石原慎太郎 石原伸晃に関するニュース

小保方、野々村…”2014年お騒がせ組”の勢いが政界にも波及|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年01月31日18時00分

たとえば、父親の石原慎太郎は確信的なポロリがあったが、伸晃のポロリで世間が議論したことは何もない。だってただの失言なのだから。 思い出してほしい、2012年9月の自民党総裁選を。あのとき本命と言われていたのは安倍晋三でも石破茂でもなく石原伸晃だった。しかし「福島原発第一サティアン」などの失言で歴史的失速。2位にさえ残れない致命的な敗北を喫した。第二次安倍政 [全文を読む]

セクハラやじ、次世代の党、伸晃失言...石原慎太郎的なものを考える プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.50

東京ブレイキングニュース / 2014年07月01日14時25分

石原慎太郎がまた注目を浴びている。日本維新の会から分かれた石原慎太郎氏のグループの新党名は「次世代の党」。命名の意味には「子や孫の世代に平和で豊かなよりよい日本で暮らしてほしい」という願いが込められているという。「七夕党」とか「遺言党」でもよかった気がする。 さて今回私が考えたいのは石原慎太郎本人よりも「石原慎太郎的なもの」について。まず都議会ヤジ問題。私 [全文を読む]

進化か退化か?都知事選が人気投票から脱して”失点合戦”へ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日14時05分

青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一。皆メディアでも活躍した人たちだ。人気投票より、そろそろまともな都知事選もみたい。 しかし今回、メディア言うところの与党と野党に関係した「主要3候補」は決め手がない接戦だからか、ネガティブでわかりやすい情報が大きくとりあげられた。まるで「失点合戦」という様相だったのである。 小池百合子候補はフジテレビ系「バイキング」 [全文を読む]

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

青島都知事時代に豊洲への移転の検討が始まり、石原慎太郎都知事が計画を決定、舛添要一都知事の時代に着工した。 計画を決めた石原慎太郎に責任があるのはもちろんだが、猪瀬、舛添のときにも、見直しはできたはずである。 雨漏りするほど築地市場の老朽化が進んでいるのは間違いない。50年近くも前から、移転の話が持ち上がりはじめていたとも聞く。 だがいまや、築地市場は「 [全文を読む]

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

石原慎太郎都知事の側近と知られた浜渦氏ですが、今回の知事選で「都議会のドン」としてその悪名が全国民に知れ渡ることになった内田茂氏と死闘を繰り広げ、都政を追われたことでもまた知られる人物です。そんな浜渦氏を同行させた小池知事の意図はどこにあるのでしょうか。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんが読み解きます。 都議会のドンに追い払われた元副 [全文を読む]

豊洲市場利権の真の闇とは…石原元都知事より喚問すべき“陰の独裁者”の存在

週プレNEWS / 2017年02月28日06時00分

移転を最終決定した責任者として、当時の都知事である石原慎太郎氏の喚問が決まったのだ。 これで真相究明が進む…かと思いきや、実は、小池都知事の狙いはまったく別のところにあった! その“思惑”を探った * * * 小池百合子都知事の攻勢が止まらない。 千代田区長選で現職の石川雅己氏を大勝へ導き、対立する“都議会のドン”こと内田茂都議を事実上の政界引退に追い込ん [全文を読む]

次の敵は石原慎太郎。「小池劇場」第二シーズンの絶妙なシナリオ

まぐまぐニュース! / 2017年02月10日05時00分

小池勧善懲悪劇の悪役・石原の狼狽とその腹心の嘆き節 東京都の小池知事が、豊洲問題の元凶である石原慎太郎の責任を問う動きをしている。もちろん、いいことだ。 豊洲市場について「汚染された土地を購入したのは違法だ」と、都に対し「石原元知事に土地代金約578億円を請求すること」を求めた住民訴訟。小池知事は、これまで石原氏に賠償責任はないと言い張ってきた都の方針を [全文を読む]

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(1)小池百合子VS石原慎太郎「愛憎50年」

アサ芸プラス / 2016年10月01日09時55分

9月28日からの都議会本会議では、小池百合子東京都知事が石原慎太郎元知事を呼び出すかどうか、「激化」が予想されている。両者の50年の愛憎に決着が着くのか──「盛り土」をもっても浄化しきれない、移転を巡る「10の衝撃真相」が取材で噴出した!「間もなく84歳になる年齢の影響もあって、たとえ重大な事柄であっても記憶が薄れたり、勘違いをしたりすることも考えられます [全文を読む]

石原伸晃が不甲斐ないから政治が動く?政界の新たな定説|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日18時05分

父親の石原慎太郎が国政復帰を表明したのである。それまで何度も都知事辞職や新党結成の噂を否定していた慎太郎だったが「不甲斐ないムスコ」をみて、自身でたたないとどうしようもないと思ったのだろう。なので急遽、都知事選がおこなわれることになった。伸晃が不甲斐ないせいで東京都に莫大な費用が掛かったのである。 そのあと親父の慎太郎は「維新の会」(当時)と合流した。そこ [全文を読む]

大阪教職員に「石原氏に橋下氏諫めてもらいたい」との声出る

NEWSポストセブン / 2013年01月29日07時00分

そんな空気のなか、大阪の教組の一部には、なんと「石原慎太郎待望論」が持ち上がっているという。 「維新の会の共同代表の石原慎太郎氏は、『戸塚ヨットスクールを支援する会』の会長も務める体罰肯定派。もともと教組は、徴兵制を唱える石原氏を批判してきましたが、今回に限っては『石原氏に橋下氏を諫めるような過激な発言をしてもらいたい』という声が上がっている」(教組関係者 [全文を読む]

石原伸晃陣営 山本太郎の追い上げ次第で「石原軍団」登場か

NEWSポストセブン / 2012年12月14日16時00分

石原さんにも『おれたちも何かしなきゃ』と思わせるところまで持っていきたい」 山本氏は、見事、“軍団”を引っ張り出せるか? ※女性セブン2012年12月27日・2013年1月1日号 【関連ニュース】鈴木宗男氏の選挙カー 箱乗り姿勢保つ手すり付きの特別仕様新党結成の石原慎太郎氏 知事辞任は側近にも伏せられていた石原新党結成に自民党ベテラン議員「話が違う」と怒り [全文を読む]

都知事辞職で国政へ! “石原新党”の命運は長男・伸晃が握る?

週プレNEWS / 2012年10月29日17時00分

石原慎太郎氏(80歳)が東京都知事を辞職した。同時に新党を結成し、国政へ復帰する決意も表明した。 某東京都議会議員が証言する。 「石原さんが記者会見を開くことは事前に聞いていましたし、新党の旗揚げに関する内容であろうとの予測も議員仲間内では流れていました。 でも、新党騒ぎに関しては以前にも同じようなことが何度かあっては立ち消えになっていたので、今回もどこま [全文を読む]

石原新党結成に自民党ベテラン議員「話が違う」と怒り心頭

NEWSポストセブン / 2012年10月29日07時00分

10月25日、石原慎太郎氏(80)は会見を開き、新党結成と東京都知事の辞任を発表した。 会見では民主党政権への批判を数多く口にしたが、むしろ慌てたのは自民党だった。石原氏は会見で、「今の自民党は評価しない。戻る気もない」と言い放ち、古巣・自民党とは一線を画す姿勢を鮮明にした。 東京選出の自民党ベテラン議員は、「話が違う」と怒り心頭の様子だ。 「慎太郎さんは [全文を読む]

今村復興相以外にも政治家の差別暴言「(水俣病患者の文章に)IQ低い」「女性は産む機械」

Business Journal / 2017年04月26日19時00分

東日本大震災関連では、東京都知事時代の石原慎太郎氏も、発生直後に「(津波は)やっぱり天罰だと思う」と発言して謝罪したことがある。しかしながら、その後行われた都知事選挙(11年4月10日)では大差で4選を果たした。●石原慎太郎、北朝鮮や水俣病患者にも過激発言 慎太郎氏は、ほかにも問題視されるべき発言を残している。今、緊迫化している北朝鮮については、以下のよ [全文を読む]

築地女将の会「自民党は明白な営業妨害」怒り心頭

プレジデントオンライン / 2017年04月15日11時15分

石原慎太郎元都知事を支持する論客には「豊洲への早期移転」論が浸透してきているものの、移転慎重派からは「営業妨害」との声があがる。豊洲移転を推進してきた自民党にとっては「この道しかない」と勝負に出たと言えるが、豊洲移転はそもそも築地市場跡地の売却収入を充てることが前提。「築地バッシング」を展開すればするほど築地の資産価値を損ねるジレンマも抱えそうだ。 「築地 [全文を読む]

石原慎太郎 逆憤会見で「対小池百合子“百条バトル”」への全内幕!(2)2人は本当に敵対しているか…

アサ芸プラス / 2017年03月13日05時55分

「かつて小池氏の父・勇二郎氏は実業家だったが、石原慎太郎を選挙で応援していた。13年の都知事選の時に石原氏は、小池氏に出馬を促し、『支援する。お父さんへの恩返しだ』と伝えたのです。結局、小池氏は出馬しなかった」(石原氏周辺) しかし昨年の都知事選に小池氏が出馬した際、自民党は増田寛也元総務相を担ぐ。この時自民党東京都連会長の石原伸晃氏は小池氏を「自民党の人 [全文を読む]

都知事選敗北の責任を入院中の谷垣に押し付け! 石原伸晃の絵に描いたような“無責任アホボン“言行録

リテラ / 2016年08月03日21時00分

さらに、石原は自分の父親である石原慎太郎を増田の応援に担ぎ出したが、その慎太郎が「厚化粧の大年増」などと発言したことで、女性が完全に増田にそっぽ。小池の当選を決定づけてしまったのである。 そう考えると、最初から最後まで、今回の都知事選敗北の戦犯は明らかに伸晃なのだ。それを、伸晃はこの辞任表明会見で、選挙は党本部が管理してきたのだから都連会長の自分には責任 [全文を読む]

「小池さんはわがまま」自民党・石原伸晃氏が語る

PR TIMES / 2016年07月13日19時07分

わたしが(石原慎太郎氏が立候補し、党は明石康氏を推した1999年の選挙で)身をもって体験している。政党人は、自分の行動に責任をもって行動している。ましてや、家族が除名になるなんてことは、今まで一人もいないし、そんなこともない。 ----野党候補の鳥越俊太郎さんについて 何をされたいのか、これまでの話を聞く限りではわからない。自民党と公明党で参議院の議席の3 [全文を読む]

舛添の美術館視察を批判した石原伸晃よ、父・慎太郎が四男の美術事業に血税5億円をつぎ込んだのを忘れたか

リテラ / 2016年05月26日07時59分

石原慎太郎氏は都知事時代、自分の息子、つまり伸晃氏の弟のために美術事業を立ち上げ、年間5億円近い税金をつぎ込んでいた。 それは、石原都知事が2001年にスタートさせた「トーキョーワンダーサイト(TWS)」というプロジェクトをめぐって起きた。 これは若手芸術家の支援事業という触れ込みで始まったものだが、慎太郎元都知事はなぜか、設立当初から、まったく無名の美術 [全文を読む]

次期都知事に石原伸晃氏推す声 石破茂氏と甘利明氏も賛成か

NEWSポストセブン / 2013年12月04日07時00分

石原慎太郎前都知事のブレーンのひとりはこう語る。 「次は(石原)伸晃への“大政奉還”だ。もともと五輪を仕掛けたのは親父の慎太郎さんで、五輪を見届けるのは伸晃がふさわしい」 もちろん、現在は安倍内閣を支える閣僚なので伸晃氏は動きにくい。だが、今回は官邸も伸晃擁立に乗る可能性があると、自民党幹部が明かす。 「官邸は五輪を仕切る大会組織委員会会長に、“文教族のド [全文を読む]

フォーカス