日亜化学工業 中村修二に関するニュース

ノーベル賞中村修二教授の関係修復案を日亜が「丁重なお断り」ネット上で物議を醸す

AOLニュース / 2014年11月06日12時30分

ノーベル物理学賞受賞が決定し、秋の叙勲で文化勲章を受賞した米カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授が、かつてその「発明の対価」を巡って争った古巣・日亜化学工業に対し、「過去のことは忘れて関係を改善したい」とその修復を求めるコメントを発表したところ、日亜化学工業側から「丁重なお断り」を受けていたことが判明、そのことについて、現在、ネット上で物議を醸し [全文を読む]

特許法大転換 特許権帰属を発明者から企業へ法改正検討 個人が相当の対価を得られない懸念

Business Journal / 2015年02月20日06時00分

青色発光ダイオードの発明でノーベル物理学賞を受賞した中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授が、日亜化学工業に勤務していた時に発明した青色発光ダイオードの特許をめぐり同社と争った裁判は、当時大きな話題を呼んだ。同裁判では当初、中村氏に対して特許権の対価の一部として200億円を支払うよう同社へ命じられた。しかし、同社側は認定額が高額すぎるとして控 [全文を読む]

緊急出版『中村修二劇場』 単行本と電子書籍を同時発売!ノーベル賞決定後のロングインタビューも収録!

@Press / 2014年11月14日13時30分

■地方企業の技術者が、青色LEDの発明で科学界最高の栄誉を獲得するまでを、当時の記事や最新のインタビューでつづった全記録 「新聞が徳島支局発のニュースとして、日亜化学工業が青色LEDの開発に成功したことを報道したのは1993年11月のことである。技術情報誌の記者だった私は、この記事を早朝、自宅で読み、強烈な衝撃を受けた。本当であれば、えらいことだ。すぐに [全文を読む]

【中村修二氏ノーベル物理学賞受賞直後のインタビュー収録し緊急文庫化!】畠山憲司著『中村修二の反乱』

PR TIMES / 2014年11月14日11時05分

79年徳島県阿南市の蛍光体メーカー・日亜化学工業(株)に入社。開発課に配属され、半導体の研究に携わる。93年12月、20世紀中には不可能と言われていた「高光度青色発光ダイオード(LED)」の実用製品化を世界で初めて実現。94年徳島大学大学院博士号取得。99年同社を退社し、2000年2月よりカリフォルニア大学サンタバーバラ校・材料物性工学部教授に就任。同年1 [全文を読む]

中村修二氏が「ソニーもパナソニックも潰せばいい」と語る理由

WEB女性自身 / 2014年11月12日17時00分

中村氏は 79年、松下電器に落とされ、地元・徳島の日亜化学工業に入社。当時は、従業員200人の地方ベンチャーにすぎなかった。上司からの「研究中止命令」も無視する変わり者社員として研究に没頭。先代の故・小川信夫社長は研究費3億円をポンと出し、見守ってくれた。入社時から続けていた実験装置の開発に成功し、圧倒的に明るく長寿命な発光ダイオードが製品化されたのは、 [全文を読む]

ノーベル賞「青色LED」が人体に悪影響の説が...でも詐欺商法には注意

リテラ / 2014年10月22日07時58分

青色LEDについては20世紀中の実用化は不可能とまで言われていたが、赤崎勇氏と天野浩氏は、窒化ガリウムによる青色LED開発の基礎技術を開発、中村修二氏は日亜化学工業時代に、青色LED製造の道を切り開いた。 先行して実用化されていた赤色LEDと緑色LEDに、青色LEDが加わったことで、光の三原色が揃ったこととなり、自由な色が出せるようになった。現在、パソコン [全文を読む]

ノーベル賞の中村修二さん“妻のため内定辞退”の意外素顔

WEB女性自身 / 2014年10月15日10時00分

発明の対価を求めて勤務先だった日亜化学工業を提訴し、その後、8億4千万円で和解。「サラリーマン技術者に、企業は正当な報酬を支払うべき」という前例を作った。 戦う人 のイメージが強い彼だが、徳島大学時代の恩師・多田修名誉教授は「彼は、優しいやつなんです。特に、あの頃はそうでした」と語る。 大学3年生のときに参加した学園祭のダンスパーティで妻となった裕子さん [全文を読む]

中村修二氏と日亜化学の愛憎 なぜ泥沼抗争?日亜が無価値とした技術、ノーベル賞受賞

Business Journal / 2014年10月13日01時00分

青色発光ダイオード(LED)開発への功績が認められ、中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授がノーベル物理学賞を受賞し、日本中が祝福ムードに包まれる中、図らずもクローズアップされているのが、中村氏の元勤務先である日亜化学工業(徳島県阿南市)である。 中村氏は受賞後の会見で日亜化学に対する好悪相半ばする感情を吐露した。感謝したい人物の筆頭として、中 [全文を読む]

テレビ東京で、明日午後1時35分から急遽放送決定!! 「緊急編成! 池上彰がノーベル賞・中村修二に迫るドラマ“ルビコンの決断”」

PR TIMES / 2014年10月10日11時50分

しかし退社後、発光ダイオードを製造するのに必要な機械の特許について、元勤務先の日亜化学工業と裁判で争うことになる。一審の判決は中村の言い分を認めた“会社は中村に200億円支払え”というもの。しかし会社側の控訴を受けた高裁はおよそ6億円での和解を勧告した。納得がいかない中村。悩んだ末、ある決断を下す。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

「ノーベル賞おめでとう!」も3人に1人が「青色LED」を知らないと判明

しらべぇ / 2014年10月08日15時00分

さかのぼって2004年には、中村修二氏が、開発当時に在籍していた「日亜化学工業」を相手に起こした「青色LED製法特許の譲渡に対する対価」を求めた裁判は「技術者の反乱」と呼ばれ、当時とても話題になりました。 さて、そんな話題豊富な「青色LED」ですが、そもそもどういう物なのかをきちんと言える人はどれだけいるのでしょうか?しらべぇ編集部では20代~60代の男 [全文を読む]

「視聴率がとれないジャニーズ」を変えた飯島マネージャーが考えていたSMAPの将来

メディアゴン / 2016年01月20日12時48分

ノーベル物理学賞を授賞した中村修二氏は日亜化学工業の研究者時代に世界に先駆けて実用に供するレベルの高輝度青色発光ダイオードを発明・開発した。しかし特許権がどちらに帰属するかを巡り会社と対立し、裁判となった。結局、中村は会社を捨てた。ジャニーズ事務所と飯島氏の間にも同じことが起こったのであろう。退社した中村氏はカリフォルニア大学サンタバーバラ校教授に就任した [全文を読む]

あの超優良企業の恥部 大躍進の原動力・画期的商品を開発した社員を放逐

Business Journal / 2015年05月21日06時00分

発光ダイオード(LED)製造の日亜化学工業(徳島県阿南市、非上場)は3月下旬に開催した株主総会で、小川裕義氏が社長に就任した。社長だった小川英治氏は代表権を持つ会長に就いた。裕義氏は英治氏の長男。社長交代は26年ぶりのことだ。これまで通り英治氏は最高経営責任者(CEO)、裕義氏が最高執行責任者(COO)を務める。 今回の社長交代で、ノーベル物理学賞を受賞 [全文を読む]

青色LED中村修二氏 大学入試は全廃すればいいと本気で思う

NEWSポストセブン / 2015年01月09日16時00分

日亜化学工業に入社後、青色半導体レーザーの室温発光に成功した。2000年から米カリフォルニア大学サンタバーバラ校材料物性工学部教授を務める同氏は、日本の受験制度を真っ向から否定する。 * * * 「うちの子には得意なものなんてないんじゃないか」という心配は無用です。どんな子どもにも、開花するのを待っている才能の芽があります。ただ、その芽は人それぞれで、ウル [全文を読む]

ノーベル賞の裏にある「確執」中村教授と日亜の特許訴訟の見方

JIJICO / 2014年12月13日10時00分

華やかなノーベル賞授賞の話題ですが、一方で、青色LEDを巡っては中村氏と、元勤務先の日亜化学工業(徳島県阿南市)の「確執」が長きにわたり取り沙汰されています。 この問題に関しては「そもそも裁判で決着がついているのではないか」と思われる人もいるでしょう。確かに、東京地裁では中村氏の主張が認められ、日亜化学に対し約200億円の支払いを命じる判決が下されました [全文を読む]

ノーベル賞・中村教授への面会拒否がお手本! ビジネスで使える「大人語」をマスターしよう

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月21日11時30分

先日ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏と、古巣である日亜化学工業の間で繰り広げられた応酬に、この感想を抱いた人は多いのではないだろうか。大人社会、主にビジネスの場で使われる“大人のもの言い=大人語”の、ある意味で力強さを感じさせる一件だった。【画像あり】第1弾『できる大人のモノの言い方大全』を詳しく 報道によると事の発端は11月3日、記者会見で中村氏が日 [全文を読む]

ATMで独壇場! 世界に誇るニッポンのグローバルニッチ企業は中小でもこんなにスゴい!【ナイトライド・セミコンダクター】

週プレNEWS / 2014年11月09日06時00分

発足当初、研究の中心的存在だったのが、日亜化学工業在籍時の中村氏に窒化ガリウムを使っての青色LED開発をアドバイスした世界的権威、酒井士郎教授だ。 そして、経営側の舵取りを任されたのが当時の「徳島ニュービジネス協議会」事務局長で、現在もトップとしてナイトライド・セミコンダクターを率いる村本宜彦社長だった。村本氏は言う。 「酒井教授が精通している窒化ガリウム [全文を読む]

みのもんた「ノーベル物理学賞受賞も“頭脳流出”は避けたいもの」

アサ芸プラス / 2014年10月25日09時56分

中村氏はかつて在籍していた日亜化学工業と特許について訴訟ざたとなり、以前から話題になっていた。受賞後の会見では研究の原動力を「怒り」と語った。 まず、この3人には本当に「おめでとう!」を言いたいね。赤崎さんと天野さんが師弟関係で、その研究のライバルにあったのが中村さん。お互いに尊敬し合いながら、刺激し合っていた3人が同時受賞というのがこれまたシビれるじゃな [全文を読む]

ネットやビジネスで横行するパクリ問題、著作権侵害成立しない?損害賠償の対象に?

Business Journal / 2014年10月25日01時00分

今月、青色発光ダイオード(LED)開発への功績が認められ、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授がノーベル物理学賞を受賞したが、その報道において、その中村氏と元勤務先である日亜化学工業の間で過去に繰り広げられた特許権をめぐる法廷闘争がたびたび取り上げられ、再びクローズアップされている。 この特許権を含む知的財産権(以下、知財)とは、モノに対して個 [全文を読む]

ノーベル賞・中村教授も「法改正」を批判 「特許は会社のもの」で研究者は海外へ?

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月24日10時25分

中村氏は2001年、発明の対価をめぐり、発明した当時に在籍していた「日亜化学工業」を相手取り提訴。2004年、一審で会社側に200億円もの支払いが命じられ、経済界に激震が走った。だが、翌年に東京高裁で和解が成立し、会社側の支払額は8億4000万円に減った。これまで「発明の対価」を求めてきた中村氏がノーベル賞を受賞したことで、特許法改正の議論にどんな影響があ [全文を読む]

最近話題の日亜化学、どんな会社?ノーベル賞受賞技術で急成長、開発者の中村氏と法廷抗争

Business Journal / 2014年10月16日01時00分

青色発光ダイオード(LED)開発への功績が認められ、中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授がノーベル物理学賞を受賞し、日本中が祝福ムードに包まれる中、図らずもクローズアップされているのが、中村氏の元勤務先である日亜化学工業(徳島県阿南市)である。 中村氏は受賞後の会見で日亜化学に対する好悪相半ばする感情を吐露した。感謝したい人物の筆頭として、中 [全文を読む]

フォーカス