視聴率 中野美奈子に関するニュース

大江アナ結婚もWBS視聴率変わらず 女子アナと視聴率の因果

NEWSポストセブン / 2014年10月18日07時00分

ファンからは落胆の声が上がったが、メインキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト』(以下、WBS)の視聴率にはどんな影響があるのだろうか。テレビ東京関係者が話す。「不思議なのか、当然なのか、結婚前後でWBSの数字は変わらないですね。たとえば、結婚発表前日の9月15日は3.3%で、発表当日の16日は3.9%、翌17日は3.8%とほとんど同じです。その後 [全文を読む]

フジは困惑!?小倉智昭が司会新記録達成で「東京五輪までやる」と訴え始めた!

アサ芸プラス / 2016年07月29日17時59分

「低視聴率にあえいだ時代もありましたが、今では視聴率低迷が長引くフジテレビの中で、安定した数字を稼ぐ番組です。7月20日放送では、小倉の恩人である故大橋巨泉が急性呼吸不全で亡くなったことを伝え、9.4%の平均視聴率を獲得。昨年末の特番は9.9%で、教育・教養・実用部門年間ベスト10位にランクインしました。年間平均視聴率でも、平日午前中の民放情報番組の首位を [全文を読む]

“視聴率惨敗”フジテレビのリーサルウェポン・宮司愛美はフジを救えるのか? スキャンダルを心配する声も…

おたぽる / 2015年09月19日12時00分

かつて視聴率三冠王の名を欲しいままにしていたフジテレビが、壊滅的な危機に陥っている。7月~9月期放送の連続ドラマが軒並み視聴率1ケタ台を叩きだし、“打倒ミヤネ屋”を目標に安藤優子キャスターを昼の時間帯に抜擢した『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)は最低視聴率1.1%をマーク。亀山千広社長の肝入りで始まった『水曜歌謡祭』(同)も低視聴率が続き、10月 [全文を読む]

元テレ朝の龍円愛梨氏 エコに傾倒し米国でロハス生活を満喫

NEWSポストセブン / 2012年10月19日07時00分

ただいま視聴率も絶好調で、日テレに比べれば待遇も悪くないテレビ朝日では退社する女子アナは比較的少ない。「先日は視聴率トップを祝って社員食堂が無料開放された。外部の人間にも無料で、普段、1食1100円の鰻重が飛ぶように出ていた」(テレ朝社員)と、景気のいい話も聞こえてくる。 その一方、退社した龍円は彼の地でロハスライフをエンジョイしている。 「30代になっ [全文を読む]

とくダネ! リストラ続出で「小倉さん作った王国壊す布石」

NEWSポストセブン / 2012年10月04日07時00分

視聴率は日テレ、テレ朝のはるか後塵を拝し、コストカットに歯止めがかからない。『とくダネ!』も例外ではなく、最近では同じ時間帯のライバルである『スッキリ!』(日本テレビ系)に惨敗していた。 別の情報番組スタッフは、これは『とくダネ!』終了の序章だと断じる。 「中野美奈子アナの後釜として菊川怜が鳴り物入りで加わったが、視聴率も上がらず、局内からは“自局のアナ [全文を読む]

加藤綾子「フリーになっても古巣出演ルール」の慣習に嫌気爆発

アサ芸プラス / 2016年09月25日09時57分

「『HERO’S』は、初回放送こそ視聴率5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と合格点でした。しかしその後は、同じ深夜帯の競合番組『Going! Sports&News』(日本テレビ系)の後塵を拝して伸び悩み、2%台に落ち込むことまであります」(前出・フジ関係者) カトパンは視聴率低迷の責任を重く受け止めているのだろうか。いや、理由はそれだけではないよう [全文を読む]

絶好調TV局副業 フジは結婚事業、TBSは高級マンション販売

NEWSポストセブン / 2012年11月25日07時00分

日本人のテレビ離れが指摘されるが、10年前と比べると全日視聴率では日テレやフジは2%以上も落ち込んでいる。視聴率の低迷で本業が頭打ちのなか、テレビ局の経営の中でますます存在感を増しているのが「副業」だ。 フジテレビの「お台場合衆国」、日テレの「汐博」など、テレビ局がイベント事業に力を入れているのはご存じだろう。その傾向はなお強まっている。 フジは東京・上野 [全文を読む]

「視聴率だけでなく女子アナの質も下げ止まらず」とフジ社員

NEWSポストセブン / 2012年09月21日07時00分

「ヤバイのは視聴率だけじゃない。女子アナの質も下げ止まらない。かつて『女子アナ王国』といわれたのも、今や昔の話です」 こう話すのはあるフジテレビ社員だ。各局は10月の秋クールに向けて積極的に女子アナの配置転換を行なっているが、なぜか「民放の雄」だったはずのフジの様子がおかしいのだ――。 フジは、2010年まで7年連続で獲得していた視聴率3冠の座を昨年日本テ [全文を読む]

フジ女子アナ採用 「役員の好みで…」と佐藤里佳部長疑義

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

「1位の水卜麻美アナを擁する日本テレビは、3年連続で視聴率年間三冠王に輝いています。フジが視聴率年間三冠王に君臨していた1990年代初頭は、『花の三人娘』が活躍していた。2004年に再び三冠王に返り咲いた頃は、アヤパンが『めざましテレビ』の顔として活躍し、内田恭子や中野美奈子もいた。女子アナは数字が取れる“局の顔”だけに、最近のウチの低迷は人気女子アナの不 [全文を読む]

酷使され…カトパン、ついに凋落フジテレビを見限り?心配は後任の永島優美?

Business Journal / 2015年07月16日23時00分

視聴率低迷に苦しみ、最近は『番組制作すら普通にできない』と酷評されているフジにとって、加藤アナの存在は数少ない希望でした。これまで幾度となくフリー転身が噂され、一時はとんねるずの個人事務所が移籍金に3億円を用意したとも一部でささやかれました。さらに、トーク番組内でアナウンス室長(当時)の牧原俊幸アナが『(引き留めは)もちろん』『辞めないよね?』と慰留す [全文を読む]

真麻も退社で見切り!! 視聴率4位転落のフジ、アヤパン起用に身内から批判噴出

メンズサイゾー / 2013年02月13日17時35分

先日、全日の週間視聴率でTBSに抜かれ、約30年ぶりの4位に転落してしまったフジテレビ。2010年秋に新設した日曜夜9時のドラマ枠「ドラマチック・サンデー」も低視聴率によって4月から社会派バラエティーに変更すると報じられた。 同枠では、第1弾となった松雪泰子主演の『パーフェクト・リポート』が平均視聴率6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と最初か [全文を読む]

退社後に局内評価を下げた中野美奈子と上げた平井理央の差は

NEWSポストセブン / 2013年02月06日07時00分

※週刊ポスト2013年2月15・22日号 【関連ニュース】高島彩が11位 女子アナ潜在視聴率トップ20を発表「視聴率だけでなく女子アナの質も下げ止まらず」とフジ社員フジ中野美奈子アナ 退社理由に小倉智昭原因説、遺恨あったか胸元や美脚が透ける生地をまとったセクシー・中野美奈子アナチノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載 [全文を読む]

美女アナ「四季報」(4) 中野美奈子

アサ芸プラス / 2012年09月28日10時55分

「表向きは、中野アナの夫の赴任時期が延びたからということになっていますが、実際は視聴率争いでテレビ朝日、日本テレビに抜かれ、ジリ貧状態が続いているため、フジテレビ幹部が高島に頼んで中野を口説いてもらったようです。所属先のフォニックスにはフジも出資していますからね」(大手広告代理店関係者) 2人の生番組のW司会となると、看板番組「めざましテレビ」以来で、3 [全文を読む]

フジピンチ、加藤綾子もフリー転身!? 凄惨いじめをアヤパン・ナカミーに相談

メンズサイゾー / 2012年08月04日15時00分

視聴率低迷とスポンサー離れのみならず、人気女子アナの相次ぐ流出にも上層部は頭を抱えているという。一昨年の年末、高島彩が結婚を機にフリーとなり、今年7月にはアヤパンと双璧の人気を誇った中野美奈子が夫の転勤を理由に退社。さらに『すぽると!』でオジさんたちの夜の癒しとなってきた平井理央までもが、9月に寿退社してしまう。アイドル並みのルックスだけでなく、機転のきく [全文を読む]

ナカミーの後任に女優が就任……。若手アナが不満タラタラの理由とは?

週プレNEWS / 2012年06月03日12時00分

このふたつの番組に高橋真麻アナや山﨑夕貴(やまさきゆき)アナといったタレント性ある若手を投入したため、メインを張れる人材が不足してしまったんです」(前出・局員) 視聴率で日本テレビの後塵(こうじん)を拝すフジテレビには、無名の若手アナを育てる余裕がないのかもしれない。 ●中野美奈子(なかの・みなこ) 2002年にフジテレビに入社。一時期、『とくダネ!』の小 [全文を読む]

菊川怜、「とくダネ!」卒業 「小倉さんは辞めないの?」

J-CASTニュース / 2017年08月10日14時53分

視聴率上げるなら...」 今回の発表に、ツイッター上では、 「結構好きだったのに寂しい。。」 「初登場時からずっと、菊川さんの活躍を見てきただけに寂しくなりますね」 などと悲しみの声が続出。そのほか、 「小倉さんとのコント楽しいのに、見れなくなるのは残念」 「えー!菊川怜以外で小倉さんとやり合える人いないでしょー!あの娘にタジタジなパパ感好きだったなー [全文を読む]

フジテレビ、好きな女子アナランキングでゼロ…アナウンス室で「深刻な事態」進行

Business Journal / 2017年07月20日06時00分

さらに永井美奈子などが知名度を上げていき、00年代に入ってフジが視聴率三冠王を取り戻した頃は、内田恭子や高島彩などが看板女子アナとして活躍していました」 近年の視聴率不振により、チャンネルを合わせられなくなったフジテレビは必然的に人気女子アナが生まれなくなってしまったというのか。「ニワトリが先か卵が先かみたいな話ですが、現在、本当に見たくなるような女子アナ [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

〇シエ藤(しえふじ)職業・ライター、芸能研究家、選手名鑑研究家、視聴率研究家。ほかの研究分野・生島ヒロシ、松木安太郎、岡本夏生、田原俊彦。『なぜ、日本人は田原俊彦を評価しないのか?』出版画策中。三遊亭好楽が歌丸復帰の『笑点』で見せたドヤ顔には懐疑的 [全文を読む]

凋落フジテレビから“イチヌケ”した中野美奈子の「バブリーすぎる」現在

おたぽる / 2015年09月27日09時00分

先日、最終回を迎えた月9の『恋仲』は、最終回視聴率が11.5%と振るわず、平均視聴率も歴代ワースト3となった。さらに8月には、ゴールデンタイムで視聴率3%台を記録するなど局全体が低迷ムードに包まれている。 フジテレビの売りであった女子アナも、カトパンこと加藤綾子の退社騒動や『めざましテレビアクア』に出演するフリーアナの不倫写真流出疑惑など、ネガティブな話題 [全文を読む]

野際陽子に始まり中野美奈子まで 「女子アナの変遷」60年史

NEWSポストセブン / 2015年05月08日11時00分

「女子アナ」という鉱脈を見いだしたフジテレビは、1982年から12年連続で年間視聴率三冠王に輝き、黄金時代を迎えた。 [全文を読む]

フォーカス