侍ジャパン 小久保裕紀に関するニュース

2大会ぶりの優勝奪回なるか!?『がんばれ侍ジャパン! WBC 2017観戦ガイド』発売

PR TIMES / 2017年03月02日10時22分

ぴあ株式会社より、ぴあMOOK『がんばれ侍ジャパン! WBC2017観戦ガイド』が発売となりました。2017年3月7日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)2017がついに開幕。野球ファンならば、小久保裕紀監督率いる侍ジャパンが、並みいる強豪を打ち破り2大会ぶりの優勝奪回となるか、大いに注目したいところです。本書は、山田哲人、中田翔、坂本勇人、筒香 [全文を読む]

WBCの小久保采配には不安ばかり?見えてきた”侍ジャパンの課題”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日17時00分

その試合で侍ジャパンの課題が見えてきた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■複雑な心境のオリックスファン 筆者をはじめオリックスファンの大半は、試合が終わった後、こう思ったのではないか? 「侍ジャパンが勝ってよかった」と。 侍ジャパンはそれまでCPBL選抜チーム(台湾)にしか勝っていなかった。ファンが思った以上に勝てていな [全文を読む]

中居正広がWBC「サポートキャプテン」に就任

Smartザテレビジョン / 2017年02月23日05時00分

この大会の「侍ジャパン公認サポートキャプテン」に、中居正広の就任が決定した。 WBCは4年に一度開催される野球の国際大会。侍ジャパンこと日本は、第1回大会('06年)、第2回大会('09年)と連覇を果たしたが、前回大会('13年)では準決勝でプエルトリコに敗戦。今回の第4回大会では、“世界一奪還”を目標に戦いを繰り広げる。 中居が「侍ジャパン公認サポートキ [全文を読む]

【侍ジャパン】2月27日に『侍ジャパン出陣式』!豪華抽選会も

ベースボールキング / 2017年02月14日12時58分

NPBエンタープライズは14日、『侍ジャパン壮行試合』の前日27日にヒルトン福岡シーホークで開催される『侍ジャパン出陣式』の詳細を発表した。 当日は小久保監督や選手が登壇し、壮行試合に向けた意気込みを語る。さらに、各球団のチアやマスコット、球場でビールを販売している“売り子日本代表”なども来場。応援メッセージ入りフラッグを贈呈する権利や、選手がその場で書い [全文を読む]

【侍ジャパン】出陣式でファンとチームが結束!指揮官が世界一奪還を誓う

ベースボールキング / 2017年02月27日21時36分

第4回ワールドベースボールクラシックに臨む侍ジャパンが27日、福岡で行われた出陣式に登壇。小久保裕紀監督やコーチ陣、まだチームに合流していない青木を除いた27名の代表メンバーが参加し、現在の心境や意気込みを語った。 会場に集まった1085人のファンを前に、侍ジャパンの小久保裕紀監督は「プレミアでのあの悔しい思いが一番心に残っている。その悔しさを晴らせるのが [全文を読む]

本田外しの決断、精神的支柱…侍ジャパンがサッカー日本代表に学ぶべきこと

デイリーニュースオンライン / 2016年11月19日14時03分

来春の第4回WBCに向けた侍ジャパンの強化試合が行われた。メキシコとオランダを相手に迎えた4試合で3勝1敗。勝敗だけ見るとそう悪くはない。しかし、ファン目線でも様々な課題が見えた。課題を浮き彫りにすることが強化試合の目的ということを考えれば成功といえるかもしれない。 そして、侍ジャパンの強化試合が終わった2日後に、サッカー日本代表のワールドカップへ向けたア [全文を読む]

これぞ手のひら返し?侍ジャパン・小久保監督に「辞めないで」コール

アサ芸プラス / 2017年03月24日17時59分

無傷の6連勝を飾るも22日の準決勝でアメリカに接戦の末、惜しくも敗れた我らが侍ジャパン。2失点どちらもエラーが絡むという、アウェーの日本にとっては皮肉な結果となったが、ジャパン野球が世界に十分通用することを改めて教えてくれた大会となった。 また、日本はWBCには強化試合で負け越して臨んだこともあり「史上最弱の侍ジャパン」とも呼ばれ、第1ラウンド&第2ラウ [全文を読む]

小久保ジャパン・歴代メンバーの成績まとめ ~打者編~

ベースボールキング / 2017年03月23日10時00分

◆ 小久保ジャパン発足後の野手の成績 2大会ぶりのWBC世界一奪還を目指した侍ジャパンは現地時間21日(日本時間22日)、準決勝のアメリカ戦に1-2で敗れた。小久保裕紀監督が侍ジャパンの監督に就任して以降、初となるWBCが幕を閉じた。 小久保監督が13年10月に侍ジャパンの監督に就任してから4年。侍ジャパンの常連となっている坂本勇人(巨人)、中田翔(日本ハ [全文を読む]

4強「侍ジャパン」、米国での難関は練習試合だ 無傷の6連勝で米国ラウンドへ向かうが…

東洋経済オンライン / 2017年03月18日08時00分

侍ジャパンが無傷の6連勝で第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次、2次ラウンド(いずれも東京ドーム)を突破。4大会連続の準決勝進出を決めた。6連勝、とはいっても、安心して見ていられたのは中国を7-1で下した1次ラウンド最終戦だけ。あとはすべて手に汗握る展開を粘り強く戦った。誰かがミスをしても全員でカバーする。1戦ごとに結束を固めていっての4 [全文を読む]

中国にも苦戦 侍J、WBC予選敗退悪夢シナリオの現実味

NEWSポストセブン / 2017年02月15日16時00分

野球の日本代表・侍ジャパンはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)でベスト4を下回る成績に終わったことはない。ところが、3月に開幕を控えている今回、投打の軸と期待された大谷翔平(22)の欠場など、小久保裕紀監督(45)率いる侍ジャパンの行く末が危ぶまれている。本来なら、北中米の強豪とぶつかる米国・ロサンゼルスでの準決勝以上(3月20~22日)が一番の [全文を読む]

フォーカス