フィギュアスケート 村上佳菜子に関するニュース

ピアノソロ楽譜集『フィギュアスケート名曲集~氷上に響くメロディ~ 2016-2017』1月21日発売!国内外の選手達の最新プログラム曲や、アニメ『ユーリ!!! on ICE』の主人公FS曲を収載。

PR TIMES / 2017年01月12日15時43分

株式会社ヤマハミュージックメディアは、ピアノソロ楽譜集『フィギュアスケート名曲集~氷上に響くメロディ~ 2016-2017』を全国ヤマハ特約楽器店・書店またはヤマハミュージックメディア通販サイトhttp://www.ymm.co.jp >にて、1月21日より発売いたします。 [画像: https://prtimes.jp/i/4566/1395/resiz [全文を読む]

この春夏、羽生&真央に会えるアイスショー10

WEB女性自身 / 2014年04月14日07時00分

試合がない4月から7月までのアイスショーには、多くの現役選手が出演しています」 そう語るのは、元フィギュアスケート選手で解説者の佐野稔さん。真央ロス、ゆづロスで沈んでいるあなたに朗報!この春から夏にかけて、2人が全国で感動の舞いを披露してくれるのだ。そこで、羽生&真央に会えるアイスショー10を紹介。もうこれは、万難を排しても見にいくしかない! 【羽生&真央 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】久保ミツロウ 『氷艶』木花開耶姫役の浅田舞にほれぼれ「いい匂い」

TechinsightJapan / 2017年05月26日19時26分

歌舞伎とフィギュアスケートのコラボによる『氷艶 HYOEN 2017 破沙羅』はメインキャストを仁木弾正直則(市川染五郎)、源九郎判官義経(高橋大輔)、女神稲生(荒川静香)が務め、さらに歌舞伎界とスケート界から錚々たるメンバーが出演した。なかでも静御前(鈴木明子)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと:織田信成)、木花開耶姫(このはなさくやひめ:浅田舞)、天鈿女命( [全文を読む]

「フィギュアスケート」真の魅力はローカル大会にあり?羽生、真央に次ぐスターを探せ

Walkerplus / 2014年12月04日19時29分

12月5日(金) ~7日(日)の3日間、東京都と愛知県でフィギュアスケートのローカル大会が開催される。フィギュアスケートがブームになって久しいが、ローカル大会を観戦に行くファンはまだまだ少ないのが現状だ。どんな有名選手であっても、こういったローカル大会での経験を経て成長し、檜舞台へと駆け上がっていく。次世代のスターを見つけ出す大きな楽しみを現地で体感してほ [全文を読む]

逸材の当たり年「大谷翔平世代」に続くのは“3年周期法則”の「1997年組」or“奇跡の世代”「1998年組」!?

日本タレント名鑑 / 2017年05月24日11時15分

その後3年周期で当たり年が来る法則があり、「マー君世代」の6年後の1994年度生まれには日本ハム・大谷翔平選手、フィギュアスケート・羽生結弦選手、水泳の萩野公介選手、瀬戸大也選手、芸能界では山崎賢人さん、土屋太鳳さん、二階堂ふみさんなどがいます。 その3年後の1997年度生まれも逸材ぞろいですが、特に芸能界に限れば、その翌年の1998年度生まれは“奇跡の [全文を読む]

歌舞伎とフィギアスケートがコラボレーションをする、氷艶 hyoen 2017 -破沙羅-にてデジタル映像の演出をチームラボが担当。2017/5/20(土)~22(月)国立代々木競技場第一体育館で開催

PR TIMES / 2017年05月10日17時00分

歌舞伎とフィギュアスケートがコラボレーションをする、氷艶 hyoen 2017 -破沙羅-【主催: 日本テレビ放送網株式会社、株式会社ユニバーサルスポーツマーケティング、製作: 松竹株式会社】(http://hyoen.jp/)にて、デジタル映像の演出をチームラボが担当します。アイスリンク全面を使った床打ちやスクリーンへのプロジェクションマッピングで空間を [全文を読む]

出戻り社員からフィギュア衣装デザイナーに【女のプロ仕事】

ウートピ / 2017年05月01日18時00分

フィギュアスケートと言えば、氷上を舞う可憐かつダイナミックなパフォーマンスが多くの人の目を釘付けにする人気の高いスポーツ。今季は浅田真央さんや村上佳菜子さんの引退が大きな話題になりました。選手にとって欠かせないのが衣装。選手の演技を左右すると言っても過言ではなく、その衣装作りにはプロの技が光ります。バレエ・ダンス用品メーカー「チャコット」でフィギュアスケー [全文を読む]

フィギュアスケート・中部ブロック大会レポート1 【シニア女子】

Walkerplus / 2016年10月22日18時27分

9月30-10月2日の日程で愛・地球博記念公園アイススケート場(愛知県長久手市)においてフィギュアスケート中部選手権大会(中部ブロック)が開催された。今回はグランプリシリーズを控えた松田悠良、村上佳菜子の出場に注目が集まり、またノービスクラスにおいては将来が楽しみな金の卵が多数おり、見どころの多い大会となった。■ グランプリシリーズ前哨戦として、まずまずの [全文を読む]

「四大陸選手権」村上佳菜子に見せてほしいのは“変顔”より“満面の笑顔”!

アサジョ / 2016年02月14日09時58分

2月18日から開催されるフィギュアスケート「四大陸選手権」。日本からは男子は宇野昌磨、無良崇人、田中刑事、女子は宮原知子、浅田真央、本郷理華が派遣されることになっていたが、浅田真央が出場を辞退し、村上佳菜子の出場が決まった。「村上選手は、今季はグランプリシリーズでも表彰台に乗れず、全日本でも6位という結果に終わっていますが、本人も『せっかくの回ってきたチャ [全文を読む]

「フィギュアスケート」村上佳菜子が勝てない本当の理由とは?

アサジョ / 2015年11月08日09時59分

女子フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会で4位の成績に終わった村上佳菜子選手。近年“ポスト浅田真央”として注目されてきたが、伸び悩んでいる感は否めない。「今季は髪の毛をバッサリ切って気分を一新。昨年のジャンプの回転不足をはじめ精細さに欠ける技術面を仕切り直して臨んだ今季だったんですが‥‥」(スポーツ紙記者) もともと、山田満知子コーチが「真央 [全文を読む]

フォーカス