ダイエー 中内功に関するニュース

中内功氏伝説の檄 「おまえら、もっといかがわしくなれ!」

NEWSポストセブン / 2014年09月28日16時00分

流通業界の風雲児ともうたわれた「ダイエー」の名前がなくなることが発表になった。創業者・中内功氏はリクルートに資本参加していたこともある。リクルート出身の作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が中内氏の伝説のスピーチを紹介する。 * * * いやはや、ついに「ダイエー」がなくなりますね。「流通革命」で一世を風靡したこの企業、実は10月16日に東証一部に上場する [全文を読む]

完全子会社化から2年 「お荷物」ダイエー再建にようやくメドをつけたイオン

経済界 / 2017年01月23日10時00分

ダイエー」といえばかつての小売業の雄だが、今ではその名を冠した店舗は数えるほどとなった。旗艦店だった碑文谷店などかつての店舗の多くがイオンに生まれ変わったが、なかなか結果が出せなかった。しかしここにきてようやく道筋が見えてきた。文=本誌/関 慎夫業績の底を打った旧ダイエー店舗 長い間、赤字を垂れ流し続けてきた旧ダイエーに、ようやく、光が見えてきた。 1月 [全文を読む]

ダイエーはなぜ転落したのか?「利益重視・キャッシュフロー軽視」経営の罠

Business Journal / 2014年10月11日01時00分

むろん初期投資の借入金の返済も不要であれば儲けも多いに違いない、とあれこれ考えていたとき、イオンによるダイエー完全子会社化のニュースを思い出した。 1957年 4月、中内功氏によりダイエーの前身である大栄薬品工業株式会社が神戸市長田区に設立された。以来、ダイエーは価格破壊をキャッチフレーズに拡大を続け、90年代半ばに頂点を極めた。ところが、1998年に経常 [全文を読む]

知られざる“企業VS企業”の遺恨事件(4)日本経済史に隠された暗闘は数多し

アサ芸プラス / 2014年04月10日09時56分

95年に勃発した「ダイエーvsサントリー」の“ビール戦争”は、企業同士というよりも経営者同士の意地の張り合いが熾烈化の原因だ。発端はダイエーがベルギーから格安のPB(プライベートブランド)のビールを輸入したこと。このダイエーのPB戦略にシェアを食われることを恐れ、内心穏やかでなかったサントリーの佐治敬三会長は、ダイエーのPBビールとそっくりのビールを輸入。 [全文を読む]

ダイエー創業者中内功氏 怒号鳴り響く恐怖の店内巡回の様子

NEWSポストセブン / 2014年11月24日16時00分

イオンはダイエーの完全子会社化を発表。2018年までにダイエーの屋号もイオンに改めるという。創業者・中内功氏がダイエーに君臨していた時代のエピソードを、佐野眞一氏が綴る。(文中敬称略) * * * 1980年2月、ダイエーは小売業界初の売上高1兆円を突破した。私が初めて中内に会ったのは、その年の4月3日、熊本店がオープンした際だった。私はこのとき、中内の“ [全文を読む]

働くは「端(はた)楽(らく)」。この日本語に込められた深い意味

まぐまぐニュース! / 2017年03月20日09時00分

ダイエーに育てられた香港のメーカー 中国商人相手にも同じような話がある。ダイエーの故中内功さんが創業して間もない頃、仕入れのために香港に行き、取引相手を求めて新聞広告を出した。30人ほど希望者が集まったので、求めている商品や取引条件を示した所、「我々、香港のメーカーはニューヨークやパリ、ロンドンのデパートと取引している。吹けば飛ぶような日本の会社に、品質 [全文を読む]

松下電器VSダイエー テレビ値引販売で揉め和解に30年要した

NEWSポストセブン / 2016年01月21日07時00分

しかし、高度経済成長期の真っ只中に大ゲンカを繰り広げたのが、松下電器を率いる松下幸之助氏と、ダイエーの中興の祖・中内功氏だ。それは当時の発言にも表れている。 松下幸之助 「適正な利益をあげ、それを国家、社会に還元することが、企業にとっての 社会的な義務である」 中内功 「ダイエーの存在価値は、 既存の価格を破壊するところにある」【出典:松下幸之助著『実践経 [全文を読む]

【商倫理と日本・前編】「商人道」はこうして敷かれた

FUTURUS / 2015年10月29日18時00分

実は中内功のダイエーとの『30年戦争』は、こうした信念に基づくものだ。 中内功は、「小売価格は小売業者が決定する」という今では当たり前の仕組みを構築した人物だ。だが同業他社とのつながりを意識する幸之助は、小売業者の手で製品の価格を決められてしまうことに恐怖を覚えた。 こうした不安は、決して的外れのものではない。巨大な小売業者が安くて品質の良い商品を次々に市 [全文を読む]

今だから明かす“記録阻止”の闇真実(3)大きなプレッシャーがカブレラの記録更新を封じた

アサ芸プラス / 2013年09月18日09時59分

55号で日本記録に並んだ直後に対戦したのは、またしても王ダイエー。ここまでくると、仕組まれた因縁なのでは、と思いたくもなる。01年に西武作戦コーチとしてローズと対戦、02年は西武監督としてカブレラの悲哀を見てきた伊原春樹氏が振り返る。 「当時は王さんが打ち立てた記録を外国人に破られるのはダメだという風潮はありましたよ。王さんのファンは今も昔も多いですから、 [全文を読む]

創業家喰いで巨大化したイオン・岡田家の次の一手

NEWSポストセブン / 2016年12月30日07時00分

中内功氏が創業したダイエーも同様だ。イオンのライバルとして拡大戦略を進めてきたが、1990年代後半から経営が悪化し、1999年には赤字に転落。中内氏はすべての役職を辞任した。ダイエーは産業再生機構の支援を受け、2007年にイオン、ダイエー、丸紅3社による資本・業務提携に踏み切り、2015年にはイオンの完全子会社となった。 さらに“瀬戸内の暴れん坊”の異名 [全文を読む]

フォーカス