下町ロケット 小泉孝太郎に関するニュース

敵役「小泉孝太郎」を生んだ父・純一郎の辛口

WEB女性自身 / 2015年12月16日06時00分

絶好調のドラマ『下町ロケット』は20日が最終回。後半の「ガウディ計画編」で、主人公・佃航平の最強の敵、サヤマ製作所社長・椎名直之を演じるのは、小泉孝太郎(37歳)である。 3・11をきっかけに原発ゼロを唱え、「文藝春秋」2016年1月号のインタビューでは「安倍総理は全部強引」と吠えた小泉純一郎元首相(73歳)の長男が、TBSで脚光を浴びている。 「『下町ロ [全文を読む]

小泉孝太郎に密着 「役者15年目の開眼」生んだ意識変革語る

NEWSポストセブン / 2016年01月25日11時00分

昨年の民放連ドラで平均視聴率1位となったドラマ『下町ロケット』(TBS系)で、小泉は主人公に立ちはだかる悪役・椎名直之社長を熱演した。本誌特集記事の「イラッとさせられたキャラ総選挙」でも断トツの1位になるなど、見事な嫌われぶりだった。「“好青年”のイメージが地に堕ちてしまいましたね」と本人はおどけるが、自身も十分な手応えを感じた演技だったという。「最初にオ [全文を読む]

ドラマ『下町ロケット』ヒットの理由、実は…。小泉、今田は来年結婚も?

週プレNEWS / 2015年12月20日06時00分

視聴率も好調で、またまた池井戸潤原作のドラマ化が話題となった『下町ロケット』(TBS系)がついに20日、最終回を迎える。 “最強の占い師”ゲッターズ飯田氏が『週刊プレイボーイ』本誌連載中のコラムで旬の話題を取り上げる「ゲッターズ飯田の占い放浪記」で占ったところによると…。 * * * ドラマ『下町ロケット』(TBS系)が人気ですね。あまりドラマを見ることが [全文を読む]

ドラマ化不可能とされてきた山崎豊子の傑作小説『沈まぬ太陽』が上川隆也主演で遂にTVドラマ化!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日17時30分

■WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW 沈まぬ太陽」 放送予定:2016年5月8日(日)スタート 放送時間:毎週日曜夜10時(全20話) 原作:山崎豊子『沈まぬ太陽』 脚本:前川洋一(大河ドラマ「軍師官兵衛」「連続ドラマW 下町ロケット」) 監督:水谷俊之・鈴木浩介(「連続ドラマW マークスの山」「連続ドラマW 下町ロケット」) 音楽:佐藤直紀(「連 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】小泉孝太郎主演ドラマ『警視庁ゼロ係』のキャスト写真に「面白そう~」

TechinsightJapan / 2016年01月15日09時35分

昨年放送されたドラマ『下町ロケット』で存在感を見せた小泉孝太郎。彼が主演することで話題のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(テレビ東京系)が1月15日よりスタートする。主人公のマイペースなキャリア警視・小早川冬彦役を務める小泉をはじめ主要キャストが揃った1枚を、前日にTKO木下が『木下隆行 tko.kinoshita Instagram』 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『下町ロケット』ラストシーンの小泉孝太郎に反響「全部持っていった!」

TechinsightJapan / 2015年12月21日13時40分

12月20日に最終回を迎えたドラマ『下町ロケット』。最終回の平均視聴率は22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と今年の民放連続ドラマ1位を記録し、有終の美を飾った。クライマックスは種子島宇宙センターで佃製作所製のバルブを搭載したロケットの発射を、社長の佃航平(阿部寛)と社員らが見守るシーンであった。だがここにある人物が登場したことで、ネット上で物議を醸 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】バカリズムの誕生日を祝う小泉孝太郎、父親に似てきた!?

TechinsightJapan / 2015年11月30日14時58分

人気ドラマ『下町ロケット』の29日放送分から、お笑い芸人のバカリズムが出演している。後半の「ガウディ計画編」では、阿部寛が社長を務める佃製作所のライバル会社に勤務する社員を演じている。 バカリズムが演じる横田信生は、小泉孝太郎演じる椎名直之が社長を務める「サヤマ製作所」の社員だ。元開発部員だったが、現在は閑職に追いやられているという役どころである。しかし彼 [全文を読む]

まさかのラスボス!?清原和博「下町ロケット」出演報道に視聴者が激しく落胆

アサ芸プラス / 2015年11月20日17時58分

「球界の番長」清原和博氏が阿部寛主演のドラマ「下町ロケット」(TBS系)に“最終最大の悪役”で出演するとの仰天情報を東京スポーツが報じ、話題を呼んでいる。「清原氏は昨年3月の“薬物疑惑報道”で一時期、表舞台から姿を消していたが、今年に入り、大手芸能プロをバックにつけてテレビ復帰を果たしています。出演が本当なら大きなインパクトを残しそうですが、正直、不安のほ [全文を読む]

秋ドラマ「主演ギャラ」1位は350万円の“あの視聴率俳優”

WEB女性自身 / 2015年11月19日06時00分

現在ドラマ戦線のトップをひた走る『下町ロケット』(TBS系)。池井戸潤原作で、主演の阿部寛(51)が 町工場 「佃製作所」社長役を演じる。第3話は18.6%を記録する好調ぶりだ。 「今回、阿部のギャラは1本250万円。女性からの好感度も高く、さらなる視聴率の上昇が期待できる。ちなみに娘役の土屋太鳳(20)は朝ドラ効果で60万円にアップ」(広告代理店関係者) [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

【雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン】●第1弾 「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念『山崎豊子フェア』概要・参加書店:全国約650書店・実施期間:2016年4月28日(木)より 【フェア対象商品】書名 (出版社)沈まぬ太陽(1~5) (新潮社)白い巨塔(1~5) (新潮社) 女系家族(上・下) (新潮社)華麗なる一族(上・中・下) [全文を読む]

小泉孝太郎もア然......武豊の逆鱗に触れる“放送事故“を、競馬が「十八番」フジテレビがやらかしていた!

Business Journal / 2016年03月23日17時00分

昨年、TBS系ドラマ・下町ロケットの後半『下町ロケット2 ガウディ計画』で主人公・佃航平(阿部寛)のライバル・椎名直之役として再注目され、今年になってテレビ東京系『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』では主演を務める小泉孝太郎。 そして、JRA通算3800勝、国内外のG1を104勝、今年もさっそく重賞を制して30年連続記録を更新......前人未踏 [全文を読む]

サンガリア「伊賀の天然水炭酸水」 小泉孝太郎さん出演新CM OA開始!

PR TIMES / 2016年03月01日09時30分

【小泉孝太郎さんプロフィール】 氏 名 小泉 孝太郎 生年月日 1978.07.10 出 身 神奈川県 主な出演実績 「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」(TX) 「下町ロケット」(TBS) 「沈まぬ太陽」(WOWOW) 「Antenna K」(bayfm78) [画像2: http://prtimes.jp/i/17844/1/resize/d [全文を読む]

脚本とキャスティングの勝利!?『下町ロケット』の魅力とは?

日本タレント名鑑 / 2016年02月08日14時55分

2015秋ドラマ、もっとも話題になった作品といえば、やはり『下町ロケット』ではないでしょうか。秋ドラマだけではなく2015年の最高ドラマのひとつと言っても過言ではないかもしれません。 池井戸作品にはずれなし!『半沢直樹』の原作『オレたちバブル入行組』がもっとも有名と思われがちな池井戸潤氏の作品ですが、もしも一作だけ代表作をあげるとしたら、この作品『下町ロケ [全文を読む]

小泉孝太郎 KY役に挑戦も共演者から「品がある」の声

NEWSポストセブン / 2016年01月25日16時00分

孝太郎といえば、昨年は大ヒットした『下町ロケット』で悪役を演じ話題を呼んだが、「これまでは“小泉さんいい人ですね、好青年ですね”と言われていたんですけど、それが11~12月のたった1か月で崩れ落ちてしまいました」と苦笑い。 このドラマでは、空気が読めない究極のKY刑事役だそうだが…。 「今回は悪役ではなく、空気が読めない役。前回のドラマと違うキャラクター [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『下町ロケット』の感動?が4分で味わえるものまね動画

TechinsightJapan / 2016年01月04日11時05分

テレビドラマ『下町ロケット』に登場する人物を、ものまね芸人のむらせが1人何役もこなして名場面を再現している。彼が昨年12月にお笑い特番で披露したネタをドラマ仕立てにしたもので、お笑いとはいえオリジナルを知る人が見れば感動が甦るのではないだろうか。 TOKIO・松岡昌宏のものまねなどでおなじみのむらせが、2015年12月31日にYouTube専用チャンネルで [全文を読む]

最終回で伏線はりまくり!「下町ロケット」続編でもあの棒演技芸人は不要!?

アサ芸プラス / 2015年12月30日09時58分

阿部寛の主演ドラマ「下町ロケット」(TBS系)最終回の視聴率が今年の民放連ドラ1位22.3%を記録した。 ドラマの内容もさることながら、視聴者の話題にのぼったのが、今田耕司と吉川晃司の“Wこうじ”が見せた「棒演技」だ。「近年、いろんな芸人が役者に進出していますが、今田の棒読みは異次元のレベルだった。吉川もかなりの棒っぷりでしたが、それはそれで味のある棒読み [全文を読む]

まさかの憎まれ役で小泉孝太郎が大ブレイク!2016年も悪役路線?

アサジョ / 2015年12月25日09時59分

20日に最終回を迎えた連ドラ「下町ロケット」(TBS系)で、珍しく“悪役”を演じた俳優、小泉孝太郎の評価が右肩上がりだ。この秋の民放連ドラで一番人気となった同ドラマ、最終回も平均視聴率22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と絶好調のうちに終了。この視聴率を牽引したのが、第2部「ガウディ計画編」から出演した小泉と言われている。 さわやかなルックスから“い [全文を読む]

『下町ロケット』酒場ライター・吉田類の登場にネット歓喜!「吉田先生の演技に乾杯」「『女将もう一杯』と言いそうで心配したw」

AOLニュース / 2015年12月21日12時00分

12月20日に放送された話題のドラマ『下町ロケット』(最終回)。メインキャスト以外にも今田耕司やバカリズムなどその豪華な脇役俳優陣にも注目が集まっていたが、最終回では酒場ライターでお馴染みの吉田類が出演。その出演シーンがネット上で話題となっている。吉田類は、BS-TBSの人気居酒屋番組『吉田類の酒場放浪記』に出演する人気酒場ライターで、ドラマ出演は初めてと [全文を読む]

『下町ロケット』 イラッとさせられた登場人物の順位を発表

NEWSポストセブン / 2015年12月19日07時00分

月曜の朝は『下町ロケット』談義がサラリーマンの定番の話題となっている。いよいよ最終回(12月20日放送)を迎えるが、本誌はこれまでの登場人物たちの人気投票を開催。同番組の魅力に取りつかれた男性450人に一票を投じてもらった。 1位は佃航平(阿部寛)226票、2位・財前道生(吉川晃司)58票、3位殿村直弘(立川談春)44票という順だったが、『下町ロケット』が [全文を読む]

『下町ロケット』で好演の安田顕 北海道に妻子残し単身赴任

NEWSポストセブン / 2015年12月18日07時00分

2015年の民放連ドラで最高の視聴率20.4%(12月6日放送分)を記録し、20日のクライマックスを前にますます盛り上がりを見せる『下町ロケット』(TBS系)。 主人公・佃航平を演じる阿部寛(51才)や取引先の部長の吉川晃司(50才)の渋い役どころに加え、第2部の『ガウディ計画編』に入ってからは、ライバル企業・サヤマ製作所の社長を演じる小泉孝太郎(37才) [全文を読む]

フォーカス