世界選手権 太田雄貴に関するニュース

「内村へ銀選手からの“敬意”」現地からの“リオ秘話”後編

WEB女性自身 / 2016年08月24日06時00分

そんな彼女を一念発起させたのが、昨年の世界選手権での惨敗(6位)だった。宗野記者によると、このとき彼女は「こんな情けないレースを、応援してくれる人が見る最後にしたくない」と涙で現役続行を決意したという。そして、猛練習を積んでリオ五輪代表の座をゲット。年齢もあり、4年後の東京五輪には「競技者としてかかわることは考えられない」と語る金藤選手にとって、今回の金メ [全文を読む]

オリンピック名勝負「日本人選手の大番狂わせ」

アサ芸プラス / 2013年07月16日09時59分

ところが、本番では3回戦で前年の世界選手権覇者、ロシアのニコライ・オジェギンを撃破。決勝でも背負い投げで逆転の一本勝ちとなった。 全柔連の中には、世界選手権優勝の実績を持つ園田を推す声も少なくなかった。日本を出発する際には代表と気づかないカメラマンに突き飛ばされたほどでした。のちに五輪3連覇を果たす男にも、こんな屈辱の時代があったわけです。 92年バルセ [全文を読む]

リオ五輪「メダル1号」は「重量挙げ」か「射撃ピストル」

WEB女性自身 / 2016年08月04日06時00分

フェンシング・フルーレの太田雄貴(30)は、昨年の世界選手権Vで、悲願の金を狙えるか」(同) 内村は、大の野菜嫌い。コナミに入社後、栄養指導のもと野菜と格闘する日々だとか。また、アスリートとしては珍しい愛煙家でもある。 「大穴は、カヌースラローム・カナディアンシングルの羽根田卓也(29)。ロンドン五輪で7位、リオのテストイベントで2位と、隠れたメダル候補で [全文を読む]

まるでインタビュアー!?進化を続ける羽生結弦の“貪欲王子”な一面

アサジョ / 2016年02月01日09時59分

3月の世界選手権でのさらなる活躍が大いに期待できそうだ。(芝公子) [全文を読む]

「けん玉体操」オリジナルムービー公開

PR TIMES / 2015年08月12日12時53分

けん玉協会会員協力のもと、ストリートけん玉の流行の火付け役となったNOB氏とEasy氏をはじめに、2020年東京オリンピック・パラリンピック大臣の遠藤利明氏、フェンシング世界選手権金メダリストの太田雄貴選手(森永製菓)、国民的アーティスト槇原敬之氏、放送作家小山薫堂氏、ファッションデザイナー皆川明氏など、日本を代表する豪華な顔ぶれがゲスト出演しています。 [全文を読む]

錦織の快挙で大絶賛のマイケル・チャンだけじゃない! いま日本人選手を変革する外国人名コーチ

週プレNEWS / 2014年09月16日06時00分

バドミントンでは2004年からオリンピックや世界選手権を何度も制し、“ダブルスの神様”と呼ばれる朴柱奉(パク・ジュボン)氏を日本代表のヘッドコーチに招いた。 韓国人の朴はコーチに就任すると、育成方針を大きく転換させる。これまでの日本選手は、グレードの低い大会で好成績を残し、ポイントをせこせこ稼ぐ戦略で、なんとかオリンピックの出場権だけは確保していた。しか [全文を読む]

フォーカス