早稲田大学 大隈重信に関するニュース

<中国人観光客が見た日本>早稲田大学で「なんて美しい」と感嘆!中国人として自慢できる瞬間も

Record China / 2016年12月24日12時20分

2016年12月21日、日本旅行で早稲田大学を訪れた中国人観光客が、大学で見聞きしたことをネット上でつづった。 日本で観光客を避けて、東京での純朴な生活を体験したいなら、大学に行くのが一番いい。私が早稲田大学行ってみることにしたのは、村上春樹と堺雅人の母校だからだ。中国文学を学んで7年かけて卒業した人と、芝居を学んで中退した人。どちらも平凡ではない。早稲田 [全文を読む]

実はアメリカとそっくりな「森友学園」問題の背景 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2017年03月28日18時20分

【参考記事】「反逆する団塊」や「ゆとり世代」を生んだ学習指導要領の変遷日本では、それこそ前述の事件で政府を追われた大隈重信が、私学の早稲田大学というかたちで自分なりの人材育成の哲学を実現しようとしたわけです。また五代友厚にしても現在の大阪市立大学を設立するなど、「必要な人材育成」のために新たな教育機関を設立したのです。明治期においては「公教育=保守」であり [全文を読む]

学校法人早稲田大学と提携し、「セディナ学費ローン」の取扱開始

@Press / 2014年02月24日15時30分

三井住友フィナンシャルグループの株式会社セディナ(代表取締役社長 中西 智、以下「セディナ」)と学校法人早稲田大学(東京都新宿区、総長 鎌田 薫、以下「早稲田大学」)はこのほど提携し、2014年2月24日より早稲田大学の学費納入者を対象にした「セディナ学費ローン」の取扱いを開始することになりましたので、お知らせいたします。 このたび、取扱いを開始する「セデ [全文を読む]

『あさが来た』終盤に豪華キャスト 元宝塚女優がカギ握るか

NEWSポストセブン / 2016年02月03日07時00分

そこであさは、大物政治家で、早稲田大学の創設者でもある大隈重信宅に出向きます」 史実としても大隈夫妻は広岡浅子に対して支援を惜しまなかったことで知られている。 「あさの話に高橋さん、松坂さん演じる夫妻がどう心を動かされていくのか。それがラストに向けたカギとなります」(同前) そうした流れのなかで魅力的な脇役にもスポットが当たりそうだ。夫・新次郎のかつての三 [全文を読む]

最後の夏… 現役女子大生が「自主的に」恋愛禁止し励むアイドル活動

しらべぇ / 2015年07月30日07時00分

元アイドルとしての血が騒いだので、実態を探るべく取材してきました!■「わせ女なんて呼ばないで」協力してくれたのは、関東予選を堂々の第1位で通過したチーム「わせ女なんて呼ばないで」(早稲田大学)。メンバーのひとりが早稲田大学在学であることを外部の男子学生からイジられたことをきっかけに、このチーム名にしたそう。大学の創設者である大隈重信の名前を入れ込もうと最後 [全文を読む]

同志社大学、脱「普通の大学」目指すユニークなグローバル戦略 3つの経営資源を活用

Business Journal / 2014年07月02日01時00分

慶應義塾大学の福澤諭吉、早稲田大学の大隈重信、津田塾大学の津田梅子、そして同志社大学の新島襄である。当然、反論があるかもしれないが、日本史の教科書にも名前が出てくることからすれば、当たらずとも遠からずといえよう。2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』を見た人であれば、同志社の関係者でなくても、その設立の経緯、創設者・新島襄とその夫人である新島八重の一生が [全文を読む]

明治天皇、頭山満、大隈重信 偉人の子孫が総選挙に続々登場

NEWSポストセブン / 2012年12月03日07時00分

自民党では、現職の新藤義孝氏(埼玉2区)が硫黄島玉砕戦を指揮した栗林忠道・陸軍中将の孫で、新人候補の大隈和英氏は明治維新の功労者で早稲田大学の創始者、大隈重信の玄孫にあたる。 「これだけ候補が乱立すると、保守系の党は、金銭的余裕とブランドを兼ね備えた名家から出馬させるのが得策と考えるようです」(政治ジャーナリスト) 世襲批判がかまびすしいが、彼らは“隔世世 [全文を読む]

ベトナム独立運動を無償で支えた日本人医師・浅羽佐喜太郎の義挙

まぐまぐニュース! / 2017年04月30日12時00分

彼らは早稲田大学や東京帝国大学などを卒業し、後に独立戦争の将校や地域の指導者、事業家として活躍するのである。 恩人・浅羽佐喜太郎を讃える石碑を建立 浅羽佐喜太郎の義挙 この前年、留学生の一人が街頭で行き倒れになっているのを、通りがかりの人が見つけ、応急手当をしたうえに、かなりの金額を手渡して、名も告げずに立ち去った、という新聞報道があった。この紳士が浅羽佐 [全文を読む]

【佐賀県 × KEN THE 390, KOHEI JAPAN, DEJI, K DUB SHINE】明治維新150年に向け歴史好きラッパーとコラボ!幕末維新期における佐賀藩の歴史を楽曲に!

PR TIMES / 2017年03月22日12時44分

KEN THE 390、KOHEI JAPAN、DEJIの3人は、佐賀藩出身の大隈重信侯が創立した早稲田大学における、ソウルミュージック研究会「GALAXY」のOBです。また、K DUB SHINEは、佐賀藩主の流れをくむ鍋島家の邸宅があった、渋谷区立松濤中学校のOBという、佐賀藩に縁のある4人のマイクリレーです。 [全文を読む]

ウインナー1本で25秒!コーヒー1杯で20秒!? ひじきの煮物で58分! これで寿命が縮む?

ヘルスプレス / 2017年02月09日18時09分

人間の平均寿命は最大で115歳、最長寿命は125歳!? 長命長寿と言えば、早稲田大学の創立者大隈重信が信念とした「人生125歳説」だ。大隈は「人間は本来、125歳までの寿命を有している。適当なる摂生をもってすれば、この天寿をまっとうできる」(『人寿百歳以上』)を確信して生きた。 ただし大隈は、1922(大正11)年1月10日、胆石症で曻天する。享年83。大 [全文を読む]

卵でとじるカツ丼が生まれた老舗の蕎麦店

ぐるなび / 2016年11月15日11時10分

馬場下町交差点に面した位置にある江戸時代から続く老舗の蕎麦屋で、早稲田大学の創設者である大隈重信も利用していた同店。 入店した木村拓也さんは、初代店主が売れ残ったトンカツの使い道に困っていた時に常連の早稲田の学生が言った「卵丼みたいにとじてみたら?」という一言で誕生した「カツ丼」(790円/税込み)を注文。そして木村拓也さんは「熱々ですー、お味が気になり [全文を読む]

プロ野球 美女たちの「始球式」が定着した歴史と理由

NEWSポストセブン / 2016年08月29日07時00分

球団もタレントも、話題となることでお互いにメリットがあるし、『ヤクルトの山田哲人選手に直前の実技指導をしてもらいたい』なんていい出すタレント事務所もあります」(スポーツ紙デスク) ちなみに、記録に残る世界最古の「始球式」は明治41年、日本で行なわれたアメリカの大リーグ選抜チームと早稲田大学野球部との対戦で、早大総長・大隈重信が投じた1球だった。 打席に入 [全文を読む]

将軍・徳川慶喜を生で見た105歳のおばあちゃんの出現にネット上が騒然!

AOLニュース / 2015年07月16日12時00分

100歳を超える老人たちにインタビュー取材を行い、関東大震災で被災したという話や、早稲田大学の創設者・大隈重信や米軍のマッカーサー元帥を見たことがあると言った貴重な体験談などを数多く披露されたが、それでも徳川慶喜を見たという人はなかなか現れず、調査は難航することに。 しかし、そうした中、1910(明治43)年生まれの現在105歳だという飯島のぶさん(105 [全文を読む]

歴女も読みたい! 直木賞作家が、“東北を軽視してきた歴史”にマッタをかける、渾身の歴史小説とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月06日11時30分

維新の罪に目を向けないと、本当の意味での近代日本を解き明かすことはできないと思うのです」 明治6年に生まれた朝河貫一は故郷福島で神童と謳われ、東京専門学校(後の早稲田大学)に入学した際には、坪内逍遙や夏目漱石から教えを受けた。その後、アメリカへ留学するのだが、援助を受けたのが大隈重信に徳富蘇峰、さらには勝海舟もいたというのだから、文明開化の象徴ともいうべき [全文を読む]

暴漢にも負けず! 逆風が吹きまくっていた大阪10区・辻本清美が1位当選できた涙の同情票

週プレNEWS / 2014年12月18日06時00分

そこに早稲田大学創設者、大隈重信のやしゃごである自民・大隈和英氏が加わり、横一線となった最激戦区ーー。 「日付が変わる時間になるまで誰にも当確が出ないだろう」(自民関係者)と混戦が予想されていたが、午後10時5分に「辻元清美・当確」の第一報が入った。 「こんなに早く決まるとは……」と、驚いた様子の辻元氏が今回の選挙戦を振り返る。 「正直、維新の人は眼中にな [全文を読む]

誰もがヒーローになれる場所...リアル脱出ゲーム『宇宙怪獣からの脱出』に挑戦してきた!

おたぽる / 2014年12月16日06時00分

早稲田大学の創設者・大隈重信の角帽をモチーフにしたスーツが目印です。左からブルースワセダ、エンジークワセダ。グリーンスーツに身を包むパワーセイダーは本日欠席。早稲田祭のヒーローショーだけでなく地域のイベントにも参加。東北でのボランティア経験もあり。 [全文を読む]

早大に再論文提出意向の小保方氏 粘れば大学の信頼低下する

NEWSポストセブン / 2014年10月17日07時00分

早稲田大学は10月7日、小保方晴子氏の学位を「1年間の猶予期間を設ける」との条件をつけて取り消すと発表したため、批判が相次いでいる。猶予などいらぬ、ということだろう。この決断は研究機関にとって自殺行為に等しい。 前回7月の会見では、「不正はあったが故意ではない」として「学位は取り消さない」と発表していた。百歩譲って前回の結論がSTAP捏造疑惑発覚間もないタ [全文を読む]

フォーカス