ヤクルト 相川亮二に関するニュース

【プロ野球】《神宮球場・ヤクルト全65試合観戦》神宮球場で目撃! ヤクルトの超個人的名場面はこれだ!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月08日16時05分

10月1日に行われた阪神対巨人、広島対ヤクルトの2試合で今年のセ・リーグペナントレースは幕を閉じた。広島が圧倒的な強さで優勝したが、クライマックスシリーズでも同じような戦い方ができるかはわからない。CS開幕が待ち遠しい。 さて、筆者は今シーズン神宮球場で開催されたヤクルト戦・全65試合を観戦した。その中で特に印象に残った試合をご紹介したい。 勝ち負けではな [全文を読む]

【プロ野球】《巨人・大補強》補強の本気度と順位はリンクする? FAで2選手を獲得した翌年の成績を独自検証!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日16時06分

※以下、カッコ内は移籍前の在籍チーム ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■川口和久の大誤算で3位に沈む 1994年のFA獲得選手:川口和久(広島)、広沢克己(ヤクルト) 1995年の結果:3位 FA制度が導入された2年目にあたる1994年オフ、巨人は川口和久(広島)と広沢克己(ヤクルト)を獲得。 1995年に広沢は20本塁 [全文を読む]

角盈男×新浦壽夫×松本匡史・巨人OB特別放談”巨人が大混セから抜け出せない理由を明かそう”「巨人の優勝は厳しい」

アサ芸プラス / 2015年09月21日09時56分

角盈男氏、新浦壽夫氏、松本匡史氏の論客OBが、独自の分析とともに舌鋒鋭く愛のムチを振るう!角盈男 セ・リーグの優勝争いは阪神、ヤクルト、巨人の3チームにしぼられた形だけど、負け数が多い巨人は厳しいかもしれない。新浦壽夫 巨人は試合の消化ペースも阪神やヤクルトより早いしね。松本匡史 逆転Vのためには阪神、ヤクルトとの直接対決に全勝することが絶対条件だと思うけ [全文を読む]

横浜ベイ、捕手やベテラン流出で来季も苦戦?過ち繰り返すフロント 狡猾な巨人の選手補強

Business Journal / 2014年12月09日06時00分

2年連続最下位に終わった東京ヤクルトスワローズは、フリーエージェント(FA)で千葉ロッテマリーンズのエース・成瀬善久、北海道日本ハムファイターズのキャプテン・大引啓次を獲得した。そのヤクルトからは、ベテラン捕手・相川亮二が読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍し、さらに巨人は横浜DeNAベイスターズから2000年の首位打者である金城龍彦も獲得している。 巨人はかつ [全文を読む]

【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち

デイリーニュースオンライン / 2015年01月12日11時50分

1月9日、東京ヤクルトスワローズは、FAで読売ジャイアンツに移籍した相川亮二捕手の人的補償として、ジャイアンツから2年目の奥村展征内野手の獲得を発表した。 FA移籍した大物選手の影で移籍する人的補償は、トレードとはまた違ったドラマある。近年では一岡竜司や馬原孝浩ら、人的補償で移籍した選手が活躍を見せていることもあり、その注目度はさらに上がっている。そんな人 [全文を読む]

巨人・楽天快進撃の背景に「シーズン中のトレード成功」も

NEWSポストセブン / 2013年08月26日16時00分

開幕直前に捕手同士のトレードとなったロッテ・田中雅彦(現・ヤクルト)とヤクルト・川本良平(現・ロッテ)は序盤こそチームに貢献したが、正捕手である相川亮二(ヤクルト)、里崎智也(ロッテ)が復帰すると、出番が減少し、ともに二軍落ちとなった。 投手陣が壊滅しているDeNAは、西武から長田秀一郎を獲得したものの、期待したセットアップはできず。代わりに放出した渡辺直 [全文を読む]

【プロ野球】《引退選手のドラフトをプレイバック》派手さはないが存在感抜群。サブロー(ロッテ)がバットを置いた

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日16時05分

【セ・リーグ】 広島:山内泰幸(日本体育大) 巨人:河原純一(駒澤大) 横浜:紀田彰一(横浜高) 阪神:山村宏樹(甲府工高) ヤクルト:北川哲也(日産自動車) 中日:金森隆浩(立命館大) 【パ・リーグ】 日本ハム:金村秀雄(仙台育英高) ダイエー:城島健司(別府大附属高) ロッテ:大村三郎(PL学園高) 西武:富岡久貴(東京ガス) 近鉄:田中宏和(桜井商 [全文を読む]

【プロ野球】「とりあえず生中!」の前に、ヤクルトの合言葉「とりあえず◯◯!」を3つ紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月03日16時05分

プロ野球の世界、というよりヤクルトでもこの「とりあえず◯◯」があるようだ。 今回ヤクルトで発見された!?「とりあえず◯◯」を3つ紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■とりあえず秋吉! 一昨年のシーズンは61試合、昨シーズンは74試合に登板と秋吉亮は投げに投げた。今年も8月29日現在で62試合に登板している。入団 [全文を読む]

2015年プロ野球”ワーストナイン”はコイツらだ!「セ・リーグは内海ら最多5人が巨人から選出」

アサ芸プラス / 2015年11月07日09時56分

圧倒的な戦力を持ちながら他チームを突き放すことができず、ヤクルトの差し切りを許してしまった。戦いぶりを象徴するかのように、ワーストナインにも最多5人がランクインした。 先発ローテーションを守るべきはずの内海哲也(33)はキャンプ中に左前腕部炎症で出遅れ、初登板が6月までズレ込んだ。それでも勝ってくれれば救われたが、結局2勝止まり。まさに「背信」のシーズンだ [全文を読む]

かつてない“超大混セ”のベンチ裏騒乱「原巨人は監督・選手間の信頼関係がガタガタ」

アサ芸プラス / 2015年07月06日17時56分

しかもBクラスの広島、ヤクルトが5割あるいは借金1だったのに対し、上位だった巨人、DeNAが大きく負け越したことで、リーグ戦再開時にはゲーム差が一気に縮まる空前のダンゴ状態に。 超・大混セの様相は6月23日に驚きの展開を迎える。60試合以上消化後ではプロ野球史上初となる「首位・巨人が貯金ゼロの勝率5割」「首位から最下位の広島まで2.5ゲーム差」という異常事 [全文を読む]

故障者続出の巨人にOB広岡達朗氏「鍛え方足りないのが原因」

NEWSポストセブン / 2015年05月09日07時00分

開幕直後の4月2日には、ヤクルトから移籍して張り切っていた相川亮二が右太ももの肉離れで登録抹消。代わりに原辰徳監督が「99%ない」と断言していた阿部慎之助の捕手復帰が実現したが、阿部も18日に同じく太ももの肉離れで戦線を離脱した。その前日にはチーム本塁打王だった亀井義行も「下半身の張り」で離脱しており、28日には主将の坂本勇人が「左ふくらはぎの張り」でベン [全文を読む]

パ・リーグ予測 打力のSBと投手力のオリックスの一騎打ちか

NEWSポストセブン / 2015年03月11日07時00分

FA組ではヤクルトの成瀬(ロッテ)と大引啓次(日本ハム)、巨人の相川亮二(ヤクルト)の与える影響が注目されます」(担当記者) パ・リーグのデータを見てみよう。『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)など、野球データ関連の著作が多いライター・広尾晃氏が、グラウンド上のプレーを様々な視点から集計して数値化する指標「セイバーメトリクス」を算出。 それ [全文を読む]

広島優勝巨人2位を予想する片岡篤史氏 「セは捕手に注目」

NEWSポストセブン / 2015年02月26日16時00分

【1】広島【2】巨人【3】阪神【4】ヤクルト【5】横浜【6】中日 片岡氏は阪神を引退後、解説者として活躍する一方、学校法人・芦屋学園のスポーツモダニズムプロジェクトに参加、客員教授を務めている。 最初は「この時期に順位予想?」と眉を顰めたが、しばらく考えて口を開いたのは、「セの6位は中日かな……」だった。 「下から順に横浜、ヤクルト、阪神、巨人、そして広 [全文を読む]

広澤克実氏「中日は何もかもが不安で最下位もある」と予想

NEWSポストセブン / 2015年02月25日07時01分

【1】広島【2】阪神【3】巨人【4】ヤクルト【5】横浜【6】中日 「支持されようが批判されようが自身の野球観を前面に出す」をモットーとする広澤氏がセの王者に推したのは広島である。 「一昨年のCS初出場から、チームが大きく成長した。その間に丸佳浩や菊池涼介といった若手が伸び、捕手の會澤翼も1年を通じてマスクを被るなど、選手層が厚くなった。それに若手の精神的 [全文を読む]

ヤクルトの館山 「トミー・ジョンTシャツ」を投手陣に配る

NEWSポストセブン / 2015年02月14日07時00分

ヤクルトのキーマンは捕手の中村悠平だ。相川亮二の巨人移籍で正捕手に固定され、移籍してきた成瀬善久の球をブルペンで積極的に受けるなどやる気がみなぎっているという。 チームの不安はとにかくケガ人が多い投手陣。その筆頭は昨年4月に4回目の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたエース・館山昌平。今年も二軍スタートとなっている。 「腕に151針の縫い跡がある館山 [全文を読む]

広岡達朗氏 「巨人がV逸ならば阿部一塁コンバートが原因」

NEWSポストセブン / 2015年01月30日07時00分

コンバートにより、捕手が新人の小林誠二だけでは心許ないからと、阿部より年上(38歳)の相川亮二をヤクルトから獲ってきたのが無駄。ヤクルトでの正捕手争いに敗れたような選手を今の巨人が信用して使うとは思わない。井端弘和(39歳)を昨年使いましたか? 使ってないでしょう。 それに阿部が一塁へ回ることで、そこで生かされる選手が死んでしまう。あおりを受けて横浜に移 [全文を読む]

意図が見えない謎の補強する巨人 理由は「不甲斐ない二軍」

NEWSポストセブン / 2014年12月04日16時00分

ヤクルトが大型補強に約10億円を費やす一方で、毎年金満補強を行なう巨人は史上稀にみる「謎の補強」を実行中だ。 一塁コンバートが決まった阿部慎之助より年上の相川亮二捕手(ヤクルト)と、横浜から金城龍彦外野手の38歳コンビをFAで獲得。ファンは「意図が見えない」と首を傾げている。 相川獲得の背景には、嶋基宏(楽天)や炭谷銀仁朗(西武)の両FA捕手の獲得に失敗し [全文を読む]

巨人・原監督 コンバート乱発と選手獲得失敗で迷走中?(2)ヤクルト・相川獲得のリスクとは?

アサ芸プラス / 2014年11月26日09時57分

構想が崩れて慌てた巨人は、嶋がダメならばと、同じく国内FA権を行使したヤクルト・相川亮二(38)に触手を伸ばした。しかし、嶋に比べれば8歳も年上のベテランであり、投壊状態のヤクルトにおけるチーム内の正捕手争いで中村悠平に敗れ、“第2捕手”に甘んじるなど全盛期とは言いがたい。 チームスタッフが首をかしげる。 「『小林はまだもの足りない』とこぼす原監督は、嶋を [全文を読む]

【プロ野球】山口俊がFA宣言! ベイスターズがたどった「主力選手流出」の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日16時05分

結局、国内のヤクルトに移籍した。2008年までの3年間は選手会長も務め、「横浜の顔」だったのだが……。 プロ野球選手は自身の実力を信じるがゆえ、チームの低迷が続けば上位球団への移籍を希望する選手が多く現れるのは仕方がない。 ただ筆者としては、プロ野球が子どもに夢を与えるスポーツなら、強いチームにいくより今のチームを強くしてほしいと願う。そして、三浦大輔のよ [全文を読む]

注目FA捕手は嶋基宏に炭谷銀仁朗 大野奨太は隠れた有力候補

NEWSポストセブン / 2015年10月08日16時00分

昨年も楽天の嶋基宏の獲得を狙ったが、本人の「もう一度楽天で優勝したい」との思いに阻まれ、仕方なくヤクルトから相川亮二を獲った。が、すぐに故障して働けなかった(わずか40試合出場)という事情がある。 嶋は選手会長として、先発オーダーにまで口を出す三木谷浩史オーナーに一番怒っているという。今季は試合中、その三木谷オーナーにいわれるがままだった大久保博元監督との [全文を読む]

フォーカス