レッドソックス 松坂大輔に関するニュース

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(1)「477日ぶり復活勝利」で実践した師匠の教え

アサ芸プラス / 2012年09月07日10時59分

「一塁側のプレートを踏み8割の力で投げろ」 昨年6月の肘の手術から477日、レッドソックスの松坂大輔が、待望の復活を果たした。これまで以上の球威で相手チームをねじ伏せることができたのは、西武で指導を受けた師・東尾修氏の教えを実践したことが大きかった。デビュー当時、「格別の配慮」で「過保護」とも言われた東尾氏は、松坂に何を伝えようとしたのか。 「肘の手術はリ [全文を読む]

松坂大輔「横浜DeNA入り」計画進行中

アサ芸プラス / 2012年04月03日10時59分

今季でレッドソックスとの6年契約が切れる松坂大輔(31)は現在、リハビリ中。昨年6月に手術した右肘は当初の予想以上に回復が早く、夏頃復帰のシナリオが5月中に‥‥などと報じるメディアもあるほどだ。 「結局、メジャーに残れるかどうかは、いつ投げるのかと成績しだい。仮に手術前と変わらない状態なら、あの高年俸では引き取り手はないだろう。その場合、日本球界復帰が現実 [全文を読む]

バッシングの声に今、松坂大輔が思うこと「野球って誰かを見返すためのものじゃない」

週プレNEWS / 2017年04月20日06時00分

レッドソックスにいたときは、ベテランのピッチャーでもケガで調子を落としただけで簡単にローテから外されてましたし、そういうのを見たら自分はああはなりたくないと思って、痛くても我慢して投げてしまったことはありました」 では、現在の松坂はどんなフォームをイメージしているのだろう。こう投げられたらという痛みのないところを探す投げ方ではなく、こう投げたいという投げ方 [全文を読む]

松坂大輔が江夏豊に語った日本球界復帰「妻は“わかった、ついていく”だけでした」

週プレNEWS / 2015年02月24日06時00分

07年にメジャーリーグのレッドソックスへ移籍し、当初は主力投手として活躍するも、近年は右肘の靱帯損傷(11年に手術)など故障に苦しむ。13年、14年はメッツでプレーし、今季ソフトバンク入り。日米通算164勝103敗 ●江夏豊(えなつ・ゆたか) 1948年生まれ。阪神、南海、広島、日本ハム、西武で活躍し、年間401奪三振、オールスター9連続奪三振、延長戦ノー [全文を読む]

2014メジャーリーグ、日本人選手17人の現在地

週プレNEWS / 2014年04月01日11時00分

また、昨年、27試合連続無失点や37人連続アウトでレッドソックスの世界一に貢献したのが上原浩治。73試合で防御率1.09は超一流で、走者を出さない能力指数=「WHIP」はメジャーリーグ史上第1位の金字塔だった。 WHIPは1イニング平均の(安打+四球)だが、昨年、上原のWHIP=0.565は1901年以降、シーズン50試合以上登板した延べ4130投手の中 [全文を読む]

靭帯移植後のダルビッシュと松坂 フォームの違いが分岐点

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

ところが、レッドソックス在籍時の2011年6月に同じ手術を受けた松坂大輔(35)は、日本球界に復帰した今も満足に投球できずにいる。松坂は、「自己管理」が足りなかったと米紙レッドソックス担当記者が指摘する。 「リハビリでキャンプ地に現われた松坂の顔は丸く、体はパンパンだった。太る体質にもかかわらず、ジャンクフードを食べるなど自己管理ができない」 手術後の「メ [全文を読む]

ダルビッシュと松坂 球団サポートと契約年数が明暗分けた

NEWSポストセブン / 2016年06月07日16時00分

一方、2007年に海を渡り、レッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献した松坂大輔(35)も2011年6月にトミー・ジョン手術を受けている。 昨年、福岡ソフトバンクホークスと3年12億円の大型契約を結んで日本球界に復帰したが、2年目を迎えた現在も一軍登板はなく、「給料泥棒」と囁かれる。手術が松坂の野球人生に大きな影を落としていると言わざるを得ない。福島氏 [全文を読む]

松坂大輔が語った日本球界復帰と広島・黒田。「西武ドームのマウンドに上がったら?…うーん」

週プレNEWS / 2015年03月03日06時00分

07年にメジャーリーグのレッドソックスへ移籍し、当初は主力投手として活躍するも、近年は右肘の靱帯損傷(11年に手術)など故障に苦しむ。13年、14年はメッツでプレーし、今季ソフトバンク入り。日米通算164勝103敗 ●江夏豊(えなつ・ゆたか) 1948年生まれ。阪神、南海、広島、日本ハム、西武で活躍し、年間401奪三振、オールスター9連続奪三振、延長戦ノー [全文を読む]

田中投手、“今のところ”順調に活躍 松坂投手を反面教師に、米球界へ順応…米メディア分析

NewSphere / 2014年05月21日11時59分

松坂大輔投手は2007年、レッドソックスと6年5200万ドルで契約した。これは海外メディアでも大々的に取り上げられ、国際的なニュースとなった。松坂は最初の2年間は通算33勝と好成績を残したが、その後は2009年から2012年で17勝と期待された成績を残すことはできていない。同記事は、この松坂投手の奮闘がその後の田中投手の成績につながっていると報じている。 [全文を読む]

WBCジャパン暗雲、シーズンを優先する選手

アサ芸プラス / 2012年11月14日10時59分

最優秀選手を獲得したレッドソックス・松坂大輔(32)も、4勝6敗という無残な成績に終わっている。メジャーの球団が神経質になるのも無理はないのだ。 「代表に選出される可能性が高い、とある左腕エースも、『3月中旬にピークを持っていく調整をしたら、シーズンに影響が出ないわけがない。本音では出たくない選手は多い』と話していました。WBCよりシーズンを優先する選手が [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 最終回 新垣渚と秋山幸二の「捲土重来」(3)

アサ芸プラス / 2012年09月26日10時59分

周りからは「松坂大輔(現レッドソックス)以上の逸材」と言われ、速球派として期待が高かった。 本人も、それに応えるために無理をしていた部分があった、と言う。「自分は速球派であるというイメージが強かったし、それを貫こうとしていた。三振を取るということが快感だった」 ところが肘を痛めてからは思うようなピッチングができなくなった。肘痛と戦いながら、新垣は投球スタイ [全文を読む]

意外とイケる? WBC“選手会抜きジャパン”の可能性

週プレNEWS / 2012年08月06日19時00分

●投手(先発・ロングリリーフ) ダルビッシュ有(レンジャーズ)、黒田博樹(ヤンキース)、松坂大輔(レッドソックス)、ジェレミー・ガスリー(ロイヤルズ)、岩隈久志(マリナーズ) 「投手陣はメジャー在籍の日本人選手だけでも盤石です。十分優勝を狙える布陣でしょう。また、第2回WBCでアメリカ代表だったジェレミー・ガスリーは母親が日系人。実力的には強力先発陣に割 [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(1)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘!

アサ芸プラス / 2012年07月13日10時57分

それは松坂大輔(31)=現レッドソックス=が「平成の怪物」として広く名を知らしめ、躍動した試合でもあったからだ。PLの1番打者・田中一徳(30)=元横浜ベイスターズ=は脳裏に焼き付いた“魔球”をイメージし、この再戦に備えて素振りを続けてきたという。 松坂さん、横浜高校は本当にいい目標でした。だからチーム内で周りの意識も変わっていたと思います。練習もただこな [全文を読む]

涌井、松坂、成瀬 「横浜高OBはなぜ太るのか」を調べてみた

NEWSポストセブン / 2012年06月09日07時00分

いわれてみれば涌井だけでなく、レッドソックスの松坂大輔(31)、ロッテの成瀬善久(26)。野手では横浜の筒香嘉智(20)がいる(もともと太めだったが)。 さらにさかのぼれば、「甲子園のアイドル」と呼ばれた愛甲猛(元ロッテなど)もプロ入り後はポッチャリ選手に変身していた。 その理由は何か。 「横高野球部は選手をとにかく走らせる。タイム制限つきのグラウンド走 [全文を読む]

【プロ野球】経験をフィードバック! 川崎宗則(ソフトバンク)で思い出すNPBに復帰した日本人メジャーリーガー

デイリーニュースオンライン / 2017年05月11日16時05分

レッドソックスとのワールドシリーズでは西武時代の後輩・松坂大輔との対決も話題となった。 2008年から3年間はアストロズでプレーし、2011年に楽天と契約し、日本球界復帰となった。 楽天ではキャプテンに就任するなど若いチームを引っ張り、今ではお馴染みとなっているパフォーマンス「BURN!」をチーム内に浸透させた。2013年には主に7番を打ち、楽天初の日本一 [全文を読む]

球春捕れたて大放出!プロ野球「覆面スクープ座談会」(4)倫世夫人は松坂大輔をほったらかし?

アサ芸プラス / 2017年04月30日17時56分

彼は長らくレッドソックスの環太平洋地区担当スカウトも兼務しているから、日本に滞在していることが多い。與芝アナはオーストラリアに留学していた経験もあって、仲よくなったと言われている。F そうなんです。その昔、ディーブル氏が周囲に「あの子はすごいんだ!」と吹聴していたから憶測を呼びましたよね。なんでも福岡で試合があったディーブル氏が、與芝アナのいた広島まで新幹 [全文を読む]

大谷翔平メジャー契約 投手で総額200億円、打者なら300億円

NEWSポストセブン / 2017年04月11日07時00分

8位がプライス(レッドソックス)の7年総額2億1700万ドル(約240億円)、9位にカーショー(ドジャース)の7年総額2億1500万ドル(約238億円)と続く。 「契約総額を年数で割った『平均年俸』で見ると、投手の方が高い。ただ、投手のほうが故障リスクが高いので、7年以上の長期契約を結ぶ例は少ない。なので契約総額で野手に及ばない。野手のほうが選手生命が長く [全文を読む]

“DeNA・筒香を育てたのは誰だ”論争が勃発していた?

週プレNEWS / 2017年04月03日06時00分

24勝0敗の田中将大(当時、楽天)のような大活躍もあれば、松坂大輔(当時、レッドソックス)のように無理がたたり故障に至るケースも…。今年の侍たちはどうなる!? * * * スポーツ紙デスク 今年もシーズンが開幕したけど、過去の例を見ても、WBCイヤーは死闘から帰ってきた代表選手たちの好不調が優勝争いを左右するよね。セ・リーグでは3人選出の広島なんか、昨年 [全文を読む]

故障、不振…前年よりも成績を下げたWBC戦士は?

ベースボールキング / 2017年03月26日10時00分

前年の08年にレッドソックスで18勝を挙げ、09年も先発の一角として期待されるも、開幕から2試合連続で打ち込まれ、シーズン序盤に右肩の疲労で故障者リスト入り。復帰後も本来の投球をみせることができず、プロ入り後(当時の)ワーストとなる4勝に終わった。 [全文を読む]

WBCでの力投でキャリアに深刻な影響受ける投手少なくない

NEWSポストセブン / 2017年03月07日07時00分

2008年にレッドソックスで18勝3敗をあげ、WBCでも3先発の力投を見せましたが、肩の疲労が募って開幕直後に故障者リスト入り。この年は4勝6敗、防御率5.76と成績を下げ、それ以降満足のいく投球ができていないのは周知の通りです」 第1回でも、杉内俊哉(36、巨人)が前年の18勝4敗から7勝5敗へ、渡辺俊介(当時ロッテ)が同じく15勝4敗から5勝11敗へと [全文を読む]

フォーカス