大阪桐蔭 藤浪晋太郎に関するニュース

【センバツ】東北勢初の日本一なるか!?…ジンクスと因縁で占う優勝校予想

デイリーニュースオンライン / 2015年03月22日08時50分

スポーツ紙などで優勝候補に挙げられているのは、昨秋(2014年)の明治神宮大会を制した仙台育英(宮城)、同大会準優勝で一昨年のセンバツV校・浦和学院(埼玉)、夏春連覇を目指す大阪桐蔭(大阪)、近畿大会の覇者・天理(奈良)、昨夏の甲子園で4強の敦賀気比(福井)、プロ注目の最速152キロ右腕・高橋純平を擁する県立岐阜商(岐阜)など。 センバツにはさまざまなジ [全文を読む]

WBC日本代表を最も多く輩出する高校は?

ベースボールキング / 2017年01月31日07時15分

日本代表選手の出身高校に注目すると、今大会は大阪桐蔭出身の選手が平田良介(中日)、中田翔(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)と最多の3名が選ばれている。ではこの4大会で、最も多くWBC日本代表を輩出している高校はどこなのだろうか…。 最も多くWBC日本代表戦士を輩出しているのは、PL学園と大阪桐蔭の5人だ。PL学園高は“KKコンビ”でお馴染みの桑田真澄、清原 [全文を読む]

大阪野球名門PLと大阪桐蔭 先輩・後輩の関係など諸々対照的

NEWSポストセブン / 2015年07月30日11時00分

同じ大阪にある高校野球の有名校だが、1956年創部のPL学園と1988年創部の大阪桐蔭はことごとく対照的な特徴を持つ。 PLは名将・中村順司監督の下、「チームワーク」を第一に考えた。チーム打撃、送りバント、守備でのカバーなど、「チームのために自分は何をしたらいいのかをまず考える」野球である。 対する大阪桐蔭は中田翔(日本ハム=2008年卒業)や森友哉(西武 [全文を読む]

中村剛也や中田翔ら 大阪桐蔭OB選手が「マン振り」する理由

NEWSポストセブン / 2015年07月28日07時00分

先日開催されたプロ野球のオールスター第1戦では、パ・リーグの3番から6番までに森友哉(西武=2014年卒業)、中村剛也(西武=2002年卒)、中田翔(日本ハム=2008年卒)、浅村栄斗(西武=2009年卒)と4人の大阪桐蔭OBがズラリと並んだ。 セ・リーグでも打撃10傑に名を連ねる平田良介(中日=2006年卒)と、阪神のエースに君臨する藤浪晋太郎(2013 [全文を読む]

大谷、山田、筒香…プロ野球大スターの「甲子園時代」 “原石”はすでに輝いていた!

日刊大衆 / 2016年08月10日10時30分

1年冬からメジャーのスカウトが来る逸材でしたが、1日に白飯13杯のノルマに加え、寝るためだけの“寝部屋”も用意されるなど、体を大きく育てられました」(スポーツ紙記者) 大谷といえば、12年、3年春の1回戦、大阪桐蔭の藤浪晋太郎(22=阪神)との“摩天楼対決”だろう。この試合の2回、大谷は藤浪からライトスタンドへ本塁打を放った。大谷本人は「スライダーでした。 [全文を読む]

【プロ野球】乱闘が起こる確率は…オールスター“サプライズ”を勝手に大予想

デイリーニュースオンライン / 2015年07月16日15時00分

大阪桐蔭時代にバッテリーを組んだ1学年上の先輩・藤浪晋太郎(阪神)の対戦はもっともドラマがある組み合わせだろう。 中継は2試合とも「資料集め」に定評があるテレビ朝日が担当する。夏の甲子園を放送するABC朝日放送が系列局にあるので、甲子園の映像がふんだんに使われるだろう。「高校時代にはバッテリー」「2012年の甲子園で春夏連覇」「思い出の地・甲子園で2人があ [全文を読む]

大阪桐蔭OBの藤浪と森 中田翔や西岡ら先輩との上下関係配慮

NEWSポストセブン / 2014年09月01日07時00分

夏の甲子園で4度目の優勝を果たした大阪桐蔭は、今やプロ球界でも一大勢力だ。パ・リーグの強打者・中田翔(日本ハム=25)や中村剛也(西武=31)のほか、阪神には岩田稔(30)、西岡剛(30)、藤浪晋太郎(20)の3人が顔を揃える。 「大阪桐蔭の強さは、西谷浩一監督による全国スカウト行脚にある。捕手以外はすべて各中学の“エースで4番”を選び、1学年20人ほどの [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(1)大谷翔平の二刀流への布石となった一撃

アサ芸プラス / 2016年08月07日09時59分

そこでは大谷と並ぶ大会の注目選手と目された藤浪晋太郎(現・阪神)の大阪桐蔭といきなり初戦で激突することになった。投手・大谷は5回表まで大阪桐蔭打線を2安打無失点に抑えたものの、6回表に2つの四球と長短打を浴びて一挙に3失点。7回には本塁打を打たれるなど、8回2/3を投げて被安打7、与四死球11で9失点(自責点5)。大阪桐蔭打線の強力打線の前に一敗地にまみれ [全文を読む]

甲子園制覇!大阪桐蔭・西谷監督のスターを育てる秘訣とは?

アサ芸プラス / 2014年09月09日09時57分

第96回全国高校野球選手権大会は、大阪桐蔭が深紅の優勝旗を手にした。過去7年で3度(センバツを含めれば4度)の甲子園制覇を達成している、常勝軍団の強さの秘密に迫る──。 大阪桐蔭は昨年秋の近畿大会大阪府予選4回戦で履正社にコールド負けし、今年のセンバツ出場を逃した。しかし、その履正社に春の大阪府大会でリベンジを果たし、そのまま近畿大会を制している。そして夏 [全文を読む]

投手は藤浪、野手は高山が活躍 最近5年間の阪神のドラ1は?

ベースボールキング / 2017年01月15日10時00分

【2013年】 藤浪晋太郎(大阪桐蔭高) 1年目成績:24試 10勝6敗 防2.75 ☆大阪桐蔭高でエースとして3年春夏甲子園連覇に大きく貢献。ドラフトでは4球団から指名を受けた藤浪は、高卒ルーキーながら先発ローテに入り10勝をマークした。1年目は球数制限があったこともあり、規定投球回に到達しなかった。 【2014年】 岩貞祐太(横浜商科大) 1年目成績 [全文を読む]

フォーカス