豊臣秀吉 石田三成に関するニュース

ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

■石田三成という武将の魅力を再発見させてくれる『真田丸』皆さんは大河ドラマ『真田丸』を見ていますか? 主人公の真田信繁も、お父さんの昌幸も、豊臣秀吉も徳川家康も、みんな生き生きとしていて個性が豊かですね。『真田丸』を見て、日本史に興味を持った人も増えているのではないでしょうか。そんな中で、ひときわ注目を集めているのが石田三成です。言うまでもなく、戦国時代の [全文を読む]

有村架純、時代劇&アクションに初挑戦 岡田准一&役所広司と“日本で一番の大合戦”

モデルプレス / 2016年08月10日05時00分

豊臣秀吉亡きあとの天下取りに野望を抱き、三成と相対する徳川家康を演じる役所は、これまで数々の歴史上の人物を演じてきたが徳川家康役は初挑戦となる。 本格時代劇に初出演する有村は、殺陣などのアクションにも初挑戦。激動の戦国時代に、表立っては言えない恋心を秘めながら、命を懸けて主君三成を守る姿を体現する。岡田と役所は「蜩ノ記」以来2年振り2本目の共演、有村は岡田 [全文を読む]

【好評につき第二弾!】石田三成「辞世の句」ふんどし、関ヶ原に向けての出陣日7月17日(日)より37枚限定発売!

PR TIMES / 2016年07月12日13時22分

[画像1: http://prtimes.jp/i/18835/3/resize/d18835-3-873498-4.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/18835/3/resize/d18835-3-252642-5.jpg ]豊臣政権を守るため、徳川家康と関ヶ原で対峙した忠義の将 石田三成豊臣秀吉の死後、遺言に反し勢力を急拡大 [全文を読む]

比嘉愛未、市川海老蔵と“禁断の恋”「感銘を受けています」

モデルプレス / 2016年06月05日06時00分

豊臣秀吉(國村隼)の側室・茶々役で、秀吉が憎む大泥棒・石川五右衛門(市川)に恋心を抱いてしまう役どころ。初共演となる市川と禁断の恋物語を描く。◆比嘉&海老蔵で“禁断の恋”描く「感銘を受けています」 比嘉は、市川との共演について「歌舞伎界を背負う素晴らしい役者さんで、なかなか共演させて頂く機会はないと思うので、本当に貴重な経験」と語り、「現場でも座長としての [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

この小説の見立てをサラリーマン社会に例えると、豊臣秀吉専務のもと、バリバリの敏腕営業マンタイプの福島正則や加藤清正とは違って、色白の小男・三成は営業(=戦場)経験は少なかったが、経理(=算盤)とコンプライアンス(=道理)に優れ、非現場の企画畑で出世街道を歩み、清須会議という信長亡きあとの取締役会で社長に選出された秀吉から、三成は専務に抜擢。秀吉直系の家臣で [全文を読む]

V6岡田准一主演映画、東出昌大ら豪華キャスト発表

モデルプレス / 2017年01月18日12時00分

また、三成を取りたてた豊臣秀吉には滝藤、その妻にして徳川方を支持する北政所にキムラ、三成と家康の間で強烈な存在感を発揮する前田利家には西岡を配役。 ◆脇を固める役者陣 その他、西軍には、三成の盟友・大谷刑部には大場泰正、左近の息子・島信勝に山村憲之介、三成の腹心・八十島助左衛門に堀部圭亮、五大老宇喜多秀家に生島翔、五奉行増田長盛に中村育二、安国寺恵瓊に春 [全文を読む]

関ヶ原古戦場・笹尾山で「石田三成のすごさ」を再発見

しらべぇ / 2016年11月15日10時00分

そもそも豊臣秀吉は、諸大名から見れば「小作人だった猿」に過ぎない。ではなぜその「猿」が、各国の猛者たちを配下に置くことができたのか。秀吉の威厳を高めるために、三成が投じた苦労は我々現代人には想像のつかないものかもしれない。■嫌われるほど細かい男石田三成は、何事にも細かく口うるさい性格の男だったのではないか。もともと小姓だった男だから、たとえば廊下に落ちてい [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

織田信長や豊臣秀吉のような派手さはないが、「中国地方の太守」としての影響力を存分に発揮した男である。■毛利を支える「両川」16世紀前半まで、中国地方で大勢力を誇っていたのは尼子氏と大内氏だった。だがその領有に挟まれていた毛利氏が、わずか30年ほどで尼子と大内を飲み込んでしまった。その覇業を成し遂げたのは毛利元就である。そして元就は、当時としては長生きだった [全文を読む]

『戦国BASARA Judge End』の大胆な改革は吉と出るか? 凶と出るか?【第一話レビュー】

おたぽる / 2014年07月18日03時00分

織田信長が本能寺で討ち取られた後、豊臣秀吉が各地に侵攻。風雲の戦国乱世はいまだ続いていた。豊臣軍は石田三成や徳川家康を配下に加え、北条家の擁する小田原城を包囲。一方、奥州筆頭・伊達政宗は、北条家侵攻を聞きつけ、ただ一軍で小田原へと向かう。伊達の動きを知った真田幸村もまた、甲斐の武田信玄の元、新たなる戦いの予感に思いを馳せる。今再び時代が動き出した! 待た [全文を読む]

<花戦さ> 世界初の「いけばな映画」はぜいたくな作り 極端なキャラ設定が惜しまれる

J-CASTテレビウォッチ / 2017年06月10日12時00分

そのなかでも、ちょっと風変わりな性格ながら町衆に愛され、いけばなの名手であった池坊専好(せんこう)は、そのいけばなの腕で時の権力者・織田信長を魅了し、豊臣秀吉や千利休をもうならせた。名だたる戦国大名の屋敷でたびたび花を立て、千利休とも親交が深かったといわれる実在の人物、華道家元池坊の初代・池坊専好を描いた小説『花いくさ』を原作とした時代劇エンタテイメント。 [全文を読む]

フォーカス