文春 清原和博に関するニュース

週刊文春、テレビ界に強気のワケ

NewsCafe / 2016年06月16日14時06分

辞意を表明した舛添要一都知事(67)の政治資金私物化問題だけでなく、歌手、ASKA(58)や元プロ野球選手、清原和博(48)の薬物汚染、タレント、ベッキー(32)の不倫問題…などなどスクープ報道で大手マスコミを寄せ付けない存在の「週刊文春」。 そんな文春がテレビ局に対して、最近は強気な姿勢を取っているという。 「文春はテレビ番組で誌面を使う場合、3万円の使 [全文を読む]

抹殺兵器・週刊文春、大スクープ連発の圧倒的強さの秘密…ベッキー不倫、清原覚せい剤

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

「週刊文春」(文藝春秋)のスクープ報道が止まるところを知らぬ勢いで、各方面を震撼させている。ベッキーが不倫相手とのLINEのやり取りのなかで使った同誌を指す言葉にちなんで「センテンススプリング砲」とも呼ばれ、2月には国会議員を辞職にまで追い込んだ文春パワー。その源はなんなのだろうか。 文春の取材力の高さはマスコミ業界でも知られているが、今年に入ってからだけ [全文を読む]

本当に訴えるの!? “薬物中毒報道”週刊文春 VS 清原和博、因縁バトルの行方――

日刊サイゾー / 2014年04月08日22時00分

“番長”こと元プロ野球選手の清原和博が、覚せい剤などを使用していると報じた「週刊文春」(文藝春秋)に対して、法的措置も辞さない構えを見せている。 一方の文春もペンを緩めず、その後も清原が巨人時代にアンフェタミン系興奮剤の「グリーニー」を使用していたと報道。グリーニーは飲むと眠くならず、腹が減らず、集中力が出るなど覚せい剤と同じような効果をもたらすそうで、清 [全文を読む]

野球賭博、覚せい剤、女性問題……腐敗止まらぬ、巨人軍の「闇」

日刊サイゾー / 2016年10月11日19時00分

「週刊文春」(文藝春秋)記者・西崎伸彦氏は『巨人軍「闇」の深層』(文春新書)において、それらの問題を巨人軍が抱える構造的な問題と看破している。「紳士」たるはずの巨人選手に、いったい何が起こっているのだろうか? 一連の野球賭博事件は、15年9月30日、読売ジャイアンツ球場に、野球賭博常習者で大学院生の松永成夫がやってきたことに端を発する。彼は、福田聡志元投手 [全文を読む]

”育休”議員を辞職に追い込んだ週刊文春に芸能プロも戦々恐々

デイリーニュースオンライン / 2016年02月12日19時00分

阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」 またしても“文春砲”が炸裂した。出産間近の妻を差し置き、タレント女性と京都で密会していたと”不倫報道”された宮崎謙介衆院議員(35)が2月12日、記者会見で辞任を表明。週刊文春が現職の国会議員のクビをとってみせたのだ。 「週刊誌報道において、もっとも殊勲とされるのが政治家のクビをとること。宮崎議員は政治家としては落下 [全文を読む]

清原和博 週刊誌の“薬物報道”に怒り心頭(1)「“絶対に許さへん!”と行きつけの店で激怒」

アサ芸プラス / 2014年03月20日09時57分

「週刊文春」が報じた球界の番長に対する「薬物報道」は、いまだ波紋を広げるばかりだ。現役時代も数々の逆境に立ち向かった清原氏だが、なんと逆襲に向けて怒りの炎をメラメラと燃やしているようなのである。 球界の番長・清原和博氏(46)の周辺が騒がしい。 「“例の記事”によって、少なからず世間にダーティなイメージが流布されました。評論家として清原氏と専属契約している [全文を読む]

【オリックス】DHの存在 セはビートルズ、パはストーンズ?

文春オンライン / 2017年06月03日11時00分

文春野球コラムのコミッショナーから一通のメールを貰った。「セ・パ交流戦についてのルール」と、「対戦希望の球団」と、「対戦したい話題」についてだと言う。 「対戦希望の球団」について色々と考えを巡らすも、それはやはり期間と出稿数の兼ね合いがあるもの。ここは「対戦したい話題」に重きを置いて交流戦を戦いたいと思う。 ところで、過去から「パ・リーグ優位」のイメージが [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『文春』記者はレベル高い! 東国原氏と角川春樹の娘が生放送でぶっちゃけ

TechinsightJapan / 2016年02月05日20時15分

この話題を取り上げたお昼のバラエティ『バイキング』で、東国原英夫氏と角川春樹の娘・角川慶子が『週刊文春』の取材力について「記者のレベルが高い!」「他とは比にならない」と評価した。しかも2人は具体例をあげて生々しく語るので、坂上忍らも「生放送で言っていいのか?」とハラハラしながら聞いていた。 角川春樹氏は1993年、コカイン密輸事件に絡む麻薬取締法違反などで [全文を読む]

清原和博容疑者、以前から囁かれていた”薬物と黒い交際

デイリーニュースオンライン / 2016年02月03日00時30分

かつて週刊文春での”薬物使用”報道に対して提訴に踏み切ることも示唆していた清原容疑者にいったい何が起きていたのか。 当時の文春記事を見ると、清原が週刊文春記者につかみみかかっている場面がある。ここに書かれているように「一生追いつめる」などの言動が本当だとしたら、この言動はチンピラそのものだ。明らかに品を欠き、冷静な状態ではなかった。 ASKAも文春記者に問 [全文を読む]

アノ球界の超大物が激怒! “シャブ疑惑”の清原和博が逆に訴えられる!?

日刊サイゾー / 2014年03月24日13時00分

発端は今月6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、清原氏が昨年、いわゆる“薬抜き”を行うため東京・足立区にある精神科の病院に極秘入院。禁断症状なのか、亜希夫人に対して「ぶっ殺す」と刃物を持って追い掛け回したこともあったと記されている。 さらに衝撃的なのは、疑惑を直撃した同誌記者とのやりとり。清原氏は大学病院入り口で文春記者につかみかかり、ICレコーダーを奪 [全文を読む]

フォーカス