園2016」がいよいよ発売!

PR TIMES / 2016年08月02日09時48分

書き込み式トーナメント表も! 株式会社朝日新聞出版は、毎年恒例、代表校49校のデータを網羅した観戦ガイド、週刊朝日増刊「甲子園2016」(定価500円)を8月2日に発売致します。全国の朝日新聞記者が密着取材した、地方大会のチーム・個人成績、監督の横顔を完全紹介する人気増刊です。[画像1: http://prtimes.jp/i/4702/106/resiz [全文を読む]

【高校野球】4番でエースは誰だ?甲子園に出場する“二刀流”候補生

デイリーニュースオンライン / 2016年08月05日17時05分

「カッコイイから、あいつに似合う」 中京大中京(愛知)が2009年夏に甲子園を制した際、大藤敏行監督(当時)がこう語った。全国制覇の原動力となったのは、堂林翔太(現・広島)。「4番でエース」に任命した理由を問われ、極めてシンプルに理由を話したのだった。 高校野球の花形ともいえる「4番・投手」。抜群の身体能力、野球センスを武器に投打でチームの中心となる選手は [全文を読む]

黒田博樹や柳田悠岐も 甲子園不出場組のプロでの活躍目立つ

NEWSポストセブン / 2015年08月12日16時00分

今夏の甲子園大会は、リトルリーグ時代に通算132本塁打を放ち、『和製ベーブルース』の異名を取る1年生・清宮幸太郎(早稲田実業)、50メートルを5秒台で走るナイジェリア人ハーフのオコエ瑠偉(関東第一)、最速150キロを投げる左腕・小笠原慎之介(東海大相模)など注目選手が目白押しの大会となっている。 一方で、数多くの高校球児は聖地に足を踏み入れることなく、涙を [全文を読む]

即デビューか、じっくりか…近年の高卒ドラ1投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年01月07日13時30分

甲子園優勝投手にかかる期待はもちろん大きく、割り当てられた部屋はあの松坂大輔や菊池雄星といった歴代の高卒ドラ1投手たちが生活を送っていたいわゆる“出世部屋”だ。 今井のほかにも、今年は寺嶋成輝(ヤクルト)や藤平尚真(楽天)、堀瑞輝(日本ハム)といった甲子園をわかせた投手たちがドラフト1位でプロ入り。高卒ということで最初はじっくりファームでという考えが一般 [全文を読む]

未来のスター選手誕生の瞬間を!「プロ野球ドラフト会議2015」注目選手は彼らだ!

インフォシーク / 2015年10月22日12時00分

平沢や」とチーム編成の全権を握る星野仙一球団副会長がホレ込む平沢は、今夏の甲子園で3本の本塁打を放ち準優勝に導き、U18ワールドカップでもクリンナップを担った、走攻守揃った遊撃手。星野氏は中日時代に自らドラフトで引き当てた立浪和義をイメージしているようで、自ら視察に行くほど高く評価している。「打てる遊撃手」はどの球団も喉から手が出るほど欲しいために複数競合 [全文を読む]

甲子園で評価を下げた有力投手たち…大穴は北海道の背番号10! スカウト陣が「見ないで帰れるか!」

週プレNEWS / 2015年08月31日06時00分

清宮幸太郎(早稲田実業)とオコエ瑠偉(るい・関東一高)、ふたりの強打者の活躍がクローズアップされた今夏の甲子園。 開催中のU18W杯でも注目が集まっているが、ではプロ各球団のスカウトたちの目に、投手の評価はどう映っていたのか? まずは前評判通り、優勝投手となって“高校No.1左腕”の呼び声も高い東海大相模(神奈川)の小笠原慎之介。 初戦で9回途中から登板し [全文を読む]

逸材の当たり年「大谷翔平世代」に続くのは“3年周期法則”の「1997年組」or“奇跡の世代”「1998年組」!?

日本タレント名鑑 / 2017年05月24日11時15分

ともに甲子園で活躍した藤波晋太郎投手(阪神)、昨年の“ドラ一”投手・田中正義投手(ソフトバンク)などプロ野球選手だけでなく、羽生選手、萩野選手、瀬戸選手のほか、柔道のベイカー茉秋選手、レスリングの土性沙羅選手、新体操の元選手・畠山愛理さんらリオオリンピック活躍組、そしてソチオリンピック出場のフィギュアスケート元選手・村上佳菜子さんも同学年です。 この94年 [全文を読む]

高橋周が高卒1年目に2本塁打 最近5年間の中日のドラ1は?

ベースボールキング / 2017年01月11日10時00分

東海大相模高3年夏に甲子園優勝投手となった小笠原は、5月31日のソフトバンク戦で一軍デビューし、5回1失点と好投。9月4日の巨人戦で7回を3失点に抑え、プロ初勝利をマークした。高卒1年目に2勝を挙げた左腕は、2年目となる今季、昨季以上の活躍が期待される。 その他、最近5年間のドラフト1位の1年目成績は以下の通り。 ◆ 最近5年間のドラ1の成績 【2012 [全文を読む]

フォーカス