高倉健 小林稔侍に関するニュース

高倉健さん、元恋人や板東英二ら“記者が違和感を抱く”自称・縁の人々! 追悼企画で秘話暴露も

サイゾーウーマン / 2014年12月01日13時00分

今月10日に死去していた高倉健氏に、各メディアが追悼記事を企画し、数多くの著名人の“お悔やみ”が掲載されている。プライベートが謎のベールに包まれていた高倉だけに、親交を持つ著名人のコメントは貴重な証言となるはずだが、「違和感を覚えざるを得ない」(週刊誌記者)という人物のものも含まれているようだ。 大物タレントがこの世を去った時、まず注目されるのが配偶者、あ [全文を読む]

高倉健の養女が生前の住居を解体工事、江利チエミとの水子を祀った墓地も更地に! 深まる“殉愛“疑惑

リテラ / 2016年06月10日11時41分

高倉健の養女を巡る"殉愛疑惑"がますますアヤしくなってきた。今年5月23日、高倉健が終生暮らした東京世田谷にある敷地260坪の豪邸の解体工事が開始されたのだ。 それだけでない。同時に1972年、生前に高倉が購入し、しばしば線香をあげに通った鎌倉霊園の墓石と、そこに置かれた水子地蔵が撤去され更地になっているという。その水子地蔵は63年、高倉が元妻の故・江利チ [全文を読む]

追悼・高倉健 銀幕を共にした盟友が語る「高倉健」という人物(2)自身のデビュー作で共演した武田鉄矢が語る“健さん”像

アサ芸プラス / 2014年12月03日09時58分

「寡黙」や「不器用」のイメージが先行する健さんだが、素顔は気さくで、ちゃめっ気もたっぷり。意外な特技に「催眠術」があり、弟分の小林稔侍などは、すぐに引っ掛かると喜んでいたこともあった。 ヒット作「幸福の黄色いハンカチ」(77年)で俳優デビューを飾った武田鉄矢は、直後の会見でこんな1コマを明かした。 「北海道のロケ中に健さんと桃井かおりの3人で、レストランで [全文を読む]

オーディオブックという古くからある最新のサービスを『Audible』で出張女子が徹底的に試してみた!

ガジェット通信 / 2015年10月31日09時00分

高倉健や小林稔侍、志村けんや広末涼子等々のあの名シーンが記者の頭の中を駆け巡る。 チョコレートを食べながら「ぽっぽや」に耳を傾ける彼女を見て、シャッター音しか聞こえないはずの記者の耳には、"幌舞線"キハ40のタイフォンが聞こえたような気がした。 映像と違い、耳だけが唯一の入り口であるオーディオブックは、人間の持つ豊かな想像力で本の中の世界を広げることが可 [全文を読む]

シンプルルーターが本当に簡単でビックリ!

GIGAMEN / 2014年12月16日10時30分

先日偉大なる俳優、高倉健さんが亡くなられた。日本を代表する俳優であり、石倉三郎さんや小林稔侍さんなど、信奉者も多い、まさにリビングレジェンドだった。 タッチするだけで良いシンプルルーター そんな健さんはかつて、パソコンのCMに出演していたことをご存知だろうか。「タッチで簡単インターネット」と言って、当時インターネット黎明期だったパソコン普及に貢献している。 [全文を読む]

フォーカス