オリックス 田口壮に関するニュース

オリックス「完全最下位」に大低迷!不名誉な成績にファンの反応は…

しらべぇ / 2016年09月30日20時00分

※画像はオリックス・バファローズ公式サイトのスクリーンショット29日、京セラドーム大阪でオリックス・バファローズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合が行われ、10-2で楽天が勝利。これによりオリックスは4年ぶりの最下位が確定した。同チームは今年オープン戦、交流戦も同様の成績に終わっているほか、ペナントレースも全球団に負け越したうえ、2軍もビリ。史上初の「完 [全文を読む]

【プロ野球】オリックスの未来を拓け! ファンと選手とともに成長する田口壮2軍監督

デイリーニュースオンライン / 2016年10月16日17時05分

オリックスの1軍は最下位に終わり、2軍もウエスタン・リーグで2年連続最下位に終わった。 オリックスの2軍監督には今季から田口壮が就任。田口2軍監督のこの1年はどんなシーズンだったのだろうか? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■監督らしくない監督 田口壮と言えば、メジャー時代から自身のホームページで日記を配信していた。そして [全文を読む]

【プロ野球】ドカベン・香川伸行(南海)、赤鬼・マニエル(近鉄)ら個性派揃いの1980年の関西パ・リーグとは?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月23日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■赤鬼・マニエルが大暴れの近鉄 4月28日から30日の試合でオリックスが着用するのは、1978年から1996年までの近鉄のユニフォームだ。赤、紺、白のトリコロールカラーの帽子が個性的で、近鉄といえばこのユニフォームだという人も多いであろう。 近鉄は1974年から西本幸雄を監督に迎え、低迷し [全文を読む]

オリックス、異例の優勝争いでもまったく話題にならず スポーツ紙も無視

Business Journal / 2014年09月19日14時00分

プロ野球、オリックス・バファローズは14日、札幌ドームで北海道日本ハムファイターズ相手に7対2と勝利。16日から本拠地・京セラドーム大阪での首位決戦を前に弾みをつけた。同日、ペナントレース首位の福岡ソフトバンクホークスまでのゲーム差は3.5。18年ぶりの優勝に向けて、名実ともに「進撃のオリ」にならなければいけない時期に差しかかったが、オリックスは越えられな [全文を読む]

被災地神戸で優勝「一番はしゃいだのはイチロー」と野田浩司

NEWSポストセブン / 2013年10月05日07時00分

「がんばろうKOBE」の名のもとに1995年に続き連覇を狙ったオリックス。田口壮、本西厚博、イチローという鉄壁の外野陣を中心に、仰木彬監督の“130通り”といわれた日替わりオーダーで勝ち進み、9月23日、勝てば地元で優勝という大一番を迎えていた。 試合は白熱したシーソーゲームとなった。初回、日本ハムが1点を先制すると、2回にはオリックスが高橋智の2ランで逆 [全文を読む]

【プロ野球】オリックス黄金期の立役者。レジェンド・イチローと福良淳一監督、田口壮2軍監督の関係をたどる!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月22日17時05分

そのイチローに、「オリックスの選手がいろいろと聞きにいけばいい」と言うのは、オリックスの福良淳一監督。若手選手とイチローとの橋渡し役になっているのが、この福良監督と田口壮2軍監督だろう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■イチローが先輩として信頼した福良淳一 オリックスでのイチローの先輩選手であり、もっとも仲がよかったの [全文を読む]

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(3)名誉と評価回復に絶好の機会

アサ芸プラス / 2017年01月16日05時56分

「過去に『落合監督』の擁立に動いたのはDeNA、西武、オリックス。DeNAは落合氏が中日監督を退任した際、その懐刀だったスコアラーを受け入れ、落合氏を監督として迎え入れる態勢を整えたことがあります。西武も落合氏の監督就任を見据えた身辺調査に乗り出した経験がある。だが、最有力はオリックスでしょう。岡田彰布監督が途中休養した12年に当時、『浪人』だった落合氏と [全文を読む]

【プロ野球】オリックス2軍が充実! スタジアムDJ・ケチャップさんとともに2軍選手に声援を!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月02日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■舞洲にできた充実の2軍施設 今年からファームの本拠地を神戸サブ球場から、大阪の舞洲サブ球場へ移転したオリックス。3月25日には、初のウエスタン・リーグ公式戦が行われた。舞洲には球場だけでなく、室内練習場や合宿所も新たに作られている。合宿所の名前は神戸のときと同じ「青濤館(せいとうかん)」 [全文を読む]

岡田圭右が番組MC就任でオリックスも好調な滑り出し?

Smartザテレビジョン / 2016年03月25日17時30分

ますだおかだの岡田圭右が、プロ野球オリックス・バファローズの情報番組「オリックス日和」(BS12 トゥエルビ)の新MCを務めることが分かった。 昨年までオリックス・バファローズのプロジェクトマネージャーの北川博敏元選手がMCを務めていたが、ことしからはバファローズの1軍打撃コーチに就任するため、岡田にバトンタッチすることになった。 北川は、代打逆転サヨナラ [全文を読む]

『キャプテン』を愛読した田口壮「谷口タカオは人生の師匠」

NEWSポストセブン / 2015年03月18日07時00分

オリックスやセントルイス・カージナルス、フィラデルフィア・フィリーズでチームの優勝に貢献した田口氏は、決して「野球エリート」ではない。出身高校は野球では無名の進学校、兵庫県立西宮北高。ショートを守り、キャプテンとしてチームを引っ張ったが、甲子園とは無縁だった。 「高校時代は『ドカベン』(水島新司・作)をよく読んでいましたね。憧れの甲子園で大暴れする山田太 [全文を読む]

田口壮氏 車椅子の少年に手加減せず本気でぶつかり心繋がる

NEWSポストセブン / 2013年11月21日07時00分

阪急・オリックスで球団専属トレーナーを務めていた松元隆司である。 現在のように投手の分業制が確立されておらず、誰だろうといつリリーフ登板があるかわからない時代。いつでも連投できるように準備しておく必要があった。 松元は時には鍼や灸を使うこともあり、その時も患部に直接打つのではなく、周囲からゆっくりほぐしていった。それで時間が掛かり、午前様になることもしばし [全文を読む]

大谷強行指名の日ハムに「オリックスの二の舞か」と心配の声

NEWSポストセブン / 2012年10月31日16時00分

それは、1990年代の10年間、すべてのシーズンでAクラスに入ったものの、2000年代に入ってから低迷の続くオリックスだ。野球担当記者が解説する。 「オリックス低迷の要因は、ドラフト1位指名の相次ぐ失敗と拒否にあるといっても過言ではない。『がんばろうKOBE』を合い言葉に、イチローや田口壮を中心に仰木彬監督の元で1995、1996年とパ・リーグ連覇。最近の [全文を読む]

イチローがメジャー3000安打を達成!ファンが祝福

しらべぇ / 2016年08月08日10時50分

今、古巣のオリックスがめちゃくちゃ弱いじゃないですか。現在もオフは神戸で自主トレしてますし、そろそろ戻ってきて欲しい。現在の監督福良さんは優勝時に1、2番コンビを組んでいましたし、信頼しあう仲と聞いていますし、田口壮さんもいます。いろいろと窮地に追い込まれているオリックスを救ってもらえないでしょうか...」偉大な記録を達成したイチローの今後に注目だ。・合わ [全文を読む]

90年代ドラフトのドラマ 赤フン福留指名、憮然とする由伸等

NEWSポストセブン / 2015年10月24日07時00分

◆ドラフト下位にも宝が眠る イチローは「4位指名」だった【1991年】 いまや世界的プレーヤーのイチローだが、愛工大名電高からオリックスには4位指名。一方の1位はこちらもメジャーリーグで活躍した田口壮だ。 ◆ゴジラ松井をミスターが引き当てた! 後の「国民栄誉賞師弟」誕生【1992年】 夏の甲子園で「5打席連続敬遠」を受けた怪物・松井秀喜(星稜高)は当然こ [全文を読む]

球界に影響するNHK人脈 星野仙一氏や梨田昌孝氏、与田剛氏

NEWSポストセブン / 2015年10月08日07時00分

すでに次期監督には、球団のスポーツ・コミュニティー・オフィサーという役職を与えられている稲葉篤紀氏が内定しているとされています」(日本ハム担当記者) 反対に早くから監督の辞任が決まったのは、シーズン途中で休養したオリックスの森脇浩司監督と、自ら辞任表明を行なった楽天・大久保博元監督の2人だ。 楽天では、GM就任が予想される星野仙一氏が中心になって後任人事が [全文を読む]

オリ・佐藤世「一軍で投げずに仙台には帰れない」 休日返上でブルペン入り!

ベースボールキング / 2017年02月10日16時00分

オリックスの佐藤世那が10日、休日を返上してブルペンで投球練習を行った。 田口壮二軍監督、小松聖二軍投手コーチが見守る中、投球練習を行った佐藤世は「自分の中でパワーをある程度つけたいと思っていたので、ウエイトをやっていたのですが、上半身と下半身のバランスが少し悪くなってしまった。今日は動画を撮ってもらって、フォームの確認を行いました」とブルペンに入った経緯 [全文を読む]

オリ・田口二軍監督 一軍低迷に「負け慣れてしまっている」

NEWSポストセブン / 2016年06月18日07時00分

現役選手さながら、ストッキングを上げたスタイルのオリックス・田口壮監督。自身の提案したランニングメニューを実行し、選手とともに球団の室内練習場の周りを走り込んでいた。 「監督に就任した時に“徹底的に走らせる”と宣言しました。運動の基本は走ること。長く走ることで自分の弱点が見えてくる。それに夏を乗り切るための体力も必要。特に二軍は暑いですから」(田口監督) [全文を読む]

プロ野球開幕「怒号と失笑のドタバタ事件」ロケットスタート!(4)楽天がオコエを2軍に行かせないワケ

アサ芸プラス / 2016年04月17日17時56分

開幕不振のオリックスには、早くもキナ臭い人事の動きが見え隠れしている。福良淳一監督(55)の「途中休養」だ。昨年も6月上旬に森脇浩司前監督(55)を途中休養させ、福良監督を昇格させたが、球団スタッフは、いつ宮内義彦オーナーの強権が発動されるのかとビクビクしている。「途中休養した場合の代理監督は西村徳文ヘッドコーチ(56)か、田口壮二軍監督(46)。西村ヘ [全文を読む]

田口壮氏 野球漫画で最強の魔球聞かれ「野茂さんのフォーク」

NEWSポストセブン / 2015年03月21日16時00分

オリックスではイチローらとともにリーグ連覇を達成し、米メジャーリーグでは、2度のワールドシリーズ制覇を経験した田口壮。出身高校は野球では無名の進学校、兵庫県立西宮北高で、甲子園とは無縁だった田口は、野球漫画ではちばあきおの名作『キャプテン』の愛読者だったそうだが、現在は『MAJOR』(満田拓也・作)を愛読しているそうだ。 「息子が買ってきた単行本が家に転が [全文を読む]

引退したモテ男石井琢朗 理想のタイプ「渡辺美里」は本当か

NEWSポストセブン / 2012年12月29日07時00分

今季、プロ野球界では、金本知憲(阪神)、田口壮(元オリックス)、石井琢朗(広島)、小久保裕紀(ソフトバンク)、城島健司(阪神)ら、大物選手が続々と引退した。このなかで、世の男性諸君から羨ましがられることが、もっとも多かったのは石井琢朗ではないだろうか。 とにかくモテるこの男、1996年には元アイドルグループCoCoのメンバーである瀬能あづさと結婚。2000 [全文を読む]

フォーカス