大谷翔平 菅野智之に関するニュース

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

大谷翔平(日本ハム)の離脱が決定し、チーム戦略の立て直しが急務となった侍ジャパン。この原稿を書いている時点(2月3日17時)では、まだ大谷の代替選手は発表されていない。 大谷に代わる先発の柱は誰か? といった議論も必要だが、そもそも小久保裕紀監督によって選ばれた代表選手たちにはどんな特徴があるのだろうか? あらためて過去3回のWBCに臨んだ選手たちと比較し [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・投手編》今年の最多登板、最多投球回数は? 裏タイトル獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月14日17時05分

【最多完投】 石川歩(ロッテ)/涌井秀章(ロッテ):5完投 大谷翔平(日本ハム):4完投 涌井と並んで、同じくロッテの石川歩が最多の5完投。特に石川はうち3試合で完封勝利。初の最優秀防御率タイトルを獲得し、完封数もトップ。投手陣に不安が残るロッテだが、投げきれるこの2人を中心に来季の構想をしっかり練りたい。 【最多与死球】 小石博孝(西武):与死球13 [全文を読む]

【プロ野球】与死球王や最多登板は誰?裏タイトルからみる”スタッツ王”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月19日18時05分

■与死球王 【セ・リーグ】 山中浩史(ヤクルト) 7個 ジョーダン(中日)ほか5名 5個 【パ・リーグ】 牧田和久(西武) 佐藤勇(西武) スタンリッジ(ロッテ) 5個 大谷翔平(日本ハム)ほか5名 4個 強気の投球で内角をゴリゴリ攻める投手が見える与四球数。山中と牧田、セ・パ2人のサブマリンが早くもトップに名を連ねた。牧田は昨季も11死球で吉川光夫(日 [全文を読む]

【プロ野球】逃した魚はデカい?日ハムがドラフトで獲得失敗した選手の活躍ぶり

デイリーニュースオンライン / 2016年06月07日17時06分

大谷翔平のように大成功をしたケースもあれば、競合くじに敗れたり、入団拒否の憂き目にあうことも。今回は、日本ハムがドラフトで獲得に失敗した選手たちを紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■過去10年のドラフトで日本ハムが獲得に失敗した主なケース 長野久義(巨人) ~2006年:入団拒否 2010年に新人王、2011年 [全文を読む]

あの悔しさを糧に…託された13名の新・侍投手陣

ベースボールキング / 2017年01月26日18時30分

起用法については、「先発は4枚」と明言しており、大谷翔平(日本ハム)、菅野智之(巨人)、則本昂大(楽天)、石川歩(ロッテ)の4人の名前を挙げた。 また、直近の課題となっている抑えについて聞かれると、松井裕樹(楽天)と初選出の平野佳寿(オリックス)という2人を挙げたものの、「経験で言ったらこの2人になると思うんですけど、その時の状態のいい投手を使っていく」と [全文を読む]

平成生まれの通算勝利数トップ10

ベースボールキング / 2017年01月21日11時15分

大谷翔平(日本ハム)、則本昂大(楽天)など平成生まれの投手たちの活躍ぶりも目立っている。 2015年が終了した時にも行った平成生まれの通算勝利数トップ10。15年終了時点では1位が唐川侑己(ロッテ)の54勝、2位が西勇輝(オリックス)の49勝、3位が則本昂大(楽天)の39勝だった。 では1年が経過して順位の変動はあったのか…。1位が唐川の60勝、2位が西の [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日本ハム):28点 角中勝也(ロ):21点 内川聖一(ソ): [全文を読む]

【プロ野球】まさに黄金のラインナップ! 過去10年の日本ハムのドラフト1位選手を再検証!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月18日16時05分

■2010年~2012年/入団拒否の攻防戦! 【2010年】 斎藤佑樹(早稲田大) 【2011年】 菅野智之(東海大)※入団拒否 【2012年】 大谷翔平(花巻東高) 2011年と2012年はまさに「天国と地獄」。巨人入りを希望した菅野智之に入団拒否にあった翌年、大リーグ挑戦を表明していた大谷翔平の1位指名を敢行。 2年連続して1位指名選手の入団拒否とい [全文を読む]

【プロ野球】巨人・菅野智之の勝負強さを歴代名投手と徹底比較

デイリーニュースオンライン / 2016年05月09日12時05分

その後も話題性の多い藤浪晋太郎や大谷翔平の陰に隠れていたが、その後の安定ぶりをみると、まさに「日本のエース」と言っても過言ではない存在に成長している。 ■歴代名投手にヒケを取らない投球内容 菅野はプロ2年目にMVPに輝いたが、2リーグ制以降、プロ2年以内でMVPに輝いた投手は以下の6人しかいない。 <2リーグ制以降、プロ2年以内でMVPに輝いた投手> ・稲 [全文を読む]

小久保ジャパン・歴代メンバーの成績まとめ ~投手編~

ベースボールキング / 2017年03月23日09時00分

【小久保ジャパンでの通算成績】 牧田和久 15試 1勝0敗2S 19回1/3 自責8 防3.73 松井裕樹 15試 1勝1敗 13回1/3 自責6 防4.06 増井浩俊 14試 0勝0敗 15回1/3 自責8 防4.71 秋吉亮 13試 2勝0敗1S 12回 自責1 防0.75 武田翔太 13試 2勝1敗 36回 自責8 防2.00 平野佳寿 10試 1 [全文を読む]

フォーカス