仁義なき戦い 菅原文太に関するニュース

菅原文太のラストインタビューをいま再び…「だから俺は、土とともに生きる百姓を選んだんだ」

週プレNEWS / 2014年12月17日06時00分

映画『仁義なき戦い』シリーズなどで知られる名優、菅原文太がこの世を去った。 最期のメッセージとして菅原が遺した言葉を2回にわたって伝えた記事が週プレNEWSでも大反響(http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/08/40282/ http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/16/40645/)。 そこで熱烈 [全文を読む]

<追悼・菅原文太>今でもそらんじることができる「仁義なき戦い」広能昌三のセリフ

メディアゴン / 2014年12月03日00時02分

リチャード・ディック・ホークスビーク[古書店経営]* * *小さな頃から映画館に通って覚えた「仁義なき戦い」のセリフ。映画館を出る時は、観客みんながまるで菅原文太のように肩で風を切って歩いていた。母親はこの映画を見るのを嫌がったが、変わり者の叔父は、筆者をこの映画に必ず誘って映画代金をおごってくれた。変わり者の叔父は真似するのも山守親分・金子信雄だった。そ [全文を読む]

文太、松方、千葉、梅宮ほか『仁義なき戦い』シビれる名言集

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

1973年1月13日、映画『仁義なき戦い』(深作欣二監督)が公開され、圧倒的な人気を呼んだ。シリーズ5作品は公開から40年以上が経った今も、ソフト化作品の人気がまったく衰えていない。その最大の魅力は、脚本家・笠原和夫が書き、男盛りの役者陣が魂を吹き込んだ「名セリフ」にある。『仁義なき戦い』は、実際に起きた広島ヤクザ戦争の当事者である美能組・美能幸三元組長の [全文を読む]

東映、Vシネ、アウトレイジ……任侠映画は大物俳優への近道?

日本タレント名鑑 / 2015年11月11日09時55分

不滅のブランド『仁義なき戦い』50年代の時代劇ブームから一転、60年代は東映を中心に、多くの任侠映画が世に出ました。 もはや「任侠映画といえば東映」と呼ばれるまでになった東映は、70年代になると「実録シリーズ」と呼ばれる作品を手掛けるようになります。 「実録シリーズ」までの任侠映画は、50年代の時代劇ブームの流れを受け、勧善懲悪的で単純明快なストーリーが [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(2)初週刊誌表紙に“喜んで買っちゃったさ”

アサ芸プラス / 2014年12月26日09時56分

菅原文太が初めて「仁義なき戦い」と出会ったのは、東京から京都へ向かう新幹線車中でのことだった。 たまたま東京駅の売店で買い求めた週刊サンケイ(昭和47年=1972年=5月26日号)に、飯干晃一のドキュメント「仁義なき戦い」は載っていたのだ。文太がふだんはあまり読まない週刊誌を買ったのは、表紙に自分のイラストが載っていたからだった。 イラストレーター和田誠の [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(1)監督と“感覚”が一致

アサ芸プラス / 2014年12月26日09時55分

生前に残していた未公開肉声の封印を解きながら、「反骨役者人生」の真実に迫る! 「何なんでしょうかねえ‥‥いろいろ意味づけをする人はいるけど、まあ、単純に作品がおもしろいからじゃないかな」 実録極道映画の金字塔──というより、戦後日本映画の不朽の名作で、主役の菅原文太を一躍スターダムに押しあげた代表作として知られる「仁義なき戦い」。今に至る同作品の根強い人気 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】菅原文太さんの訃報に坂上忍、篠原ともえがコメント。「仁義なきお仕事はしない方だった」

TechinsightJapan / 2014年12月02日12時15分

映画『仁義なき戦い』、『トラック野郎』シリーズから『ボクサー』、『青春の門』、『鉄拳』、『わたしのグランパ』など数え切れないほどの作品で、俳優として活躍した菅原文太さんが2014年11月28日午前3時に亡くなっていたことが12月1日に分かった。晩年は福岡県福岡市で暮らしており、11月30日に菅原道真公を祀ることで知られる、福岡・太宰府天満宮で家族葬が行わ [全文を読む]

『トラック野郎』40周年記念!昭和屈指の映画スター、菅原文太の日本映画史に残る名作『仁義なき戦い』『トラック野郎』『県警対組織暴力』の東映コラボシシリーズTシャツ3種同時発売

@Press / 2015年03月20日13時30分

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方 雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、東映株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:多田 憲之、以下 東映)とコラボレーションした日本の映画史に残る名作、『仁義なき戦い』『トラック野郎』『県警対組織暴力』のTシャツを発売いたしました。▼仁義なき戦い(BATTLES WITHOUT H [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(5)顔が映ることより作品のムードを重視

アサ芸プラス / 2015年01月03日09時56分

当時、東映本社宣伝部次長として「仁義なき戦い」の宣伝を担当した小野田啓も、宣伝ポスター用のスチールを撮る段になって、文太から言われたのは、それまでのスターからは考えられない画期的なことだった。 スター中心主義の東映の場合、時代劇黄金期の片岡千恵蔵、市川右太衛門両御大の時代から、宣伝ポスターとなればアングルや顔の大きさまで決まっていた。扱いが小さかったりし [全文を読む]

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは?

tocana / 2014年12月28日08時00分

これが公開されるや、同年1月に封切られ既にシリーズ化されていた菅原文太主演の『仁義なき戦い』を上回る観客動員数を記録し、その勢いで続編『三代目襲名』も製作された。 物語は田岡一雄の少年時代から始まり、二代目組長(丹波哲郎)の弟とクラスメートだった縁で組と関係し、やがて男を上げていく様を描く。仲違いしてしまった高倉健と菅原文太(幹部・大長八郎役)の対決シーン [全文を読む]

VODサービスの『ビデオマーケット』にて『高倉健 菅原文太 銀幕の中の侠たち』特集本日開始~この機会に東映任侠作品を一挙にVODで鑑賞しよう~

PR TIMES / 2017年07月05日11時30分

高倉健と菅原文太の数少ない共演作である『山口組三代目』配信開始を記念したこちらの特集では、各々の代表作2作品(『仁義なき戦い』『網走番外地』)と、70年代東映任侠映画をはじめとした関連作品を多数紹介しております。また、『ビデオマーケット』では現在初めてご登録頂く方に初月無料お試しキャンペーンを実施中(※2)のため、お好きな任侠映画作品をお得にお楽しみいただ [全文を読む]

ビートたけし「なぜオイラは凶悪犯を立て続けに演じたか」

NEWSポストセブン / 2017年02月28日16時00分

* * * 菅原文太さんは1973年から『仁義なき戦い』、1975年から『トラック野郎』の両輪で活躍した。「2つの当たり役を同時につかんだ」なんて言われてるけど、そんな生易しいもんじゃない。恐ろしいくらいに難しいことだ。 オイラは『戦場のメリークリスマス』に出演した時、まさにその難しさを感じた。当時は演技経験なんてまるでないし、ヘタだってことは十分自覚し [全文を読む]

東映ヤクザ映画の金字塔『仁義なき戦い 代理戦争』菅原文太の隠れた痛快娯楽大作『バカ政ホラ政トッパ政』の2作品の東映コラボシリーズTシャツ発売

@Press / 2016年03月15日18時00分

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、東映株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:多田憲之、以下 東映)の日本の映画史に残る名作である東映ヤクザ映画の金字塔『仁義なき戦い 代理戦争』と、菅原文太の隠れた痛快娯楽大作『バカ政ホラ政トッパ政』のTシャツを発売いたしました。▼『仁義なき戦い [全文を読む]

『仁義なき戦い』のモデル美能幸三 頭がキレ愛読書はモーム

NEWSポストセブン / 2015年02月28日07時00分

仁義なき戦い』は抗争の渦中を生き抜いた美能幸三(美能組初代組長)の手記を元に、作家の飯干晃一が解説を加えたもので、映画で菅原文太が演じた広能昌三は美能のことである。ただ、『仁義なき戦い』で描かれた広島抗争ドキュメントは美能の手記が叩き台のため、すべて美能史観でしかないとフリーライターの鈴木智彦氏は指摘する。7年にわたり合計700枚もの手記を書き上げたヤク [全文を読む]

菅原文太は器用な役者 喜劇「トラック野郎」が成功した理由

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月28日11時30分

菅原といえば実録ヤクザ映画の金字塔「仁義なき戦い」シリーズを思い浮かべる方が多いだろうが、忘れてはいけないのはもう一つの代表作「トラック野郎」シリーズの存在だ。喧嘩っ早いが根は純情、恋に落ちれば一直線のトラック運転手・星桃次郎を菅原が演じたこのシリーズは1975年の第1作「トラック野郎 御意見無用」を皮切りに全10作が製作され、デコトラブームを築き上げた。 [全文を読む]

高倉健と菅原文太 極道現役幹部が“男の器量”度を徹底比較!(2)文太の演技に感じたのは“執念”

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時57分

一方、文太には代表作「仁義なき戦い」の前に主演した「現代や○ざ 人斬り与太」という作品があるが、そこでは暴力団組織に挑戦する愚連隊のチンピラを演じている。 関東のさる組織の幹部・C氏は、自身の生き様に文太をダブらせている。 「アウトローの世界も長いモノには巻かれろ。ムダな抵抗はしない傾向が強くなってきている。しかし耐えるのも大事だけど、たとえ蟷螂〈とうろ [全文を読む]

杉作J太郎氏が選ぶやくざ映画 「突き抜けた侠気BEST5」

NEWSポストセブン / 2014年12月03日16時00分

高倉健さん、菅原文太さんという2人の名優が亡くなったことで、やくざ映画に脚光が集まっているが、著書に『仁義なき戦い 浪漫アルバム』(徳間書店)などがあるライター・杉作J太郎氏が選んだ、やくざ映画「突き抜けた侠気BEST5」は以下のとおり。 ■『仁義なき戦い』(1973年/東映) ■『緋牡丹博徒一宿一飯』(1968年/東映) ■『県警対組織暴力』(1975年 [全文を読む]

深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名

アサ芸プラス / 2012年11月08日11時00分

間もなく壮絶な死から10年を迎えるが、今なお革命作「仁義なき戦い」は燦然と輝いている。さらに時代劇や文芸路線においても激情ほとばしった“深作流”は、今も男たちの、胸をまさぐるのだ──。 〈そっちこそ山守を殺(と)る殺る言うとって、殺れやせんじゃないの〉 子役時代を経て、72年から大人の俳優として活動を再開した風間杜夫(63)は、そんなセリフをそらんじられる [全文を読む]

松方弘樹さんの事実婚妻 最期まで入籍しなかった理由

NEWSポストセブン / 2017年01月27日07時00分

キネマ旬報が「日本映画史上ベストテン」で第5位に選出する名作映画『仁義なき戦い』(1973年)のラストシーンだ。生き急ぐ男の揺れる心情を体現した松方さんの演技は出色で、この作品で一気に名優の仲間入りを果たす。 俳優の松方弘樹さんが1月21日、脳リンパ腫のため入院先の都内の大学病院で亡くなった。74才だった。しかし、『仁義なき戦い』のラストシーンのように、松 [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(1)松方弘樹という役者の特異性

アサ芸プラス / 2016年10月17日05時57分

それが花開いたのが『仁義なき戦い』(73年、東映)やったと思います」 勝野が言うように、日本映画に革命を起こした「仁義なき戦い」は、松方にとっても分岐点となった。時代劇の大スターだった父・近衛十四郎が一線を退き、夫人との離婚問題も間もなく表面化する日々のこと。 筆者が松方に話を聞いた11年、当時の偽りのない心境を明かした。「映画の本数だけは多いんだけど、こ [全文を読む]

フォーカス