憲法学者 小林節に関するニュース

憲法審査会“自民オウンゴール”の内幕を小林節教授に直撃「自民党議員の劣化は相当に深刻、安倍政権は憲法軽視の一語に尽きる!」

週プレNEWS / 2015年06月23日06時00分

6月4日、よりによって国会で「安保関連法案は違憲である」と日本を代表する3人の憲法学者全員が断言。しかも、そのうちのひとりは自民党が招致した憲法学者だったため、安保関連法案を「合憲」だとしてきた自民とすれば、今回の違憲判断は手痛い“オウンゴール”のようなもの。 なぜ、自民は墓穴を掘ったのか? その日招致された憲法学者で慶應義塾大学の小林節(せつ)名誉教授 [全文を読む]

憲法審査会“自民オウンゴール”の内幕を小林節教授に直撃「自民党議員の劣化は相当に深刻、安倍政権は憲法軽視の一語に尽きる!」

週プレNEWS / 2015年06月23日06時00分

6月4日、よりによって国会で「安保関連法案は違憲である」と日本を代表する3人の憲法学者全員が断言。しかも、そのうちのひとりは自民党が招致した憲法学者だったため、安保関連法案を「合憲」だとしてきた自民とすれば、今回の違憲判断は手痛い“オウンゴール”のようなもの。 なぜ、自民は墓穴を掘ったのか? その日招致された憲法学者で慶應義塾大学の小林節(せつ)名誉教授 [全文を読む]

<驚きの憲法審査会から>なぜ、オウンゴールは生まれたか?

メディアゴン / 2015年06月10日07時00分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *6月4日の衆議院憲法審査会で、安全保障関連法案について、与党+次世代の党推薦を含む3人の学識経験者(憲法学者)全員が「今回の安保法制は憲法違反に当たる」という認識を示したのには驚きました。しかもお三方ともに四の五の言う余地もなく断言しています。これはあちこちで「自民党のオウンゴール」とか、おそまつとか [全文を読む]

《発言全文》安保法案「違憲」とバッサリ、与党推薦の長谷部教授が語った「立憲主義」

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月05日17時10分

国会で「安保法制」の審議が行われている最中の6月4日に開かれた衆議院の「憲法審査会」で、自民党、公明党が推薦した憲法学者の長谷部恭男・早稲田大大学院法務研究科教授が、与党の安保法制に「違憲」の評価を突きつける、異例の事態が起きた。もともと、この日の議論のメインテーマは「立憲主義」だったが、民主党の中川正春議員が「率直に聞きたいんですが、先生方は、今の安保法 [全文を読む]

安保法制の識者登場「朝日、毎日」と「読売、産経」で大きな差…記事4000本調査

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月10日10時00分

憲法学者や国際関係学者などの専門家の登場回数では、朝日がのべ221回で最多。以下、毎日が125回、産経77回、読売75回と続いた。このうち、朝日と毎日では憲法学者が半数以上を占めていた。今回、安保法制をめぐっては、多くの憲法学者が反対を表明していた。 4紙の専門家の登場回数を個人別に見ると、安保法制反対派では、憲法学者の小林節・慶応義塾大教授、長谷部恭男 [全文を読む]

安倍内閣を牛耳る「日本会議」とは? 閣僚の約8割が名を連ね憲法改正を画策!

週プレNEWS / 2015年07月09日06時00分

憲法学者から「違憲」と指摘され、国会審議が難航する安全保障関連法案(以下、安保法制)。しかし、安倍政権は今月16日の衆議院本会議通過を目指して「強行採決」も辞さない構えだという。 そんな与党の背後で蠢(うごめ)くのが、日本最大規模ともいわれる右翼団体「日本会議」の影だ。 国政から地方政治まで、日本全土に幅広いネットワークを形成し、政界、宗教界、経済界を結び [全文を読む]

安保法制「合憲」わずか3人、非難の嵐――「報ステ」が憲法学者151人にアンケート

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月16日17時55分

政府提出の安保法制を合憲とする「著名な憲法学者」はごくわずかーー。国会で審議中の安全保障関連法制について、テレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」が憲法学者を対象に行ったアンケートの結果が6月15日夜、発表された。回答した151人のうち、「憲法違反の疑いはない」としたのは3人にすぎず、「憲法違反にあたる」「憲法違反の疑いがある」という否定的な見解が大多 [全文を読む]

憲法学者・小林節に注目すれば安倍政権の赤信号がわかる

週プレNEWS / 2015年07月13日06時00分

本誌連載中のコラム「衆愚レアリズム宣言!!」より、ジャーナリストの川喜田研氏が“シューグ”な現実と向き合い世の中を見つめなおす! *** 憲法学者の小林節(せつ)慶應義塾大学名誉教授に初めてお目にかかってから、かれこれ2年以上になるだろうか。 当時、週プレで改憲問題の特集を担当していた僕は「改憲派の論客」として知られる小林センセーにインタビューするため、慶 [全文を読む]

仏「ロブス」誌も英「エコノミスト」誌も...「日本会議」と安倍の関係を世界が危険視!

リテラ / 2015年06月30日23時40分

日本外国特派員協会で、憲法学者の小林節と長谷部恭男が会見を開いた。両氏は、先日の衆院憲法審査会で、同じく憲法学者の笹田栄司と共に「新安保法制は違憲」と証言したことで話題となったばかりだ。 冒頭の質問は、この会見に参加した外国特派員から飛び出たものである。ちなみに、「安全保障法制」の合憲論者で「日本会議」に関係している3人の憲法学者とは、日本大学教授の百地章 [全文を読む]

憲法学者だけじゃない! 高村副総裁も防衛省HPも「集団的自衛権は違憲」と言っていた!

リテラ / 2015年06月19日08時00分

国会に招致された3人の憲法学者がそろって集団的自衛権・安保法制を「違憲」と指摘して以降、「違憲ではない」という弁明に必死の安倍政権。だが、その弁明自体がインチキであることが露呈し、さらにデタラメな弁明を重ねるという、異常な事態におちいっている。 たとえば、菅義偉官房長官は当初、「集団的自衛権は合憲だとする憲法学者はたくさんいる」といっていたが、「誰がいるの [全文を読む]

集団的自衛権にNO!「国民安保法制懇」ってなんだ?

週プレNEWS / 2014年07月08日06時00分

安倍政権の「解釈改憲」に対し、「立憲主義の破壊に等しい歴史的暴挙だ!」と、憲法学者、内閣法制局長官経験者、元防衛官僚、元外務官僚、国際紛争予防のスペシャリストなど、それぞれの分野を代表する顔ぶれが立ち上がった。 その専門家グループの名は「国民安保法制懇」。解釈改憲を認めた安倍首相の私的諮問機関、本家・安保法制懇に対抗して結成された「国民目線の有識者集団」だ [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節が読み解く日本会議 「宗教や思想を押しつける世界では民主主義なんて絶対に成立しない」

週プレNEWS / 2016年06月19日11時00分

彼らはなぜこれほどまでに改憲に熱心なのか? この国を誰から「取り戻し」、どのような「美しい国」を目指しているのか? 日本会議の背景にある「国家神道」や「新宗教」に詳しい宗教学者の島薗(しまぞの)進・東京大学名誉教授と、日本を代表する憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節(せつ)氏のふたりが「立憲主義の危機と宗教」について語る。 前編『自民党の改憲案は「個 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「靖国参拝を“日本人なら当然の常識”と考える『日本会議』には歴史の反省がない」

週プレNEWS / 2016年06月18日06時00分

彼らはなぜこれほどまでに改憲に熱心なのか? この国を誰から「取り戻し」、どのような「美しい国」を目指しているのか? 日本会議の背景にある「国家神道」や「新宗教」に詳しい宗教学者の島薗(しまぞの)進・東京大学名誉教授と、日本を代表する憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節(せつ)氏のふたりが「立憲主義の危機と宗教」について語る。 前編の『自民党の改憲案は「 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「自民党の改憲案は『個性を持った個人の尊重』という原則を捨て去ろうとしている」

週プレNEWS / 2016年06月17日06時00分

安倍政権と日本会議はなぜこれほどまでに改憲に熱心なのか? この国を誰から「取り戻そう」としているのか? そして彼らが目指す「美しい国、日本」の姿とはなんなのか? 日本会議の背景にある「国家神道」や「新宗教」に詳しい宗教学者の島薗(しまぞの)進・東京大学名誉教授と、日本を代表する憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節(せつ)氏のふたりに「立憲主義の危機と宗 [全文を読む]

自民党“震災政治利用“の本音を憲法学者・小林節が暴露!「自民党議員から『これで改憲の入り口が』と連絡」

リテラ / 2016年04月22日22時00分

熊本県や大分県をはじめ九州に甚大な被害をもたらした今回の熊本大地震。そんななかで目立つのは、「震災を政治利用するな!」という声の大きさだ。 鹿児島県・川内原発の運転中止を求める意見には「こんなときに非常識」「便乗するな」といい、オスプレイ投入に批判があがると「オスプレイ叩きこそ震災の政治利用」「イデオロギーで足を引っ張るな」と叫ぶ......。 しかし、災 [全文を読む]

「独裁政治の始まり」とも。安保国会最終盤を新聞各紙はどう伝えたか

まぐまぐニュース! / 2015年09月16日10時40分

次ページ>> 朝日が報じた、違憲訴訟で大きな意味を持つ憲法学者の言葉とは? そもそも集団的自衛権の出発点は? 【朝日】は1面で国会内情勢について、与党が17日参院本会議での採決を目指していること。野党は内閣不信任決議案や問責決議案などを提出して抵抗する考えであること。与党は遅くとも週内には採決できると踏んでいることなどを記す。左肩には昨夜国会前に集まった [全文を読む]


安保法制合憲論者の巣窟! 櫻井よしこ率いる民間憲法臨調の“人権否定“憲法観が恐ろしすぎる!

リテラ / 2015年06月20日09時00分

「安保法制は違憲」という指摘が憲法学者から次々とつきつけられるなか、今度は、安倍政権が進めるこれらの法律を合憲とする2人の学者が記者会見を開いた。 「集団的自衛権合憲説を唱える憲法学者はたくさんいる」と言っていた菅義偉官房長官がなんとかしぼりだして名前をあげた3人のうちの2人、西修駒澤大学名誉教授と百地章日本大学教授だ。 もっとも、その内容は、「明白に憲法 [全文を読む]

<安保法制>小林節教授「狂った政治は次の選挙で倒すべき」 長谷部教授とともに批判

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月15日17時38分

衆議院の憲法調査会で「集団的自衛権の行使は違憲だ」と発言し、大きな波紋を呼んだ憲法学者の長谷部恭男・早稲田大教授と小林節・慶應大名誉教授が6月15日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見した。2人は政府が国会に提出している安保法制について「撤回すべき」だと声を揃えた。長谷部教授は、安保法案を撤回すべきだという理由について、「核心的な部分、つまり集団的自衛 [全文を読む]

安保関連法案 やっと見つけた「合憲派」の3人の教授の見解

NEWSポストセブン / 2015年06月15日16時00分

6月4日の衆院憲法審査会に参考人として呼ばれた憲法学者3人が、自民推薦の長谷部恭男・早稲田大教授も含めて全員「安保関連法案は違憲」と指摘し、法案成立を推進する与党にとっては国会論戦の潮目を変える一大事となった。 かねてから安保法制を批判していた長谷部氏を選んだのは、同審査会筆頭幹事の船田元・衆院議員だった。本人は「(安保関連法案に関する質問は)ちょっと予 [全文を読む]

フォーカス