小泉純一郎 小沢一郎に関するニュース

いま、最も熱い注目を浴びる政治家・小池百合子の全軌跡をあきらかにした唯一の本、『挑戦 小池百合子伝』緊急刊行。

PR TIMES / 2016年10月27日15時05分

「女性都知事ならではの視点、カイロ大学で学んだ国際的感覚、細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎らの改革政治家から学び取った改革魂を活かし、東京都を改革し続けていく…。」本書より 【目次】 都知事・小池百合子 プロローグ 第一章 アラブに学ぶ 第二章 通訳からキャスターへ 第三章 政治家への転身 第四章 自民党で闘う 第五章 華麗なる環境大臣 第六章 新たなる飛 [全文を読む]

小池百合子「時の権力者」に乗り続けた女の「勝負勘」

WEB女性自身 / 2016年07月07日06時00分

その場合『反安倍』を打ち出せば、小泉純一郎、細川護熙両元首相の応援を仰げると踏んだ」(同前) 6月29日の小池百合子衆院議員(63)による都知事選 電撃出馬 は、周到すぎるほどの計算に裏づけられていたというのだ。したたかな小池氏の「女の勝負勘」。それは、24年にわたる政治家人生でいかんなく発揮されてきた。 日本新党、新進党、自由党と渡り歩き、2002年に自 [全文を読む]

秘書に聞いた理想の上司に関する調査

PR TIMES / 2012年04月17日18時41分

現役秘書が選ぶ“秘書につきたい理想の上司”ランキング発表!今より昔!? あの元首相が、現首相や今を時めくカリスマ経営者を抑えて堂々の第1位政治家・経営者部門 1位「小泉純一郎」 2位「孫正義」「柳井正」タレント・文化人では「池上彰」、歴史上の人物では「坂本龍馬」が1位【調査概要】 ■調査方法:インターネット調査 ■調査期間:3月29日(木)~4月9日(月) [全文を読む]

小泉純一郎が画策する「脱原発新党」(2)弟子の安倍総理にも厳しい提言

アサ芸プラス / 2013年10月29日09時58分

小泉氏の「脱原発宣言」がクローズアップされる契機となったのは、8月26日付の毎日新聞に掲載された政治コラムだった。その後、小泉氏の講演の内容が盛んに報じられるようになると、真っ先に反応したのは野党側であった。 生活の党代表である小沢一郎氏(71)は、記者会見でこう語り、小泉氏の提言を歓迎した。 「首相を経験し、高い立場から考えて、原発はやめたほうがいいとい [全文を読む]

ウォルフレン氏 安倍氏は旧来の自民と官僚の関係変えられぬ

NEWSポストセブン / 2012年12月22日07時00分

※週刊ポスト2013年1月1・11日号 【関連ニュース】自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと元経産官僚・古賀茂明氏が省庁の縄張り争いの実態明かした書小沢一郎氏「49歳で確実に総理になれた」と話していたほとんどの学校行事から国旗国歌が姿を消した背後に自民党小泉純一郎元総理 霞が関に権力持ったのはわずか3か月だった [全文を読む]

小泉純一郎と小沢一郎に共通する「非情」さ 小泉氏が一枚上

NEWSポストセブン / 2012年08月21日07時00分

小泉純一郎氏と小沢一郎氏という、ともに並外れた政局勘で政治を大きく動かしてきた政敵同士が、期せずして奇妙な共同歩調を取った。小泉氏は次男・進次郎氏を動かして、「3党合意を破棄すべき」と乱を起こさせると、すかさず小沢氏が中小野党をまとめて内閣不信任案を提出、自公に踏み絵を迫った。やはり、この2人が動くときが「政局」なのだ。 新進党、自由党で小沢氏と行動をとも [全文を読む]

山崎拓氏 僕が聞いた加藤紘一の最後の言葉

NEWSポストセブン / 2016年10月07日16時00分

「YKK」のもう一人は小泉純一郎・元首相である。 * * * 選挙制度。世襲議員の増加。戦争の記憶の風化。これらが相まって政界の劣化が進行している。加えて言うなら、右肩上がりの成長期がはるか後景に遠ざかり、将来をしかと見通せない不安と焦燥が人々の間に沈殿している。昨今、評伝や発言録がベストセラーになるなど田中角栄が奇妙なブームになっているのは、そのひとつの [全文を読む]

鳩山も岸も角栄も果たせなかった北方領土交渉の歴史

NEWSポストセブン / 2016年10月06日07時00分

続く小泉純一郎内閣は米国が主導したイラク戦争に参戦してロシアとは距離を置き、対露領土交渉を担ってきた鈴木宗男氏らがこの時代に失脚に追い込まれた。 その後の第1次安倍内閣、麻生太郎内閣も領土交渉に意欲を見せたが、いずれも短命政権に終わり、成果をあげることは出来なかった。 この返還交渉史に終止符が打たれる日は来るのか。 ※週刊ポスト2016年10月14・21日 [全文を読む]

安倍、森氏と手打ちの小池知事 変わり身の早さはさすが

NEWSポストセブン / 2016年08月22日07時00分

細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎といった時の政界の実力者の傍を渡り歩くなかで磨きをかけてきたこの変わり身の早さは流石というほかない。 ※週刊ポスト2016年9月2日号 [全文を読む]

安倍の愛人説も浮上! 小池百合子、蓮舫、稲田朋美、丸川珠代…新聞・テレビが報じない女政治家の熾烈バトル

tocana / 2016年08月09日08時00分

「小沢一郎、細川護煕、小泉純一郎など、時の権力者に擦り寄ってきた。そんな彼女を『永田町の○○○○(放送禁止用語)』と呼ぶ議員は多いですよ(笑)。逆を言えば、そうした腹黒さ、したたかさはまさに政治家向き。まともな人は政治家として大成しませんからね」(週刊誌政治担当記者)。 そんな小池氏対策で五輪担当相に送り込まれたのが、同じ女子アナ出身の丸川氏だ。テレビ朝日 [全文を読む]

フォーカス