週刊誌 鳥越俊太郎に関するニュース

都知事選出馬・鳥越氏に女性トラブル浮上?相次ぐ“醜聞報道”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日12時05分

「十数年前、『鳥越氏が女子大生とトラブルになったらしい』と噂が広がり、複数の週刊誌が裏取りに走った。一部は実際に記事にしようとしたが、結局事実関係の詳細を詰め切れずに掲載を見送った経緯がある」(当時を知る週刊誌デスク) 鳥越氏を担ぎ出した民進党・東京都連も、出馬前から過去の女性スキャンダルが掘り起こされるのを警戒していたという。一時は擁立を見送る意見も出 [全文を読む]

鳥越俊太郎候補に”文春砲”! 女子大生とのスキャンダルが炸裂 週刊新潮は「無節操の履歴書」

ガジェット通信 / 2016年07月20日21時15分

今週発売の週刊誌は、軒並み有力候補である鳥越俊太郎氏のことを取り上げているようだ。 7月20日発売の『週刊朝日』(7月29日号)は 鳥越、増田、小池が抱える時限爆弾 という特集記事を掲載。全4ページ中、1ページほどのスペースに 後出しジャンケンの鳥越俊太郎「女性スキャンダル?」「政策なし?」 http://dot.asahi.com/wa/2016071 [全文を読む]

過去の横暴さから総スカン?鳥越俊太郎が受ける”手痛いしっぺ返し”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日13時05分

鳥越氏は辣腕弁護士を代理人に立て、週刊文春を刑事告訴する構えを見せています」(週刊誌記者) ■番組放送後の反省会でスタッフにブチ切れ? 京都大学卒業後、毎日新聞に入社。『サンデー毎日』編集長やテレビ朝日『ザ・スクープ』の司会コメンテーターなどで硬派のジャーナリストとして活躍していた鳥越氏だが、その人物評はいかなるものか。鳥越氏のテレビ時代を知る人物はこう証 [全文を読む]

妄言連発の鳥越俊太郎が選ぶ「流行語大賞」とは何なのか

デイリーニュースオンライン / 2016年10月08日12時05分

過去の「バージンだと病気と思われるよ」と女子大生に迫ったとされる件などはまだ事実か確定してないが、他にも、 「まだちゃんとした公約とかはできてません」 「私は昭和15年生まれで、終戦(昭和20年)の時、20歳でした」 「(公約は)がん検診100%!」 「がんサバイバーへの大変な差別だ!」 「東京をカイヨー(変えよう)」 「週刊誌は事実じゃないことを書きます [全文を読む]

鳥越俊太郎、「高畑裕太の人権擁護」発言は自分の事件をごまかすため?

アサ芸プラス / 2016年09月14日17時59分

週刊誌の記者が語る。「この7月に鳥越が野党統一候補として東京都知事選に出馬したとき、女子学生に対して強引に関係を迫ったと週刊誌で報じられたのは記憶に新しいところ。さらには9日放送の『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)でも、都知事選への立候補を見送った宇都宮健児弁護士から『事実無根なら都民に説明すべきだった』と指摘されるなど、いまだ鳥越は女子学 [全文を読む]

あくまでジャーナリスト風なだけ!? 見えたきた鳥越俊太郎氏の正体|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年08月02日19時45分

いちばんネックになったのは週刊誌で報じられた女性問題について「鳥越候補自らが記者会見など公開の場で説明責任を果たし、被害者女性への配慮を示すこと」を求めたが折り合わなかったことらしい。私がそれより注目したのは次。 《加えて、鳥越氏がテレビなどの討論会を欠席していることに対しても「明日(28日)朝以降、候補者間の政策討論等の機会があるならば、欠席しないこと」 [全文を読む]

鳥越俊太郎、「ジャーナリストとしては信頼度ゼロ」でもバラエティバブル到来!?

アサ芸プラス / 2016年11月21日09時59分

先日、週刊誌のインタビューに答え「正直、仕事は減りましたね」と立候補によるダメージを告白したが、実情は異なるようだ。放送作家が明かす。「選挙中に報じられた不貞疑惑や、落選後にひんしゅくを買った『ネットはしょせん裏社会』発言により、好感度が地に落ちたように見える鳥越さんですが、テレビでのニーズが高まっているんですよ。本人が言うように、報道番組のコメンテータ [全文を読む]

怪しい公約にカネ疑惑も?小池新都知事に”舛添の二の舞”の可能性

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日12時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

「都民見下し、逃げ続けた」鳥越俊太郎氏、真の苦難はこれから? まだ眠る「スキャンダルネタ」と穴だらけの知識

Business Journal / 2016年08月01日10時00分

鳥越氏は敗戦の弁において「選挙戦中には、私のまったく事実無根のことを報道されて、週刊誌の選挙妨害に近いかたちで、そういう影響もあったと思いますけれども、基本的にはやはり、私の力不足ということがおそらくこの結果につながっていると思います」と、週刊誌報道が選挙に影響してしまったと語っている。事実無根ということで2誌を告訴している鳥越氏だが、本当に事実無根かは [全文を読む]

鳥越俊太郎氏、池上彰との中継依頼を拒絶…敗戦の弁で「女子淫行疑惑報道」への批判展開

Business Journal / 2016年08月01日01時00分

「準備不足というのも、もちろんありましたし、選挙戦中には、私のまったく事実無根のことを報道されて、週刊誌の選挙妨害に近いかたちで、そういう影響もあったと思いますけれども、基本的にはやはり、私の力不足ということがおそらくこの結果につながっていると思います」 あたかも落選の理由が週刊誌報道にあるかのような物言いをする姿勢に、都民が鳥越氏を選択しなかった理由が [全文を読む]

【都知事選】知名度抜群の鳥越氏を苦戦させる”オンナと健康問題”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月26日12時05分

ジャーナリスト時代に鳥越氏が声高に週刊誌に対する報道の自由を追求していたことを踏まえて、今回の鳥越の姿勢に批判的な考えを示した。 「確かに鳥越氏の報道に関しては、選挙の内容とは離れてきている部分で騒がれています。今回の『文春』の記事が事実であろうとなかろうと、有権者の都民は政策をしっかり見て判断することが必要でしょう」(前出・記者) 共同記者会見では「がん [全文を読む]

鳥越俊太郎は「尊敬できる社会人」 共演経験者・大倉弘也に訊く

ガジェット通信 / 2016年07月22日14時37分

週刊誌やSNSでのバッシングについてどう思われますか? 大倉:今回、知事選に立候補されたことでいろいろ心ないバッシングがあるとは聞いていますが、目立ったら火の無いところにも煙をたてられて叩かれるのは、有名人の子供として僕も経験があります。さやかさんも「デタラメだらけの記事が出ている」って怒ってたけど、あれで鳥越家のみなさんは余計に団結力が強まっているみ [全文を読む]

「弁護士に一任」に既視感?都知事候補・鳥越氏に問われる説明責任

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日09時05分

週刊誌は店頭に並ぶまでに時間がかかるため、実はマスコミ関係者は前日に誌面を目にすることができる。 「20日の鳥越さんの街頭演説はお祭り騒ぎでしたよ。あんな選挙戦、なかなか見ることはできません」と話すのは取材にあたった全国紙記者の証言だ。 「この日は世田谷区の保育園を皮切りに、都内2カ所で街頭演説の予定が組まれると事前に発表されていました。保育園を視察─街頭 [全文を読む]

鳥越俊太郎の女子大生淫行報道、事実なら強制わいせつ罪で懲役刑に相当も

Business Journal / 2016年07月22日06時00分

この報道を受け鳥越氏は、「文春」に抗議文を送付するとともに、公選法違反罪(選挙妨害)などで東京地検に告訴状を提出したが、週刊誌記者は語る。「公示期間中にこのような候補者の醜聞を報じるというのは、『文春』としてもよほどの確証を持っているからでしょう。また、別荘訪問の後日、この女性と知人を交えた3人で話し合いの場が持たれたことを記事内で鳥越氏も認めていますが [全文を読む]

橋下徹さん「鳥越さん、訴える前に、いつも政治家に言っていた説明責任を果たしなさい」

ガジェット通信 / 2016年07月21日12時45分

一方で、前大阪府知事、前大阪市長である橋下徹さん(@t_ishin)は 鳥越さん あれだけ報道の自由を叫んでいたのに自分のことになったらちょっとケツの穴が小さくないか?一方的な証言だけで僕の出自を差別的に取り上げた週刊誌に対して、鳥越さんは「連載を打ち切るな、覚悟を持って報道しろ」のように言っていた。今回の文春なんてチョロい記事。ちゃんと釈明しなさい と [全文を読む]

健康不安だけではない! 都知事選野党統一候補・鳥越俊太郎氏を襲う“女性スキャンダル”

日刊サイゾー / 2016年07月19日13時00分

「今週発売の週刊誌が、相次いで鳥越氏の“身体検査”を実施。その結果、女性問題に関する記事が掲載されるようです」(別の政治担当記者) テレビ各局や一般紙、スポーツ紙は告示日後のスキャンダル報道は公平性の観点から控える傾向にあるが、週刊誌はお構いなし。テレビ関係者いわく「鳥越さんの女性問題は、出馬直後からささやかれていました。どうも妻以外に、長年付き合ってい [全文を読む]

都知事選出馬・鳥越俊太郎の“女性問題“を内調が安倍官邸の指示で内偵開始!? 既に週刊誌にリークの動きも

リテラ / 2016年07月13日22時00分

「昨晩あたりから、内調の関係者がテレビや週刊誌関係者に鳥越氏の女性関係を聞いて回っているようなんです。昨日、内調のトップである北村滋内閣情報官が1日に2回も安倍首相と会っていたのも気になります、もしかしたら、鳥越氏のことも相談していたんじゃないか。まあ、首相が直接指示したかどうかはともかく、強力そうな政敵は内調を使ってスキャンダルを仕掛けてつぶす、というの [全文を読む]

「なぜ国政の話を持ち込むのか?」鳥越俊太郎の都知事選出馬理由に疑問の声

アサ芸プラス / 2016年07月12日17時59分

不安視する意見もあるようです」(週刊誌記者) 2人続けて任期をまっとうできていない都知事。選んだ者として、恥ずかしく思う都民も少なくないはず。今回こそは厳しい目で、候補者を吟味したいものだ。 [全文を読む]

鳥越俊太郎「否定する方法がない」の弁明に「じゃあなぜ告訴!?」の追及殺到!

アサ芸プラス / 2016年08月01日17時59分

声を聞く耳は持っていると言いますが、真実を話す口は持ち合わせてはいないようです」(週刊誌記者) 7月29日には、新たに「女性によし!」のスローガンを掲げて街頭演説に立っていた鳥越氏。選挙が終わっても、疑惑の払拭にはまだまだ時間がかかりそうだ。 [全文を読む]

日本会議vs内田利権vs醜聞 「50億の外れガチャ」は小池百合子氏に当確

しらべぇ / 2016年07月31日20時30分

また、野党統一候補のジャーナリスト・鳥越俊太郎氏は、準備不足に加えて、複数の週刊誌が女性に対する「準強制わいせつ」とも疑われる醜聞を伝えた。■小池氏は右翼団体「日本会議」との関係も当選が確実となった小池百合子候補も、「党や組織の支援を受けない」「初の女性都知事」といったポジティブな側面もあるものの、極右でカルト的な要素に批判的な声が集まる「日本会議」との深 [全文を読む]

フォーカス