石原慎太郎 猪瀬直樹に関するニュース

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

石原慎太郎都知事の側近と知られた浜渦氏ですが、今回の知事選で「都議会のドン」としてその悪名が全国民に知れ渡ることになった内田茂氏と死闘を繰り広げ、都政を追われたことでもまた知られる人物です。そんな浜渦氏を同行させた小池知事の意図はどこにあるのでしょうか。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんが読み解きます。 都議会のドンに追い払われた元副 [全文を読む]

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

青島都知事時代に豊洲への移転の検討が始まり、石原慎太郎都知事が計画を決定、舛添要一都知事の時代に着工した。 計画を決めた石原慎太郎に責任があるのはもちろんだが、猪瀬、舛添のときにも、見直しはできたはずである。 雨漏りするほど築地市場の老朽化が進んでいるのは間違いない。50年近くも前から、移転の話が持ち上がりはじめていたとも聞く。 だがいまや、築地市場は「 [全文を読む]

進化か退化か?都知事選が人気投票から脱して”失点合戦”へ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日14時05分

青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一。皆メディアでも活躍した人たちだ。人気投票より、そろそろまともな都知事選もみたい。 しかし今回、メディア言うところの与党と野党に関係した「主要3候補」は決め手がない接戦だからか、ネガティブでわかりやすい情報が大きくとりあげられた。まるで「失点合戦」という様相だったのである。 小池百合子候補はフジテレビ系「バイキング」 [全文を読む]

特定秘密保護法、猪瀬知事5000万円問題を斬る...元『噂の真相』岡留安則の編集魂

東京ブレイキングニュース / 2013年12月02日12時00分

額には脂汗をかき、目をパチパチさせるさまは、石原慎太郎前都知事を想起させた。今年、9月に徳洲会への強制捜査が始まった後、猪瀬都知事は5000万円を徳田虎雄氏の長男である徳田毅議員に返却したという。おそらく、社会的には言い訳のきかない金であるやましさがあったのではないか。 5000万円を受け取った後、毅議員に借用書を書き、都知事選ではいっさい手を付けずに、先 [全文を読む]

豊洲喚問 百条委の無力と都議の本当の実力が露呈した

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

築地市場の豊洲移転決定をめぐって開かれた今回は、浜渦武生、石原慎太郎の両氏がどんな集中砲火を受けるのか、都民のみならず全国で注目を集めた。 ところが、蓋を開けてみれば“老害”を裁くお白州どころか、2人の迫力と何台ものテレビカメラを前に都議たちがビビる姿ばかりが目立ってしまった。 浜渦氏の喚問では、公明党の谷村孝彦都議が「東京ガスに政治的圧力で強引に売却を迫 [全文を読む]

東京都知事イロモノ説

文春オンライン / 2017年03月24日07時00分

小池百合子vs.石原慎太郎が大ウケする理由は豊洲移転の是非なんかではなく、ポピュリストがポピュリストを叩くという「刺激」の一点である。私も含めて多くの人は究極のショーを見物しているのである。 つまり東京都知事とはイロモノなのだ。 百条委員会もショーだったのか ©共同通信社 ここ20年の都知事を思い出してほしい。青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小 [全文を読む]

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(1)小池百合子VS石原慎太郎「愛憎50年」

アサ芸プラス / 2016年10月01日09時55分

9月28日からの都議会本会議では、小池百合子東京都知事が石原慎太郎元知事を呼び出すかどうか、「激化」が予想されている。両者の50年の愛憎に決着が着くのか──「盛り土」をもっても浄化しきれない、移転を巡る「10の衝撃真相」が取材で噴出した!「間もなく84歳になる年齢の影響もあって、たとえ重大な事柄であっても記憶が薄れたり、勘違いをしたりすることも考えられます [全文を読む]

他人を“気にしない”小池百合子流の生き方 嫌われても最後に勝つオンナとは

ウートピ / 2016年08月01日15時12分

もともと都知事選挙は「後出しジャンケンが有利」、つまり石原慎太郎元知事をはじめとして、公示日ギリギリの立候補が有利とされていていた。しかし、小池氏は、有力候補者の中でもっとも早く立候補を表明し、自民党東京都連だけでなく、都知事選全体を自分のペースに巻き込んだ。 この混乱が、2つ目のサプライズ、「孤立無援」を生んだ。舛添要一、猪瀬直樹、石原慎太郎。ここ3代の [全文を読む]

舛添知事辞任後は誰が都知事になってほしい?都民に緊急調査した結果…

しらべぇ / 2016年06月16日14時17分

(4)石原慎太郎(元東京都知事・作家)元東京都知事。一説によると舛添氏よりも政治資金の使い方は荒かったという報道もあるが、叩かれなかったのはやはり仕事をしっかりしていたからだろう。(5)マック赤坂(財団法人スマイルセラピー協会会長)選挙マニアにとっては故・羽柴秀吉氏と同じく大人気の人物。舛添氏が辞意を表明した次の日に、赤坂で「東京都知事に就任したマック赤坂 [全文を読む]

掟破りのマスコミ圧力にエラソーな態度...無名時代の猪瀬直樹と距離を置いたワケ by岡留安則

東京ブレイキングニュース / 2013年12月25日15時20分

おまけに、猪瀬氏を後継指名した石原慎太郎前都知事に「引導」を渡されたこともあって、それが決定打になったのだろう。都議会もメディアも猪瀬辞任で歩調を合わせていたこともあって、傲慢な猪瀬氏も心身ともに疲れきっていたはずだ。 IOC総会で東京オリンピックの誘致を勝ち取った頃のハイテンションぶりは姿を消して、声にも表情にも意気消沈した様子が滲み出ていた。大宅賞作 [全文を読む]

フォーカス