紅白歌合戦 森進一に関するニュース

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。今年の出場歌手は紅組23組、白組23組の合計46組。しらべぇ編集部では、昨年出場し今年落選した歌手を調査した。■紅白に昨年出場し、今年出場しない歌手・今井美樹・NMB48・大原櫻子・伍代夏子・Superfly・藤あや子・μ’s・レベッカ・和田アキ子・EXILE・ゲスの極み乙女 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】吉高由里子が長渕剛との意外な関係を告白。「同級生のお父さんだった」

TechinsightJapan / 2014年12月29日21時35分

女優の吉高由里子が司会を務めることとなった今年の紅白歌合戦に、長渕剛が出場する。NHKの紅白特集番組に出演した吉高由里子から、その長渕剛が「同級生のお父さんだった」と明かされた。それだけではない。今年、出場する白組歌手にもう1人、同級生の父親がいるというのだ。 大晦日の第65回NHK紅白歌合戦が近づく12月28日、NHK総合で『夢の紅白2014 ~名歌手た [全文を読む]

1000人アンケート、見たくない紅白出場歌手ランキング

アサ芸プラス / 2012年12月11日10時00分

11月26日、「第63回紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。ところが、本誌がアサ芸世代の男性1000人を対象に「見たくない歌手」アンケートを実施すると、その選考に不満の声が噴出。「お前の歌で年が越せるか!」というオヤジの叫びを聞け! * 〈大物ぶって鼻につく〉〈見飽きた感が絶大〉〈ふだん歌を歌ってない〉〈今年ヒットした曲がない〉 ここまでさんざんなコメント [全文を読む]

紅白歌合戦珍事件 『襟裳岬』熱唱する森進一が社会の窓全開

NEWSポストセブン / 2016年12月21日16時00分

年末の風物詩・67回目を迎えるNHK紅白歌合戦の放映が、いよいよ近づいてきた。そんな紅白で5度の大トリを経験した森進一は、予期せぬ“珍事”に見舞われた。 1974年(第25回)、初の大トリを務めた森。同年のレコード大賞を受賞した『襟裳岬』を熱唱していると会場がザワつきはじめる。森の“社会の窓”が全開になっていた。当時、白組司会を務めた山川静夫氏が振り返る。 [全文を読む]

和田アキ子も続くべき?細川たかしの『紅白歌合戦』卒業宣言

しらべぇ / 2016年11月25日18時30分

(画像は細川たかし音楽事務所のスクリーンショット)今年の『NHK紅白歌合戦』に選ばれなかった、歌手の細川たかし。以前より出場を辞退し、同番組から卒業する意思を示していた。最後の花道として出演することもできたはずだが、「世代交代も必要」として身を引くという。「心のこりはもうない」ようだ。■39回出場していた細川たかしは民謡で鍛えた声量を活かした歌唱力を引っさ [全文を読む]

紅白最低視聴率を生んだNHKの異常なジャニーズ依存 籾井会長は嵐とタッキーのコンサートに...

リテラ / 2016年01月08日13時00分

昨年大みそかに行われた『第66回NHK紅白歌合戦』、午後9時からの第2部が平均視聴率39.2%を記録。これが平成元年以降で最も低い数字になったことにより話題となっている。1963年には81.4%というお化けのような数字を叩き出した「国民的番組」はなぜここまで凋落してしまったのか? ただ、今回の紅白を見る限り、この数字もむべなるかなと思わざるを得ないのが事実 [全文を読む]

第67回NHK紅白歌合戦、“紅白ソムリエ”が注目する7曲

okmusic UP's / 2016年12月29日18時00分

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は、本日29日(木)9:50からのフジテレビ『ワタシが一番知ってます』にて「紅白歌合戦知識王」として優勝した、日本最強の紅白ウォッチャーであるミュージックソムリエ・カーシーさんより、今年末の放送において注目すべき7曲をお伝えします。※ミュー [全文を読む]

和田アキ子“紅白落選コメント”に称賛「“悔しい”にグッとくる」

日刊大衆 / 2016年12月01日19時00分

11月24日、今年で67回目となる『NHK紅白歌合戦』の出場者が発表され、歌手の和田アキ子(66)の落選が明らかとなった。これに対し和田は悔しさをにじませたコメントを発表したのだが、その正直な言葉に世間からは称賛が上がっている。 和田は発表当日にマスコミに向けて署名入りの書面でコメントを発表し、「今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回と [全文を読む]

昨年までの鉄板歌手が続々落選へ! NHK『紅白歌合戦』が、ついに“浄化”をスタート

日刊サイゾー / 2016年11月26日09時00分

大みそかの『第67回NHK紅白歌合戦』に出場する歌手の発表記者会見が24日、東京・渋谷の同局で行われ、紅白初出場アーティストとして発表された10組のうち、市川由紀乃、欅坂46、PUFFY、桐谷健太、KinKi Kids、RADIO FISHが会見に出席。同じく初出場となる大竹しのぶはVTR、THE YELLOW MONKEYとRADWIMPSはコメントでそ [全文を読む]

NHKがラブコール?北島三郎が「紅白歌合戦」3年ぶり復帰が早くも内定?

アサ芸プラス / 2016年08月28日17時57分

演歌の大御所・北島三郎(79)の周囲が騒がしい。芸道55周年、春の叙勲で旭日小綬章を受章、愛馬・キタサンブラックは春の天皇賞を制覇と今年はまさに北島イヤー。その勢いのまま、今年の年末はサブちゃんが締めくくるギョーテン“復帰プラン”が進行していた。 スポーツ紙芸能デスクが最近の北島について語る。「2013年に紅白を引退し、その翌年には座長を務める舞台の1カ月 [全文を読む]

森進一、最後の『紅白歌合戦』メディア取材対応なしに、実は記者たち大喜びだった!

日刊サイゾー / 2016年01月18日13時00分

昨年大みそかの『第66回NHK紅白歌合戦』に48回目の出場で“紅白卒業”した森進一。同12月29日から31日の本番直前まで行われたリハーサルや番組終了後にも、メディアへ向け会見を開いて心情を語ることがなかったが、実はこの状況を喜ぶ記者が続出していたという。 森は48回連続で紅白に出演し続け、2013年に北島三郎が紅白卒業をしてからは、まさに紅白の顔となる重 [全文を読む]

紅白歌合戦“ドラマチック歌姫”の60年史!【<73年第24回>「ひなげしの花」アグネス・チャン】

アサ芸プラス / 2015年12月05日17時57分

72年に香港からやって来たアグネス・チャン(60)は、あっという間にトップアイドルに成長。デビュー年度に出場することは難しいとされる「紅白」の切符も手に入れた。── 香港にいた頃、紅白の価値は知っていました?アグネス 日本の芸能界のことは何も知らなかったんですよ。私、デビュー曲の「ひなげしの花」の発売が72年の11月25日で、新人賞は73年度になるんです。 [全文を読む]

1200人調査で選出!「オヤジが本当に見たい紅白歌合戦2013!」(2)

アサ芸プラス / 2013年11月14日09時54分

伊勢神宮の遷宮と富士山の世界遺産登録は外せないので、アンケートでは票が集まらなかったけど、水森かおり(40)と森進一(65)という組み合わせもアリでしょうね」 [全文を読む]

森進一 「演歌歌手と呼ばれるのは不愉快、自分は流行歌手」

NEWSポストセブン / 2013年01月20日07時00分

あれを歌う人です」 ※週刊ポスト2013年1月25日号 【関連ニュース】宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人92年以降表舞台から消えたちあきなおみの人生に迫った本今年の紅白歌合戦出場者を大胆予想 演歌歌手の数は8割減少森進一 しゃがれ声について問われ「問題は声でなく人の質」紅白 演歌枠は黒い交際疑惑少ないフォーク歌手への代替案も [全文を読む]

NHK紅白歌合戦に物申す

クオリティ埼玉 / 2016年12月12日14時33分

そして嵐、AKBと三世代で観て楽しむ歌番組、それが大晦日の紅白歌合戦だ。一家団らん、大晦日の風物詩はいつまでも変わらずにいてほしいものである。 [全文を読む]

元ジャニーズ・平本淳也が語る"SMAP公開謝罪後"のジャニー&メリー帝国

東京ブレイキングニュース / 2016年01月22日20時10分

年末最大のイベント「NHK紅白歌合戦」が最終調整の段階にあるからだ。そんなときに"SMAP独立騒動"が勃発していた。2015年のクリスマスはメリーさんにとっては重苦しい誕生日だっただろう。■紅白歌合戦が「ジャニーさん祭り」になった! ふと思えば昨年の紅白は、ジャニーさんの集大成といえる内容だった。ジャニーさんにとって最大のお気に入りだった郷ひろみから始まり [全文を読む]

“有働由美子は谷間見せ81回、黒柳徹子は「要介護」状態…”紅白で明暗分けた舞台裏

アサ芸プラス / 2016年01月16日17時57分

歴代史上最低の視聴率39.2%を記録した「紅白歌合戦」。明暗を分けた総合司会コンビと、出演者たちの悲喜こもごもな舞台ウラをお届けしよう!「第66回NHK紅白歌合戦」は、4年ぶりに紅組の勝利で幕を閉じた。目玉なし、サプライズなしで視聴率は大台割れ。目立ったのは迷走した演出だった。 氷川きよし(38)は大人数のラガーマンに囲まれて、なぜか喜色満面で熱唱。特別企 [全文を読む]

紅白惨敗後に浮上したジャニーズ事務所内の微妙な綱引き

アサジョ / 2016年01月10日09時58分

15年の「紅白歌合戦」は、視聴率調査が始まって以来、史上最低の39.1%(第2部)に終わった。ヒット曲不足など原因は多いが、高齢者を中心に「ジャニーズばかり多すぎ」の声があったことは事実である。 ほんの10年ほど前まで、紅白におけるジャニーズの「枠」は、SMAPとTOKIOを中心に2つ、せいぜい3つまでと調整されていた。これが崩れたのは、大人気の嵐が初出 [全文を読む]

黒柳徹子「母の気持ちでマッチのトリを…」紅白秘話明かす

WEB女性自身 / 2016年01月06日06時00分

「今回の紅白歌合戦で着た私の衣装はいかがでしたか?ビーズ刺繍のカリスマ・デザイナー、田川啓二さんのオートクチュールなんです。司会の発表が11月下旬でしたが、それからの用意でしたので大変でした」 そう語るのは黒柳徹子。本誌が電話インタビューしたのは、紅白本番翌日の1月1日だったが、その声にはハリがあり、まったく疲れを感じさせなかった。 83年の紅組司会以来、 [全文を読む]

【紅白】三山ひろし「本番では泣かないように…」

Smartザテレビジョン / 2015年12月29日13時00分

12月31日(木)にNHK総合にて生放送される「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(1日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールでスタートし、初出場となる三山ひろしが会見に出席した。 三山は「夢にまで見た紅白歌合戦のステージなので、緊張もするとは思いますが、しっかりとした歌唱をして、応援してくださる方に恩返ししたいです」と意気込んだ。 31日(木)は [全文を読む]

フォーカス