集団的自衛権 小林節に関するニュース

集団的自衛権にNO!「国民安保法制懇」ってなんだ?

週プレNEWS / 2014年07月08日06時00分

7月1日、安倍内閣は「集団的自衛権」の行使を容認するために、従来の憲法解釈を変更する内容の閣議決定を行なった。 戦後70年近く日本が守り続けてきた「戦争できない国」という流れを、同盟国を守るためには武力行使も辞さない「普通の国」に方向転換しようというのだ。しかし、それほどの問題なのに、憲法9条の改正手続きはおろか、国会でのマトモな議論を経ることもなく、行な [全文を読む]

憲法改正をせずに集団的自衛権を行使することは可能なのか?

週プレNEWS / 2014年03月25日06時00分

今、安倍首相がもっとも意気込んでいる政策が、「集団的自衛権の容認」だ。 自国を防衛する権利である「個別的自衛権」に対し、他国が武力攻撃を受けた際、日本も共同で防衛を行なうことを可能にする「集団的自衛権」。安倍首相は、①4月中に首相の私的諮問機関である安保法制懇が報告書を提出、②内閣法制局で原案を作成、③閣議決定、④秋にも自衛隊法改正など関連法の整備というシ [全文を読む]

<驚きの憲法審査会から>なぜ、オウンゴールは生まれたか?

メディアゴン / 2015年06月10日07時00分

2014年4月14日の毎日新聞『特集ワイド:「集団的自衛権行使は合憲」 砂川判決、根拠は「暴論」』という記事です。昨年、安倍総理が1957年の砂川事件最高裁判決を引いて、 「砂川判決が集団的自衛権を否定していないことははっきりしている」と主張したのですが、これは西教授の「砂川判決が言う自衛権も当然、双方(個別的自衛権も集団的自衛権も)が含まれると解すべきだ [全文を読む]

<安保法制>小林節教授「狂った政治は次の選挙で倒すべき」 長谷部教授とともに批判

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月15日17時38分

衆議院の憲法調査会で「集団的自衛権の行使は違憲だ」と発言し、大きな波紋を呼んだ憲法学者の長谷部恭男・早稲田大教授と小林節・慶應大名誉教授が6月15日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見した。2人は政府が国会に提出している安保法制について「撤回すべき」だと声を揃えた。長谷部教授は、安保法案を撤回すべきだという理由について、「核心的な部分、つまり集団的自衛 [全文を読む]

「安全のため」の一点張り。安倍首相の強引な“改憲”が逆に日本を危険にさらす?

週プレNEWS / 2014年05月20日06時00分

集団的自衛権の行使容認を目的とした「憲法解釈変更」の動きがひとつのヤマ場を迎えつつある。 5月15日、安倍首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」、通称“安保法制懇”が憲法9条の解釈変更を求める趣旨の報告書を提出。これを受け安倍首相が記者会見を行ない、 「総理大臣である私の責任は国民の安全を守ること、急激に変化するわが国の安全保障環境 [全文を読む]

“国防軍”への改名 憲法改正せずとも変更は可能と憲法学者

NEWSポストセブン / 2013年01月12日07時00分

政府は集団的自衛権について、「我が国は、国際法上、集団的自衛権を有しているが、行使は憲法上許されないと考えてきている」という見解を取ってきた。自民党案で自衛権を改めて明記したのは、米国との集団的自衛権の行使に道を拓くためだと見られている。 しかし、小林教授は、「今の日本は、竹島は韓国に実効支配、北方4島はロシアに実効支配され、尖閣諸島は中国の脅威にさらされ [全文を読む]

「独裁政治の始まり」とも。安保国会最終盤を新聞各紙はどう伝えたか

まぐまぐニュース! / 2015年09月16日10時40分

次ページ>> 朝日が報じた、違憲訴訟で大きな意味を持つ憲法学者の言葉とは? そもそも集団的自衛権の出発点は? 【朝日】は1面で国会内情勢について、与党が17日参院本会議での採決を目指していること。野党は内閣不信任決議案や問責決議案などを提出して抵抗する考えであること。与党は遅くとも週内には採決できると踏んでいることなどを記す。左肩には昨夜国会前に集まった [全文を読む]

安保法制・維新対案を評価する小林節氏「自民党の土俵に乗っても、負けない自信ある」

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月09日18時02分

会見には小林節・慶應義塾大学名誉教授も同席し、「維新の党は、現行憲法を改正しないままでの集団的自衛権は無理だという普通の理解をしている」と対案を評価した。 維新が提出した安保関連法案の対案は、民主党と共同で提出した「領域警備法案」と、単独で提出した「平和安全整備法案」「国際平和協力支援法案」の3法案。武力行使については、与党案と異なり、他国に対する攻撃をき [全文を読む]

憲法審査会“自民オウンゴール”の内幕を小林節教授に直撃「自民党議員の劣化は相当に深刻、安倍政権は憲法軽視の一語に尽きる!」

週プレNEWS / 2015年06月23日06時00分

安倍政権が前のめりで成立を目指す、集団的自衛権の行使容認を含む「安全保障関連法案」に意外なところからNOが突きつけられた。 6月4日、よりによって国会で「安保関連法案は違憲である」と日本を代表する3人の憲法学者全員が断言。しかも、そのうちのひとりは自民党が招致した憲法学者だったため、安保関連法案を「合憲」だとしてきた自民とすれば、今回の違憲判断は手痛い“オ [全文を読む]

憲法審査会“自民オウンゴール”の内幕を小林節教授に直撃「自民党議員の劣化は相当に深刻、安倍政権は憲法軽視の一語に尽きる!」

週プレNEWS / 2015年06月23日06時00分

安倍政権が前のめりで成立を目指す、集団的自衛権の行使容認を含む「安全保障関連法案」に意外なところからNOが突きつけられた。 6月4日、よりによって国会で「安保関連法案は違憲である」と日本を代表する3人の憲法学者全員が断言。しかも、そのうちのひとりは自民党が招致した憲法学者だったため、安保関連法案を「合憲」だとしてきた自民とすれば、今回の違憲判断は手痛い“オ [全文を読む]

政権の閣僚が名を連ねる日本会議はなぜここまで影響力を持ったのか

週プレNEWS / 2015年07月16日06時00分

そればかりか、安倍政権は靖国神社参拝や歴史認識の問題で、中国、韓国との関係を悪化させ、憲法改正や集団的自衛権の行使に力を注ぎ、「愛国心」や「道徳」に関する教育改革の必要性を強調する。 また、安保法制に関する審議を見ていても、自民党は「議論」や「対話」を受けつけないような姿勢が目につく。これらも日本会議の影響が少なからずあると考えられないだろうか。 安保法 [全文を読む]

憲法学者・小林節に注目すれば安倍政権の赤信号がわかる

週プレNEWS / 2015年07月13日06時00分

改憲手続きを定めた憲法96条の先行改正を狙う安倍政権の動きを「改憲の裏口入学」と断じ、集団的自衛権の行使容認を含んだ昨年の閣議決定を「憲法泥棒」と切り捨てた小林センセー。 繰り返すが、もともと「タカ派の改憲論者」「自民党のブレーン」だった小林センセーは、いつしか共産党の機関紙『赤旗』に識者として登場し、今ではまるで民主党のブレーン(?)みたいな立ち位置に [全文を読む]

安保法制「合憲」わずか3人、非難の嵐――「報ステ」が憲法学者151人にアンケート

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月16日17時55分

また、九州大学法学部の南野森教授は「一旦廃案にして議論をやり直し、その上で集団的自衛権行使や他国軍隊への非・非戦闘地域での恒久的後方支援が本当に必要だということになれば、憲法9条の改正を正面から国民に問うべき」と手続き上の問題点を強調した。 一橋大学大学院法学研究科の阪口正二郎教授は、中谷元(なかたに・げん)防衛大臣が、安全保障関連法案について「現在の憲 [全文を読む]

安保関連法案 やっと見つけた「合憲派」の3人の教授の見解

NEWSポストセブン / 2015年06月15日16時00分

「そもそも日本は国連加盟国であり、国連憲章第51条で加盟国は個別的自衛権および集団的自衛権を『固有の権利』として持つと明記している。日本国憲法は自衛権を否定していないし、私は個別的自衛権と集団的自衛権は基本的に分けられるものではないと考えている。集団的自衛権の行使はまったくの合憲です」(西氏)「合憲と考えます。憲法の条文そのものと照らし合わせれば、自衛隊の [全文を読む]

《発言全文》安保法案「違憲」とバッサリ、与党推薦の長谷部教授が語った「立憲主義」

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月05日17時10分

集団的自衛権の行使=「憲法違反である」中川議員の質問に対して、自民・公明党が招いた参考人である長谷部教授の回答は、次の通りだった。「安保法制は多岐にわたっておりますので、その全てというわけにはなかなかならないんですが・・・。まずは、集団的自衛権の行使が許されるという点につきまして、私は『憲法違反である』という風に考えております。従来の政府見解の基本的な論 [全文を読む]

政治力学で専制政治から独裁国家へ...問題山積みの安倍政権 by岡留安則

東京ブレイキングニュース / 2014年06月04日13時35分

元『噂の真相』編集長・岡留安則の「編集魂」 集団的自衛権行使容認に向けた衆議院、参議院の予算委員会が開かれた。安倍総理が、この集団的自衛権行使へのこだわりの意欲だけはよくわかったが、答弁がどうにも行き当たりばったりで、国民や世論の支持を得るのは難しいだろうと痛感できた。 自ら指示してつくらせたというパネルも、目的のためには手段を選ばずという電通流の意図が透 [全文を読む]

「憲法がハイジャックされている」 憲法学者ら「集団的自衛権」を考える団体結成

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月28日22時19分

集団的自衛権」をめぐる議論がにわかに活発になっている。これまでの日本政府は、戦争放棄を定めた憲法9条の解釈から「集団的自衛権は行使できない」という立場をとってきたが、安倍内閣は従来の憲法解釈を変更することで、それを可能にしようとしているのだ。 5月15日には、安倍首相の私的諮問機関である「安全保障の法的基盤の再構築に関する法的懇談会」(安保法制懇)が、「 [全文を読む]

『日本と日本人を危うくする 安保法制の落とし穴』なぜ今、集団的自衛権が問われているのか? それがいかに国際情勢とそぐわないものなのか?直木賞作家浅田次郎はじめ、8人の論客が徹底的に明らかにする!

DreamNews / 2015年08月21日10時00分

本書の構成 〈安保法制と外交〉法治国家の崩壊宣言に他ならない!浅田次郎(日本ペンクラブ会長、作家、元自衛官) 〈安保法制と憲法〉明白な憲法違反を強行する〝バカの壁?小林 節(憲法学者、慶應大学名誉教授) 〈安保法制と防衛・安全保障〉政治家に命を賭ける覚悟はあるのか柳澤協二(元内閣官房副長官補) 〈安保法制とPKO活動〉国際紛争の現場からほど遠い空論伊勢崎 [全文を読む]

安保法制合憲論者の巣窟! 櫻井よしこ率いる民間憲法臨調の“人権否定“憲法観が恐ろしすぎる!

リテラ / 2015年06月20日09時00分

集団的自衛権合憲説を唱える憲法学者はたくさんいる」と言っていた菅義偉官房長官がなんとかしぼりだして名前をあげた3人のうちの2人、西修駒澤大学名誉教授と百地章日本大学教授だ。 もっとも、その内容は、「明白に憲法の許容範囲だ」「国際法上の固有の権利だ」と言うだけで、ほとんど具体性はなかった。 数日前に会見した国会招致された2人の憲法学者、小林節慶應義塾大学 [全文を読む]

憲法学者だけじゃない! 高村副総裁も防衛省HPも「集団的自衛権は違憲」と言っていた!

リテラ / 2015年06月19日08時00分

国会に招致された3人の憲法学者がそろって集団的自衛権・安保法制を「違憲」と指摘して以降、「違憲ではない」という弁明に必死の安倍政権。だが、その弁明自体がインチキであることが露呈し、さらにデタラメな弁明を重ねるという、異常な事態におちいっている。 たとえば、菅義偉官房長官は当初、「集団的自衛権は合憲だとする憲法学者はたくさんいる」といっていたが、「誰がいるの [全文を読む]

フォーカス