発光ダイオード 中村修二に関するニュース

テレビ東京で、明日午後1時35分から急遽放送決定!! 「緊急編成! 池上彰がノーベル賞・中村修二に迫るドラマ“ルビコンの決断”」

PR TIMES / 2014年10月10日11時50分

テレビ東京は、中村修二さんがノーベル物理学賞を受賞したことを受け、明日の放送予定を急きょ変更し、午後1時35分~3時30分に、中村修二さんの青色発光ダイオードの発明をドキュメンタリードラマとして紹介した「ルビコンの決断 青色発光ダイオードを作った男・中村修二」(初回放送は2009年7月30日、8月6日)と、スタジオでの池上彰さんと中村修二さんの対談を再編集 [全文を読む]

中村修二氏が「ソニーもパナソニックも潰せばいい」と語る理由

WEB女性自身 / 2014年11月12日17時00分

そこから新しい可能性が生まれるんです」 こう語るのは、青色発光ダイオードの実用化に成功し、ノーベル賞に続いて文化勲章を受賞した中村修二氏(60)だ。中村氏はいまも最前線にいる。大学で指導するかたわら、 08年にシリコンバレーに立ち上げたLEDメーカー「SORAA(ソラー)」の創立者として、安価で効率的な照明器具を開発している。そんな中村氏には、かつて数多く [全文を読む]

激動する世界の鼓動がきこえる「2015 ブリタニカ国際年鑑」(CD-ROM版)を新発売

DreamNews / 2015年10月21日13時00分

スポーツでは「ソチオリンピック」と「サッカーワールドカップ・ブラジル大会」、ほかにも、謎に包まれた「ナチス略奪美術品」、世紀の大工事から100年を迎えた「パナマ運河」、日本中が沸いたノーベル賞に関して、赤崎勇、天野浩、中村修二の三氏の人物記事に加え「発光ダイオード開発史」など、多岐にわたる読み物をそろえました。 毎年、最新のデータで構成する世界各国経済統 [全文を読む]

あの超優良企業の恥部 大躍進の原動力・画期的商品を開発した社員を放逐

Business Journal / 2015年05月21日06時00分

発光ダイオード(LED)製造の日亜化学工業(徳島県阿南市、非上場)は3月下旬に開催した株主総会で、小川裕義氏が社長に就任した。社長だった小川英治氏は代表権を持つ会長に就いた。裕義氏は英治氏の長男。社長交代は26年ぶりのことだ。これまで通り英治氏は最高経営責任者(CEO)、裕義氏が最高執行責任者(COO)を務める。 今回の社長交代で、ノーベル物理学賞を受賞 [全文を読む]

電子版『文藝春秋SPECIAL』冬号を11月27日に発売 バックナンバーを値下げ!

@Press / 2014年11月26日13時30分

「ノーベル賞興国論」では立花隆さんが、発光ダイオードの中村修二氏をはじめ日本の歴代のノーベル受賞者を分析。「衝撃レポート これが日本の実力だ」では、河合幹雄氏、大泉啓一郎氏などが、資本、治安、不動産といった各分野の日本の優位性を解説。『「和」をもって尊しとせず リーダー伊藤博文』では、福田和也氏が明治維新から富国強兵まで、現在の日本の礎を作った伊藤博文に [全文を読む]

抱腹絶倒!の小中学生テスト「おバカ解答」実録 【理科】編

NEWSポストセブン / 2014年11月13日16時00分

【その1】 問:ガスバーナーを使い終えた後は何をするか? 解答:ガス代を支払う 評:月末にまとめて払うほうが便利です 正答:空気調節ねじをしめたあと、ガス調節ねじをしめる 【その2】 問:通常より少ない電力量で長い時間輝くことのできる電球を何というか? 解答:だっこうハイオード 評:中村修二博士もビックリの新発見 正答:発光ダイオード(LED) 【その3 [全文を読む]

フォーカス