美空ひばり 石原裕次郎に関するニュース

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

美空ひばりや石原裕次郎のために映画の主題歌も作り、アカデミー賞映画「天地創造」(1966)や市川崑監督の映画「東京オリンピック」の音楽を作曲して世界で知られ、ミュージカルやオペラも書いた。野球やプロレスのテーマ音楽として使われた「スポーツ行進曲」など誰もが知る曲も書いた。現在も続くテレビ番組「題名のない音楽会」の初代司会者でもあった。 その最高傑作は、お寺 [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

美空ひばりや石原裕次郎のために映画の主題歌も作り、アカデミー賞映画「天地創造」(1966)や市川崑監督の映画「東京オリンピック」の音楽を作曲して世界で知られ、ミュージカルやオペラも書いた。野球やプロレスのテーマ音楽として使われた「スポーツ行進曲」など誰もが知る曲も書いた。現在も続くテレビ番組「題名のない音楽会」の初代司会者でもあった。その最高傑作は、お寺の [全文を読む]

美空ひばり・石原裕次郎・天童よしみ・八代亜紀・坂本冬美 日本の心“演歌”をレコード会社・レーベルの枠を超えて収録「演歌あっぱれ!」本格販売開始

PR TIMES / 2016年04月07日11時55分

●69組の演歌スターが大集結! 演歌界をリードしてきた12のレーベルの合同企画 美空ひばり、石原裕次郎、天童よしみ、八代亜紀、五木ひろし、森進一、テレサ・テンなど、輝かしい経歴を誇る演歌の歌い手たち69組が勢ぞろい。懐かしい演歌の名曲の数々を、一流歌手たちの素晴らしい歌声でたっぷりとお楽しみいただけます。 ●厳選した名曲をたっぷり90曲収録 ショップジャ [全文を読む]

東国原「長嶋茂雄さんの都市伝説は永遠に不滅です!」

Smartザテレビジョン / 2015年07月15日08時00分

同番組は美空ひばり、長嶋茂雄、田中角栄、石原裕次郎、松下幸之助ら5人の“時代のキーパーソン”と、彼らが残した言葉にスポットライトを当て、当時の世相・流行・エンターテインメントを織り交ぜながら、戦後70年の歩みを振り返るバラエティー。 印象に残ったキーパーソンについて問われた武田は「いつも新ネタがある長嶋さんネタはやはり面白いが、普段触れることの少ない松下 [全文を読む]

やくざ、裕次郎、安倍晋太郎、そして池田大作……なべおさみの昭和“裏”交遊録

日刊サイゾー / 2014年07月21日16時00分

また、若き日の石原裕次郎、美空ひばり、勝新太郎、水原弘の4人が一堂に会し、夕方6時から朝7時まで新橋で毎晩飲み明かすという、今では考えられない宴会が行われていた。この席にも、なべは付き人として毎晩同席していたのだ。 だが、そんな華麗な舞台裏で、付き人としてコツコツと仕事をしていったことで、渡辺晋社長から信頼を勝ち取っていくなべ。そして、密偵として、森進一の [全文を読む]

力道山刺殺、裕次郎披露宴、美空ひばり塩酸事件現場の今の姿

NEWSポストセブン / 2013年05月22日07時00分

美空ひばり塩酸事件 (国際劇場・台東区) 昭和32年(1957年)1月、浅草の国際劇場での公演中、舞台を観ていたファンから顔をめがけて塩酸入りのビンを投げつけられ、胸と顔に火傷を負った。当時ひばりは19歳、犯人も19歳の少女で熱烈なファンだった。動機は、面会できないことへの恨み。国際劇場は松竹歌劇団の公演会場として東京観光の王道だったが、30年前に閉鎖 [全文を読む]

勝新太郎「パンツをはかない」発言の真相!ベテランリポーターが語る昭和のトップスター

Smartザテレビジョン / 2017年04月03日06時05分

また女性リポーターが忘れることのできない、美空ひばりによる東京ドームこけら落としコンサートの秘話も公開。療養から復活後、“不死鳥コンサート”と呼ばれた勇姿の裏側で、「決して着席するまで映してはならない」と決められた当時の記者会見を振り返る。 さらに、勝新太郎が麻薬所持によりハワイ・ホノルルで逮捕された際の「パンツをはかない!」発言の真相や、北野武のバイク [全文を読む]

「生活にそぐわないものは廃れ、新しいしきたりが生まれる。葬儀のやり方も同様です」――島田裕巳(宗教学者)

経済界 / 2017年02月14日10時00分

石原裕次郎や美空ひばりの葬儀ではビッグバンドが入り、会場は何カ所にも分かれ、テレビ中継も行われました。でも今はそれに値するスターもいないし、何より亡くなる人が高齢化したことが大きい。90歳になったら周りの知り合いは既に亡く、大規模な葬儀をやろうにも、参列者が集まらない。平成になってからは葬儀の簡略化が著しく、費用は掛けない流れになっているので、市場規模は膨 [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

美空ひばりや石原裕次郎のために映画の主題歌も作りました。アカデミー賞映画「天地創造」や市川崑監督の映画「東京オリンピック」の音楽も作曲しました。ミュージカルやオペラも書きました。野球やプロレスのテーマ音楽として使われた「スポーツ行進曲」など誰もが知る曲も書きました。現在も続くテレビ番組「題名のない音楽会」の初代司会者でもありました。 2017年4月で、黛敏 [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(1)昭和天皇の崩御はひとつの時代の終わりを思わせた

アサ芸プラス / 2017年01月02日17時56分

1989年、昭和天皇が崩御し、石原裕次郎、美空ひばりなどビッグスターが相次いで亡くなったのだ。〈天皇陛下が崩御された。9月19日に吐血されて以来、懸命のご闘病が続いていたが、ついに「危篤」に陥り、帰らぬ人となられたのである。ここに心から哀悼の意を表すとともに、新天皇となられた「明仁殿下」の知られざる素顔を、新天皇に20年間仕えた元東宮侍従・浜尾実氏と皇室ジ [全文を読む]

北島三郎「規格外すぎる!」豪快エピソード

日刊大衆 / 2016年10月24日16時00分

規格外の男にまつわる凄すぎるエピソード集!「偉大な歌手であることは誰もが分かっていたと思いますが、改めて、石原裕次郎さんや、美空ひばりさんらと並ぶ国民的な大スターで、生けるレジェンドであることを認識させられましたね」(芸能リポーターの城下尊之氏) 10月5日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で盛大な宴が催された。その前日4日に80歳の誕生日を迎えた歌手・ [全文を読む]

演歌界の貴公子・山内惠介が最新曲「流転の波止場」などを熱唱!『The Vocalist~音楽に恋して~「山内惠介」』TBSチャンネル1で4月27日(水)テレビ初放送!

PR TIMES / 2016年04月25日14時01分

また、美空ひばりや石原裕次郎をはじめとする大先輩の昭和歌謡を“山内流”に料理するのも見どころ。 そして、山内惠介本人の歌への思いや考え方などにも迫る。衣装へのこだわりやファンとの触れ合いについても、さわやかな笑顔で明るく語る。 山内惠介の新たな一面に出会えるTBSチャンネルオリジナル番組。極上の時間をお過ごしください。 ■放送概要 『The Vocalis [全文を読む]

TVでお馴染みのタレントも!ものまねライブを楽しめるレストランがオープン

TABIZINE / 2016年01月28日10時00分

美空ひばりメドレーを熱唱するツートン青木。本人そっくりの歌声もさることながら、腹話術をしながらのモノマネはもはや神業でした! ステージだけでなく、お料理にもコロッケさんのこだわりが込められているようです。ミミック・トーキョー オリジナルコロッケ(1000円/税別)は、スティック状の春巻きのような形が遊びゴコロあふれます。他にもカジュアルイタリアンをベース [全文を読む]

「石原プロ次世代スター発掘オーディション」グランプリ受賞者に“秋元康”が音楽プロデュース決定!!

PR TIMES / 2015年10月09日10時39分

83年以降、作詞家として、美空ひばり『川の流れのように』をはじめ、 中島美嘉『WILL』ほか、数々のヒット曲を生む。 著書に、小説『象の背中』(扶桑社)、『企画脳』(PHP文庫)ほか多数。 日本放送作家協会理事長。日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。 ◆石原裕次郎生誕80周年 石原プロ次世代スター発掘オーディション概要 [画像2: http://pr [全文を読む]

歌番組に登場した 往年の人気シンガーソングライター・イルカ(64) があまりに変らなすぎると話題に

AOLニュース / 2015年09月29日12時00分

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sd [全文を読む]

日本を創った“荒ぶる男”たち<芸能界編>「石原裕次郎・勝新太郎・萬屋錦之助」

アサ芸プラス / 2015年08月22日09時57分

たまたま来ていた美空ひばりと淡路恵子が『やめて~』と泣くんだ。それでようやく錦之介が握手をして『おもしろかったよ』と言って決着。以来、兄弟分の間柄だよ」 そんな好漢たちはいずれも、若くして世を去った。 [全文を読む]

浅丘ルリ子 「私の履歴書」に書かなかったTV局勤務の元恋人

NEWSポストセブン / 2015年08月03日16時00分

浅丘と破局後の小林と結婚した美空ひばりさん(享年52)にも妹のように永くかわいがられた。ふたりの結婚後、浅丘にひょんな仕事が舞い込んだことがきっかけだったという。 《私がリポーター役としてひばりさんと旭さんの新居を訪問し、お節介にも熱々な新婚生活をインタビューさせてもらうという特集記事だった》(『私の履歴書』7月11日) 派手なヒョウの毛皮で訪ねた浅丘を [全文を読む]

近藤真彦 野村義男について「人間としてカッコいい」と尊敬

NEWSポストセブン / 2015年07月30日07時00分

「80年代ですか? 正直いって記憶もイメージも、僕には一切ないんです」 石原裕次郎や美空ひばりの死と共に昭和が終わり、アイドル黄金期とも称された1980年代。10代から大人に囲まれ、孤独と闘ってきた近藤は、後ろを振り返る暇さえなく、秒単位のスケジュールに日々追われていた。 その後、バブルから失われた20年と、日本が昭和から平成への移行に苦しむ中、こんなに上 [全文を読む]

美空ひばりに「おばさん」と…近藤真彦ヤンチャ伝説

WEB女性自身 / 2015年07月26日06時00分

美空ひばりに言った…… 歌番組のリハーサルで、メイクをしていない、衣装に着がえる前のひばりさんが『悲しい酒』を歌っていたんです。ご本人だと思わなくて、マネージャーに「あのおばさん、めちゃくちゃ歌うまいよ」と言ったら、プロデュサーが飛んできて(笑)。 謝りに楽屋へ行ったら「上がっていきなさい」とおじゃますることに。怒られるどころか、食事をいただいて、おばあ [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(12)若い頃は遅刻グセがあった

アサ芸プラス / 2015年01月02日09時57分

大歌手であり、東映の看板女優でもあった美空ひばりは高倉を気に入り、小林旭よりも先に「ダーリン」と呼んで相手役にたびたび指名。ただし、ピントはひばりのみに合わされ、後ろにいる高倉の顔はぼやけている。できれば出たくないというのが本音だった。 また江利チエミとの結婚後も吉田はグチを聞かされた。 「健さんの主演1本が60万円になっていたけど、それでも家に帰ればチエ [全文を読む]

フォーカス