幹事長 馬場伸幸に関するニュース

橋下徹氏 都知事選に慎太郎流「後出しジャンケン出馬」か

NEWSポストセブン / 2016年06月21日16時00分

自民党では森喜朗・幹事長(当時)が自公相乗り候補として外交官出身の明石康・元国連事務次長を擁立したが、これに反発した柿沢弘治・自民党東京都連幹事長が離党して出馬、さらに国際政治学者時代の舛添要一氏まで出馬する大混戦となった。 選挙戦は鳩山vs舛添のデッドヒートと見られていたが、そこに告示日直前になって政界引退していた石原慎太郎氏が「東京から日本を変える」と [全文を読む]

【維新内紛】執行部vs大阪系…罵り合いのウラに蠢く5億円借金と13億円の交付金

デイリーニュースオンライン / 2015年10月17日16時00分

偽物の維新の党は民主党と組んで消滅する」などと執行部を誹謗すれば、残留組の柿沢未途前幹事長が「罵詈雑言のレッテル貼りで正当化する。ご都合主義の極みだ」「(新党は)政権への協力で野党を分断するため偽物野党と断じざるを得ない」とやり返すなど泥試合の様相を呈している。 ちなみに政党交付金は政党に対する企業・団体献金を制限する代償として、細川護煕内閣時代の1994 [全文を読む]

憲法9条は改正可能なのか? 安倍政権の描く「加憲」のシナリオ

まぐまぐニュース! / 2017年05月23日04時45分

同党の馬場伸幸幹事長は最近の雑誌でこう述べている(文藝春秋5月号)。 改憲イコール9条と思い込んでいる人が多い。私は一度憲法を改正できれば、今後は社会情勢や時代に合わせた改憲が何度もできるようになると考えているから、その入り口でわざわざ国民の多くが不安を感じるデリケートな話題に照準を当てる必要はないと思う。さらに、安全保障の面を考えれば、一昨年「安保関連法 [全文を読む]

国民投票は再来年 維新の会幹事長

Japan In-depth / 2017年05月15日11時00分

衆議院議員で日本維新の会幹事長の馬場伸幸氏に、政治ジャーナリストの細川珠生氏が憲法改正について話をきいた。日本維新の会は憲法を改正すべきであると主張し、いわゆる改憲勢力として、教育の無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置の3点を掲げ、憲法改正原案を取りまとめている。■3点に絞った理由細川氏が、議論すべき点が色々ある中でこの3点に絞った理由は何か、と質問した [全文を読む]

維新の党分裂 東西で「昨日の友は今日の敵」状態

政治山 / 2015年11月09日12時00分

大阪府知事選に立候補する松井一郎氏が幹事長に、大阪市長選に立候補する吉村洋文氏は政調会長に就任し、11月22日投開票の大阪ダブル選に備えた布陣を整えました。馬場新代表ら4人の国会議員は「維新の党」解党手続きが終わり次第、合流する予定です。 一方の執行部側は11月1日で松野代表の任期が切れましたが、党代表選を11月下旬に告示し12月6日に投開票する予定で準備 [全文を読む]

国民の税金6億めぐり呆れた「銭ゲバ」…これが政党と呼べるのか?維新の党のなれの果て

Business Journal / 2015年10月28日06時00分

自民党幹事長時代から常に政界を動かし、辣腕政治家で知られた小沢氏ですら、これに屈せざるを得なかったのだ。 ところが維新の党の場合、除名された大阪系の議員たちは松野頼久代表ら執行部側に屈していない。松野氏に代表権はないとして、24日に臨時党大会を開き、代表として馬場伸幸衆院議員を選出し、維新の党の「解党」を議決した。 さらに10月20日に振り込まれた政党交付 [全文を読む]

バッシングされてでも日本維新の会が長谷川豊アナを選んだ深刻な内情

東京ブレイキングニュース / 2017年02月09日19時31分

2月6日に千葉県庁で開かれた記者会見では、同席した馬場伸幸幹事長が「踏み外すことがあったとしても謝罪をして反省をすれば、再チャレンジする機会を与えられても当然ではないか」と言ったそうですが、それってもしかして「国会は矯正施設です」という意味でしょうか。 別に長谷川氏のケースに限りませんが、こういうのは多くの国民から「国会は失敗した人間の再チャレンジの場かよ [全文を読む]

長谷川豊さん衆院選出馬表明会見で「『レギュラー週8本をなめんなよ』は書いてないかも。記憶にない」

ガジェット通信 / 2017年02月07日06時30分

日本維新の会・馬場伸幸幹事長から紹介を受けた長谷川さん。冒頭で 先般、9月19日に書いたブログに、大変多くの方々からお叱りの声をいただきました。その後の、私の対応も非常に子供じみた稚拙なものだったという風に思っています。何度もブログでは書かせていただきましたけれど、同じことを今日も言わせていただきたいと思います。本当に申し訳ない思いでいっぱいです。多くの [全文を読む]

<もはや北朝鮮>「安倍首相の所信表明演説」で海外も呆れる背広組の暴走

メディアゴン / 2016年10月06日07時30分

自民党に近いといわれる「日本維新の会」の馬場伸幸幹事長までもが「言論の府に相応しくない」と批判しているほどだ。いずれも市井の感覚に近い指摘だが、厳かなはずの「立法の府」で総立ち+大拍手なのだからどうにも気味が悪い。欧米人から見れば朝鮮人も中国人も日本人も顔の見分けなどつかず、一緒に見えるので「安倍将軍さまの出現か」とジョークを飛ばす海外記者もいたという。あ [全文を読む]

若者に人気の党はどこか? 全国高校生未来会議2日目

Japan In-depth / 2016年03月26日12時00分

幹事長馬場伸幸衆議院議員の軽快な関西弁の語り口は、場の空気を和ませ笑いを誘う場面もあった。大阪府議会における議員と歳費の削減を断行し、大阪府の私立高校の授業料無償化、さらには大坂市内の住民を対象に(子育てをサポートするサービスが利用可能な)月一万円分のバウチャー券の支給といった政策を実現させた実績をアピールした上で、「誰がほんまに約束したことを実行するのか [全文を読む]

フォーカス