韓国 内田篤人に関するニュース

孤高の北朝鮮ストライカー、チョン・テセ「道なき道を歩んでいるプライドはある!」

週プレNEWS / 2013年04月20日06時00分

生まれ育った日本でプロサッカー選手となり、韓国籍ながら北朝鮮のパスポートを取得し、W杯にも出場したチョン・テセ。そして、新たな挑戦の地に選んだのが「自分の中で一番遠い国」と話していた韓国だ。彼は今、何を思うのか? 現地で直撃した! ■韓国でこんなに注目されるとは…… Jリーグの川崎フロンターレでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートし、2010年には北 [全文を読む]

東京五輪世代が挑むU-20W杯予選、日本はカタール、イエメン、イランと同組

ゲキサカ / 2016年05月01日12時37分

来年韓国で開催されるU-20W杯のアジア予選となるU-19 選手権バーレーン 2016(10/13~30)の組み合わせ抽選会が4月30日に行われた。抽選の結果、日本はグループCに入り、カタール、イエメン、イランと同組になった。 同大会は16チームが4グループに分かれて総当たり戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出。準決勝進出の4チームにU-20W杯 [全文を読む]

アジアのスポーツ大国日本 海外球団所属選手数は韓国を圧倒

NEWSポストセブン / 2012年06月18日07時00分

お家芸であるはずの野球では、WBC開催前は、多くの人が「アメリカやキューバには敵わない」と思い込み、韓国に敗れると“韓国に追い抜かれるのも時間の問題か”と悲観的になる。 サッカーでも、2年前の南アフリカW杯で岡田ジャパンの決勝トーナメント進出を予想した人は少数派だった。大会後に「岡ちゃんゴメン」が流行語となったのも記憶に新しい。 日本スポーツはもっと胸を張 [全文を読む]

久保建英も他人事じゃない?バルサでプレー再開の韓国人FWが“不合格通知”か

ゲキサカ / 2017年06月22日23時21分

韓国『朝鮮日報』が『ムンド・デポルティボ』などスペインメディアの情報を基に伝えている。 記事によると、イ・スンウは母国で開催されたU-20W杯に参加する前、クラブからバルセロナB昇格の不可通知を受けていた模様。グループリーグ第1節のギニア戦で1ゴール1アシスト、第2節アルゼンチン戦でも1ゴールを記録するなど、強いインパクトを残した“韓国のメッシ”だが、傷心 [全文を読む]

ドルトムント、韓国の新鋭イ・スンウにアプローチか

超ワールドサッカー / 2017年06月23日09時00分

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、バルセロナBでプレーするU-20韓国代表MFイ・スンウ(19)の獲得に向かっているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽2011年からバルセロナBでプレーしているが、トップチーム昇格が難しい状況だと伝えられているイ・スンウ。バルセロナとの現行契約は2019年まで。契約解除金として260万ポンド(約 [全文を読む]

韓国でも“久保建英フィーバー”の予感…韓国メディアも注目選手に取り上げる

ゲキサカ / 2017年05月19日22時19分

U-20W杯が20日に韓国で開幕する。1977年に創設された同大会は、2005年までワールドユース選手権の名で親しまれていた大会で、日本はMF小野伸二を中心とした“ゴールデンエイジ”の1999年ナイジェリア大会で準優勝という成績を残している。 ただ近年、日本は4大会連続で出場を逃していたため、2007年のDF内田篤人らを擁した“調子乗り世代”以来、5大会ぶ [全文を読む]

AFC U-19選手権予選で日本は豪州、フィリピン、ラオスと対戦

ゲキサカ / 2015年06月06日08時05分

なお、同大会は2017年に韓国で開催されるU-20W杯の予選も兼ねている。 日本はDF内田篤人らを擁した2007年大会以来、4大会連続でU-20W杯への出場権を逃している。負の歴史に終止符を打つべく、若きサムライブルーの挑戦が始まる。 ■以下、組み分け グループA:ウズベキスタン、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ、ブータン (スリランカで開催) グル [全文を読む]

新監督決定も本当に深刻な日本代表2018年問題とは

週プレNEWS / 2015年03月07日06時00分

・オーストラリア 26.4歳 ・韓国 25.8歳 ・イラク 22.6歳 ・UAE 25.3歳 これに対して、日本の平均年齢は26.7歳。上の4ヵ国すべてを上回る。 しかも、日本の場合は出番のなかった控えDFの植田直通(なおみち・20歳)や昌子源(しょうじげん・22歳)といった選手が平均年齢を下げており、実態はもっと高齢化が進んでいる。 この大会で日本は全 [全文を読む]

[2010年の今日][AFC U-19選手権]U-19日本代表、宿敵韓国に敗れU-20W杯出場逃す

ゲキサカ / 2014年10月11日12時00分

4年前の今日を振り返る連続企画 【2010年10月11日配信】 [10・11 AFC U-19選手権準々決勝 U-19日本代表 2-3 U-19韓国代表 中国] U-19日本代表は11日、中国で行われているAFC U-19選手権準々決勝でU-19韓国代表と対戦。勝利を収めた方が来年行われるU-20W杯の出場権を獲得する大一番のこの試合… [記事全文] 20 [全文を読む]

ヴィッセル神戸・ポドルスキ獲得を決めた三木谷浩史の壮大な野望

文春オンライン / 2017年07月06日20時30分

金に物を言わせて海外から有力選手を呼び寄せる中国や韓国のクラブチームに歯が立たない。 ジーコ(ブラジル)、リネカー(イングランド)、リトバルスキー(ドイツ)。ジャパンマネーの全盛期に重なったJリーグ発足時(1992年)には、世界のスーパースターが日本に集結した。彼らに揉まれた日本の若手もメキメキと力を伸ばし、日本代表は1998年にようやくW杯本大会の扉を開 [全文を読む]

メッシや香川も…“次世代スター登竜門”U-20W杯に出場した名選手達

サッカーキング / 2017年05月16日17時49分

20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に先駆けて、FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイト『FIFA.com』が同大会で活躍したトッププレーヤーたちを特集した。 1979年に母国を優勝へ導いたディエゴ・マラドーナ氏に始まり、アルゼンチンはこれまで4人の最優秀選手(ゴールデンボール)を輩出している。2001年にはハビエル・サビオラ氏、2 [全文を読む]

U-19日本代表の注目FW岩崎「高校サッカーでは頭ひとつふたつ抜けるくらいの存在にならないといけない」

ゲキサカ / 2016年03月09日07時36分

特に大雨の中で行われたU-17韓国代表戦(3月、サニックス杯)では水たまりのできたピッチで一人別のレベルにあるかのような馬力、ボディバランスを活かした突破、群を抜く動き出しの量などで韓国DFを圧倒するなど、各チームで存在感を放ってきた。 一方で所属する京都橘高ではなかなか結果を出すことができなかった。期待値の非常に高かった全国高校選手権では厳しいマークの中 [全文を読む]

【倉井史也のJリーグ】いろいろありまして、たまには熱く語らせてもらいます?! の巻

超ワールドサッカー / 2016年01月22日07時30分

もし準々決勝で、この世代の評価が高いイラクや韓国と当たっていたら、もっと焦っていたかも。イランと対戦できるおかげで、日本は準決勝進出の可能性が広がったと思うのです。準決勝はイラクかもしれないけど、そこで負けても三位決定戦で勝てばいいわけだし。▽レベルがこれまでのU-23日本代表と比べて落ちると陰口をたたかれていたけど、実は守備のタレントはたくさんいるし、安 [全文を読む]

一夜明けても話題尽きず…“内田ロス”に「会社休みます」「学校休みます」

ゲキサカ / 2015年05月26日20時48分

また、注目されるDF吉田麻也ら現日本代表メンバーらの反応はまだないが、韓国KリーグのソウルイーランドFCでプレーするFWカレン・ロバートがブログ(http://ameblo.jp/cullen6067/entry-12031176117.html)を更新。「日本からの悲鳴で起きましたぜぜぜ びっくりしたよよよ みんな泣いちゃあかーーん(´Д` )エーン [全文を読む]

AFC U-19選手権]4大会ぶりのU-20W杯出場へ、U-19日本代表が9日初戦で中国と激突!

ゲキサカ / 2014年10月08日20時40分

今回は中国、ベトナム、そして永遠のライバル・韓国と同じ“死のグループ”。準々決勝での勝利と世界切符獲得が日本の最大の目標だが、まずは強敵揃いのグループリーグ突破に全力を注がなければならない。 勝って弾みをつけたい初戦の対戦相手は中国。昨年中国で開催されたAFC U-19選手権予選では最終戦で対戦し、1-1で引き分けている相手だ。後半8分にFW小屋松知哉のゴ [全文を読む]

キム・ヒョンジュンのリリイベ詳報!3,000人が大歓声!

Woman Insight / 2014年06月17日19時16分

それを聞いて、ヒョンジュンさんが時折見せる、やわらかな笑顔が印象的でした! (このネタを全てヒョンジュンさんに訳していた通訳さんにも、陰ながら拍手です!) さらに、じゅんいちダビッドソンさんは明日の韓国代表の試合に関して、「暑さでは、ロシアより韓国のほうが有利だと思っているんで、頑張ってください」と通訳の方を介して、ヒョンジュンさんに伝えると、会場のファン [全文を読む]

【速報】本田圭佑が緊急帰国し、キム・ヒョンジュンのイベントに!?

Woman Insight / 2014年06月17日15時07分

俳優としても活躍している韓国の男性ソロアーティスト、キム・ヒョンジュンさんが、6月17日(火)、4thシングル『HOT SUN』発売を記念して、東京・お台場パレットプラザでCD購入者イベントを開催。 スペシャルゲストとして、“サッカー日本代表・本田圭佑さんのモノマネ”で有名な、じゅんいちダビッドソンさんも駆けつけて、約3,000人のファンの前でサッカートー [全文を読む]

「98年の再来だけは......?」好調発進のサッカー日本代表にささやかれる不安

日刊サイゾー / 2012年06月15日08時00分

オーストラリアは日本や韓国と"アジア最強"の座を争う強豪だけに、この対戦が今後のアジア最終予選における日本代表を占う上での試金石になると言えそうだ。【関連記事】・「メダルなんてとんでもない!?」サッカー五輪日本代表に立ち込める暗雲・「やはり人気は一過性?」高視聴率なのに観客が入らない"なでしこジャパン"の構造的問題・"日本のメッシ"サッカー欧州組の歴史を塗 [全文を読む]

フォーカス