時代劇 藤沢周平に関するニュース

82歳・仲代達矢が鬼気迫る「果し合い」。5社タッグの新時代劇がスタート

まぐまぐニュース! / 2015年09月30日07時30分

スカパー!は、時代劇専門チャンネルとBSフジと協力し、時代小説の大家・藤沢周平の原作を、新たなオリジナル時代劇シリーズとして4作品を制作・放送することを発表しました。 シリーズ第一弾として放送されるのが、1970~80年代に藤沢周平により執筆された短篇「果し合い」。本作でヒロインを務めた桜庭ななみと、監督の杉田成道が出席し、見どころを語ってくれました。 本 [全文を読む]

「小さな橋で」豪華キャストが完成披露で集結!監督、子役は京都→東京500kmの〝弾丸舞台挨拶″強行!

共同通信PRワイヤー / 2017年09月05日23時05分

2017/9/5スカパーJSAT株式会社/日本映画放送株式会社豪華キャストが完成披露で集結!監督、子役は京都→東京500kmの〝弾丸舞台挨拶″強行!「時代劇専門チャンネル」を運営する日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉田成道)とスカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:高田真治)は、9月5日(火)に【藤 [全文を読む]

「小さな橋で」完成披露試写会のお知らせ 松雪泰子、江口洋介らが登壇!

共同通信PRワイヤー / 2017年08月28日14時00分

2017年8月28日時代劇専門チャンネル(日本映画放送株式会社)【藤沢周平 新ドラマシリーズ 第二弾「橋ものがたり」】「小さな橋で」9月5日(火)15時より丸の内ピカデリー1にて★出演者の松雪泰子はじめ、江口洋介、藤野涼子、田中奏生、杉田成道監督が登壇!!★時代劇専門チャンネルを運営する日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉田成道) [全文を読む]

現代に通じるホームドラマ「藤沢周平 新ドラマシリーズ」第2弾『小さな橋で』出演者が登壇!

ザテレビジョン / 2017年07月20日21時00分

時代劇専門チャンネルが、7月18日に都内で、「藤沢周平 新ドラマシリーズ」第2弾の制作、放送決定を記念したラインナップ発表会を開催。藤沢周平原作「橋ものがたり」の『小さな橋で』に出演する松雪泰子、田中奏生、藤野涼子、江口洋介と杉田成道監督が登壇した。 「藤沢周平 新ドラマシリーズ」とは、時代小説の名手である藤沢周平の作品を映像化するプロジェクトで、時代劇[全文を読む]

松雪泰子と江口洋介 藤沢周平名作短編で夫婦役

NEWSポストセブン / 2017年09月13日16時00分

『小さな橋で』に出演した松雪は「藤沢作品は時代劇でありながら現代にも通じる魅力を持っていて、特にこの作品はホームドラマであり人間ドラマ」とコメント。松雪の夫を演じた江口は「時代劇は権力側を描いた作品が多いですが、この作品は『民』を描いていて現代劇にも通じる部分があります」と語った。 ■撮影:矢口和也 [全文を読む]

松雪泰子、藤野涼子と取っ組み合いのケンカ「感情がぶつかり合うようにやりたかった」

映画.com / 2017年09月05日18時40分

[映画.com ニュース] BS放送・時代劇専門チャンネルが制作するオリジナル時代劇の最新作「小さな橋で」の完成披露試写会が9月5日、東京・丸の内ピカデリー1で行われ、松雪泰子、江口洋介、藤野涼子、田中奏生と杉田成道監督が舞台挨拶に立った。 没後20年、生誕90年を迎える藤沢周平の短編集「橋ものがたり」から3作をドラマ化する「藤沢周平 新ドラマシリーズ第二 [全文を読む]

イケメン俳優・溝端淳平に振りかかった「高畑裕太の呪い」

アサ芸プラス / 2017年04月15日09時58分

4月7日から主演時代劇「立花登青春手控え2」が放送されているが、まるで話題になっていない。NHK BSプレミアムという視聴者数の限られた舞台のためもあるが、それ以外にも大きな理由がある。それは、高畑裕太だ。「中井貴一主演の同名作品を34年ぶりにリメイクした『立花登青春手控え』は、藤沢周平の原作をもとにした骨太のヒューマンストーリー。2016年5月13日から [全文を読む]

仲代達矢が泣いた。新テレビドラマ「果し合い」が劇場上映決定

まぐまぐニュース! / 2015年10月08日11時04分

(C)2015 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 スカパー!、時代劇専門チャンネル、BSフジが協力し制作・放送される、4作の新オリジナル時代劇「藤沢周平 新ドラマシリーズ」。その第一弾となる仲代達矢主演の「果し合い」の完成披露試写会が、東京・丸の内ピカデリーにて行われました。さらに試写会終了後、仲代達矢、桜庭ななみ、柳下大、原田美枝子、杉田成道監督が [全文を読む]

桜庭ななみ、時代劇「果し合い」でオリジナルの演出も!

Smartザテレビジョン / 2015年09月29日20時32分

スカパー!、時代劇専門チャンネル、BSフジの3社共同で制作・放送が決定した藤沢周平原作のオリジナル時代劇「藤沢周平 新ドラマシリーズ(4作品)」。その第1弾「果し合い」が10月31日(土)にBSスカパー!にて放送される。 監督である杉田成道と、主演の仲代達矢演じる庄司佐之介の姪孫、美也役を演じた桜庭ななみが、9月29日に開催された「スカパー!メディアラウン [全文を読む]

北大路欣也が“親戚のおじさん”に例えた共演者とは

Smartザテレビジョン / 2016年01月20日22時05分

1月20日に東京・丸の内TOEIで「BSフジ開局15周年記念特番 オリジナル時代劇藤沢周平新ドラマシリーズ『三屋清左衛門残日録』」の完成披露試写会と舞台あいさつが行われ、同作品に出演する北大路欣也、麻生祐未、伊東四朗が登壇した。 本作は、息子に家督を譲り隠居していた三屋清左衛門(北大路)が、親友の町奉行・佐伯熊太(伊東)からもたらされる数々の事件によって、 [全文を読む]

仲代達矢も思わず涙 期待の時代劇「果し合い」完成!

Smartザテレビジョン / 2015年10月09日20時16分

CS放送の時代劇専門チャンネルがスカパー!、BSフジと協力し映像化に臨んでいる、藤沢周平原作のオリジナル時代劇シリーズの第一弾「果し合い」がBSスカパー! にて、10月31日(土)に放送される。放送に先立ち、主演の仲代達矢らキャストが登壇する完成披露試写会が8日(木)に東京・丸の内ピカデリー1で開催された。 「この作品はスクリーンで見てみたい」と仲代が撮影 [全文を読む]

時代劇のオワコン化はキムタクのせい!? キムタクもオワコンだけど...

リテラ / 2014年10月13日16時00分

月9初の時代劇というふれこみで注目を集めているが、ストーリーは主人公である男子高校生が戦国時代にタイムスリップするというもので、小栗旬が主人公と織田信長の一人二役を演じることが話題となっている。 そういう意味では、ビッグヒットとなった『JIN─仁─』や、堺雅人主演の男女を逆転させた『大奥〜誕生[有功・家光篇]』(ともにTBS系)、前クールの『信長のシェフ』 [全文を読む]

江口洋介、時代劇の意義を力説「今のドラマで表現しにくい」

ORICON NEWS / 2017年09月05日17時56分

俳優の江口洋介(49)が5日、都内で行われた「スカパー!×時代劇専門チャンネル新作オリジナル時代劇『小さな橋で』」完成披露試写会に出席。同作の見どころについて「昔の時代の話なので、今みたいに便利な世の中じゃないから、もっと人と人がダイレクトにつかみ合ったり、見つめ合ったり、言い合ったりっていう今のドラマでは表現しにくい部分があるなと思いました」と言葉に力を [全文を読む]

松雪泰子、時代劇版「北の国から」でダメ母役に 子役の「本当のお母さんだったらイヤ」に納得!?

映画.com / 2017年07月18日15時00分

[映画.com ニュース] BS放送・時代劇専門チャンネルが制作する「藤沢周平 新ドラマシリーズ」第2弾のラインナップ発表が7月18日、都内のホテルで行われ、第1作となる「小さな橋で」に出演の松雪泰子、江口洋介、藤野涼子、田中奏生と杉田成道監督が会見した。 2015年に第1弾の制作が開始され、杉田監督で仲代達矢主演の「果し合い」は今年4月のニューヨーク・フ [全文を読む]

仲代達也84歳「キャリアが終わるとき、人生も終わる」

文春オンライン / 2017年06月01日17時00分

ひとつは時代劇専門チャンネルが製作した藤沢周平原作のオリジナル時代劇『果し合い』。江戸時代、老境の武士が若者のために果し合いに挑む物語だ。この作品は4月に開かれたテレビ界の国際的権威「ニューヨーク・フェスティバル」最高賞となる金賞を受賞した。 「派手なチャンバラではなく、人間の心を描いた静かな作品。海外で認められるとは想像もしませんでしたから、受賞の報せに [全文を読む]

北大路欣也「毎日、理想の人に会える」

Smartザテレビジョン / 2017年01月30日14時41分

'16年2月、CS放送の時代劇専門チャンネルとBSフジなどが制作放送し、好評を博したオリジナル時代劇「三屋清左衛門残日録」から1年。続編となる「三屋清左衛門残日録 完結篇」がBSフジで2月11日(土)に放送される。東映京都撮影所で撮影中の主演、北大路欣也に作品の見どころなどの話を聞いた。 主人公の三屋清左衛門は東北の小藩で前藩主の用人を務めた後、家督を息子 [全文を読む]

「忍術」ではなく「忍法」を使い始めたのは吉川英治が最初か

NEWSポストセブン / 2013年10月16日16時00分

作家としての評価全般については、さまざまな文学史の叙述においてなされるだろうが、歴史劇・時代劇の視点からみたとき、山田風太郎は、司馬や池波正太郎、藤沢周平らビッグ3にも劣らぬ存在感と後世への影響を残したと評価できる。 忍法帖という切り口からして明らかなように、山田風太郎の歴史・時代小説は、歴史上の(著名な)人物や事件を、史実に則して描くというスタイルでは [全文を読む]

フォーカス