参院選 朝日健太郎に関するニュース

ラグビー日本代表落ち濃厚の五郎丸歩 次の“ルーティン”は政治家転身か?

日刊サイゾー / 2017年05月31日21時00分

自民党は過去にも、元スピードスケートの橋本聖子や元スキー・ノルディック複合の荻原健司、昨年の参院選では元ビーチバレーの朝日健太郎を当選させており、虎視眈々と『我が党から』と思っているでしょう」 くしくも次回の参院選は、ラグビーW杯が日本で行われる2019年。前大会のヒーローが、政治家として大会に携わる可能性は十分にありそうだ。 [全文を読む]

参院選の熱狂を歩く【後編】 田中康夫、小川敏夫、SEALDs

NEWSポストセブン / 2016年08月07日16時00分

アベノミクスや憲法改正の是非が問われたはずの2016参院選は、蓋を開けてみれば、過去4番目に低い投票率(54.70%)に終わった。与党からみれば順当、野党からみれば健闘──。そう総括された選挙だったが、政治家人生を賭した候補者からみれば生きるか死ぬかの戦い。熱く、熾烈な1日の裏側に、評論家・古谷経衡氏が足を踏み入れた(前編から続く)。 * * * 参院選[全文を読む]

参院選の熱狂を歩く【前編】 共産党、田中康夫VS小川敏夫

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

アベノミクスや憲法改正の是非が問われたはずの2016参院選は、蓋を開けてみれば、過去4番目に低い投票率(54.70%)に終わった。与党からみれば順当、野党からみれば健闘──。そう総括された選挙だったが、政治家人生を賭した候補者からみれば生きるか死ぬかの戦い。熱く、熾烈な1日の裏側に、評論家・古谷経衡氏が足を踏み入れた。 * * * 梅雨の間隙を縫うように蒸 [全文を読む]

自民単独過半数届かず、改憲勢力3分の2獲得へ 参院選2016「当確予測」発表

ニコニコニュース / 2016年07月10日20時00分

自民単独過半数届かず、改憲勢力3分の2獲得へ――― 第24回参院選が2016年7月10日(日)20時、投票を締め切りました。niconicoでは、LINE株式会社と共同で実施したウェブアンケート調査をもとに独自の分析を行い、「当確予測」を発表。同日20時からniconicoとLINE LIVEにおいて生放送する「niconico✕LINE LIVE【参院選 [全文を読む]

朝日健太郎候補は身長史上1位? 政治家たちの背比べ

NEWSポストセブン / 2016年07月07日16時00分

そして、今回の参院選では、元ビーチバレー五輪代表の朝日健太郎氏が自民党から東京選挙区に出馬している。世界レベルのバレー選手だけあって、その身長は199cm。正確なデータがあるわけではないが、もしも当選すればおそらく日本の政界で史上最高身長の国会議員となりそうだ。もちろん、身長の高さと政治家としての手腕が比例するわけではないだろうが、最近の傾向として比較的 [全文を読む]

【参院選リポート】朝日健太郎の右往左往な選挙活動を目撃

東京ブレイキングニュース / 2016年06月30日19時05分

26日の日曜日、参院選取材で都内をまわっていたんですよ。銀座から渋谷に行こうと、銀座線に乗ろうとした時......。 ぞろぞろと改札から入ってくる青いシャツ集団が見えて、そのトップにいたのが朝日健太郎、朝日健太郎。2度言ったのは試験に出るからではなく、ウグイス嬢を真似してみただけですが(笑)。 そう、不倫問題発覚で出馬が消えた乙武洋匡氏の代わりに自民党が東 [全文を読む]

今井絵理子、朝日健太郎ら参院選と都知事選の気になる著名人

NEWSポストセブン / 2016年06月27日07時00分

18才の選挙権施行で注目される7月10日の参院選。舛添東京都知事辞任にともなって行われる都知事選。「またもタレントや著名人ばかり!」との声が多く聞かれる中、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが“選挙”と“知名度”で考えたこととは――。 * * * 知名度の高さで選ばれた都知事2人が続けて任期途中に「政治とカネ」で退いた東京都。しがみついたり、トンデモナ [全文を読む]

オリンピック代表選手から国会議員へ、首相経験者も

政治山 / 2016年08月12日11時50分

谷氏は2010年7月の参院選に当選後、選手として現役を続行し2012年のロンドン五輪で金メダルを目指す意欲を示したものの、強化指定ランクを格下げされるなど、橋本氏の時と同様に批判的な意見も多く、同年10月、国会議員としてスポーツ振興に全力を注ぐことを優先するとしたため、現役引退と報じられました。元オリンピック選手の国会議員 <データの見方>氏名(*は現職 [全文を読む]

オリンピック代表選手から国会議員へ、首相経験者も

政治山 / 2016年08月12日11時50分

谷氏は2010年7月の参院選に当選後、選手として現役を続行し2012年のロンドン五輪で金メダルを目指す意欲を示したものの、強化指定ランクを格下げされるなど、橋本氏の時と同様に批判的な意見も多く、同年10月、国会議員としてスポーツ振興に全力を注ぐことを優先するとしたため、現役引退と報じられました。元オリンピック選手の国会議員 <データの見方>氏名(*は現職 [全文を読む]

心配の声も多い鳥越俊太郎 一発合格のジンクスなるか

NEWSポストセブン / 2016年07月23日07時00分

参院選で当選した今井絵理子(32才)や朝日健太郎(40才)が応援演説に入りました。増田さんだけだと、“え、誰?”“この人、知らない”となってしまうのですが、今井さんらと歩くと若者がどんどん寄ってくる」(自民党関係者) 積極的に写真撮影に応じ、撮影が終わると必ず“フェイスブックに載せてね”と声をかける。「今井さんや朝日さんとの写真ならSNSで拡散してもらい [全文を読む]

石破茂、福島瑞穂…池上彰「選挙特番」で斬られた側の反論

WEB女性自身 / 2016年07月19日06時00分

「年頭会見では、参院選で憲法改正を問うとおっしゃっていましたよね?」 池上彰氏(65)が、安倍晋三首相(61)に斬り込んだ。首相がはぐらかすと、「保守派からは真の保守ではないとの声もある」とさらに斬りかかり、「政治家に求められるのは思想家ではない」との 迷回答 を引き出した。 7月10日に放送された『池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)は、視聴率11.6 [全文を読む]

プレイバック池上無双 VS今井、三原、朝日

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

各局が放送した参院選特番のなかで、やはり話題となったのが、池上彰氏が司会を務めた『TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)だ。政治家たちに鋭く切り込む姿は、「池上無双」などと呼ばれているが、その一部を振り返ってみよう。 まずは、沖縄出身の今井絵理子氏に対し、米軍基地問題について質問した場面。 今井「1回沖縄に入って沖縄県民の話を聞いたりしてい [全文を読む]

東京選挙区 自民が朝日健太郎擁立に中川雅治陣営安堵

NEWSポストセブン / 2016年06月14日16時00分

参院選は与党vs野党の対決ばかりではない。東京、神奈川、愛知、大阪など定数が4以上の選挙区では、同じ政党の候補者が複数出馬。すると、党内では「最大の敵は味方だ」と激しい内ゲバが始まった──。 東京選挙区(改選6議席)で自民党は「2人当選」が目標。だが、その2人目の候補者選びが迷走した。有力とみられていた乙武洋匡氏がスキャンダルで出馬断念した後、党本部は公示 [全文を読む]

フォーカス