作業療法士 菅原洋平に関するニュース

睡眠と脳の観点から勉強の能率を上げるすごいテクニックを紹介。『頭がよくなる眠り方―――記憶力が高まり脳が働き出す!』著者菅原洋平を、キンドル電子書籍でリリース

DreamNews / 2017年04月24日18時00分

■目次 ●第1章 基礎知識編―――睡眠不足で頭は悪くなる ●第2章 基礎知識編―――睡眠でなぜ頭がよくなるのか ●第3章 実践編―――頭がよくなる基本の眠り方 ●第4章 実践編―――時間がないときでも睡眠の質と量を確保する ●第5章 実践編―――いつでもやる気に満ちた脳をつくる ●第6章 実践編―――頭がよくなる勉強法 ■著者 菅原洋平 作業療法士。ユー [全文を読む]

「ぼんやり」が脳を整理する!? ひらめきを生み出す3つの法則

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月01日06時30分

脳のリハビリテーションを専門とする作業療法士が、独自のアイデアを出す方法を紹介する『「ぼんやり」が脳を整理する~科学的に証明された新常識』が2016年10月20日(木)に発売された。 「物理学者のアイザック・ニュートンは、リンゴの木からリンゴが落ちるのを見て万有引力を思いついた」―それが真実かどうかはさておき、「歴史上の偉人や発明家は、仕事に集中している最 [全文を読む]

眠る前のウトウトは禁物? 仕事のパフォーマンスを高めるための眠り方とは

lifehacker / 2017年05月10日06時30分

睡眠に関する多くの著作を持つ作業療法士、いわばリハビリテーションの専門家です。そのキーワードこそが、本書のテーマとする「睡眠」なのです。(中略)毎日の眠り方をちょっとだけ工夫すれば、無理に時間をつくったりしなくても、記憶力を高めたり、思考力を上げることが実際に可能なのです。なぜそんなことが可能なのかといえば、寝ている間に私たちの脳は学習し、成長しているから [全文を読む]

縁起の良い「初夢」を見ても無意味?夢の分析は無意味?悪い夢が脳に良い場合も

Business Journal / 2017年01月01日19時00分

『あなたの人生を変える睡眠の法則』(自由国民社)など数多くの著書があり、2017年1月には新著『「寝たりない」がなくなる本: 「効率のいい睡眠」を手に入れる方法』(三笠書房)を上梓する作業療法士の菅原洋平氏に話を聞いた。●「枕の下に見たい夢の写真を入れる」の効果は? まず、「見たい夢」を見る方法として、枕の下に見たい夢に関連した写真やイラストを置いたり、夢 [全文を読む]

猛暑の夜でもグッスリ眠るための“涼眠力”クイズ10

WEB女性自身 / 2016年08月05日06時00分

睡眠はコントロールできるんです」と話すのは、『あなたの人生を変える睡眠の法則』(自由国民社)が13万部のベストセラーとなった、睡眠の専門家で作業療法士の菅原洋平先生。 菅原先生は、「睡眠をコントロールできるようになれば、熱帯夜でも涼しく熟睡できるようになります」と言う。そこで、その 極意 をクイズ形式で紹介。菅原先生の回答から学び、「涼眠力」をアップしよう [全文を読む]

1つでも当てはまれば睡眠不足!真夏の睡眠診断チェックリスト

WEB女性自身 / 2016年08月05日06時00分

睡眠はコントロールできるんです」と話すのは、『あなたの人生を変える睡眠の法則』(自由国民社)が13万部のベストセラーとなった、睡眠の専門家で作業療法士の菅原洋平先生。 この熱帯夜の中、本当によく眠れているのだろうか?そこで、菅原先生が自己診断チェックリストを紹介。 ■料理の味付けが濃くなった■人と会話中に体がかゆくなる■たんすの角に足をぶつける■早口になり [全文を読む]

秋の夜長の快眠法 靴下よりもレッグウオーマー、夕飯に鍋

NEWSポストセブン / 2015年10月23日16時00分

これから深まる秋の睡眠は特に要注意だと話すのは、作業療法士でベスリクリニック睡眠外来担当の菅原洋平さん。 「この時期は気温の変化に自律神経の切り替わりが追いつかず、寝つきが悪い、途中で起きるといった睡眠トラブルを抱えがちです。睡眠不足には多くのマイナス効果があるので、しっかり対策してぐっすり眠りましょう」(菅原さん) 就寝前にお風呂に入る習慣を持つ人は多い [全文を読む]

【書評】40からの記憶術はやり方を変えるとうまくいく

まぐまぐニュース! / 2015年08月12日19時00分

著者は、民間病院精神科勤務後、国立病院機構にて脳のリハビリテーションに従事したという作業療法士の菅原洋平さん。 現在は、ベスリクリニック(東京都千代田区)で外来を担当する傍ら、執筆や講演、企業研修などをしているらしいですが、過去にベストセラーも出している売れっ子です(売れたのは、『朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則』 )。 [全文を読む]

眠れない時「目を閉じていれば眠くなる」は間違い 読書推奨

NEWSポストセブン / 2015年08月07日16時00分

眠れないまま布団の中にいると、脳は“布団は考えごとをする場所”と認識してしまい、寝付きがどんどん悪くなります」(作業療法士でベスリクリニック睡眠外来担当・菅原洋平氏) 悪循環を断ち切るには、別の場所で本や雑誌を読んで少し時間を潰し、瞼が重くなってきたら布団に戻る。 「結果として、布団の中に居続けるよりも質の高い睡眠が得られます」(同前) 【2】風呂は「38 [全文を読む]

猛暑の快眠術 クーラーで部屋をキンキンに冷やすのは逆効果

NEWSポストセブン / 2015年08月03日16時00分

作業療法士でベスリクリニック睡眠外来担当の菅原洋平氏が説明する。 「深部体温を下げていくと人間は眠くなります。内臓の温度を下げるには、まず汗をかくことです。汗が蒸発する時に体内の熱を気化熱として奪い、深部体温が下がっていきます。寝る時にエアコンをつけて部屋を一気に冷やしてしまうと、表面体温だけが急激に下がり、深部体温は高いままで眠りに入りにくくなってしまい [全文を読む]

フォーカス