原辰徳 中畑清に関するニュース

ポスト原辰徳の最右翼は松井秀喜 中畑清や落合博満の名前も

NEWSポストセブン / 2015年06月17日07時00分

原辰徳監督はそれだけの長期政権を任されるだけの文句のつけようのない輝かしい戦績を残した。しかしそんな名将も、今季限りで契約切れを迎える。早くも球団内外では、次期監督の名前が取り沙汰されている。 「ポスト原辰徳」争いは、すでに始まっている。その最右翼は、松井秀喜氏だ。 「親会社の読売グループはファンの人気が絶大で若い松井氏であれば文句ない。だが、松井氏にその [全文を読む]

東京五輪「侍ジャパンは原辰徳監督」で金メダル?

日刊大衆 / 2017年05月16日07時05分

原辰徳監督ですよ」(球団関係者) 04年以降、日本代表が“頂点”に立ったのは、第1回WBCでの王貞治監督と第2回WBCの原辰徳監督のみ。五輪に関しては、公開競技だった84年のロス五輪で金、88年のソウルで銀。正式競技となった92年のバルセロナでは銅。96年のアトランタで銀。00年のシドニーではプロアマ混成で挑んだが4位だった。 病に倒れた長嶋茂雄代表監督に [全文を読む]

史上最弱「侍ジャパン」内部崩壊で原辰徳が“新監督立候補”?(3)原氏が代表監督復帰を目論む理由

アサ芸プラス / 2017年01月29日09時56分

1月10日、客員教授を務める国際武道大で講義を行ったあと、報道陣から今年のキャンプ訪問について聞かれた際、原氏は巨人のキャンプを訪れることを否定したにもかかわらず、「WBCのほうには行きたい。『同じ空気』を吸っておきたいと思っているから」と発言している。スポーツ紙デスクによれば、「巨人監督を辞めて以降、報道陣の前で幾度となく、東京五輪での代表監督復帰への意 [全文を読む]

巨人村田修一 選手会長就任で来季優勝&好成績のジンクスも

NEWSポストセブン / 2013年11月24日07時00分

1987年の原辰徳は打率3割7厘(自己最高)、34本塁打、95打点(ともに自己2位)という好成績で、王監督初の胴上げに貢献。2009年の阿部慎之助は2年ぶりに本塁打を30本台に乗せ、長打率はリーグ1位。日本シリーズではMVPを獲得した。 松井秀喜は2001年の就任初年度に優勝できなかったものの、生涯唯一の首位打者となっている。高橋由伸も優勝は逃したが、自己 [全文を読む]

中畑清「舌好調」24連打(2)カラオケの十八番は「酒よ」

アサ芸プラス / 2012年02月22日10時59分

サードのポジションをつかんだんです」(前出・デスク) その後、サードを争うことになったのが、現巨人軍監督の原辰徳(53)。前出・野球ライターが言う。 「81年、4番サードだった中畑は、ケガのためルーキーの原にポジションを奪われ一塁手に転向。以来、ライバル関係にある2人ですが、ある時、某スポーツ紙に『中畑と原は犬猿の仲』という記事が載った。中畑は、遠征先の原 [全文を読む]

球史に残る!「名監督たちの神采配」伝説プレイバック

日刊大衆 / 2017年05月04日09時05分

巨人の原辰徳監督は、2点ビハインドの9回2死から盗塁のサインを出し、野村監督は「バッカじゃなかろかルンバ」と揶揄し、話題になった。「マスコミを通じ、相手の監督やチームを挑発することで、優位に立とうとするのが野村監督のやり方。あの言葉もすべて計算ずく。采配は、グラウンドの中だけではないということを体現していましたね」(スポーツ紙中堅記者) [全文を読む]

侍ジャパン・小久保監督 結果はどうあれWBC後に交代か

NEWSポストセブン / 2017年03月08日07時00分

大会を盛り上げるという意味では、DeNA元監督・中畑清もあるだろうし、実績重視で第2回のチームを率いた原辰徳の再登板という声もある」(NPB関係者) 大会前から、そうした議論が出てきてしまう小久保監督について、第2回WBCで打撃コーチを務めた篠塚和典氏は諭すようにこう語る。 「レベルの高い選手が集まっているので、技術的な指導云々じゃない。選手の状態を見極め [全文を読む]

プロ野球選手のレコード 音痴ぶりで話題となったアノ助っ人

NEWSポストセブン / 2017年02月08日07時00分

原辰徳『どこまでも愛』(1982年・バップ) ジャケットで戯れる愛犬サムはB 面のタイトルにもなっている。同年には沢田研二や長渕剛も参加したLP『サムシング』も発売。 ●田尾安志『主人公』(1983年・CBSソニー) 親交の深いさだまさしの曲をカバーし、甘い声で歌う。ジャケットのタイトル文字は本人自筆。B面曲はコーラスでさだも参加。 ●平田勝男、池田親 [全文を読む]

【プロ野球】《日本シリーズ・名ホームラン選》日本シリーズの歴史に刻まれた「ホームラン名場面」をプレイバック!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月03日16時05分

4対2と2点リードで迎えた6回表、巨人は第5戦に満塁弾を放った主砲・原辰徳が2ランを放ち追加点を奪う。ここで7番・吉村禎章に代わり、この年限りで現役引退を表明していた中畑清が代打として登場する。 中畑は代わったばかりの近鉄・吉井理人からソロホームランをレフトスタンドへ運ぶ。打った中畑は両手を挙げて、ガッツポーズしながらベースを回った。試合は8対5で巨人が [全文を読む]

よみがえる名場面。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編1」

週プレNEWS / 2016年10月25日06時00分

続く第2戦は、巨人が若き4番・原辰徳の一発と、先発・西本聖が武器のシュートで内野ゴロの山を築く完封で1勝1敗とした。 そして、舞台が後楽園球場に移ると、日本シリーズ史上まれに見る大激戦へともつれ込む。第3戦は、1点差を追う巨人が、9回裏2死からレジー・スミスのヒットで同点に追いつき、続く中畑清がリリーフで登場した駒澤大時代の後輩・森繁和から三遊間をライナー [全文を読む]

CS惨敗の巨人「ポスト由伸」にあの絶好調男が急浮上!?

週プレNEWS / 2016年10月22日06時00分

「特にCSの解説は秀逸で、古巣DeNAの試合とはいえ、投手の配球、選手起用についての指摘の的確さは、同席した原辰徳前監督も比較にならないほどだった」(巨人関係者) DeNAは今季、初のCS進出を果たしたが、球団内では「中畑監督がまいた種がようやく芽を出した」ともっぱら。これには巨人の球団関係者も「もし中畑さんがあと1年早くDeNAを退団していたら、由伸を [全文を読む]

プロ野球覆面座談会「裏ネタ」ラストスパート!(1)陰のフィクサー・X氏が原前監督復権へ暗躍

アサ芸プラス / 2016年08月15日05時56分

前監督・原辰徳氏(58)の「陰のフィクサー」と呼ばれ、メディアに携わりながらも原氏に選手補強などチーム編成の面にまで助言を送っていた人物。そのX氏が高橋由伸監督(41)に再び急接近して「俺がオマエを守ってやるから何も心配するな」などと耳打ちしているらしいんですよね。高橋監督は現役時代、X氏と比較的仲がよかったものの、周囲のアドバイスもあって指揮官就任以降は [全文を読む]

2015年プロ野球を総括“覆面スクープ座談会”(1)「波乱だった巨人を取り巻く騒動」

アサ芸プラス / 2015年12月30日17時56分

その巨人は15年が原辰徳前監督(57)のラストイヤーでした。E(スポーツ紙デスク) その経緯は御誌がいちばんよくわかっているでしょう(笑)。原前監督のバックには、チーム編成や彼の活動等について陰でアドバイザー的な役割を果たすメディア関係者・X氏がいたと、15年4月末に「アサ芸」が報じたことは巨人関係者や読売本社、そして球界全体に大きな波紋を広げた。原前監督 [全文を読む]

プロ野球”ストーブリーグ”を騒がす球界スキャンダル爆弾「中畑監督の後任探しで揺れるDeNA」

アサ芸プラス / 2015年10月17日09時56分

OBであり、今年オリックスで巡回アドバイザーを務めたアレックス・ラミレス氏(41)、同じくOBのロバート・ローズ氏(48)、番長・三浦大輔(41)の投手兼任案に加え、古田敦也氏(50)、桑田真澄氏(47)、まだ去就不明な巨人・原辰徳監督(57)の横滑り就任案までが浮上。ただ、旧横浜色の強い佐々木主浩氏(47)の名前は不思議と出ていない。「旧横浜色の強い人よ [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

現在、クライマックスシリーズ(以下CS)を戦っているものの、今季で2年契約が切れる原辰徳監督退任の報道が飛び交っている。5日、渡邊恒雄巨人軍最高顧問と会談したものの、去就に関する話は出なかった。昨年はペナントレースで優勝こそしたもののCSで破れ日本シリーズに進出できず。2年連続で日本シリーズを逃すとなれば、監督交代の可能性は高くなりそうだ。 仮に原監督の退 [全文を読む]

【プロ野球】ほぼ期待外れ!? 昨年のドラフト1位選手たちの今(セ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年09月10日11時00分

原辰徳監督の鶴の一声で巨人が獲得した。 1年目からの活躍は厳しいのではないかと言われていたが、その前評判がズバリ的中。「長打力を見せたい」と意気込んでいた入団時とは打って変わって、泣かず飛ばすの状態に。8月1日のイースタン・楽天戦で同期の安樂智大(楽天)から一発を放つまで、本塁打が出なかった。 それでも逆転Vの起爆剤として、8月末に一軍昇格。9月6日のDe [全文を読む]

次期G監督候補 吉村禎章氏、篠塚和典氏、由伸、阿部の名も

NEWSポストセブン / 2015年06月21日07時01分

巨人を率いて通算12年に及ぶ原辰徳監督に今季限りで辞任の憶測が流れている。早くも球団内外では、次期監督の名前が取り沙汰されている。松井秀喜氏や横浜の中畑清監督、中日の落合博満GMの名前も挙がっている。それに加え、桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチも候補に目されている。 候補はまだいる。川相氏とともに1980年代の巨人を支えたメンバーだ。まずは198 [全文を読む]

ポスト原監督 桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチ

NEWSポストセブン / 2015年06月18日07時00分

巨人を率いて通算12年に及ぶ原辰徳監督だが、今季限りで契約切れを迎える。早くも球団内外では、次期監督の名前が取り沙汰されている。松井秀喜氏や横浜の中畑清監督、中日の落合博満GMの名前も挙がっている。 ポスト原となれば、前出の3人に匹敵するビッグネームの人選が求められる。他に名前が挙がるのが桑田真澄氏だ。 引退後の桑田氏は理論派指導者として東大の特別コーチに [全文を読む]

2強危うし?プロ野球「最終ペナント大予想」!(1)巨人が恐れるDeNAの存在

アサ芸プラス / 2015年03月28日09時55分

一方で、契約最終年となる原辰徳監督(56)が来季以降の“置き土産”でチームを変えようとしているとも──。「なんと阿部慎之助(36)、村田修一(34)、内海哲也(32)、杉内俊哉(34)らのベテラン主力を第一線から外して、結果は二の次でチーム改革に取り組もうとしているというんです。監督の思いをくみ取り『シーズンは3位ぐらいで、CSで勝てばいいという考えでは』 [全文を読む]

一触即発!封印されたセ・パ監督「重大ハプニング」(1)DeNA・中畑vs巨人・原の因縁勃発

アサ芸プラス / 2015年03月03日09時54分

「88は巨人・原辰徳監督(56)の背番号。2人には現役時代から不仲説がささやかれていましたが、それを表向きにしゃべってしまった。この放言を知った原監督は『フザけんなよ、あのヤロー』と、ご立腹だったそうです。ケンカを売った中畑監督は、むしろ原監督が怒るのを歓迎。挑発に乗ってくれてウッシッシ、という感じですよ。恐らくペナントレースでも火花バチバチ。ヘタすると [全文を読む]

フォーカス