視聴率 上川隆也に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■舞台裏でもう一つのお仕事ドラマこのお仕事路線が以後、連ドラ界の大勢になったのは、ひとえに『HERO』が高視聴率を獲得したからなんですね。なんと、11話全て30%超え。これは日本の連ドラ史上、今もって唯一の快挙である。脚本は福田靖サン。この作品が彼にとって出世作になったんだけど、面白いのは、実は福田サンはピンチヒッターだったんですね。初回は大竹研という、フ [全文を読む]

なぜか叩かれない日テレ『エンジェル・ハート』 相武紗季出演で“微妙な風向き”に……?

日刊サイゾー / 2015年09月08日20時30分

夏ドラマも終了間近だが、『花咲舞が黙ってない』『ど根性ガエル』『デスノート』など話題作を配した日本テレビが視聴率で“一人勝ち”状態。昨年、ゴールデン帯、プライム帯、全日帯と「視聴率三冠」を達成した勢いは未だ健在だ。 そんな日本テレビにおける秋ドラマの“目玉”が、北条司原作の人気コミック『エンジェル・ハート』(新潮社・徳間書店)の実写化だ。 『エンジェル・ハ [全文を読む]

『花咲舞』の圧勝、『デスノート』窪田正孝の神演技、フジテレビ大惨敗と『HEAT』AKIRA……「夏ドラマ」総まとめ

日刊サイゾー / 2015年09月26日13時00分

秋ドラマを見る前に、夏ドラマで出そろった視聴率を、ランキング形式で振り返ります。 まず、平均視聴率のトップ10は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区/『相棒』などのクールまたぎは除く)。 1位『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)14.5% 2位『デスノート』(日本テレビ系)11.6% 3位『恋仲』(フジテレビ系)10.7% 4位『ナポレオンの村』(T [全文を読む]

仲間由紀恵「オトコ経験が足りず悪女役に色気が全然ない」

アサ芸プラス / 2013年02月14日10時00分

初回が視聴率11.4%、第2話が12.2%、第3話が9.4%に急落。第4話が8.0%‥‥。仲間由紀恵(33)の主演ドラマ「サキ」(フジテレビ系)が超低空飛行中だ。内幕を探っていくと制作側の問題に加え、仲間自身の“内なる問題”も見えてきて‥‥。 * 「『サキ』の視聴率低迷にも仲間は特に落ち込まず撮影に臨み、しっかり共演者やスタッフに気を遣っている。周囲は仲間 [全文を読む]

「エンジェル・ハート」原作ファンから好評も次回こそが正念場

アサ芸プラス / 2015年10月17日17時58分

10月11日に放送された上川隆也主演のテレビドラマ「エンジェル・ハート」(日本テレビ系)の初回視聴率が12.5%だったことがわかった。同ドラマは人気コミックの実写化ということもあり、原作ファンからも注目が集まっていた。「日テレが今年から新設した日曜22時台ドラマ枠ですが、前クールの『デスノート』が初回16.9%だったことと比べると『エンジェル・ハート』の数 [全文を読む]

上川隆也『エンジェル・ハート』は実写版“史上最高”!? 視聴率「右肩上がり」の可能性は…

おたぽる / 2015年10月15日09時00分

10月11日に放送された上川隆也主演の新ドラマ『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)の初回の平均視聴率が、12.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。 同ドラマは、人気コミックでアニメ化もされた『シティーハンター』の登場人物や設定をもとに、パラレルワールドを描いた同名コミックの実写版。主人公の冴羽リョウを上川隆也が演じているが、上川の起用が発表さ [全文を読む]

次もフトモモは映るのか!?新垣結衣「掟上今日子の備忘録」に視聴者がクギ付け

アサ芸プラス / 2015年10月14日17時59分

注目された視聴率は12.9%でまずまずの及第点。今後下がるか維持するか、はたまた上昇するかで成否が判断されるボーダーラインではあるが、どうやら期待の持てるスタートのようだ。「視聴率上のライバルと目されている石原さとみ主演の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』が12日の初回放送で12.6%、11日に初回放送された上川隆也主演の『エンジェル・ハート』が [全文を読む]

【遺留メモ5】上川隆也にとって“不動の1位”の冒険小説とは?

ザテレビジョン / 2017年08月10日07時05分

夏休みなどで在宅率が下がり、作品のクオリティーは変わらなくても、“リアルタイム視聴”が求められる視聴率の面では毎年苦戦を強いられることが多い夏クールドラマにおいて、本作は第2話を除いて10%を超える安定した数字を残し、今期トップクラスの平均視聴率で推移している。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 第5話は、京都市内の森林で不動産会社社長・東條志津子( [全文を読む]

人気シリーズ『遺留捜査』で主人公が突如異動した“お家事情”

WEB女性自身 / 2017年07月15日07時00分

初回平均視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。 「テレビ朝日の木曜午後8時枠『木曜ミステリー』は、他局の連ドラが苦戦するのをよそに安定した視聴率を記録しています。同枠の前作『警視庁・捜査一課長』は全10話のうち1ケタを記録したのが1回。終盤に向けて視聴率が伸び、全話平均で12.1%を記録。この数字は同じクールだと『緊急取調室』(テレ [全文を読む]

相武紗季のアップに「可愛いけど、胸を見せて!」『エンジェル・ハート』視聴率“凡退”も評価は上々で…

おたぽる / 2016年01月07日12時00分

少なくとも、ミスキャストではなかった』などという声が上がり、ドラマの全話平均視聴率は9.3%と振るわなかったものの、相武の演技に対する評価は上々だったようです。逆に、ヒロイン・香瑩役を演じた三吉彩花に関しては、現在『Seventeen』(集英社)の人気モデルとして活躍し、ブレーク必至といわれていただけに、『ブレークするのは、次回に持ち越しだね』と、当たり役 [全文を読む]

2015年連続ドラマ総まとめ 年間トップは朝ドラ『マッサン』、民放1位は『下町ロケット』

日刊サイゾー / 2015年12月30日11時00分

そこで、全話の平均視聴率をランキング形式で振り返ってみたい。 トップ2を占めたのは、NHK連続テレビ小説。首位となったのは『マッサン』(2014年9月29日~2015年3月/玉山鉄二主演/ヒロイン=シャーロット・ケイト・フォックス)で21.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。玉山は決して大物俳優ではなく、シャーロットは無名な米国人女優だったが、ス [全文を読む]

上川隆也『エンジェル・ハート』、7.1%に下落! 冴羽リョウ驚きの“もっこり”な夜の顔

サイゾーウーマン / 2015年11月17日12時45分

上川隆也の主演ドラマ『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)視聴率が、いよいよピンチになってきた。初回12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタートした同ドラマは、ネット上で「原作に忠実」「すごすぎる再現率」と、上川演じる冴羽リョウについて称賛の声が上がっていたが、第3話で8.1%と1ケタ台を記録、第4話は10.3%と2ケタに盛り返すも、最新の [全文を読む]

『コウノドリ』『掟上今日子の備忘録』『サイレーン』……2015秋“コミック原作”ドラマの勝ち組は!?

おたぽる / 2015年10月30日11時00分

10月も終わろうという今日この頃、遅れて放送を開始した秋ドラマの視聴率もほぼ出揃ったようなので、コミックを原作とする各ドラマの視聴率とネット上の評判を、まるっと紹介してみる。 コミック原作に限らなければ、池井戸潤原作の『下町ロケット』(TBS系)が第1話16.1%、2話が17.8%(ビオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と絶好調。“新相棒”を迎えた『相棒 s [全文を読む]

新垣結衣の人気は高値安定。 再現率が高いだけの『エンジェル・ハート』は早くも終了モード?

messy / 2015年10月29日17時30分

今月から放送開始されたドラマ『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)の第3話が24日に放送され、平均視聴率10.9%をマーク。決して高い数字とはいえないものの、視聴率1桁台が連発している昨今のドラマ事情を鑑みれば、まずまずの結果を打ち出しているといえる。特に、前クールの同枠が『ど根性ガエル』(同)で惨敗した為、日本テレビとしては、御の字といったところだろう。 [全文を読む]

EXILE・AKIRA主演『GTO』がまさかの6.2%……視聴率が前作の“半分”しか獲れないワケ

日刊サイゾー / 2014年07月24日20時30分

EXILE・AKIRA主演の連続ドラマ『GTO』(フジテレビ系/火曜22時~)の第3話が22日に放送され、平均視聴率6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。これまでの同シリーズで、最低だったことが分かった。 同作は、2012年7月期に放送されたAKIRA版『GTO』の第2シーズン。「生命(いのち)」をテーマに、破天荒な教師・鬼塚英吉(AKI [全文を読む]

「今一番ノッている女優」杏、新ドラマで“無駄パンチラ”を連発!?

メンズサイゾー / 2014年04月19日12時00分

初回の視聴率が22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と過去10年で最高だった同作は、その後全25週を通じて週間視聴率21%を超える好成績を収め、昨年10月16日の放送回では最高となる27.3%をマークした。全150回の平均では、20%台だった『あまちゃん』や『梅ちゃん先生』を上回り、過去10年で最高となる22.4%を記録している。 杏は『ごちそ [全文を読む]

テレ朝『DOCTORS』続編決定! 再評価される“第3の視聴率男”沢村一樹の安心感

日刊サイゾー / 2013年03月01日11時00分

上層部も、『彼が第3の視聴率男だな』なんて言って笑っていますよ」(テレビ朝日関係者) 昨年の年間視聴率で、プライムタイムの時間帯で開局以来初の首位を獲得したテレビ朝日。ゴールデンタイムでも開局以来初の2位となり、全日でも41年ぶりの2位を獲得した。 「それに貢献しているのは、もちろん水谷豊さんの『相棒』シリーズです。昨年は、米倉涼子さんの『ドクターX 外科 [全文を読む]

「『平清盛』はなかったことにしたい!?」目玉だったはずの松田聖子・森田剛など打ち上げに現れず……

日刊サイゾー / 2012年11月02日09時00分

10月26日、NHK大河ドラマの最低視聴率を更新した『平清盛』の打ち上げが、新宿のホテルで行われた。 「今までは会費5,000円だったのが、視聴率の不振をカバーするためかどうかわかりませんが、6,000円にアップされていました。料理や内容はまったく変わっていないので、NHKはちょっとでも赤字を補填しようとしているんじゃないですかね」(芸能事務所関係者) そ [全文を読む]

上川隆也主演『遺留捜査』第4シリーズ「手応えあった」

ORICON NEWS / 2017年09月14日11時25分

第8話までの平均視聴率は11.01%で、毎話2ケタをキープ(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。今回の第4シーズンも安定した評価を得ていることに、上川は「正直言いまして、連続ドラマとして戻って来ることができるとは思っていなかった『遺留捜査』が、こうして場所や設定も新たに帰って来ることができ、無事に撮影を終えることができて本当にうれしく思います。僕らがひ [全文を読む]

上川隆也『遺留捜査』シリーズ史上最低視聴率! 無理やりすぎる設定変更に不満続出

日刊サイゾー / 2017年07月26日17時00分

これまで、連ドラが第3シリーズまで、スペシャルドラマが4回放送されており、平均視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった第3シリーズ・第2話を除き、全話が2ケタ。第1シリーズの初回では、17.0%の高視聴率をたたき出している。 今回、第4シリーズとして、約2年ぶりに復活を遂げた同作。初回は13.1%と好発進だったが、20日放送の第2話では [全文を読む]

フォーカス