明治維新 西郷隆盛に関するニュース

日本近代史の謎。西郷隆盛は本当に「征韓論者」だったのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時30分

これが国家の独立維持を図るための明治維新に続く次のステップとして西郷の胸の中にあったのかもしれない。 道義ある外交を目指す 西郷が朝鮮との道義ある国交を目指したことを裏付ける証左が二つある。 ひとつは明治9年の江華島事件に対する西郷の激怒である。日本の軍艦が朝鮮沿岸で測量をする示威行動をとった所、朝鮮が砲撃をしてきた。日本軍は反撃して、砲台を破壊し、永宋城 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】次期大河『西郷どん』は「征韓論」をどう扱う? 安倍政権「“明治維新の映画”支援検討」は吉凶どちらに出るか

TechinsightJapan / 2017年01月16日06時00分

2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が放送スタートする1月8日の前日、「政府が明治維新の映画支援検討」というニュースが流れた。『直虎』は戦国時代を描いたものだが、2018年の大河ドラマに決定している『西郷どん』は明治維新の立役者・西郷隆盛が主人公だけに政府が映画支援を考えている時代と同じだ。 報道によると、政府は1868年の明治維新から150年 [全文を読む]

鈴木亮平、2018年大河ドラマ「西郷どん」主演に決定

モデルプレス / 2016年11月02日12時20分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。鈴木は主人公の西郷隆盛を演じる。 ◆鈴木亮平の起用理由について<制作統括の櫻井賢氏> 鈴木の起用理由について制作統括の櫻井賢氏は、「舞台や映画、様々な役を体当たりで演じているのを見て、(鈴木は)“まだまだ化けるぞ”と改めてお迎えして実感しています」と期待を寄せ、「何よりも西郷隆盛か [全文を読む]

~鹿児島は明治維新150周年に向けて盛り上がっています~「レム鹿児島 開業5周年記念イベント」9月1日(木)より開催決定!

@Press / 2016年08月29日15時45分

本年は「薩長同盟150周年」、更に2018年は「明治維新150周年」を迎える事から、関連イベントとして「みんなでつくろう!明治維新観光MAP」を開催。期間中はどなたでもご参加いただけ、参加者全員にレムオリジナルグッズをプレゼントいたします。その他、ポイントキャンペーンや宿泊プランの販売を行うなどして観光機運を高めて参ります。【レム鹿児島 5周年記念イベント [全文を読む]

電子書籍『西郷隆盛』(1~8巻)がKindleストアにて配信開始!! 維新の巨星・西郷隆盛を歴史漫画の巨人・横山まさみちが描く! 西郷隆盛、坂本龍馬、大久保利通ら、明治維新を彩った英雄たちが鮮烈な筆致でよみがえる。

@Press / 2014年01月21日13時45分

<書籍概要1>■『西郷隆盛』(1巻)著者:横山まさみち価格:100円◆Kindleストアリンク: http://amzn.to/1msey6F<内容紹介>明治維新を描いた名作コミック! 薩摩藩の小役人として藩の窮乏を目の当たりにし、領民たちの苦悩を救うべく、星雲の志を抱いた西郷は藩の世継・島津斉彬の英明さに昏倒していく。しかし藩内には斉彬の弟・久光を擁立す [全文を読む]

【書評】西郷隆盛は品性・美学に欠けてた? 明治維新の裏を読む

まぐまぐニュース! / 2017年04月24日18時35分

日本に近代化をもたらしたと言われる明治維新ですが、この「革命」を考え直す書籍なども数多く見られます。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介しているのもそんな一冊。果たして私達が教科書で学んだ明治維新は「正しいもの」だったのでしょうか。 『明治維新という幻想』 森田健司・著 洋泉社 原田伊織の『明治維新 [全文を読む]

瑛太、初共演の鈴木亮平を「電車のホームで見かけた」時のエピソードに報道陣笑い

モデルプレス / 2017年03月27日13時20分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。 主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当する。 この日、瑛太のほか、鈴木、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅(ドランクドラゴン)、風間杜夫、平田満、松坂慶子がキャストとして選ばれ会見に出席。 ◆瑛太、鈴木亮平をホームで… [全文を読む]

鈴木亮平主演2018年大河ドラマ「西郷どん」のキャストに瑛太ら<8人発表>

モデルプレス / 2017年03月27日12時33分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。 主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当する。 ◆追加キャストに瑛太ら この日、瑛太のほか、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅(ドランクドラゴン)、風間杜夫、平田満、松坂慶子がキャストとして選ばれ会見に出席。 宮崎あおいが [全文を読む]

鈴木亮平主演の大河「西郷どん」でまさかの“ボーイズラブ”?「お楽しみにして…」

モデルプレス / 2016年11月02日13時59分

男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。鈴木は主人公の西郷隆盛を演じる。脚本は同局の連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当し、この日は鈴木、林氏、中園氏が会見に出席した。 ◆大河でボーイズラブ? 会見中、林氏が原作で“ボーイズラブ”を描いていることを示唆。 これを受け、制作統括の櫻井賢氏は会見後の囲み [全文を読む]

靖国神社150周年 西郷隆盛や幕府軍の合祀計画が急浮上

NEWSポストセブン / 2016年10月04日07時00分

明治維新から150年も経つのに、内戦の死者が『賊軍』として祀られないのはおかしい。そこで有志に呼びかけて会を立ち上げ、靖国神社に合祀を求める申し入れをすることにした」 歴史を繙(ひもと)くと、靖国神社のルーツは明治2年(1869年)に建てられた「東京招魂社」に遡る。戊辰戦争、士族の乱などで命を落とした薩摩・長州軍らを「官軍」として慰霊顕彰し、明治維新を偉業 [全文を読む]

フォーカス